※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

大人も子どもも大満足! ムーミンの世界にどっぷり浸れる「ムーミンバレーパーク」へ

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

metsaマップ/ムーミンバレーパーク(埼玉県/飯能市)
ムーミン屋敷/ムーミンバレーパーク(埼玉県/飯能市)

ムーミンバレーパーク(埼玉県/飯能市)

個性豊かなキャラクターたちがムーミン谷で織りなす物語で、世界中から愛されている“ムーミン”シリーズ。その世界観を再現した「ムーミンバレーパーク」は2020年3月にオープン1周年を迎え、ますますパワーアップ! 見て、さわって、食べて、感じて。ムーミンとその仲間たちと過ごせる「ムーミンバレーパーク」の魅力を紹介します。

目次(index)

ムーミン谷の仲間たちに会う

エントランス/ムーミンバレーパーク(埼玉県/飯能市)

「ムーミンバレーパーク」は4つのエリアに分かれており、随所にフォトスポットがあります。
最初のフォトスポットはウェルカムゲート。“ムーミン”シリーズの原点は小説ということで、メインキャラクターたちがあしらわれた本型のゲートが出迎えてくれます。ムーミンとスノークのおじょうさんのゲート近くには、インク壺に座ったムーミンとリトル・ミィのオブジェが。訪問の記念にまず押さえたいフォトスポットです。【MAP①】

コケムスのエントランス/ムーミンバレーパーク(埼玉県/飯能市)

展示施設の「コケムス」前にも記念撮影スポットがあります。白い岩には座りやすいようにくぼみもあるので、写真のように腰掛けての撮影もおすすめです。【MAP⑤】

写真スタジオ/ムーミンバレーパーク(埼玉県/飯能市)

ムーミンたちと一緒に写真を撮るなら写真スタジオの「ムイック フォト」へ。ムーミン谷の仲間たちの誰と一緒に撮影ができるかはその時のお楽しみ。1カット台紙付き2000円(税込)、2枚目以降は1000円(税込)。【MAP④】

ムーミンの仲間たち/ムーミンバレーパーク(埼玉県/飯能市)

©Moomin Characters™

半円形の屋外ステージ「エンマの劇場」では毎日3回(11時~、15時~、16時30分~)ムーミンたちによるライブエンターテインメントが繰り広げられます。歌ったり踊ったりするキュートなムーミンたちに魅了されること間違いなしです。「エンマの劇場」は予約不要で観覧も無料。また、雨天・荒天でライブが中止になってしまってもがっかりしないで。キャラクターたちと一緒に写真が撮れるグリーティングになることもあるので、気軽に足を運んでみましょう。【MAP③】

ツリーハウスで思いきり体を動かす

ツリーハウス/ムーミンバレーパーク(埼玉県/飯能市)

「ムーミンバレーパーク」はアトラクションも豊富。子どもから絶大な支持を集めるのは「おさびし山エリア」内にある「ヘムレンさんの遊園地」です。「かつて遊園地で働いていたヘムレンさんが、遊園地が閉園したことをきっかけに自ら遊園地をつくってしまった」というエピソードを元にしたアトラクションです。【MAP⑦】

ツリーハウスの吊橋/ムーミンバレーパーク(埼玉県/飯能市)

らせん状のすべり台や吊り橋、ハンモックのトンネルなどアスレチックの仕掛けが満載で、のびのびと遊べます。しかも無料というのもうれしいポイントです(大人だけの利用は不可で、子どもの付き添いでのみ利用可)。

ムーミンの物語を深く知ろう

ムーミン屋敷/ムーミンバレーパーク(埼玉県/飯能市)

ムーミンの世界をより深く知るのに最適なのが、「ムーミンバレーパーク」のシンボル的存在でもある「ムーミン屋敷」です。ムーミンパパが自ら設計図を引いて建てた理想の家で、ムーミンの物語のメインステージとなった場所。細部まで原作に忠実に再現しており、ムーミンの世界に浸るにはもってこいです。【MAP⑥】

ムーミン屋敷の地下1階の貯蔵庫/ムーミンバレーパーク(埼玉県/飯能市)

写真は地下1階の貯蔵庫。ムーミンパパが使う道具や、樽や食料の入った麻袋が積まれています。室内にはワクワクするような仕掛けもあるので、子どもと一緒に楽しく見学できます。1階はキッチンとダイニング、2階にはリビングとムーミンパパ・ムーミンママの部屋、3階にはムーミンの部屋とリトルミイの部屋とゲスト部屋が再現されています。

コケムスのメインカット/ムーミンバレーパーク(埼玉県/飯能市)

展示施設の「コケムス」は、原作者のトーベ・ヤンソンとムーミンの物語に関することをまとめたギャラリーブースです。【MAP⑤】

コケムス内部/ムーミンバレーパーク(埼玉県/飯能市)

ギャラリーといってもただ展示物を眺めるだけではなく、物語の追体験ができるような仕組みが随所に施されています。風を感じたり、音が聞こえたり、ムーミンの世界を体感することで自然と物語を深く学べるのです。

SNS映えもばっちりのメインレストラン

おさびし山のハヤシライス/ムーミンバレーパーク(埼玉県/飯能市)

「ムーミンバレーパーク」のメインレストランである「ムーミラークソ ルオカラ」では、ムーミンの物語をイメージした食事が楽しめます。人気は定番メニューの「おさびし山のハヤシライス」1430円(税込)。山に見立てたライスのてっぺんにはライスコロッケがのっています。【MAP⑤】

フレッシュなベリーがトッピングされた「ベリーベリーレットゥ」/ムーミンバレーパーク(埼玉県/飯能市)

ムーミン谷のキャラクターたちも大好きなのがパンケーキ。パンケーキレストラン「レットゥラ」では、北欧をイメージし、フレッシュなベリーがふんだんにトッピングされた「ベリーベリーレットゥ」2530円が人気です。湖を眺められるテラス席もあり、さわやかな風を感じながらくつろげます。【MAP②】

おみやげはもちろんムーミングッズで!

ムーミンのぬいぐるみ/ムーミンバレーパーク(埼玉県/飯能市)

ショッピングもテーマパークの醍醐味のひとつ! 「ムーミンバレーパーク」でしか買えないムーミングッズは見逃せません。ムーミンのぬいぐるみ(S)2200円(税込)はふわふわの感触で抱きしめたくなるようなかわいさです。

ムーミンハウスのクッキー/ムーミンバレーパーク(埼玉県/飯能市)

「ムーミンバレーパーク」の一番人気はこちらのハウス型キャニスター缶 チョコインクッキー1620円(税込)。なんといってもムーミン屋敷の形をしたパッケージがキュートです。

「ムーミラークソカウッパ」内観/ムーミンバレーパーク(埼玉県/飯能市)

パーク内にはあるショップのうちのひとつ、「コケムス」内にある「ムーミラークソカウッパ」は売り場面積・商品数も世界最大級。キッズエリアもあるので、子連れにも便利です。【MAP⑤】

静かな宮沢湖畔の豊かな緑の中にある「ムーミンバレーパーク」は散策するだけでも楽しい場所。紹介した以外にも見学スポットやアトラクションがあるので、動きやすい服装で楽しんでくださいね。

●ムーミンバレーパーク

住所 埼玉県飯能市宮沢327-6 メッツァ
問合先 0570-31-066
料金 入園 大人(中学生以上)前売2300円、当日2500円、子ども(4歳~小学生)前売1300円、当日1500円/1デーパス 大人(中学生以上)前売4000円、当日4200円、子ども(4歳~小学生)前売2100円、当日2300円
営業時間 10~18時
定休日 無休
アクセス 公共交通:西武池袋線飯能駅からメッツァ行き直行バスで13分、終点下車 車:圏央道狭山日高ICから県道262号線経由約5.4km
駐車場 あり/平日無料、土・日曜、祝日最大1500円
特徴 キッズおすすめ/雨でもOK/飲食施設あり/弁当持込み不可/ベビーカー利用可(店内不可)/おむつ交換スペースあり/授乳スペースあり
URL

https://metsa-hanno.com/

©Moomin Characters™

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

注目記事

記事をもっと見る