※掲載内容は取材時の情報に基づきます。新型コロナウイルスの感染拡大防止などにより、臨時休業や一部休止となる場合があります。最新の営業状況は各施設にご確認ください。

見て・ふれて・体験しながら鉄道の歴史が学べる京都鉄道博物館

2016年に「地域と歩む鉄道文化拠点」を掲げて誕生した、鉄道ファン待望の施設が「京都鉄道博物館」です。

「見る、さわる、体験する」をテーマに、誰もが楽しめる学びの場となることを目指した館内では、日本に鉄道の時代の幕開けを知らせたSLから、JR西日本を代表する新幹線車両として人気が高い500系新幹線まで、実際に日本中で活躍した車両が豊富に展示されています。

関西の電車スポットの記事
» 関西の電車スポット25選!京都鉄道博物館や有田川鉄道公園などが人気

目次(index)

フロアごとに魅力を徹底紹介!

京都鉄道博物館は、屋外展示と屋内展示スペースに分かれています。ここでは、フロアごとにその魅力をたっぷりとご紹介します。

プロムナードでは懐かしの新幹線に注目!

エントランスから館内に入るためのプロムナードは、駅のプラットフォームをイメージした屋外スペースで、約100mのあいだに12両の車両が展示されています。子供たちの人気No.1は、初代の0系新幹線。ブルートレインの食堂車として活躍した車両では、車両内で駅弁やお子様ランチなどを食べることも可能です。ただし、定員は40名なので、休日には行列ができることがあります。

たくさんのSLが魅力の扇型車庫エリア

屋外の展示スペースで目を引くのは、何といっても「扇型車庫」です。実は現在、京都鉄道博物館がある場所には、以前は蒸気機関車の博物館「梅小路蒸気機関車館」が営業していました。屋外にある扇型車庫は、そのころから親しまれていた場所で、車庫の中には人気の蒸気機関車D51形をはじめ、約20両のSLが展示されています。

子供たちにおすすめなのが、本物の蒸気機関車が牽引する客車に乗車できる「SLスチーム号」です。どの車両が走るのかは、当日のお楽しみ!

鉄道の歩みが学べる本館1階

本館の1階は、実車の展示による鉄道の歴史の紹介や、保線係員の仕事が体験できる「軌道自転車」を通じて、鉄道のしくみや特徴を紹介するコーナーがあります。

小さな子供連れなら2階をメインに!

小さい子供連れのファミリーには、2階の展示が楽しめるでしょう。日本最大級で実物の約80分の1スケールの模型が走る「鉄道ジオラマ」、運転士の制服を着て運転手気分が楽しめる大人気の「運転シミュレータ」(抽選)があります。広々とした「キッズパーク」には、プラレールで思い切り遊べるコーナーや、鉄道関連の絵本が置かれたスペースがあります。

運転シミュレータは抽選制ですが、抽選に外れても模型を運転できるコーナーがあり、鉄道の安全に欠かせない「ATS」や「ATC」といったシステムを学ぶことができます。

京都の街並みと鉄道ウォッチングが楽しめる3階

屋上にあたる本館3階のメインは、屋外展望デッキ「スカイテラス」です。開放的なデッキから京都の街並みが一望できるほか、京都駅に出入りする鉄道車両のウォッチングができますので、カメラをお忘れなく!

レストランの窓からも鉄道がウォッチできる!

レストランは本館2階にあり、広く開放された窓から鉄道ウォッチングが楽しめます。チーズで線路を描いた「線路チーズのミートソース」や、新幹線のお医者さんといわれるドクターイエローをかたどった「ドクターイエローハヤシライス」といったメニューが楽しめるほか、敷地内で販売している駅弁の持ち込みも可能です。

京都鉄道博物館は、新しい施設だけにベビー関連施設も充実しています。授乳室が館内各所にあり、ミルクを作るためのミルクポットやおむつ交換台が設置されています。

ベビーベッド備え付けのトイレがあるほか、ベビーカーの無料レンタルも行っています。

鉄道好きはもちろん、大人も子供も楽しめる!

京都鉄道博物館は、見て、さわって、体験して、鉄道の魅力を総合的に知ることのできる施設です。鉄道好きなら大満足、そうでなくても楽しめること間違いなし。

鉄道好きの子供のために出掛けても、帰るころにはパパやママも鉄道の魅力にはまってしまっているかも!?ぜひ家族で一度、足を運んでみてくださいね。

京都鉄道博物館

住所 京都府京都市下京区観喜寺町
電話番号 0570-080-462
料金

<入館料>

一般1,200円/大学生・高校生1,000円/小・中学生500円/幼児(3歳以上)200円

<SLスチーム号乗車料金>

一般・大学生・高校生300円/小・中学生・幼児(3歳以上)100円

営業時間 10:00~17:30(最終入館17:00)
定休日 水曜(祝日の場合は開館)、年末年始、その他詳細はHPをご確認ください。
アクセス

/嵯峨野線「梅小路京都西駅」より徒歩約2分

/JR「京都駅」よりB3バス乗り場から市バス急行「103」系統で10分、

バス停「梅小路公園・京都鉄道博物館前」下車して徒歩すぐ

/市バス「205」系統でバス停「梅小路公園前」下車して徒歩3分

/JR「京都駅」より徒歩20分

駐車場 なし
特徴

ベビーおすすめ

キッズおすすめ

ベビーカー利用可

オムツ交換スペースあり

授乳スペースあり

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

鉄道・電車好きにおすすめの記事

<鉄道博物館・鉄道公園・電車スポット>
■ 北海道・東北 北海道東北(秋田・宮城・福島)
■ 関東 栃木・群馬埼玉千葉東京神奈川
■ 中部 甲信越・北陸(山梨・長野・新潟・石川・福井)東海(愛知・静岡・岐阜・三重)
■ 関西 大阪関西(滋賀・京都・奈良・兵庫・和歌山)
■ 中国・四国 中国・四国(岡山・鳥取・島根・山口・徳島・香川・愛媛)
■ 九州・沖縄 九州(福岡・長崎・熊本・宮崎・鹿児島)・沖縄

<テーマで鉄道・電車スポットを探そう!>
全国おすすめ鉄道カフェ&飲食店
東京を走る新幹線が見えるスポット

<ママ鉄・鈴川絢子さんおすすめ>
東京電車さんぽおすすめコース
電車の見える東京の公園
こどもと乗りたい夏の観光列車