※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

新江ノ島水族館でわくわくドキドキ大冒険を味わおう!

別当律子のアイコン別当律子

新江ノ島水族館でわくわくドキドキ大冒険を味わおう!

東京からも近い海辺のリゾート地として、季節を問わず多くの観光客を集めている江の島。その江の島にあるのが、2004年にオープンした「新江ノ島水族館」です。「わくわくドキドキ大冒険水族館」をテーマに掲げ、遊びながら学ぶことのできる水族館として、首都圏だけではなく全国から来場者を集めています。

ここでは、新江ノ島水族館の魅力を紹介していきましょう。

見たい場所を自由に回れる!

新江ノ島水族館は、地上2階・地下1階の3階建てになっています。決められた順路はないので、スケジュールや子供たちの興味に合わせて、自由に見て回ることができるのも、新江ノ島水族館の魅力です。まずは、子連れの家族におすすめのエリアをピックアップしてご紹介します。

  • 相模湾ゾーン
  • 相模湾に面した場所にある水族館らしく、相模湾に生息する魚を展示しているゾーンです。

    このゾーンのメインは、イワシの大群がいる水槽。銀色に光り輝きながらマイワシが群れで泳ぐ姿は、迫力満点です!相模湾は、国内有数のイワシの漁場なんですね。

    また、2017年には、江の島の名物としても知られ、世界で初めて繁殖展示に成功したシラスの世界を紹介する「シラスサイエンス」が誕生。繁殖を行っている水族館だからこそ見られる生体展示や、シラスが成長する過程を詳しく解説しています。

    そして、キッズ向けの展示コーナー「相模湾キッズ水槽」では、子供たちの視線からでも小さな生き物たちをじっくり観察することができます。

  • クラゲファンタジーホール
  • クラゲの展示で長い歴史を持つ新江ノ島水族館には、そのノウハウを活かして常時14種類のクラゲを展示している「クラゲファンタジーホール」があります。子供たちの興味を集めているのは、世界初の3Dプロジェクションマッピングクラゲショー「海月の宇宙(そら)」です。このほかにも、クラゲの一生を観察することができる「クラゲサイエンス」があり、夏休みの自由研究にも大活躍です!

  • タッチプール
  • 乳幼児におすすめなのが「タッチプール」です。相模湾や江の島の磯に暮らすドチザメやホンヤドカリ、イトマキヒトデ、海藻類が展示されており、それらの生き物に直接ふれることができます。

  • なぎさの体験学習館
  • 新江ノ島水族館に併設する「なぎさの体験学習館」では、なぎさをさまざまな角度から解説しています。なぎさについての学習を深めながら、子供たちが環境問題についても考えるきっかけを与える工夫がなされていますよ。タッチ水槽や、もの作りなどの体験型プログラムも充実。(入場無料)

富士山をバックにしたイルカショーはここだけのお楽しみ!

ショーやふれあいイベントが充実しているのも新江ノ島水族館の特徴です。「きずな」をテーマにした「イルカ・アシカショー」、相模湾大水槽の中で、飼育員であるダイバーと魚たちとのパフォーマンスが観られる「うおゴコロ」、水中カメラを通じて海の生き物たちの素晴らしさを紹介してくれる「フィンズ」、ペンギンの個体の見分け方などをレクチャーしてくれる「ペングィーン!」といった、多彩なショーが楽しめます。

また、有料体験プログラムながら、新江ノ島水族館に行ったからにはぜひ参加したいのが「イルカと握手」と「ウミガメにタッチ」(ともに4歳以上)です。「カピバラにごはん」と「さかなにごはん」は年齢制限なしで体験できます。海の生き物たちとのふれ合いプログラムが多彩に用意されています。

海の幸が堪能できるレストランも!

海の幸が豊富に獲れる相模湾に面した水族館にふさわしく、新江ノ島水族館では食事メニューも充実しています。

「湘南カフェ」では、江の島名物の「シラス」や、魚が苦手な子供にうれしい「ロコモコ」、鮭とイクラなどが乗っている「えのすい丼」が名物です。そのほかにも、材料にクラゲを使った「クラゲカレー」、カレーとシラスがドッキングした江の島ならではの味覚「大漁しらすカレー」、トッピングされたシラスがポイントの「湘南塩やきそば」といった、ここでしか味わうことができないメニューがそろっています。

ちょっと小腹が空いたときに、かわいいデザートが食べたくなったら「スタジアムカフェ」へ。「クラゲ入り本格肉まん」といったユニークなメニューから、イルカショーに登場するアクアンをモチーフにしたかわいい「アクアンサンデー」などが人気です。

また、パン類が充実しているのが「オーシャンカフェ」です。お魚形のパンやカワウソパンは、食べるのがためらわれるほど、かわいい形に仕上がっています。

クラゲ入りのオリジナルお菓子はお土産に最適!

売店は館内に2ヵ所あります。メインショップでは、クラゲをモチーフにしたオリジナルお菓子や、お土産にも最適のオリジナルステーショナリー、おじいちゃんやおばあちゃんへのお土産に最適の「えのすいしらす丼せんべい」があります。

子連れにやさしい水族館

新江ノ島水族館の1階チケット売り場の奥に設置された女性トイレには、小物を置くカウンター、傘やバックを掛けるフックがあり、しっかりとスペースが確保されています。館内に4ヵ所ある多目的トイレには、折りたたみ式のベビーシートもあるので、子連れでの外出でも安心して利用できるようになっています。授乳室は館内1階入場口奥と2階総合案内近くにあり、ミルク用のお湯も用意されていますよ。

子連れにもやさしい新江ノ島水族館をぜひ訪れてみてください。

 

新江ノ島水族館のレジャーチケットを購入する

スポットデータ

住所
電話
営業時間
定休日
料金
アクセス
駐車場

情報は定期的に更新をしていますが、変更になる場合があります。最新状況は現地・施設へご確認ください。