※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

鬼怒川ライン下りの魅力を紹介!極上の渓谷美を堪能する

別当律子のアイコン別当律子

「鬼怒川」は、全長およそ176kmで、急流河川に属しています。鬼怒川の渓谷美を、舟の上から堪能できることで人気を集めているのが「鬼怒川ライン下り」です。

水しぶきを上げながら、スリルを味わうことができる鬼怒川ライン下りの魅力をご紹介します。

スリル満点のライン下りを楽しむ!

鬼怒川ライン下りで使われているのは和船の乗合船で、この舟を船頭さんが巧みな櫂(かい)さばきで操り、川に突き出た岩をかわしながら急流を下っていきます。激しく上がる水しぶきをビニールシートでかわしながらの舟旅は、まさに豪快でスリル満点と、鬼怒川観光の風物詩となっています。

鬼怒川ライン下りの名物は、なんといっても「奇岩ウォッチング」です。中でも一番の名勝となっているのは、高さ100mほどの巨岩「楯(たて)岩」で、緑の中で天に向かってそびえ立つその姿は、自然が作り上げた荒々しい渓谷美の象徴となっています。

さらに、鬼怒川ライン下りの名物となっているのが、動物の姿に似た「ゾウ岩」や「ゴリラ岩」といった岩々です。特に、ゴリラ岩はまさにゴリラの横顔そっくりで、写真撮影必須のポイントとなっていますよ!

舟下りの途中には、小さな滝を見つけることもできます。「虹見の滝」は、太陽の光の加減によって虹が見える場合があることがその名の由来となっています。もし、運良く虹を見ることができれば、何かいいことが起こるかも!?

季節それぞれの自然の美しさを堪能できる!

鬼怒川ライン下りでは、自然の醍醐味を堪能することができます。

春には、ヤシオツツジやマメザクラ、カスミザクラ、フジなどの花々が彩りを与えてくれます。夏には、目に眩しい新緑が待ち構え、鮎などの川魚と出合えることがあります。そして秋には、渓谷を鮮やかに彩る紅葉が楽しめます。

観光地として魅力満載の鬼怒川

鬼怒川の観光名所として有名なのが、鬼怒川温泉です。鬼怒川温泉には日帰り温泉や足湯施設があり、子連れでも気軽に温泉を楽しむことができます。また、「鬼怒川温泉ロープウェイ」で、山から大自然を眺めてもいいでしょう。

少し足を延ばせば、世界各地の有名な建築物を精巧なミニチュアで再現した「東武ワールドスクウェア」や扮装で忍者になりきれる「EDO WONDERLAND 日光江戸村」、見て食べて買える「鬼怒川お菓子の城」、テレビでも人気の「日光さる軍団」といった、子育て家族向けの楽しい施設も数多くあります。

美しい自然と迫力のある船旅を楽しもう!

鬼怒川ライン下りは、空きがあれば当日すぐに乗船することもできますが、できるだけ事前に予約をしてから行くことをおすすめします。営業期間は4月中旬~11月下旬で、冬期は運休です。また、乗船には救命胴衣の装着が必須で、乗船できるのは1歳からになります。

鬼怒川ライン下りで、美しい自然と迫力のある船旅を楽しんでください!

鬼怒川ライン下り

住所 栃木県日光市鬼怒川温泉大原1414
電話番号 0288-77-0531
料金 <乗船料>

大人(中学生以上)2,800円/小人(4歳以上)1,800円/幼児(1~3歳)600円

※0歳のお子様は、救命胴衣が用意されていないため乗船不可

※2020年4月より料金改定:大人(中学生以上)2,900円/小人(4歳以上)1,900円/幼児(1~3歳)600円

営業時間 9:00~15:45 1日12便(予約電話受付8:00~17:00)
定休日 期間中無休(11月下旬~4月中旬は運休)
アクセス 東武鬼怒川線「鬼怒川温泉駅」より徒歩5分

/日光宇都宮道路「今市IC」から国道121号経由14km

駐車場 150台(500円)
特徴 キッズおすすめ

注目記事

記事をもっと見る