※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

イヤイヤ期って、本当にたいへん

千葉県のおすすめ博物館4選!科学・飛行機・歴史などを体験して学ぼう

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

ムーンウォーカーで月の重力を体験/千葉市科学館(千葉県)

千葉市科学館

千葉県で子どもと行きたいおすすめの博物館を、楽しく体験しながら学べるスポットを中心にご紹介。科学や日本の歴史など身近なことを楽しく学べるスポットが多く、三世代でのおでかけにもおすすめです。

「千葉市科学館」のムーンウォーカーで無重力を体験したり、「航空科学博物館」で成田空港に離着陸する飛行機を眺めたり、「国立歴史民俗博物館」では精巧な模型ジオラマで歴史と文化を体感するなど、遠方から観光で訪れても楽しめるスポットがいっぱいです。
まずは、科学・飛行機・歴史など、子どもが興味のあるジャンルのスポットからチェックしてみて!

目次(index)

千葉市科学館(千葉県/千葉市)

ちばしかがくかん

日常の身近なものから科学体験へ

科学に関する展示がわかりやすく、幅広い層が楽しめる参加体験型の科学館。種類が豊地で何度も楽しめるプログラムは、日時によって内容が違うので公式サイトで確認を。プラネタリウムも併設。

ムーンウォーカーで月の重力を体験/千葉市科学館(千葉県)

月の重力が体験できるムーンウォーカーもあるよ!

自分の声が音楽になるデジタルミュデジタル//千葉市科学館(千葉県)

自分の声が音楽に!?デジタルミュージック

<イベント・体験など注目ポイント>

  • 2019年夏休み「夏の特別展 入門!きぼーる忍者道場 ~科学の力で修行の巻~」/7月13日~9月1日開催
  • 2019年夏休み「サマースクール2019自由研究を楽しもう!」/7月16日~8月30日開催
  • ムーンウォーカー体験など、参加・体験型のイベントを随時実施
問合先 043-308-0511
住所 千葉県千葉市中央区中央4-5-1 Qiball内7~10階
料金 常設展示510円、プラネタリウム510円、セット券820円

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

航空科学博物館(千葉県/芝山町)

こうくうかがくはくぶつかん

成田空港近くの航空ミュージアム

国内初の航空に関する博物館。各種航空機の展示に加え、シミュレーターや大型模型の操縦、ツアーなど体験コンテンツが人気。屋外には実際に飛行していた航空機19機を展示している。B747機首部分にはツアー形式で中に入ることができ、パイロット気分でコックピットで記念撮影が可能。

航空科学博物館の玄関アプローチ(千葉県/芝山町)

玄関アプローチ

「DC-8フライト体験」の機内/航空科学博物館(千葉県/芝山町)

「DC-8フライト体験」1席100円1日4~6回実施

<イベント・体験など注目ポイント>

  • 5階は360度パノラマの展望室 になっていて成田空港に離着陸する飛行機を眺められる
  • 「折り紙飛行機教室」を毎週日曜に開催

航空科学博物館るるぶモールで購入する

問合先 0479-78-0557
住所 千葉県山武郡芝山町岩山111-3
料金 大人500円(19年8月より700円)、中・高生300円、4歳~小学生200円

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

国立歴史民俗博物館(千葉県/佐倉市)

こくりつれきしみんぞくはくぶつかん

日本の歴史と民俗がわかる場所

佐倉城址公園に隣接する国立歴史民俗博物館は、日本の歴史と文化について総合的に研究・展示する国内唯一の国立の博物館で、「歴博」の愛称で親しまれている。日本の先史・古代から現代までの歴史資料が、6つの展示室に分かれて公開されている。研究成果を実物資料や精巧な模型ジオラマなどを使って子どもにもわかりやすいように紹介。

「近世」の江戸橋広小路模型/国立歴史民俗博物館(千葉県/佐倉市)

第3展示室「近世」の江戸橋広小路模型。市場や盛り場を復元している

併設の「くらしの植物苑」/国立歴史民俗博物館(千葉県/佐倉市)

併設の「くらしの植物苑」では、生活文化を支えてきた植物を紹介

<イベント・体験など注目ポイント>

  • 2019年夏休み 特集展示「もののけの夏―江戸文化の中の幽霊・妖怪―」/7月30日~9月8日開催
  • 第4展示室「妖怪の世界」/展示は子供にも人気
  • 第5展示室「都市の大衆の時代」/大正~昭和期頃にタイムスリップしたような写真が撮れる
問合先 03-5777-8600(ハローダイヤル)
住所 千葉県佐倉市城内町117
料金 入館600円(企画展は別料金の場合あり)

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

千葉県立房総のむら(千葉県/栄町)

ちばけんりつぼうそうのむら

屋内外に展示がある参加体験型の博物館

房総の伝統技術や生活様式を体験しながら学べる。「ふるさとの技体験エリア」では、江戸後期から明治初期にかけての房総の商家の町並みや農家を、当時の景観環境を含めて再現し、約400種もの体験・実演を用意。また、古墳群や文化財建造物、ナウマン象の骨格展示などもある「風土記の丘エリア」も。

房総の商家の町並み/千葉県立房総のむら(千葉県/栄町)

薬・呉服などの商家16軒と旅館のような案内所が並ぶ

龍角寺古墳群などから出土した遺物/千葉県立房総のむら(千葉県/栄町)

龍角寺古墳群などから出土した遺物を展示

<イベント・体験など注目ポイント>

  • 2019年夏休み 「むらの縁日・夕涼み」/8月11・12日開催
  • 国指定重要文化財/旧御子神家住宅、旧学習院初等科正堂と、千葉県指定文化財の旧平野家住宅がある
  • オリジナルキャラクター「ぼうじろー」/グッズはお土産にもおすすめ
問合先 0476-95-3333
住所 千葉県印旛郡栄町龍角寺1028
料金 入場料300円(企画展は内容により異なる)

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

注目記事

記事をもっと見る