※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

2021年 あけましておめでとうございます

『時かけ』の展覧会を再現!2020年12月19日より「アノニマス ‐逸名の名画‐」展開催

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

バーチャル空間に「バーチャル東京国立博物館(バーチャルトーハク)」が出現!アニメーション映画「時をかける少女」の展覧会を再現した特別展「アノニマス ‐逸名の名画‐」が、2020年12月19日(土)よりオンライン公開されます。12月18日(金)にはトークイベント「時をかける日本美術」も開催。まだ間に合うので、興味のある方はぜひ参加してみてください。

※ 当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

目次(index)

バーチャル東京国立博物館(バーチャルトーハク)って?

外観 Virtual Tohaku

大階段 Virtual Tohaku

東京国立博物館、文化財活用センターと凸版印刷がバーチャルSNS「cluster」に開設した、バーチャル空間です。東京国立博物館の一部をCGで再現し、大階段を抜けると「時をかける少女」の劇中シーンの特別展「アノニマス‐逸名の名画‐」が出現する仕組みになっています。

特別展示室 Virtual Tohaku

入り口に、「時をかける少女」の主要登場人物のパネルも。ここで写真撮影も可能です!

記念撮影スポット Virtual Tohaku

ユーザーは自由に空間内を歩き回り、作品を鑑賞することができるんです。14年経っても色褪せることのない「時をかける少女」の世界観と、時代を超えて愛される日本美術を楽しめる特別なバーチャル美術展に心を震わせるはず!

バーチャル特別展では、『時かけ』に出た名画が間近で鑑賞できる

特別展示室「孔雀明王像」 Virtual Tohaku

「時をかける少女」のストーリーで重要な意味を持つ美術作品「白梅ニ椿菊図」を中心に、展覧会ではさまざまな作品が展示されています。松嶋研究員の監修のもと、国宝「孔雀明王像」や、「玄奘三蔵像」など、作者が不明とされながらも、名品として脈々と受け継がれてきた作品が集まっています。

特別展示室「洛中洛外図屏風(舟木本)」 Virtual Tohaku

映画では全容が明らかにされていない展示内容が、cluster内に開設された「バーチャルトーハク」で公開されるそうですよ。映画ファンにはきっとたまらないイベントになるはず。

バーチャル特別展「アノニマス ‐逸名の名画‐」

会場 バーチャルトーハク 特別展示室(cluster内)
開催期間 2020年12月19日(土)~2021年2月28日(日)
料金 290円 ※購入方法によって価格が変動
URL

https://virtualtohaku.jp/anonymous2020_exhibition/

12月18日はトークイベント 細田守×松嶋雅人「時をかける日本美術」も

公開前日の12月18日(金)には、本展覧会公開記念として、バーチャル特別展の会場内にてトークイベント「時をかける日本美術」が開催されます。
細田監督と東京国立博物館の松嶋雅人研究員がclusterアバターで登場。「時をかける少女」をはじめとする現代アニメーションと日本美術の関係についてのトークセッションです。
「時をかける少女」に触れてきた大人世代はもちろん、美術に興味を持ち始めた子どももぜひ参加してみてください。

バーチャル特別展「アノニマス ‐逸名の名画‐」公開記念イベント細田守×松嶋雅人「時をかける日本美術」

会場 バーチャルトーハク 特別展示室(cluster内)
日時 2020年12月18日(金)19時~20時30分  *通信状況により時間が変更になる場合があります
料金 1100円 ※購入方法によって価格が変動します。詳細はイベント特設サイトを要確認

注目記事

記事をもっと見る