下町の遊園地「浅草花やしき」を子ども連れで楽しむ!年齢別おすすめアトラクションも

佐々木隆のアイコン佐々木隆

浅草花やしきの園内「スカイプラザ」から眺めた遊園地と浅草の風景
園内「スカイプラザ」から眺めた遊園地と浅草の風景

日本で一番古い遊園地として知られる「浅草花やしき」は、実は、子ども連れでこそ遊びに行きたいスポット。アトラクションがほぼファミリー向けなうえ、数も適度。都心で好アクセスであるがゆえに、広すぎない敷地が子ども連れにはちょうど良いのです。

目次(index)

「浅草花やしき」ってどんな遊園地

開園は嘉永6年(1853)。これは、なんと幕末、ペリーが来航した年なのです。最初は遊園地ではなく庭園でしたが、昭和の太平洋戦争後、下町の遊園地として多くの人に親しまれるようになります。

日本有数の歴史がある下町の遊園地

2023年8月に170年を迎える「浅草花やしき」。そのストーリーはさまざまで、それだけでも1冊の本になりそうですが、やはり、注目は、昔からあった「ローラーコースター」や「ビックリハウス」などが、いまも元気で稼働しており、しかも人気であること。そして、昔も今も、浅草の街にしっかり溶け込んでいて、入園しただけで、どこか懐かしい雰囲気を味わえることです。

日本現存最古のコースター「ローラーコースター」/浅草花やしき(東京都/台東区)

昭和28年(1953)に登場した「ローラーコースター」の当時の姿。日本現存最古のコースターです

幼児・小学生はフリーパスが必要?

まず、入園料は小学生から有料で、未就学児は無料です。ただ、アトラクションは2歳から料金が必要になります。
2~5歳くらいの幼児でも、親子で利用できるアトラクションが多く、加えて、名物の「パンダカー®」や、こども忍者やしき「にんにんパーク」といった、まさに子ども向けのアイテムも多くあります。チケットは未就学児のフリーパスが2200円ですので、のりもの券の回数券(11枚綴り1000円)を2セット使っても足りないほど遊ぶならフリーパスがお得です。のりもの券3枚のアトラクションを8つ以上乗るならフリーパスを購入しましょう。

「パンダカー」/浅草花やしき(東京都/台東区)

「パンダカー」は株式会社花やしきの登録商標です

小学生であれば、ぜひ、アトラクション全制覇を目指してみてください。全20種弱なので、1日かけて、めぐるのにちょうどいい数。少しスリル系もありますが、身長・年齢制限が大丈夫ならトライしてみましょう。チケットはフリーパスを購入したほうがお得です。

小学校高学年なら「お化け屋敷」にトライ/浅草花やしき(東京都/台東区)

小学校高学年なら「お化け屋敷」にトライ

赤ちゃん向けサービス

「浅草花やしき」園内の赤ちゃん向けサービスもチェックしておきましょう。授乳室は、黄色いシンボルタワーの近くに1カ所、おむつ替えができるトイレは女性トイレに2カ所、男性トイレに2カ所あります。ベビーカーの貸し出しはありません。また、アトラクションではないですが、浅草を眺望できて神社もある「スカイプラザ」も、ひと休みに最適なスポットです。

「スカイプラザ」にある笑運閣「ブラ坊」の杜/浅草花やしき(東京都/台東区)

「スカイプラザ」にある笑運閣「ブラ坊」の杜。「ブラ坊」さんとは、結婚・良縁の花やしきの神様です

遊園地データ&園内マップ

■浅草花やしき(あさくさはなやしき)

住所 東京都台東区浅草2-28-1
電話番号 03-3842-8780
料金 入園料大人1000円、小学生500円、未就学児無料、65歳以上500円/フリーパス(アトラクション乗り放題、入園料別途)大人2800円、小学生2400円、2歳以上未就学児2200円、65歳以上2200円/のりもの券1枚100円、11枚綴り回数券1000円 ※1歳以下無料
営業時間 10~18時(変動あり)
定休日 メンテナンス休園あり(公式サイトで確認を)
アクセス 【公共交通】東京メトロ浅草駅・東武浅草駅・都営地下鉄浅草駅→徒歩5分/つくばエクスプレス浅草駅→徒歩3分
【車】首都高速入谷出入口→約1km10分
駐車場 なし
URL

https://www.hanayashiki.net/

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

2023年1月現在の園内マップ/浅草花やしき(東京都/台東区)

2023年1月現在の園内マップ

子どもの年齢別! おすすめアトラクション

では、子どもの年齢別のおすすめアトラクションを紹介しましょう。対象年齢の目安は以下のとおりです。もちろん、あくまで目安ですので、ご了解ください。

  • 幼児向け! 親子で乗りたい → 2~5歳
  • 小学生低学年向け → 小学1~3年生
  • 小学生高学年はトライしたい → 小学4~6年生

アトラクションの年齢・身長制限一覧表は次のとおりです。

2023年1月現在のアトラクション利用制限一覧/浅草花やしき(東京都/台東区)

2023年1月現在のアトラクション利用制限一覧

幼児向け! 親子で乗りたいアトラクション

2~5歳の子どもが乗れるアトラクション。要付添のアトラクションも親子で乗れば大丈夫です。このカテゴリーのアトラクションが多いのが「浅草花やしき」の魅力。

●パンダカー

  • 【料金】200円(のりもの券/フリーパス利用不可)
  • 【制限】なし
パンダカー/浅草花やしき(東京都/台東区)

「パンダカー」は記念撮影にピッタリ

●メリーゴーランド

  • 【料金】のりもの券3枚(フリーパス利用可)
  • 【制限】4歳以下は中学生以上が要付添
メリーゴーランド/浅草花やしき(東京都/台東区)

浅草門入口を入ってすぐのところにあります

●スカイシップ

  • 【料金】のりもの券3枚(フリーパス利用可)
  • 【制限】4歳以下は中学生以上が要付添
スカイシップ/浅草花やしき(東京都/台東区)

空飛ぶ海賊船で園内を1周できます。親子で乗り込めます

●ヘリコプター

  • 【料金】のりもの券3枚(フリーパス利用可)
  • 【制限】2歳以上(7歳以下は中学生以上が要付添)
ヘリコプター/浅草花やしき(東京都/台東区)

自分でこぎながら園内を空中散歩。地上7.5mの場所を走ります

●ちびっ子タクシー

  • 【料金】のりもの券3枚(フリーパス利用可)
  • 【制限】4歳以下は中学生以上が要付添
ちびっ子タクシー/浅草花やしき(東京都/台東区)

花が咲くメルヘンの世界を小さなタクシーでまわります

●こども忍者やしき「にんにんパーク」

  • 【料金】3歳~小学生・付添の大人いずれも最初の30分のりもの券3枚(フリーパス利用で1回無料)
  • 【制限】6カ月~小学生(20歳以上が要付添)※一部遊具に身長制限あり
こども忍者やしき「にんにんパーク」/浅草花やしき(東京都/台東区)

忍者修行ができる遊具がいっぱい。時間内はどれも遊び放題です

ほかにも、水上を優雅に回る「スワン」や、カエルのように上下する「ぴょんぴょん」も、幼児向けのアトラクションです。

●スワン

  • 【料金】のりもの券3枚(フリーパス利用可)
  • 【制限】4歳以下は中学生以上が要付添

●ぴょんぴょん

  • 【料金】のりもの券3枚(フリーパス利用可)
  • 【制限】2歳以上(3歳以下は高校生以上が要付添)

小学生低学年向けのアトラクション

小学校に入ったら乗ってみたいアトラクションです。そろそろ付添なしでも乗れるお年頃ですが、コースターなどは親子一緒で。キッズが1人で乗っている姿を、お父さん、お母さんは応援したり、カメラにおさめたり。子どもの成長を感じる年代です。

●ローラーコースター

  • 【料金】のりもの券6枚(フリーパス利用可)
  • 【制限】身長110cm以上、65歳未満
ローラーコースター/浅草花やしき(東京都/台東区)

2023年で70歳を迎えるベテランコースター。近年オープンしたコースターにはない乗り心地。ぜひ一度体験を

●ビックリハウス®

  • 【料金】のりもの券3枚(フリーパス利用可)
  • 【制限】2歳以上(4歳以下は中学生以上が要付添)
ビックリハウス(R)/浅草花やしき(東京都/台東区)

「ローラーコースター」より古い昭和22年(1947)からある、ちょっとスリル系の遺産的アトラクション

●カーニバル

  • 【料金】のりもの券3枚(フリーパス利用可)
  • 【制限】2歳以上(4歳以下は中学生以上が要付添)
カーニバル/浅草花やしき(東京都/台東区)

傾斜12度のステージを2人乗りのライドが回転。遠心力がスゴイけど、2歳から乗れます

●シラサギ

  • 【料金】のりもの券3枚(フリーパス利用可)
  • 【制限】身長90cm以上(身長120cm未満は中学生以上が要付添)
シラサギ/浅草花やしき(東京都/台東区)

自分でペダルを漕いで空中散歩が楽しめる回転系アトラクション。気分爽快系です

●スリラーカー

  • 【料金】のりもの券3枚(フリーパス利用可)
  • 【制限】4歳以下は中学生以上が要付添
スリラーカー/浅草花やしき(東京都/台東区)

ライドに乗ってめぐる西洋風のお化け屋敷。ちょっと愉快なところもあったりして、キッズのお化け屋敷初体験にピッタリ

ほかに、チャンバラ遊びができる「マルハナ剣術道場」もおすすめ。キッズ剣士になりきって剣術トレーニングしている姿をカメラに。

●マルハナ剣術道場

  • 【料金】のりもの券6枚(フリーパス利用可)
  • 【制限】2歳以上(4歳以下は中学生以上が要付添)

小学生高学年はトライしたいアトラクション

小学校も高学年になったら、スリル系やホラー系にチャレンジしてみませんか。とはいえ、恐怖度は高すぎないので、初めての挑戦にはいいと思います。

●リトルスター

  • 【料金】のりもの券3枚(フリーパス利用可)
  • 【制限】身長130cm以上、65歳未満
リトルスター/浅草花やしき(東京都/台東区)

星型のライドが縦方向にグルングルン回転する「リトルスター」。見た目と動きのギャップがスゴイんです

●お化け屋敷

  • 【料金】のりもの券3枚(フリーパス利用可)
  • 【制限】4歳以下は中学生以上が要付添
お化け屋敷/浅草花やしき(東京都/台東区)

開園した江戸時代の花やしきに語り継がれる怪談話『桜の怨霊』をテーマにしたウォークスルー型のお化け屋敷です

さらに「ディスク・オー」と、3D音響システムを使ったヘッドホン装着型のホラーハウス「ゴーストの館」も、かなりスリルがあります。

●ディスク・オー(長期運休中)

  • 【料金】のりもの券6枚(フリーパス利用可)
  • 【制限】身長120cm以上、65歳未満

●ゴーストの館

  • 【料金】のりもの券3枚(フリーパス利用可)
  • 【制限】4歳以下は中学生以上が要付添

ちょっとしたスリル系アトラクションでも、ほかの遊園地よりも身長・年齢制限は低めのものが多い気がします。幼児でも、スリル好きの子は、ほぼ全制覇もできそうですね。思った以上にアトラクションが楽しめると思います。浅草寺や仲見世通りも近いので、下町散策とあわせて楽しんでみてはいかがでしょう。

●新型コロナウイルス感染症対策により、記事内容・営業時間・定休日・サービス内容(酒類の提供)等が変更になる場合があります。事前に店舗・施設等へご確認されることをおすすめします。
●店舗・施設の休みは原則として年末年始・お盆休み・ゴールデンウィーク・臨時休業を省略しています。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

注目記事

記事をもっと見る