※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

カブトムシ・クワガタ採集ガイド!場所・時間帯・仕掛けレシピ・捕まえ方・飼育まで

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

カブトムシ・クワガタ採集ガイド!/昆虫芸人 堀川ランプ監修

カブトムシ・クワガタ採集ガイド!/昆虫芸人 堀川ランプ監修

子どもたちが大好きな昆虫界のキング的存在“カブトムシ&クワガタ”の昆虫採集の仕方をご紹介します!道具や服装・簡単な仕掛けの秘伝レシピ・捕まえ方・飼育方法までを、昆虫芸人の堀川ランプさんが解説。初めての昆虫採集を成功させて、親子の夏の楽しい思い出を!

» 教えて!!すごい人 TOP

昆虫大好き芸人:堀川ランプさんの記事
» 近場で昆虫観察!虫の探し方は?人気の花は?都内おすすめ公園の昆虫レポート付き

カブトムシ・クワガタの記事
» 2020年夏、お台場でカブトムシ・クワガタのイベント開催(デックス東京ビーチ)
» カブトムシ・クワガタ好きにおすすめの昆虫館など12選!展示・体験・ふれあいが満載

目次(index)

堀川ランプさん(監修プロフィール)堀川ランプ
昆虫大好き芸人。変形菌にも詳しい。日本大学大学院生物資源科学研究科修士課程修了。理系の研究発表を模した白衣スタイルでおこなうフリップ芸が人気。Youtubeで「堀川ランプの昆虫列伝」を配信中。日本変形菌研究会会員。成虫の会メンバー。当記事のイラストはすべて堀川ランプさん本人のよるもの!
» 堀川ランプtwitter
» 堀川ランプの昆虫列伝youtube

※当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

【服装・道具】網はなくても可! 虫かごは紐付きが◎

昆虫採集の服装や道具のポイントのイラスト

昆虫採集を楽しむために、まずは服装や道具のポイントを。

  • 服装
    動きやすく汚れてもいい恰好で、帽子を必ず着用しましょう!草むらに入ることもあるので、なるべく長ズボンを履くのがおすすめ。

  • たくさんの昆虫に出会うためには、靴は重要なポイント!たとえ舗装された公園でも、昆虫採集では草むらや木の茂みに入るので、素足が出るサンダルは避けた方が安全履き慣れたスニーカーを。
  • 虫かご
    100均などで売っている虫かごでOK。子どもは昆虫探しに夢中になると、虫かごをどこに置いたか忘れてしまう場合があるので、取っ手や肩掛けひもがあるタイプが◎

  • 今回のカブトムシ・クワガタの場合は、網はなくてもOK(網を使わずに採集できるコツを、下記で解説します!)。
    とはいえ、網は昆虫採集の気分が出るので、持ちたがる子も多いですね。もし用意する場合は、ホームセンターなどで1000円程度で買えるものがおすすめ!100均などの安価なものは網が浅いのが多く(ザリガニすくいには最適)、あまり高価なものは、作りがしっかりしている分、子どもには重くて持ちにくい場合があります。
  • 飲み物など熱中症対策を
    外で動き回るので水分補給はこまめに。夏の昆虫採集では、汗の水分とミネラルを求めて、チョウが自分から人間によってきてくれることもあります!

【場所】カブトムシ・クワガタが好む木は?

カブトムシ&クワガタはどんぐりの樹が好き/カブトムシ・クワガタが好む木は?

カブトムシ・クワガタが好む木は、クヌギコナラ。どちらも縦に深い溝が入った樹皮と、縦長でふちがギザギザした葉っぱが特徴なので、探してみましょう。
クヌギもコナラもドングリがなる樹なので、根元にドングリが落ちていたら間違いなし! コナラのドングリは楕円形で帽子をかぶった典型的なドングリの形、クヌギのドングリは丸っこく、トゲトゲした帽子をかぶっていますよ。

【仕掛け】秘伝レシピ&仕掛ける時間帯

簡単!仕掛けの秘伝レシピ

カブトムシ、クワガタを確実に捕まえるための仕掛けの秘伝レシピのイラスト

カブトムシ、クワガタを確実に捕まえるために、仕掛けをしましょう。仕掛けの秘伝レシピはとっても簡単。バナナ・焼酎・砂糖をビニール袋などに入れて混ぜ合わせ、半日~1日、常温で放置したら完成!
出来上がったら、ストッキング(排水溝などの目の細かいネットでもok)にうつしかえ、クヌギやコナラの木を見つけて、紐で木の幹にくくりつけます。

<仕掛けのポイント>

  • 焼酎の代わりにコーラやカルピスを入れる例もありますが、アルコールが蒸発するときにバナナの甘い香りが漂うので、昆虫を引き寄せる効果大!
  • 釘を使って仕掛けをつるすのは、木を傷つけるのでNG!生きている木の命を粗末にしてまで昆虫採集をすべきではありません。
  • 採集が終わったら、仕掛けの回収は忘れずに(結構忘れがち!)。

仕掛けの時間帯は?

お子さんは昼間の時間帯が動きやすいと思いますが、日中に仕掛けると、甘い香りに誘われてスズメバチがやってきたり、カナブンがネットに穴をあけてしまう可能性も。カブトムシやクワガタだけを確実に狙いたいのであれば、できれば夕方に罠を仕掛けて、夜または明け方に回収するのがベストです。

仕掛けにカブトムシやクワガタがかかるかは、運にも左右されます。もし一匹もかからなかった場合は、時間をずらしてチャレンジしてみましょう。それでも昆虫が寄ってこなかった場合は、場所を変えてみてください。

【捕まえ方】ポイントはおしり!?

カブトムシ&クワガタ捕まえ方のポイントイラスト

昆虫は、頭・胸・腹の3つに分かれています。そのうちの「胸」の部分をつまんで持ちましょう。カブトムシのオスは、胸の上にある小さい角をつまんで持っても大丈夫です。
つかもうとすると、虫が木にしがみつくことがよくあります。力ずくでとると、カブトムシやクワガタの爪が欠けて、弱ってしまう場合があります。その場合は「おしり」をやさしくつついてみてください。昆虫はおしりが急所なので、さわると驚いて足の力を弱めます。その隙に木からとりましょう。
おしりを触る方法は、クワガタに指を挟まれた時にも有効です。無理にはさみをこじ開けずに、おしりを触って、驚いたクワガタが力を緩めた時に外しましょう。

【飼育】快適な昆虫部屋を作ろう!コバエ予防法も!

カブトムシ・クワガタを見事捕まえたら、やはり飼ってみたいですよね!飼育をして毎日観察することは、とても楽しい体験になります。絵日記を描いたり、夏の自由研究にもおすすめです!

快適な昆虫部屋を作ろう!イラスト

カブトムシ&クワガタの飼育に必要なもの

  • ケース
    1匹なら採集用の虫かごで十分ですが、複数匹の場合は大きめのケースを用意しましょう。
  • 腐葉土(ふようど)または昆虫マット
    腐葉土とは、読んで字のごとく“落ち葉を腐らせた土”のことで、多くの養分を含みます。ペットショップやホームセンター、またはインターネットでも手軽に買えます。生花店で売っている腐葉土もありますが、植物の生長を助けるための農薬がはいっている場合があるので注意しましょう。(公園の土を持ち帰るのはNG。粘土質で昆虫の飼育には不向きです!)
    また、最近は昆虫マットという飼育用のマットもあります。
  • 朽木(くちき)
    カブトムシ・クワガタがつかまったり、卵を産んだりする場所です。容器の中でひっくり返ってしまった際、カブトムシ・クワガタムシが足を引っかけて起きあがるためのものでもあります。なので、ある程度太さがあった方が◎。公園で拾ってきた木は農薬がついている場合があるので、ペットショップやホームセンターで売っているものがおすすめ。夏のシーズンは、100均などにも売っていますよ。
  • えさ
    昆虫ゼリーがおすすめです!バナナやリンゴでもいいですが、コバエが発生しやすいので注意してくださいね!

セッティングの仕方

  • ケースに腐葉土を10センチくらい敷きます。買ってきたばかりの腐葉土は、基本的に適度な水分量になっている場合が多いので、そのまま使ってOK。
  • クワガタは朽木に卵を産む種類が多いので、とまり木用の朽木とは別に、朽木をマットの中に埋めておきましょう。(ノコギリクワガタは、やや水分量が多い方がいいので、水分補充をしましょう)
  • ケースとふたの間に不織布を挟んでおくと、コバエ予防になるのでおすすめ!

カブトムシ・クワガタは夏の虫なので、暑い環境が好きと思われがちですが、野生では夜に活動しており、涼しい環境を好みます。よって、玄関など直射日光の当たらない場所に置いてあげましょう。上手く育てば、秋に土の中に幼虫の姿が見えるかもしれません!

昆虫採集は、仕掛けなどの準備から飼育観察まで、ずっと親子でワクワク楽しめる体験です。ぜひチャレンジしてみてくださいね!!

注目記事

記事をもっと見る