※掲載内容は取材時の情報に基づきます。新型コロナウイルスの感染拡大防止などにより、臨時休業や一部休止となる場合があります。最新の営業状況は各施設にご確認ください。

サンピアザ水族館(札幌)は、餌付けショーや魚のサーカスショーなど楽しい催しが人気

北海道札幌市厚別区の新札幌にある「サンピアザ水族館」は、大型ショッピングセンターに隣接した都市型水族館。ゴマフアザラシやコツメカワウソ、クリオネ、ペンギン、ニシキアナゴ、ドクターフィッシュ、カクレクマノミなど、人気の生き物が観察できます。展示されている生き物は約200種、約1万点。コンパクトながら、魚のサーカスショーや電気ウナギの発電実験など楽しい催しも多く開催され、見ごたえのある水族館となっています。

目次(index)

1階の水槽で「餌付けショー」を見学しよう

館内は1階と2階の2フロアにわかれています。約2000匹の魚が泳ぐ1階の回遊水槽では、マリンガールの餌付けショー(日曜・祝日のみ)が人気です。

「サンゴ礁のさかな」にはアニメ映画にも登場する、おなじみのカクレクマノミやナンヨウハギなど、サンゴ礁にすむ生きものたちが展示されています。

「暖かい海のさかな」にはウツボやドチザメといった暖かい海に生息する魚たち、「寒い海のさかな」には人気のクリオネやミズダコ、オオカミウオなど寒い海に生息する魚たちがいます。

ヒトデやカニなどがいる「タッチングプール」は、小さな子どもたちに好評。生き物たちを直接手でさわることができます。

2階は電気ウナギの発電実験や魚のサーカスショーが見どころ

2階にはペンギン、コツメカワウソ、ゴマフアザラシなど海の人気者が勢ぞろい。「熱帯魚水槽」では、色鮮やかなネオンテトラなどの熱帯魚を観察できます。

また、エサを食べるときなどに最大800V以上を発電する電気ウナギによる発電実験を毎日公開。「魚のサーカスショー」では、好奇心いっぱいのイシダイが4つの特別水槽でパフォーマンスを見せてくれます。

食事はショッピングセンター内のレストランが便利

来館者には小さな子ども連れの家族が多く、無料でレンタルできるベビーカーが3台用意されています。

館内にはエレベーターやスロープがあり、ベビーカーを押して快適に見て回れます。

館内に飲み物の自動販売機はありますが、飲食施設はありません。飲食物は持ち込めるので、館内のベンチで飲食するか、隣接のショッピングセンター内レストランを利用するのがよさそうです。再入館する場合は、チケット販売窓口に伝えましょう。

1時間30分ほどあれば全体をゆっくり見て回れます。楽しいイベントも随時開催され、子ども連れで気軽に行くことのできる、おすすめの水族館です。

サンピアザ水族館

住所 北海道札幌市厚別区厚別中央2条5-7-5
電話番号 011-890-2455
料金 <入園料>大人1000円、子ども400円
営業時間 10時~18時30分(10~3月は18時まで、入館は閉館30分前まで)
定休日 無休
アクセス

札幌市営地下鉄東西線「新さっぽろ駅」より徒歩3分

/道央自動車道「札幌南IC」から2km

駐車場 1750台
特徴

キッズおすすめ

雨でもOK

弁当持込可

ベビーカー利用可

オムツ交換スペースあり(1階女子トイレ、2階共同トイレにあり)

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。