※掲載内容は取材時の情報に基づきます。新型コロナウイルスの感染拡大防止などにより、臨時休業や一部休止となる場合があります。最新の営業状況は各施設にご確認ください。

リアルな恐竜が22種類もいる森を探検!「ディノアドベンチャー名古屋」

「ディノアドベンチャー名古屋」(愛知県名古屋市)は、恐竜をコンセプトに名古屋市の大高緑地公園内に設けられた、子育て世代に人気のテーマパークです。
探検型のアトラクションで、歩きながら実物大の恐竜を観察できるようになっています。ドキドキワクワクしながら公園を散策できるユニークな施設です。

目次(index)

22種の恐竜が潜むコースを探検気分でめぐろう

大高緑地公園内にある「ディノアドベンチャー名古屋」では、コース内に22種類もの恐竜が潜んでいます。コースの全長900m。最強肉食恐竜ティラノサウルスや、大きな角とえり飾りが特徴のトリケラトプス、全長20mを超える大型草食恐竜アパトサウルスなどの恐竜がいます。実物大の恐竜模型なので、まるで恐竜が生きていた時代に迷い込んだような気分で楽しめます。恐竜の秘密もいろいろと知ることができ、恐竜が大好きな子どもたちには特に喜ばれそうです。

出会った恐竜の特徴を知って恐竜博士に!

コース内に潜む恐竜はいずれも実物大の恐竜模型。その数22種類と聞けば、一度は訪れたいと思う恐竜好きが多いのもうなずけます。

22匹の恐竜の特徴が書かれたコースマップは、公式サイトから印刷できます。恐竜の名前をいくつ知っているか、子どもと遊びながらコースを歩いてみましょう。約30分で歩けるコースなので、小さな子どもにも無理がありません。恐竜の近くに行くと、センサーが反応して、恐竜の鳴き声が聞こえます。リアルなのは鳴き声だけでなく、恐竜たちが鳴き声に合わせて体を動かすので、びっくりドキドキの体験ができます。なお、恐竜に触ることはできないので、お気をつけください。

ベビーカーでコースを回ることも可能です。途中、下りの坂道があるので、その部分はお子さんをベビーカーから降ろして歩いてください。夏場は飲料を持ち込んで熱中症対策をしましょう。

まだある!大高緑地公園の子ども向けスポット

大高緑地公園には、「ディノアドベンチャー名古屋」以外にも、子どもたちが楽しく遊べるスポットがあります。

1つは「恐竜広場」。2匹の恐竜の滑り台と、大型複合遊具があります。恐竜のお腹に繋がる階段を上って、お腹の中から下りていく滑り台なので、恐竜好きの子供たちに大人気です。複合遊具は幼児向けの高さの低いものと、チューブ型のくねくねと曲がった高さのあるものがあります。幅広い年齢の子どもたちが遊べます。

もう1つは「児童園」で、目玉はロングスライダー。全長約50mもあり、途中の中継所で種類が異なる滑り台に切り替わる、面白い工夫が施されています。ロングスライダー以外にも、ネットを上ったり橋を渡ったり、滑り台で下りたり、ちょっと勇気が必要だけれども、その分楽しめる複合遊具もあります。冒険気分が味わえること間違いなしですね。

船形の滑り台や砦の形の滑り台といった、乳幼児向けの安全に遊べる遊具も揃っています。

家族で遊べる大高緑地公園の施設

広大な大高緑地公園には、ほかにもプールやゴルフ場、ボート遊びができる池、テニスコート、デイキャンプ場など約17もの施設があります。パパやママと二人乗りできるゴーカートや、家族でチャレンジできるベビーゴルフもおすすめ。琵琶ヶ池でのボート遊びも小さな子どもがいる家族に人気です。竹林、梅林や桜の園などで植物を鑑賞し、自然を満喫することもできます。

大高緑地の無料駐車場が利用できるため、車で来園しやすいことも魅力。ピクニックやボール遊びを楽しみつつ、恐竜探検もできる欲張りなスポットです。

ディノアドベンチャー名古屋

住所 愛知県名古屋市緑区大高町文根山1-1
電話番号 052-693-8798
料金 <入場料>大人800円、中学生以下600円、2歳以下は無料
営業時間 10~17時(土・日曜・祝日は9~17時、夏期は9時~17時30分、最終入場は終了1時間前)
定休日 月曜
アクセス 名鉄名古屋本線「左京山駅」より徒歩15分
駐車場 1663台
特徴

キッズおすすめ

ベビーカー利用可

オムツ交換スペースあり

授乳スペースあり

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。