※掲載内容は取材時の情報に基づきます。新型コロナウイルスの感染拡大防止などにより、臨時休業や一部休止となる場合があります。最新の営業状況は各施設にご確認ください。

赤目四十八滝で滝巡り、忍者体験をファミリーで楽しむ!

「平成の名水百選」や「日本の滝100選」などにも選ばれている三重県の「赤目四十八滝」は、滝で修業していた呪術者・役小角の前に、赤い目をした牛に乗った不動明王が現れたことからこの名がついたといわれています。森の中の遊歩道を散策しながら、点在する滝を眺めてリフレッシュ!そんな休日の過ごし方はいかがでしょうか?

赤目四十八滝には、忍者にまつわる言い伝えもあります。ここでは、家族で楽しめる赤目四十八滝の見所をご紹介します。

33瀑の滝を見ながらハイキング!

赤目四十八滝は、約4kmにわたって大小さまざまな滝が33瀑続いています。その中で「赤目五瀑」と呼ばれるのが、不動明王にちなんで名付けられた「不動滝」、絵のような美しさの「千手滝」、高さ30mから一直線に落ちる「布曳滝」、渓谷随一の景観と絶賛されている「荷担滝」、絶壁に囲まれた滝つぼが美しい「琵琶滝」で、特に注目です!そのほかの滝にもさまざまな名前がつけられているので、滝を眺めながら名前の由来に思いを馳せても楽しいかもしれませんね。

たくさんの緑に囲まれた遊歩道をハイキングすれば、木々の香りに包まれることで、心も体もリフレッシュできるはず!すべての滝を楽しんでも往復で3時間程度の道のりなので、小さなお子様といっしょでも十分に楽しめます。もし足元が心配なら、「布曳滝」までの「ゆったり散策コース」で、のんびり森林浴を楽しむのもいいでしょう。

また、ベビーカーを利用しての散策なら、入り口から10分ほどにある「霊蛇滝」あたりまでであれば、平らな道でベビーカーを押して歩けます。

忍者体験ができる「忍者の森」

赤目四十八滝は、「忍者修行の里」とのネーミングがつけられているほど、忍者との縁が深い場所です。伊賀忍者の祖で多くの忍者を輩出したとされる百地三太夫が霊地として修行や参拝をしていたといわれていたり、織田信長との死闘を演じた伊賀忍者の百地丹波が修行をした地などともいわれていたりします。

そんな赤目四十八滝のふもと、隠れ里の山中には、伊賀忍者の歴史を学びながら忍者修行が体験できる「忍者の森」があります。忍者の衣装に着替え、高い塀を乗り越えたり、水ぐもに乗って流れる川の上を渡ったりといった忍者の身のこなしを体験することができます。また、手裏剣や吹き矢などの忍者道具を操る練習や、屋敷への侵入法や脱出法を学ぶなど、20種類ほどの本格的な忍術体験が楽しめます。修行が終わると「伊賀赤目流免許皆伝の書」が授けられ、伊賀忍術の取得が証明されますよ!

子供一人での参加は7歳からですが、保護者同伴であれば、5歳くらいから参加できます。また、一部のアトラクションは、忍者体験に参加しなくても遊ぶことができますよ。

9種のサンショウウオとご対面!「日本サンショウウオセンター」

赤目四十八滝の入り口には、全国でも珍しいサンショウウオのミュージアム「日本サンショウウオセンター」があります。生きている化石とも呼ばれるオオサンショウウオは、特別天然記念物にも指定されているほど希少な動物。「日本サンショウウオセンター」には、赤目で生まれ育ったオオサンショウウオをはじめとした国内産を中心に、9種約50匹が展示されています。

オオサンショウウオは、きれいな自然の中でしか生きられない生物です。現在は日本と中国、北アメリカにしか生息していません。その生息地のひとつが、赤目四十八滝です。つまり、それだけ赤目四十八滝には、恵まれた自然が残されているということなんですね。

約3000年前からほとんど姿を変えずに、現代に命を紡いだオオサンショウウオ。日頃、目にする機会はほとんどない生物だけに、9種類を見比べることができるのは、お子様にとってたくさんの発見があるでしょう。

お土産や温泉も楽しめる

四季折々の美しさを見せてくれる赤目四十八滝の門前界隈には、たくさんの土産物屋や飲食店が並び、賑わいを見せています。地元の食材や調味料にこだわって作られた、滝巡りにぴったりのお弁当も販売されていますので、滝を見ながら地元の味を堪能するのも良さそうですね。

また、門前界隈には赤目温泉もあり、宿泊はもちろん、温泉だけを味わったり、ランチやディナーとセットで温泉を楽しんだりと、日帰りで赤目温泉を堪能できるプランのある旅館もあります。滝、森林、温泉と、体全体で自然を満喫する家族旅行ができますよ!

 

赤目四十八滝のレジャーチケットを購入する

赤目四十八滝(特定非営利活動法人赤目四十八滝渓谷保勝会)

住所 三重県名張市赤目町長坂861-1
電話番号 0595-63-3004
料金 <入山料>大人500円、小・中学生250円 
<忍者修行体験>大人3000円、子供2700円、幼児2200円

※日本サンショウウオセンター入場券と共通

営業時間 8:30~17:00(12~3月は9:00~16:30)
定休日 日本サンショウウオセンターは1月~3月2週間までの毎週木曜日
赤目忍者の森は1月~3月2週間までの毎週水曜日
アクセス 近鉄大阪線「赤目口」駅より三重交通バス「赤目滝」行きで10分、「赤目滝」下車して徒歩5分

/名阪国道「上野IC」から国道368・165号経由25km

駐車場 なし
特徴 キッズおすすめ

飲食施設あり

弁当持込可

オムツ交換スペースあり