4月の満月、ピンクムーンはいつ見られる? 時間や方角、名前の意味をわかりやすく解説

4月の満月、ピンクムーンはいつ見られる? 時間や方角、名前の意味をわかりやすく解説

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

4月の空には「ピンクムーン」が現れます。ピンクムーンとは「4月の満月」という意味。なぜこんなかわいらしい名前がついているのか、とても気になりますよね。ピンクムーンがいつ、何時に見られるのか、意味や由来と共にご紹介します。2024年の満月カレンダーもぜひチェックしてくださいね。

目次(index)

1.「ピンクムーン」とは? 2024年はいつ見られる?

ピンクムーンとは、毎年4月に見られる満月のこと。2024年のピンクムーンは、4月24日(水)になります。

2025年のピンクムーンはいつ?

2025年のピンクムーンは4月13日(日)。9時22分に満月を迎えます。

2.ピンクムーンの意味と由来

かわいらしい名前のピンクムーンですが、残念ながら実際に月がピンク色に見えるわけではありません。では、どうしてピンクムーンという名前がついたのでしょうか。これはアメリカ先住民の文化が由来となっています。かつて彼らは季節を把握するため、各月の満月に名前をつけて呼んでいました。

4月は、シバザクラがきれいなピンク色に咲く時期であるため、「4月の満月」を意味するものとして、ピンクムーンと呼ぶようになったそうです。日本でも桜の季節になるので、ぴったりの名前ですね。

3.ピンクムーンが見られるのは何時ごろ?

4月24日(水)の何時ごろにピンクムーンが見られるか、気になりますよね。この日は、朝8時49分に満月を迎えます。半月より大きな月は、明るい空の中でも簡単に見つけることができますが、子どもたちは登園・登校の時間ですね。親子で一緒に楽しむなら、24日の夜、または23日の夜に、ほぼ満月の状態を見るのが良いでしょう。

ピンクムーンが見られる方角は?

満月は、月の出の時間帯は東の空に見ることができ、夜中にかけて南の空に移動し、西の空に沈んでいきます。ピンクムーンを観測する場合は、時間帯に応じて見える方角が違うので気をつけてください。また、月は肉眼でもよく見える天体なので、機材は特に必要としません。しかし、双眼鏡や天体望遠鏡があれば月の模様が観察でき、惑星や星との接近も見られるので、楽しみ方が広がりますね。

ピンクムーンを親子で楽しむ!

4月の満月にはピンクムーンというかわいらしい名づけがされていることや、その由来を話してみることで、子どもも普段何気なく目にしている満月に、あらためて興味がわくかもしれません。天体観測にも心地よい気候の時期なので、ぜひ親子で観察してみてくださいね。

【親子で星空観察も!】
» 星の数、星の動きは?星座の見つけ方や便利な道具もチェック

4.ピンクムーン以外の満月名は?

4月のピンクムーン以外にも、アメリカの先住民が名づけた月の名前はユニークなものばかり。それぞれの意味から、彼らの暮らしや気候を想像してみるのもいいですね。英語の勉強にもなるかも⁈

1月:ウルフムーン(WOLF MOON=オオカミ月)

1月の満月は、ウルフムーン。オオカミの繫殖期と、厳しい寒さで食糧不足になる時期が重なり、鳴き声がよく聞かれたことが名前の由来です。

2月:スノームーン(SNOW MOON=雪の月)

2月の満月は、スノームーン。この時期になると、雪が降り積もり風景が白い雪でおおわれるため、この名称がついたそうです。

3月:ワームムーン(WORM MOON=イモムシ月)

3月の満月は、ワームムーン。ワームとは、英語でイモムシのこと。春が近づき、暖かくなってくるとイモムシやミミズなどの生き物の活動が活発になることから、ワームムーンと呼ばれるようになりました。

4月:ピンクムーン(PINK MOON=ピンク月)

4月の満月は、ピンクムーン。シバザクラがピンク色の花を咲かせる時期であることが由来です。

5月:フラワームーン(FLOWER MOON=花月)

5月の満月は、フラワームーン。5月になると、さまざまな花が咲くことから、この名前がつけられました。

6月:ストロベリームーン(STRAWBERRY MOON=イチゴ月)

6月の満月は、ストロベリームーン。北米では、毎年6月にイチゴの収穫が行われるため、ストロベリームーンと呼ばれるようになったそうです。ピンクムーンと同じく、月がイチゴのような色になるわけではありません。

7月:バックムーン(BUCK MOON=シカ月)

7月の満月は、バックムーン。バックとは英語で、シカを意味します。7月になるとオスのシカの角が生え変わることが、この名前の由来です。

8月:スタージョンムーン(STURGEON MOON=チョウザメ月)

8月の満月は、スタージョンムーン。スタージョンとは英語でチョウザメのこと。北米の五大湖に棲息する大型魚、チョウザメの漁が盛んになる時期であったことから、漁師の部族が命名したそうです。

9月:ハーヴェストムーン(HARVEST MOON=収穫月)

9月の満月は、ハーヴェストムーン。トウモロコシなどの農作物を収穫する時期となり、収穫の準備や感謝の気持ちを表現する意味が込められているそうです。

10月:ハンターズムーン(HUNTERS MOON=狩猟月)

10月の満月は、ハンターズムーン。アメリカの先住民は10月になると、冬に向けての準備として狩猟を始めることが、この名前がついた理由です。

11月:ビーバームーン(BEAVER MOON=ビーバー月)

11月の満月は、ビーバームーン。11月はビーバーが巣作りに力を入れはじめる時期であること、また、アメリカの先住民が冬に備えてビーバーの毛皮を確保するため、たくさんの罠を仕掛けていた時期であることが、名前の由来とされています。

12月:コールドムーン(COLD MOON=寒月)

12月の満月は、コールドムーン。12月は寒さが本格的になるため、コールドムーンという名称が生まれたそうです。

5.2024年5月からの満月カレンダー

4月のピンクムーン以降、各月の満月が見られる日と満月を迎える時間をご紹介します。月に一度しか訪れない満月。素敵な名前をつけたアメリカの先住民たちと同じように、季節を感じながら親子で美しい満月を眺めたいですね。

  • 2024年5月の満月:5月23日(木)22時53分
  • 2024年6月の満月:6月22日(土)10時8分
  • 2024年7月の満月:7月21日(日)19時17分
  • 2024年8月の満月:8月20日(火)3時26分
  • 2024年9月の満月:9月18日(水)11時34分
  • 2024年10月の満月:10月17日(木)20時26分
  • 2024年11月の満月:11月16日(土)6時29分
  • 2024年12月の満月:12月15日(日)18時2分