※掲載内容は取材時の情報に基づきます。新型コロナウイルスの感染拡大防止などにより、臨時休業や一部休止となる場合があります。最新の営業状況は各施設にご確認ください。

おうち時間に親子で料理体験!「お魚体験直送便」でいわしのつみれづくりに挑戦!

まな板のイワシ

漁港直送の魚を全国に届けている「SAKAMA」が、”子どもたちにもっと魚と親しんでもらいたい”という思いから、おうちで学びながら魚料理に挑戦できる「お魚体験直送便」をおこなっています。3歳から小学生の子どもを対象に、自宅に届くお魚を使って料理を作る体験型の“おとりよせ”で、第1弾は「こどもといわしのつみれにチャレンジ」です。普段の生活では難しい学びと体験を、親子で挑戦してみませんか。

目次(index)

親子で楽しむ食の体験。魚について学ぶ、さばく、調理する!

子どものからだづくりにも大切な栄養素が豊富なお魚。しかし、国内の魚介類の消費量は減少傾向にあり、特に子どもの魚離れが進んでいるといわれています。「お魚体験直送便」では、保育園や幼稚園、小学校などで魚を使った食育活動を行っている生き物コンサルタントの青木宏樹氏監修の元、子どもたちに魚のことを知ってもらい、親子のコミュニケーションと食育につながる体験を提供しています。

「お魚体験直送便」3つのポイント

【1】魚を通じた親子のコミュニケーション

鮮魚ボックスが届く前に、魚の解説や調理方法が書かれたオリジナルの冊子が届きます。魚が届く前に親子で学び、準備を進めることができます。

【2】リアルな体験にドキドキ!

丸々1匹の魚を手に取り、さばくことで魚の構造を知ることが出き、子どもの興味を引き出します。主に調理用のハサミを使うので、包丁が使えない小さな子どもも体験できます。

【3】家庭でできる食育

テレビや水族館で見ていた魚を、実際にさわって、自分で調理し、食べるという一連を体験することで、食べ物の大切さを知る機会になります。

注文から料理するまで~「お魚体験」の流れを紹介します

イワシの手開き方法

オリジナル冊子の1ページ。写真が大きくてわかりやすい

挑戦してみよう!と思ったら、まずはオンラインストアをチェックしてください。お支払いはクレジットカードか代引きが利用できます。まず、調理手順などが詳しく掲載されたオリジナル冊子が届くので、新鮮なお魚が届くまでに知識を深めて準備しておきましょう。

お魚体験の流れ

  1. 注文する

    サカマショップ(オンラインストア)または専用アプリで「鮮魚ボックス(お魚体験直送便!)」を注文します。

  2. 冊子が届く

    お魚の生態や漁師さんについてなどが学べて、調理手順の説明もついたオリジナル冊子が届きます。

  3. 料理の準備をする

    体験に必要な調理器具、調味料を準備しましょう。子どもと一緒に衛生的な身支度について学びましょう。

  4. 鮮魚ボックスが届く

    注文から3日後、おうちに鮮魚ボックスが届きます(お届け日の指定もできます)。

  5. 料理スタート
    届いた冊子を見ながら調理を始めましょう。わからないところは動画で確認もできます。
    ■YouTube公式チャンネル:サカマInfo

体験の魚以外に季節の鮮魚も一緒に届く「お魚体験直送便」

写真は一例(この日はイワシ、ウスメバル、ハタハタを富山県黒部より直送)

写真は一例(この日はイワシ、ウスメバル、ハタハタを富山県黒部より直送)

「お魚体験直送便」にはチャレンジレシピのお魚だけでなく、同じ漁港からおすすめの新鮮なお魚が3~4人分一緒に届きます。内容は発送日の水揚げ次第で、貝やエビなどが入ることも。食卓のメニューに加えて、たくさん旬のお魚を味わってくださいね。

「お魚体験直送便」は、今後もいろいろなお魚料理にチャレンジできる鮮魚ボックスの発売が予定されています。普段お料理するパパママにとってもメニューの幅が広がるチャンス。子どもと一緒にぜひチャレンジしてみてください。

【鮮魚ボックス(お魚体験直送便)】

  • 今回のチャレンジレシピ:いわしのつみれ
  • 価格:4200円(送料・消費税込み)
  • 内容:いわし10尾程度と同じ漁港から新鮮で旬なお魚(3~4人前)
  • 対象年齢:3歳から小学生の子どもとその保護者
  • 準備するもの:調理器具、調味料
  • 購入方法:サカマショップ(オンラインストア)
    またはサカマアプリ(iPhone版)

■問合先 株式会社サカマ 03-4500-8464/info@sakama.tokyo