※掲載内容は取材時の情報に基づきます。新型コロナウイルスの感染拡大防止などにより、臨時休業や一部休止となる場合があります。最新の営業状況は各施設にご確認ください。

天橋立ビューランドの見所を紹介!飛龍観の絶景を楽しもう

「日本三景」のひとつである「天橋立(あまのはしだて)」には、子育て家族に人気の施設「天橋立ビューランド」が併設されています。ここでは、観覧車やサイクルカーで遊べる天橋立ビューランドの魅力についてご紹介します。

数々の日本百選に選ばれている名勝・天橋立

天橋立は、何千年もの歳月をかけて自然が作り出した神秘の風景が広がり、多くの観光客が訪れる日本有数の観光スポットです。天橋立は、京都府北部の日本海に面した宮津湾にあります。全長約3.6kmの砂浜の上に、大小約5,000本もの松が茂っており、その形が天に架かる橋のように見えることがその名の由来となっています。その美しさから、日本三景だけではなく、「日本の名松百選」「日本の名水百選」「日本の道百選」「日本の白砂青松百選」「日本の渚百選」など、数多くの日本百選に選ばれています。

天橋立は遠くから眺めるだけではなく、その中に立ち入ることも可能です。歩いて渡ると大人の足で70分ほどかかりますが、レンタサイクルを利用すると20分ほどで渡ることができ、海風を浴びながらのサイクリングを満喫できます。

また、天橋立の両岸を結ぶ観光船も運行されており、船なら約12分で対岸に渡ることができます。船上で餌を投げるとカモメが寄ってくるので、小さな子供連れなら観光船の利用もおすすめですよ!

天橋立ビューランドの観覧車やサイクルカーで遊ぼう!

子供連れで天橋立に行ったら、ぜひ立ち寄りたいのが「天橋立ビューランド」です。天橋立ビューランドにある展望台から頭の位置を逆さにして、股のぞきをしながら天橋立を見ると、まるで龍が天へ舞い上がるように見える「飛龍観」を楽しむことができます。施設内には展望台が7台設置されているので、天橋立ビューランドに行ったら、まずは展望台から飛龍観を楽しんでください。

そして、天橋立ビューランドが子供連れにおすすめなのは、遊園地が併設されているためです。松並木が望める「観覧車」、天橋立の絶景が楽しめる「サイクルカー」、小さな子供たちに人気の園内を2周する「SL弁慶号」といったアトラクションがあります。

また、無料で利用できる施設も豊富で、ブランコなどの遊具が置かれた「キッズコーナー」、全長約250mで360°のパノラマ風景を楽しめる「飛龍観回廊」などがあります。

展望レストランで絶景を楽しめる!

施設内にはカフェのほか、絶景を眺めながら食事が楽しめる「展望レストラン」があります。また、オリジナルキャラクターのビューくん・ランちゃんグッズや、天橋立関連グッズが購入できるグッズ売り場もあります。施設内には授乳室も設置されているので、乳児連れでも安心して利用できます。

ぜひ、天橋立ビューランドを家族で楽しんでみてください。

天橋立ビューランド

住所 京都府宮津市文珠437
電話番号 0772-22-1000
料金 <入園料(リフト・モノレール往復乗車料金含む)>

大人(中学生以上)850円/小人(小学生)450円/乳幼児(0歳~小学生未満)

大人1人につき乳幼児1人無料、乳幼児2人目から小人料金 ※遊具利用は別途要チケット

営業時間 9:00~17:00(季節により変動あり)
定休日 無休
アクセス 京都丹後鉄道宮豊線「天橋立駅」から徒歩5分

/京都縦貫自動車道「宮津天橋立IC」から国道178号経由5.5km

駐車場 20台(500円)
特徴 ベビーおすすめ

キッズおすすめ

雨でもOK

飲食施設あり

弁当持込可

ベビーカー利用可

オムツ交換スペースあり

授乳スペースあり