関西で家族におすすめの水族館5選

太平洋や瀬戸内の海に面している関西エリアでは、日本一の飼育種類を誇る水族館から大型水槽が自慢の水族館、釣りが楽しめる水族館、動物園や遊園地も併設された水族館まで、どれも一度は行ってみたくなるような水族館がそろっています。

今回はその中から、子連れファミリーにおすすめの5つの水族館をご紹介します。

目次(index)

鳥羽水族館(三重県)

太平洋に伸びる紀伊半島の東部にあり、伊勢湾に突き出すような場所にある三重県鳥羽市。その全域が「伊勢志摩国立公園」に指定されていることでもわかるように、温暖な気候に育まれた豊かな自然景観や、歴史・文化がある街として知られています。

そんな伊勢志摩の観光拠点となるべく、1955年に開館したのが「鳥羽水族館」です。1994年には、テーマ別に12のゾーンに分け、館内の通路が全長約1.5kmにもなる巨大水族館として生まれ変わりました。現在の飼育種類数は約1,200種類と、日本一を誇る水族館に成長しています。

12の展示テーマの中からおすすめのエリアを紹介!

多くの水族館では観覧順路が決められていますが、鳥羽水族館では、来場者が自分の興味に合わせて自由に移動できるように観覧順序をなくし、自由通路となっています。館内にある12のテーマ展示の中から、子連れファミリーにおすすめの展示エリアをご紹介します。

  • パフォーマンススタジアム
  • 「パフォーマンススタジアム」は、アシカたちが活躍する、動物と人間のコミュニケーションをテーマとしたショーが楽しめるスペースです。

  • 海獣の王国
  • チリの海岸を再現し、アシカやアザラシの仲間の自然な姿を観察できるのが「海獣の王国」です。2018年7月に全面リニューアルされて、世界初となる水上透明チューブが設置されました。チューブ内を歩けば、間近で体重700kgを超える巨大トドがダイビングする、迫力の姿を体感できます

  • コーラルリーフ・ダイビング
  • 「コーラルリーフ・ダイビング」では、世界初の全面ガラス張りの観覧ギャラリーが設けられ、カラフルな熱帯魚やウミガメ、色鮮やかなサンゴ礁の海をダイバー気分で観賞できます。

  • 奇跡の森
  • 両生・爬虫類など、水辺に暮らす生きものたちのゾーンが「奇跡の森」です。吊り橋を渡ったり、滝をくぐったりと、探検気分で観察できるので子供たちは大喜び!

  • 人魚の海
  • 「人魚の海」では、日本で鳥羽水族館だけで飼育されているジュゴンを見ることができます。

  • 極地の海
  • 「極地の海」では、ラッコやイロワケイルカ、クリオネといった、極地に暮らす生きものたちを観察できます。

  • へんな生きもの研究所
  • 子供たちは、変な生きものに興味津々!へんな生きもの研究所では、不思議な形や生態を持った生きものが、約55種300匹も集まっています。

  • 水の回廊(アクアプロムナード)
  • 「水の回廊(アクアプロムナード)」では、ペンギンやペリカン、カワウソなど、水辺の生きものたちの興味深い生態を観察できます。

ショーやイベントも楽しめる!

鳥羽水族館では、多彩なショーやイベントも楽しめます。芸達者なアシカたちが登場する「アシカショー」、かわいいペンギンたちのお散歩を間近で見られる「ペンギン散歩」、大きなセイウチとふれ合える「セイウチふれあいタイム」があります。海獣の王国とラッコの展示エリアでは、食事風景を観察できる「お食事タイム」も設けられています。

レストランやグッズ売り場も充実!

館内には、伊勢志摩自慢の地元の食材を活かしたメニューが人気の「花さんご」と、鳥羽湾を見ながら食事が楽しめる「ベイサイド」というレストランがあります。

伊勢志摩の名産や鳥羽水族館オリジナルのお土産を買えるショップは、館内に2ヵ所あります。うっかり買い忘れをして退場してしまっても大丈夫!

また、ベビールームでは授乳やオムツ替えが可能で、ミルク用のお湯も提供されています。隣接した場所にあるショップでは、紙オムツとおしりふきの販売もあります。オムツ替えベッドは、各トイレについています(男性用トイレには、おむつ替えベッドがないところがあります)。

ベビーカーの貸し出しは20台分あり、ベビーカーで入場する場合はバリアフリー出入口の利用が可能です。館内には各所にスロープとエレベーターがあるため、車椅子やベビーカーでも、ほぼすべてのコーナーが見学可能な点もうれしいポイントです。

鳥羽水族館

住所 三重県鳥羽市鳥羽3-3-6
電話番号 0599-25-2555
料金

<入館料>

大人(高校生以上)2,500円/小・中学生1,250円/幼児(3歳以上)630円/65歳以上2,100円

※2020年4月1日から、大人:2,500円/小・中学生:1,300円/幼児(3歳以上):600円/65歳以上:2,200円に変更となります。

<年間パスポート>

大人(高校生以上)6,200円/小・中学生3,100円/幼児(3歳以上)1,550円

営業時間 9:00~17:00(7月20日~8月31日は8:30~17:30、入館は閉館1時間前まで)
定休日 無休
アクセス

JR参宮線・近鉄「鳥羽駅」より徒歩10分

/伊勢自動車道「伊勢IC」から伊勢二見鳥羽ライン経由15km

駐車場 500台(800円)
特徴

ベビーおすすめ

キッズおすすめ

雨でもOK

飲食施設あり

弁当持込可

ベビーカー利用可

オムツ交換スペースあり

授乳スペースあり

海遊館(大阪府)

2025年に大阪万博の誘致も決まり、盛り上がりを見せる大阪ベイエリア。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンなど、周囲にレジャースポットも多い場所にあるのが、世界最大級の規模を誇る水族館「海遊館」です。

海遊館では、太平洋を取り囲む自然環境を再現しており、「太平洋」水槽を中心に14の大水槽などがあり、飼育展示されている生き物の数は約620種、30,000点に上ります。

海中散歩気分が味わえる「アクアゲート」

海遊館に入ると、来場者をまず迎えてくれるのがアクアゲートです。アクアゲートはトンネル型の水槽で、まるで海中散歩をしている気分が味わえますよ!水槽の中では、色鮮やかな魚たちが優雅に泳ぎ、お客様を出迎えます。

海遊館の特徴は、陸上から深海に向かって順路が設定されている動線です。最上階にあり、日本の渓流に暮らす魚類などとともに日本の森の中の生態系を展示している「日本の森」から始まり、アシカなどの海獣(かいじゅう)の生活を観察できる「モンタレー湾」、熱帯の魚類と陸上で生活するアカハナグマを展示している「パナマ湾」、アマゾン川流域に暮らす巨大魚などが観察できる「エクアドル熱帯雨林」、ペンギンたちが暮らす「南極大陸」(2019年春よりリニューアルオープン)と続いていきます。

ほかにも、カマイルカに会える「タスマン海」、5,000以上のサンゴ礁が連なる海の中を再現した「グレート・バリア・リーフ」、ウミガメが観察できる「クック海峡」、長い足が特徴のタカアシガニを展示する「日本海溝」、クラゲの姿が神秘的な「海月銀河」などがあります。

見て、ふれて楽しめる「新体感エリア」

新体感エリアは、そこで暮らす生き物の音やにおいなどを体感できる工夫がされた展示エリアです。「北極圏ゾーン」には、世界最大級の天井ドーム型水槽が置かれ、手が届きそうな場所からイワトビペンギンが見られます。サメやエイに直接ふれることができる「モルディブ諸島ゾーン」もあります。

海の中の世界を楽しむためのアイディアも満載!

海遊館では、より深く水族館を楽しむためのイベントやガイドツアーも開催しています。小学生以上(小学生は保護者同伴が必要です)から参加できる「ガイドツアー」では、水族館のバックヤードに潜入できます。また、4歳以上から参加できる、スタッフの解説を聞きながらゆったり館内を見学できる「プレミアムツアー」や、海獣にしぼって、バックヤードを含めて見学できる「ガイドツアーA」などが用意されています。

17時からは、海遊館の水槽が夜の海の世界に早変わり!昼間の顔とは違う、神秘的な海の中の世界を楽しめます。そして、見るだけではなく、「より深く海の生き物たちについて学びたい!」という子供たち向けには、ニンテンドーDS(有料レンタルor持参)を用いたガイドも人気を集めています。

人気のオリジナルグッズに注目!

海遊館は、大型のレストラン街などがある「天保山マーケットプレース」に隣接していますが、館内にはカフェ「マーメイド」とエントランスビル2Fにドリンクスタンド「SEA SAW」(現在リニューアル工事中。2020年1月28日OPEN予定)があります。

オリジナルグッズなどを販売するオフィシャルショップは館内エントランスビル3Fと2Fに2ヵ所。ステーショナリーや食器、ぬいぐるみ、お菓子などを中心に、化石や鉱物のコーナーも充実しています(※菓子類の販売は2Fのみ)。

ベビー・キッズ用施設について

乳幼児連れで海遊館を訪れる際にひとつだけ注意したいのが、ベビーカーの取り扱いです。館内通路は一方通行でスペースに限りがあるため、施設ではベビーカーを預けての見学を推奨しています。そのため、持ってきたベビーカーは預けて(無料)、抱っこ紐などを用意するのがおすすめです。

授乳室は2階と6階の2ヵ所にあるほか、救護室とエントランスビル2Fのトイレでも調乳用のお湯をもらえます。さらに各トイレには、赤ちゃんといっしょに利用できる個室トイレやオムツ替えの台が設置されています。館内は少し冷える場合があるため、子供用に羽織る物を1枚用意することを、施設では推奨しています。

海遊館

住所 大阪府大阪市港区海岸通1
電話番号 06-6576-5501
料金

<入館料>

大人(高校生・16歳以上)2,300円/小・中学生1,200円/幼児(4歳以上)600円/シニア(60歳以上)2,000円※要証明書

<年間パスポート>

大人(高校生・16歳以上)5,000円/小・中学生2,000円/幼児(4歳以上)1,000円

営業時間 10:00~20:00(最終入館19:00、季節により変動あり)
定休日 不定休
アクセス

大阪メトロ中央線「大阪港駅」1番出口より徒歩5分

/阪神高速道路「天保山出入口」から国道172号経由2km

駐車場 1,300台(平日30分200円~最大料金1,200円、土・日・祝・特定日30分250円~最大料金2,000円 詳細要問い合わせ)
特徴

ベビーおすすめ

キッズおすすめ

雨でもOK

ベビーカー利用可(一部エレベーターでの移動有)

オムツ交換スペースあり

授乳スペースあり

城崎マリンワールド(兵庫県)

兵庫県北部に位置し、日本海に面した場所にある兵庫県豊岡市。県内で最大の面積を誇る市で、日本で最後の野生コウノトリの生息地として知られています。また、城崎温泉などもあり、魅力的な地域です。

そんな豊岡市にある、人気観光スポットが「城崎マリンワールド」です。従来の水族館のイメージにとらわれることなく、子供たちに驚きや発見、学ぶ楽しさを提供する「見る水族館から、感じる水族館」をメインコンセプトにしています。何度行っても新しい発見がある体感型水族館として、人気を集めています。

国内で一番深い水深を誇る水槽が自慢!

城崎マリンワールドの目玉となっているのが、国内の水族館に設置された水槽の中で一番の深さとなる、水深12mの「大水槽」です。水槽の中は、豊岡の「日和山海岸」の海の中を再現しており、時間によっては水槽の中で泳ぐダイバーが手を振ったり、質問に答えてくれたりします。

また、子供たちが大好きなアザラシやトドといった海獣の数が豊富で、施設の中央を貫く12mの巨大横長チューブでは、アシカの姿も観ることができます。

そして、生き物たちと直接ふれ合えることも、城崎マリンワールドのお楽しみのひとつ!イルカとタッチできるほか、「ロックフィールド」ではヒトデやウニにふれて不思議な触感を楽しんだり、「さかなのランチタイム」には直接エサをあげたりすることもできます。

さらに、子連れならぜひ体験したいのが「アジ釣り」です。釣った魚は天ぷらにして、その場で食べることができます。

イルカなど海の生きものがショーで活躍!

城崎マリンワールドでは、イルカをはじめ様々な海の生きものたちののショーが毎日10種類も開催されています。人気のイルカ・アシカショーでは、セイウチやアシカたちも登場!毎年テーマが変わるので何度見ても飽きずに楽しめます。

5頭の巨大なトドたちが5mの岩場から次々と飛び込む「トドのダイビング」は水しぶき必死!また「フィッシュダンス」では、優雅に泳ぐ数百匹のブリの群れを360°の巨大スクリーンに映し出される映像と共に観覧できます。最後の豪快な捕食シーンは必見ですよ。

ほかにもアザラシのロッククライミング、ペンギンの散歩、イルカのライブステージなどがありますが、生きものとの距離が近いので感動もより高まりますね。

体験オブションにも注目!

城崎マリンワールドでは、体験オプションも充実しています。「バックヤードツアー」では、水族館の裏側を飼育員の案内で回ることができるほか、イルカのトレーナー体験ができる「ドルフィントレーナーツアー」も用意されています。大人向けのドルフィンスイムは、身長150cm以上で50m泳ぐことができれば体験できるので、パパやママがチャレンジして、子供たちを驚かせてみてはいかがですか?

海を眺めながら食事を楽しもう!

城崎マリンワールドは、レストランも充実しています。日本海を一望できるテラス席のあるレストランや、海の幸が堪能できるレストラン、高級な但馬牛を使用したハンバーガーが自慢のカフェもあります。

ショップではオリジナルグッズだけではなく、海産物なども取りそろえられているので、見逃せないスポットとなっています。

授乳室は館内に2ヵ所あり、館内のトイレ3ヵ所にはオムツ交換ができるベビーベッドも設置されています。ベビーカーの無料貸し出しサービスもありますが、館内の一部はベビーカーが通れない場所もありますので、念のため抱っこ紐も用意しておくと便利でしょう。

城崎マリンワールド

住所 兵庫県豊岡市瀬戸1090
電話番号 0796-28-2300
料金

<入館料>

大人(高校生以上)2,600円/小・中学生1,300円/幼児(3歳以上)650円

営業時間 9:00~17:00(ゴールデンウィーク、夏季、お盆期間は変更あり)
定休日 無休
アクセス

JR山陰本線「城崎温泉駅」より全但バス「日和山」行き10分、終点下車して徒歩すぐ

/北近畿豊岡自動車道「日高神鍋高原IC」から国道312号経由25km

駐車場 1,000台(700円)
特徴

キッズおすすめ

雨でもOK

飲食施設あり

弁当持込可

ベビーカー利用可

オムツ交換スペースあり

授乳スペースあり

神戸市立須磨海浜水族園(兵庫県)

空襲により焼失した「住友別邸跡」を整備し、1951年に開園した「須磨海浜公園」。この海浜公園内に、当時、東洋一ともいわれた「須磨水族館」が1957年にオープンし、1987年にリニューアルされて誕生したのが、現在の「須磨海浜水族園」です。

須磨海浜水族園は、本館のほか8つのパビリオンで構成され、回遊性が楽しめる水族園となっています。現在飼育されている生物は約600種、約13,000点に及びます。子連れファミリーにとって、遊園地がある点や、お弁当の持ち込みができる点など、うれしいポイントが満載です。

まずは本館の魅力を紹介!

小さな子供連れのファミリーなら、まずは本館から観て回りましょう。2015年にリニューアルオープンした「屋上展望広場」は、もしも須磨海浜水族園でデパートの屋上遊園地を作ったら、というユニークなコンセプトです。サメやヒトデ、ナマコ、ウニに直接ふれることができるタッチプールの設置や、子供たちが走り回って楽しめる空間が作られている点が特徴です。

中でもおすすめなのが、カピバラといっしょに入っている気分を味わえるように設計された「足湯」。ママやパパも、日頃の疲れを癒やすことができそうです。

ほかにも本館には、水量が1,200tある「大水槽」があります。その中では、群れて行動するアジの仲間の生態や、大きさに思わず驚かされるエイなどに出会うことができますよ!

ユニークな展示が盛りだくさんのパビリオン

テーマを掲げた展示コーナーを設けているパビリオンもご紹介しましょう。世界の淡水魚を集めている「せかいのさかな館」、エサやり体験(有料)もできる「ペンギン館」、日本初のチューブ型水中トンネルで、ピラクルなどの巨大魚が観賞できる「アマゾン館」があります。

さらに、子供たちが大好きなラッコが暮らす「ラッコ館」、イルカたちの華麗なショーを楽しめる「イルカライブ館」、アザラシを間近で観察できる「シールピース」、イルカにふれたりエサやり体験ができたりする「ドルフィンピース」(有料、未就学児は保護者同伴)、水槽内を潜ってオオアナコンダに近づけるトンネルが設置された「オオアナコンダ水槽」があり、連日子供たちの歓声が響いています。

遊園地も見逃せない!

海の生き物たちとたっぷり遊んだら、「PLAY LAND」に行ってみましょう。ほとんどの遊具が3歳未満無料となっています。アザラシ型の乗り物に乗って水の上を滑っていく「ウォーターパレード」や、プレイランドの周りをグルッと一周できる「サイクルライダー」、ゾウさん型の乗り物に乗って空中散歩が楽しめる「アラビアンメリー」など、小さな子供向けの乗り物が充実しています。

館内はフードメニューも充実!

館内には、キッズメニューが充実したレストランのほか、おにぎりやホットドック、ラーメン、たこ焼きなどを販売しているファストフード店が4ヵ所あります。

売店は2ヵ所あります。「ミュージアムショップ コーラル」では、ここでしか買えない公式キャラクターグッズが販売され、「スーベニアショップ」ではお土産向けの商品だけではなく、インテリアグッズから子供向けのおもちゃまで幅広い商品を取り揃えています。

ベビー関連施設は、ベビーカーの無料貸し出し、授乳室(本館)、オムツ交換用のベッド(館内ほとんどのトイレ)、ベビーキープがついたトイレなどが備えられています。

神戸市立須磨海浜水族園

住所 兵庫県神戸市須磨区若宮町1-3-5
電話番号 078-731-7301
料金

<入園料>

大人(18歳以上)1,300円/中人(15歳~17歳)800円

/小人(小・中学生)500円/幼児(小学生未満)無料

<年間パスポート>

大人(18歳以上)3,000円/中人(15歳~17歳)2,000円/小人(小・中学生)1,200円

営業時間 9:00~17:00(入園は閉園1時間前まで)
定休日 12~2月の水曜(祝日は除く、12月に臨時休園あり)
アクセス

JR神戸線「須磨海浜公園駅」より徒歩5分

/阪神高速道路「若宮出入口」から0.2km/第二神明道路「須磨IC」から2.4km

駐車場 1,000台(最初の1時間400円、以降1時間ごと200円)
特徴

ベビーおすすめ

キッズおすすめ

雨でもOK

飲食施設あり

弁当持込可

ベビーカー利用可

オムツ交換スペースあり

授乳スペースあり

アドベンチャーワールド(和歌山県)

和歌山県の南紀白浜にある「アドベンチャーワールド」は、動物園、水族館、遊園地が一体になった総合テーマパークです。陸・海・空に生息する140種1,400頭の生きものが集まっています。海に暮らす生きものたちとのふれ合いや、ダイナミックなショーを楽しめます。

「マリンライブ」でイルカショーを見よう!

アドベンチャーワールドには、バンドウイルカやオキゴンドウ、カマイルカたちのスピーディーでダイナミックなパフォーマンスを楽しめる「マリンライブ」の会場があり、すぐ目の前でトレーナーとの息の合ったショーを見せてくれます。

「ドルフィンウォッチング」ではイルカを観賞でき、他にもエサやり体験もできます(有料・定員あり)。

多くの動物たちとふれあえる「アニマルランド」のコミカルステージ

アシカやアザラシ、ペンギンなど、さまざまな動物のショーを楽しみたい欲張り派におすすめなのが「アニマルランド」です。彼らが繰り広げるコミカルなステージは、ときに笑いを誘う楽しいパフォーマンスがいっぱい。アシカとの記念撮影に参加すれば、家族で素敵な思い出づくりができるはずです。

小さな子供たちに人気なのが、アニマルランドでショーに出演した生き物たちとのふれあいツアーです(有料、定員あり)。目の前で見ると意外と大きな生き物の姿に、子供たちは大喜びです。

そして、園内の人気動物といえば、やはりペンギンです。「ペンギン王国」では、時期が合えばかわいいヒナたちの姿も見られるほか、「ラッコの食事タイム」では、かわいいラッコたちが器用に貝を割りながらエサを食べる姿を観賞できます。

さらに、大型動物が好きなら、「海獣館」は外せません。ホッキョクグマの興味深い動きや、食べ物目掛けてプールにダイビングする、ダイナミックな姿も目撃できます。

陸の動物たちとのふれ合いも楽しい!

陸・海・空の生き物たちをまとめてウォッチングできるのが、まさにアドベンチャーワールドの醍醐味です。人気No.1のジャイアントパンダもいます。また、迫力ある肉食動物や優しい草食動物に会うなら「サファリワールド」がおすすめ。車で回る以外にも、安全なエリアから動物たちを間近に見ながら散歩できる「ウォーキングサファリ」もあり、さらにエサやりや食事風景を楽しめる有料ツアーなども用意されています。

子供たちにおすすめなのが「ふれあい広場」で、ウサギやモルモットを抱っこできたり、カピパラが家に帰るお手伝いをしたりと、かわいい小動物たちと直接ふれ合うことができます。また、雨天でも安心な室内型の「ふれあいの里」では、ベニコンゴウインコやワオキツネザルなど、珍しい動物たちとのふれ合いを無料で楽しむことができます。

遊園地エリアでは、観覧車や動物型のメリーゴーランドのある「プレイゾーン」、雨が降っても楽しめる全天候型の「エンジョイドーム」があり、天気や気候を気にせず遊べる工夫がなされています。

レストランやベビー・介助関連施設も充実!

アドベンチャーワールドの中で、特に子連れにおすすめのレストランは「Smile Kitchen」です。店内にキッズスペースやベビーケアルームが完備され、パンダやペンギンをモチーフにしたかわいいメニューもそろっています。

アドベンチャーワールド内には、ベビーカーや車椅子のレンタル(有料)、オムツ自動販売機・湯沸し器があります。パパもいっしょに利用できる「ベビーケアルーム」があるほか、女子トイレには、オムツの交換台・ベビーチェア、男児用小便器などが設置されています。

アドベンチャーワールド

住所 和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2399
電話番号 0570-06-4481
料金

<入園料>

大人(18歳以上)4,500円/65歳以上4,000円/中学生・高校生(12~17歳)3,500円

/幼児・小学生(4~11歳)2,500円 ※HP要確認

営業時間 10:00~17:00 ※時期によって営業時間は異なります
定休日 不定休
アクセス

JR紀勢本線「白浜駅」より明光バス「アドベンチャーワールド」行き10分、

終点下車して徒歩すぐ

/紀勢自動車道「南紀白浜IC」から6km

駐車場 5,000台(1,200円)
特徴

ベビーおすすめ

キッズおすすめ

飲食施設あり

弁当持込可

ベビーカー利用可

授乳スペースあり