※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

2020年「トーハク×びじゅチューン! なりきり日本美術館リターンズ」が上野で開催中!

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

展覧会ロゴ

展覧会ロゴ

上野の“トーハク”こと東京国立博物館が、親と子のギャラリー「トーハク×びじゅチューン! なりきり日本美術館リターンズ」を開催しています。開催期間は2020年10月27日(火)~2020年12月6日(日)。アーティストの井上涼さんが歌とアニメで世界の「びじゅつ」を紹介する番組「びじゅチューン!」(NHK Eテレ)とコラボレーションした人気企画の第二弾です。「びじゅチューン!」で取り上げられた東京国立博物館が所蔵する文化財をテーマに、高精細複製や映像を使って「びじゅつ」を楽しむことができる、体験型の展覧会です。

目次(index)

「びじゅチューン!」とは?

びじゅチューン

井上涼さん井上涼さん
「びじゅチューン!」とは、世界の「びじゅつ」を、歌とアニメで紹介するNHK Eテレの番組です。作詞・作曲・アニメ・歌などすべてを手がけるのはアーティストの井上涼さん。豊かで自由な想像力で美術の楽しみを広げ、多くの子どもたちから支持を得ています。
»NHK Eテレ「びじゅチューン!」公式サイト

「トーハク×びじゅチューン! なりきり日本美術館リターンズ」とは?

展示室入口

展示室入口

今回の展覧会で体験できる「びじゅつ」作品は、重要文化財「風神雷神図屏風・夏秋草図屏風(ふうじんらいじんずびょうぶ・なつあきくさずびょうぶ)」、国宝「松林図屏風(しょうりんずびょうぶ)」、国宝「八橋蒔絵螺鈿硯箱(やつはしまきえらでんすずりばこ)」の3つ。それぞれ用意されたデジタルコンテンツでは、絵の中に描かれたキャラクターや、作品の世界におじゃまするような感覚で、作品の背後にある物語や風景を体感することができます。自由な想像力で素晴らしい作品と親しむことができる、子どもにも大人にもオススメの展覧会です!

見どころ1|風神雷神と夏秋草のダブルデート♡

屏風の手前に立つと何かが起きる!?

屏風の手前に立つと何かが起きる!?

かつての同じ屏風の表と裏に描かれていた尾形光琳による「風神雷神図屏風」と酒井抱一による「夏秋草図屏風」が、高精細複製品として現代によみがえりました。プロジェクションマッピングと音響による演出も組み合わせ、屏風の世界感をダイナミックに表現されています。さらに、風神・雷神になりきって、屏風の中に雷や風を起こすことができるなど、作品に張り込んで楽しめるインタラクティブな仕掛けも!

重要文化財 風神雷神図屏風

重要文化財 風神雷神図屏風 尾形光琳筆 江戸時代・18世紀 東京国立博物館(複製展示、会期中の作品展示は無し)

見どころ2|松林ズが野外ライブに登場!?

ステージ上の高精細複製品「松林図屏風」に雪が降る

ステージ上の高精細複製品「松林図屏風」に雪が降る

「びじゅチューン!」には、スモークがたかれた野外ステージでパフォーマンスをする松の木のユニット“松林ズ”が登場します。その世界観のもとライブ会場に見立てられた展示室内で、ライブの観客になりきって長谷川等伯による国宝「松林図屏風」の高精細複製品とプロジェクションマッピングによる展示が楽しめます。松林に雪の降るシーンでは、展示室床面にも雪が映し出され、松林の中に入り込んだかのような雰囲気を味わうことができます。

国宝 松林図屏風(右隻) 長谷川等伯筆

国宝 松林図屏風(右隻) 長谷川等伯筆 安土桃山時代・16世紀 東京国立博物館(特別展「桃山―天下人の100年」展示期間:2020年10月20日~11月29日)

見どころ3|すずり箱の中におじゃまします

巨大なすずり箱内部に映し出される4K映像

巨大なすずり箱内部に映し出される鮮やかな4K映像

すずり箱の中に人が住んでいるという「びじゅチューン!」の歌にちなみ、高さ約2メートルの巨大な八橋蒔絵螺鈿硯箱が展示室内に設置されています。床面に映し出された橋を渡ってすずり箱に近づくと、その動きにあわせて水面が揺れたり、水中の魚が動いたり。大きなすずり箱の内側には、4K映像で鉛の橋や螺鈿の燕子花(かきつばた)、金蒔絵による波紋の織り成す尾形光琳の世界が映し出されます。

オリジナルデザインのすずり箱

展示室内のモニターに映るオリジナルデザインのすずり箱

さらに、タブレット上で「蒔絵」や「うるし体験」が楽しめるプログラムも用意されています。自分でデザインしたすずり箱は、展示ケースをイメージした展示室内の壁面モニターに映し出され、さらに自宅でプリントアウトして楽しめるペーパークラフト用のデータもダウンロードすることができます。

国宝 八橋蒔絵螺鈿硯箱 尾形光琳作

国宝 八橋蒔絵螺鈿硯箱 尾形光琳作 江戸時代・18世紀 東京国立博物館(総合文化展 展示期間:2020年9/8~11/29)

ミュージアムショップで先行販売「びじゅチューン!」グッズをゲット

「びじゅチューン!」オリジナルグッズ

「びじゅチューン!」オリジナルグッズ

館内のミュージアムショップでは、たくさんの「びじゅチューン!」のオリジナルグッズが販売されています。オススメは、本展開催期間中に先行販売されるトートバック(2,420円)。ライブの合間(?)にイスに座って休憩する“松林ズ”やデートする風神雷神が、かわいくデザインされていますよ。

トーハクのその他展示について

びじゅチューンの題材となったほんもの!をみつけよう!

トーハク・東京国立博物館のコレクションには、「びじゅチューン!」の歌のもとになった文化財がいくつもあります。「トーハク×びじゅチューン! なりきり日本美術館リターンズ」で取り上げられている作品も含め、開催期間中には「びじゅチューン!」に登場する文化財がトーハク館内に計8件展示されます。本展覧会を楽しんだあとには、館内にある“本物”の文化財もあわせて鑑賞するなど、トーハク全体を楽しんでみるのがオススメです。

「トーハク×びじゅチューン! なりきり日本美術館リターンズ」開催概要

ポーズをとる井上涼さん

井上涼さん

展覧会特設サイト

https://cpcp.nich.go.jp/narikiri2020/

開催期間 2020年10月27日(火)~2020年12月6日(日)
開催場所 東京国立博物館 本館
開催時間 9:30~17:00 ※金曜・土曜は21:00まで開館
休館日 月曜、11月24日(火) ※ただし11月23日(月・祝)は開館
観覧料 一般1,000円 大学生500円 ※高校生以下および満18歳未満と満70歳以上は無料

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

[事前予約制]
混雑緩和のため、東京国立博物館では事前予約制(日時指定券)が導入されています。入館にあたっては、子ども、障がい者等、観覧料の有無にかかわらず、全員分のオンラインによる事前予約が必要となります。
※当日、直接窓口にいった場合でも、事前予約の予定枚数に空きがあれば、現地で予約することができます。
※詳細は東京国立博物館の公式サイトをご確認ください

注目記事

記事をもっと見る