※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

秋の歌声、聞こえてきました♪

デックス東京ビーチなら家族みんなの『衣食遊』をまるごと網羅!1日遊べるスポットが盛りだくさん

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

デックス東京ビーチなら家族みんなの『衣食遊』をまるごと網羅!1日遊べるスポットが盛りだくさん

家族でお出かけするとき、どんなことをポイントにしていますか? 子どもが元気いっぱい遊べるところ? 親がショッピングできるところ? レストランの選択肢が多いところ? お台場にあるデックス東京ビーチは、お出かけで気になる「衣・食・遊」を網羅した、痒いところに手が届くスポット。家族みんなの希望をかなえてくれるので、ついついまた遊びに来たくなる、リピート必至の施設なのです。
今回はそんなデックス東京ビーチを松野さん一家とともに周遊してみました。子ども用メニューが充実したレストランや子連れに嬉しいサービスなどのポイントもばっちり紹介します!

目次(index)

デックス東京ビーチって?

デックス東京ビーチは船をモチーフにした、お台場のランドマーク的ショッピングモール。甲板を模したシーサイドデッキの目の前には、緑豊かなお台場海浜公園と海が! 2019年にはシーサイドデッキにシェアテーブルや植栽が広がる、居心地のいい「シーサイドテラス」も完成、ますます海との繋がりが感じられるようになりました。また、「東京ジョイポリス」をはじめとした複数の大型エンターテインメントスポットはすべて館内にあるので、雨の日も、日差しが強すぎる日も、選択肢豊富に思いっきり遊ばせることができるのが魅力です。

またアクセスは、ゆりかもめ「お台場海浜公園駅」から徒歩2分、りんかい線「東京テレポート駅」より約5分ととても便利。思い立ったらふらりと訪れて、一日中でも、また短時間でも楽しめる、ファミリーにはうってつけのスポットと言えそうです。

デックス東京ビーチ

  • 住所:東京都港区台場1-6-1
  • 電話番号:03-3599-6500(受付時間 11時~18時)
  • 営業時間:11時~21時(レストランは~23時)、店舗により異なる
  • 定休日:不定休
  • 料金:それぞれの施設による
  • 駐車場:550台

※営業時間が異なる場合があります。詳しくはデックス東京ビーチ公式サイトよりご確認ください。

» デックス東京ビーチ公式サイトにアクセス

目玉の3大エンターテインメントスポット

デックス東京ビーチは全部で80店舗以上。今回はデックス東京ビーチ初体験!という松野さん一家と一緒に、多彩な施設のなかでもおすすめのスポットを実際に巡りました。
まずは子どもが思いっきり遊べる、デックス東京ビーチの目玉といえるエンターテインメントスポットから。さっそく行ってみましょう!

東京ジョイポリス

今年で25周年のアニバーサリーイヤーを迎えた東京ジョイポリスは、1stFloorから3rdFloorまで、CGやVRなどの最新技術を駆使したさまざまなアトラクションが楽しめる屋内型遊園地。身長が110cm以上あれば、ほとんどのアトラクションを体験できますが、未就学児や小学校低学年の子でも楽しめるアトラクションも沢山ありますよ!

ワイルドリバー ザ・トレジャーハント

大自然を舞台に繰り広げる絶叫の冒険ツアーが「ワイルドリバー」。凄腕激流下りガイドのエリーと一緒に謎の秘宝を巡る大冒険を楽しみます。大きなボートに乗り込むと、大画面には激流の次は謎の洞窟……と、次々と新たな難関が登場。息をもつかせぬ、その名の通りワイルドなひとときが楽しめます。波に煽られ大きく揺れるボートの乗り心地は、かなりリアル!

実際にボートが前に進んでいるわけではないのに、激流に翻弄されながら突き進んでいるような気分が味わえます。ものすごい迫力!

  • 対象年齢:なし
  • 身長制限:110㎝以上
  • 料金:600円

ジョイポリ探検隊 ダイーバの秘宝と謎の紋章

「モンショーアナライザー」を手に館内を回遊しながら楽しむ、体験型のアトラクション。制限時間内に「古文書」のナゾを解き、館内に潜む「紋章」を集めて回ります。「古文書」には暗号、イラスト、数式など様々なタイプがあり、子どもも飽きずに楽しくチャレンジできるはず。5つの「紋章」を集めると、「秘宝庫」で記念撮影ができます!

  • 対象年齢:なし
  • 身長制限:なし(110cm未満の子どもは保護者の同伴が必要)
  • 料金:600円

Spicy Taxi

タイのタクシー「トゥクトゥク」ライドに乗り込んで賞金を稼ぐ新感覚のアトラクション! 最大4人まで乗車できるので、家族みんなで楽しむのもおすすめです。

レース中にクイズとミニゲームが出てくるので、判断力・知恵・チームワークを駆使して難問をクリアして、最高賞金獲得目指そう!

  • 対象年齢:なし
  • 身長制限:90cm以上
    90cm以上110㎝未満の場合は下記条件です。
    ・保護者の方の同伴が必要
    ・乗り物の動きを止めての運行
  • 料金:600円

東京ジョイポリス

  • 住所:東京都港区台場1-6-1 デックス東京ビーチ シーサイドモール3F~5F
  • 電話番号:03-5500-1801
  • 営業時間:季節変動あり
  • 定休日:不定休
  • 料金:入場大人(18歳以上)800円、小・中・高生500円、パスポート大人4500円、小・中・高生3500円

※営業時間が異なる場合があります。詳しくはデックス東京ビーチ公式サイトよりご確認ください。

» 東京ジョイポリスにアクセス

レゴランド®・ディスカバリー・センター東京

「遊びを通じた学びと発育」をコンセプトに世界中で親しまれている知育玩具の「レゴ®ブロック」。レゴランド®・ディスカバリー・センター東京では、300万個のレゴブロックと、知的好奇心を伸ばしてくれる多彩なアトラクションが迎えてくれます。レゴが好きな子どもだけでなく、レゴで育ったパパやママも、思わず夢中になってしまうこと必至。子どもだけ、大人だけでは入場できないこともあり、安心して家族で楽しむことができます。

入口では魔法使いのレゴ人形 がお出迎え。

ミニランド

デックス東京ビーチ周辺のお台場の風景、東京タワーやスカイツリー、渋谷のスクランブル交差点などといった東京の名所を、160万個以上のレゴブロックを使って再現した、ミニチュアサイズのジオラマ。知っている場所を発見するだけでうれしくなるはず!
一定時間で、昼と夜に切り替わります。夜景もとってもリアルなので注目ですよ。

  • 対象年齢:全年齢
  • 身長制限:なし

キングダム・クエスト

中世の王国を舞台にした、ファンタジックなアトラクションが「キングダム・クエスト」。強力な戦車に乗り込んで、装備されたレーザーガンでガイコツ戦士を倒していく、冒険型アトラクションです。倒した数で点数が決まるので、家族で競争してみましょう!

  • 対象年齢:自力歩行ができる年齢〜
  • 身長制限:130cm以下の子どもは保護者の付き添いが必要

レゴファクトリー

どうやってレゴブロックが生み出されるのか、レゴ博士の話を聞きながら学ぶことができます。材料となる顆粒状のABS樹脂を溶かして、冷やし固めて……という流れがわかるので、工場見学気分が味わえて楽しい!

  • 対象年齢:全年齢
  • 身長制限:なし

クリエイティブワークショップ

レゴ職人であるマスター・モデル・ビルダーをはじめ、優しいスタッフと一緒に楽しい作品を作ることができるワークショップです。トライする作品は動物から建物までさまざま。スゴ技の秘密を発見して、いろんなものを自由に作れるようになろう!

  • 対象年齢:全年齢
  • 身長制限:なし

レゴランド®・ディスカバリー・センター東京

  • 住所:東京都港区台場1-6-1 デックス東京ビーチ アイランドモール3F
  • 電話番号:0800-100-5346(11時~14時)
  • 営業時間: 10時~20時(最終入場18時)、土・日曜、祝日10時~21時(最終入場19時)
  • 定休日:無休
  • 料金:当日オンラインチケット2,500円/人
    ※大人 (16歳以上) のみ、子ども(15歳以下) のみの入場は不可です
    ※2歳以下の子どもは無料で入場可能です
  • URL:https://tokyo.legolanddiscoverycenter.jp/(公式サイト)

※営業時間が異なる場合があります。詳しくはデックス東京ビーチ公式サイトよりご確認ください。 

» レゴランド®・ディスカバリー・センター東京にアクセス

台場一丁目商店街

エスカレーターに乗ってシーサイドモール4Fに辿り着くと、そこには昭和の日本にタイムスリップしたような、懐かしの空間が広がっています。レトロ感いっぱいのアーケードゲームなど、100台以上のゲーム機が集まった「一丁目プレイランド」や、江戸をテーマにした和風のトリックアートなどが楽しめる「東京トリックアート迷宮館」、学校の廃墟を舞台にしたお化け屋敷「台場怪奇学校」など、様々な種類のアトラクションやショップがずらり!

「台場一丁目商店街」をそぞろ歩けば、すっかり気分は昭和。懐かしい駄菓子やおもちゃ、ブロマイドなどが並ぶ「ハイカラ横丁」をはじめとしたレトロな雰囲気のショップや施設が並びます。

東京トリックアート迷宮館

和風の外観も印象的な体感型の施設が「東京トリックアート迷宮館」。立体的に見える絵画や目の錯覚を利用した絵画など、ユニークな作品が多数並びます。アートといっても美術館とは違い、カメラやスマートフォンなどで面白い写真を撮影して楽しめるので、家族で楽しむにはぴったり。絵の世界に入り込んだような写真や、遠近感のバランスがおかしい写真などが撮れるので、どんどん撮影してみて。

大きな樽の中に入って走って逃げる人と、そうはさせまいと止める人の様子をユーモラスに演出できる「樽泥棒」。江戸をテーマにした和風なトリックアートが並ぶ「江戸エリア」の作品のひとつ。

なんだか不思議な遠近感…! こんな写真が撮れちゃいます!

東京トリックアート迷宮館

  • 住所:東京都港区台場1-6-1 デックス東京ビーチ シーサイドモール4F
  • 電話番号:03-3599-5191
  • 営業時間: 11時~21時(入館~20時30分)
  • 定休日:不定休(年に1回程度、詳しくは要問合せ)
  • 料金:入館高校生以上1000円、4歳~中学生700円、3歳以下無料

※営業時間が異なる場合があります。詳しくはデックス東京ビーチ公式サイトよりご確認ください。 

» 東京トリックアート迷宮館アクセス

一丁目プレイランド

ピンボールや10円ゲームなどの懐かしいレトロゲームが揃う「一丁目プレイランド」。壁には昭和のアイドルのレコードなどが飾られ、眺めているだけでも楽しい気分に。大人も童心に戻って遊べちゃいます。

一丁目プレイランド

  • 住所:東京都港区台場1-6-1 デックス東京ビーチ シーサイドモール4F
  • 電話番号:https://www.odaiba-decks.com/shop/tenant/post-28.html
  • 営業時間: 11時~21時
  • 定休日:無休(年1回、休館による休業あり、要問合せ)
  • 料金:ゲームによって異なる

※営業時間が異なる場合があります。詳しくはデックス東京ビーチ公式サイトよりご確認ください。 

» 一丁目プレイランドにアクセス

台場怪奇学校

40年前に廃墟になった「呪われた小学校」を舞台にしたお化け屋敷はスリル満点。ホラープランナーの“齊藤ゾンビ”がプロデュースする独特の世界観が味わえると評判です。懐中電灯を持ち、自分が選んだ生徒になりきって校舎に足を踏み入れれば、そこで体験できるのは生々しい恐怖体験。
スタッフの方によれば「小学校低学年以下のお子さんは結構な確率で泣いてしまったり、途中でリタイアされたりしますね」とのことなので、くれぐれも無理は禁物!

入場前は親子ともども緊張の表情。中は真っ暗なので、先頭の人が懐中電灯を持ち、あとの人はロープにつかまって歩いていきます。

台場怪奇学校

  • 住所:東京都港区台場1-6-1 デックス東京ビーチ シーサイドモール4F
  • 電話番号:03-3599-1664
  • 営業時間: 11時~21時(入館~20時30分)
  • 定休日:無休(年1回、休館による休業あり、要問合せ)
  • 料金:800円

※営業時間が異なる場合があります。詳しくはデックス東京ビーチ公式サイトよりご確認ください。 

» 台場怪奇学校にアクセス

子ども歓迎のおしゃれレストラン

せっかくおでかけしたからには、美味しいものを食べたいですよね。デックス東京ビーチには、おしゃれな雰囲気がありながら子ども用の食事メニューもちゃんと用意してあったり、子ども歓迎のレストランがたくさんあるので安心です!

bills

(C)Petrina Tinslay

シーサイドデッキに面した「bills」は、全国に8店舗展開するオーストラリア・シドニー発のオールデイダイニング。洗練されていながらリラックス感満点のインテリアも、おでかけ気分を盛り上げてくれます。通路も広々としているのでベビーカーも入れやすく、ベビー連れでも安心です。限定店舗のみで提供されている「キッズメニュー」は、メイン・デザート・ドリンクをそれぞれ3種類からチョイス可能。子どもだって大人みたいにメニューを選びたいよね、という発想から生まれたメニューです。平日は朝9時から、土・日・祝日は8時からオープンしているのもうれしい!

海風が心地よいテラス席。

親子でくつろげるゆったりとしたソファ席。

おすすめメニューはこれ!

好きなメニューを組み合わせられる「キッズメニュー」の一例。写真は「和牛バーガー – サラダ、フレンチフライ、ブリオッシュ」「チョコレートサンデー w/ ロッキーロード」「サンライズドリンク – ベリー、バナナ、ヨーグルト、オレンジ」のセット。1500円。

「エビとルッコラのリングイーネ – ガーリックチリオイル、バター、レモン」ランチ1700円、ディナー1720円。

ランチメニューのひとつ「チョップドサラダ – グリーンビーンズ、ズッキーニ、ヒヨコ豆、ビーツ、セサミドレッシング」ランチ1500円、ディナー1600円。

bills お台場

  • 住所:東京都港区台場1-6-1 デックス東京ビーチ シーサイドモール3F
  • 電話番号:03-3599-2100
  • 営業時間: 9時~23時(フード22時LO、ドリンク22時30分LO)、土・日曜、祝日は8時~
  • 定休日:不定休

※営業時間が異なる場合があります。詳しくはデックス東京ビーチ公式サイトよりご確認ください。 

カフェグリル ビッグシェフ

リーズナブルな価格でボリューム満点の洋食を食べたいならここがおすすめ。ステーキやハンバーグ、オムライスなどがセットで頼めるので子どもとシェアしてもおなかいっぱい食べることができます。店内の奥には広々としたテラス席もあり、レインボーブリッジや東京湾を眺めながらのんびりすることも。

テラス席からの眺め。海風が心地いいです。

おすすめメニューはこれ!

コンビメニューのなかでも大人気の「ハンバーグコンビ」。どっちも選べないという人にぴったりです。オムライスはデミグラスソースとケチャップ、両方の味が楽しめるのでお得感も抜群。

カフェグリル ビッグシェフ

  • 住所:東京都港区台場1-6-1 デックス東京ビーチ シーサイドモール5F
  • 電話番号:03-3599-6571
  • 営業時間:11時~23時
  • 定休日:不定休

※営業時間が異なる場合があります。詳しくはデックス東京ビーチ公式サイトよりご確認ください。 

その他にこんなお店もある!

MARUNOKI CAMP CAFE FOOD MARKET(カフェ&フードマーケット)

ジョナサン(ファミリーレストラン)

ANCHORS(テラスカフェレストラン)

» レストラン&カフェコレクションにアクセス

小腹がすいたら「お台場たこ焼きミュージアム」も

ひとつの施設で思いっきり遊んだら、子どもも大人も大好きなたこ焼きでブレイク! たこ焼きの本場・大阪の名店が集結した、たこ焼き版フードコートが「お台場たこ焼きミュージアム」。毎朝4時間煮込む鶏ガラベースのだし汁で作る生地が自慢の「天王寺アベノタコヤキ やまちゃん」や、料理人歴30年の板前が手掛ける、厳選素材にこだわったたこ焼き屋「芋蛸」など、5店のたこ焼きの食べ比べが楽しめます。

「天王寺アベノタコヤキ やまちゃん」の「シェアプレート三点盛」12個 1200円。

「芋蛸」の「トロたま」(ソースマヨ)8個 860円。

バラエティ豊かなお買い物スポット

デックス東京ビーチは子どもが思いっきり遊べるだけでなく、パパやママが買い物を楽しめるスポットも多数。特にベビー&キッズウェアやシューズなどが取り揃うアパレルや、キャンプ用品など、バラエティ豊かなショップが充実しています。

ABC-MART

スニーカーなどのカジュアルシューズを中心にさまざまな靴が並ぶ「ABC-MART」はシーサイドモール3Fに位置。広々とした店内には子ども用の靴が常時約400種類以上取り揃えられています。スタッフが親切にサイズ選びの相談にも乗ってくれるので、すぐに大きくなってしまう子どもの足にぴったりの一足が見つけられるはず!

運動会で活躍したい!という気持ちに応えてくれる、カラフルで機能的なランニングシューズを試し履き。

ABC-MART

  • 住所:東京都港区台場1-6-1 デックス東京ビーチ シーサイドモール3F
  • 電話番号:03-3599-6750
  • 営業時間:11時~21時
  • 定休日:不定休

※営業時間が異なる場合があります。詳しくはデックス東京ビーチ公式サイトよりご確認ください。 

WILD-1

アイランドモール 5Fにある、豊かなアウトドアライフを提案する大型ショップ。広々とした店内には、テントやタープなどの大型アイテムから、普段の生活にも取り入れられそうな食器や小物まで、幅広いアウトドアグッズが所狭しと並んでいます。「patagonia」「THE NORTH FACE」「Snow Peak」「Coleman」「CHUMS」といった人気ブランドのアイテムも充実。経験豊富なスタッフが教えてくれるので、アウトドア初心者でも安心!

店内には複数のテントが展示。テントの中ではサイズを実感。「今年こそ家族でキャンプに行ってみたい!」とパパ。

WILD-1

  • 住所:東京都港区台場1-6-1 デックス東京ビーチ アイランドモール5F
  • 電話番号:03-3599-5311
  • 営業時間:11時~21時
  • 定休日:不定休

※営業時間が異なる場合があります。詳しくはデックス東京ビーチ公式サイトよりご確認ください。 

西松屋

アイランドモール4Fのキッズスペース前にある、出産準備用品から赤ちゃん用品、子ども服まで、子どもに関するあらゆるアイテムを扱う専門店。広々とした店内は解放感があり、ゆっくり買い物ができます。サイズ、色、デザインが幅広く、リーズナブルな価格で豊富に取り揃えられているので、ついついまとめ買いしたくなります。また、ベビーフードやおむつが足りなくなった時などにも、ここに来れば買えるので安心!

どっちのTシャツが似合うかな? お財布に嬉しい商品が取り揃えられているから、おねだりもOK!

西松屋

  • 住所:東京都港区台場1-6-1 デックス東京ビーチ アイランドモール4F
  • 電話番号:03-3599-5365
  • 営業時間:11時~21時
  • 定休日:不定休

※営業時間が異なる場合があります。詳しくはデックス東京ビーチ公式サイトよりご確認ください。 

その他にこんなお店もある!

DOG DEPT+CAFÉ(ドッグカフェ&アパレル・雑貨)

ビラボンストア(サーフィンウェア・スポーツウェア)

ザ・ダイソー(バラエティショップ)

» ショッピングスポット一覧にアクセス

子ども連れのための嬉しい施設やサービス

授乳室やキッズスペース、コインロッカー、ベビーカーの無料貸し出しなど、子ども連れに嬉しい施設やサービスも完備しています。安心して訪れてみてください。

キッズスペース

ベビーカー置き場やベンチも用意されたキッズスペースは、施設全体と同じく船がモチーフ。靴を脱いで船に乗り込めば、気分はすっかり船長さん!
場所は西松屋の目の前です。

ベビーカー置き場もあります。

  • 場所:アイランドモール4F
  • 利用時間:11時~21時

※施設営業時間に伴い変更となる場合があります。

ベビーケアルーム

明るい雰囲気の授乳室を備えたベビーケアルーム。ゆったりと授乳ができる個室をはじめ、おむつ替え台やおむつやジュースの自動販売機も完備しています。

広々とした個室。ママもリラックスしてしばし休憩タイムを。

シーサイドモール4F、アイランドモール4Fのベビーケアルームには給湯器が設置してあります。

レストランフロアであるシーサイドモール5Fに設置された、授乳・離乳食・おむつ替えなどに利用できる完全個室のベビーケアルーム「mamaro」。ご飯を食べているときに、急に赤ちゃんが泣きだしても安心です。

  • 場所:シーサイドモール4F・シーサイドモール5F・アイランドモール4F
  • 利用時間:11時~21時

※施設営業時間に伴い変更となる場合があります。

その他嬉しいサービス内容

コインロッカー

重い荷物やショッピングしたものをコインロッカーに預けてしまえば、身軽に遊べるのでおすすめ。

  • 場所:シーサイドモール3F・5F、アイランドモール3F
  • 利用時間:シーサイドモール3F 10時~24時 シーサイドモール5F 11時~23時 アイランドモール3F 11時~21時

※施設営業時間に伴い変更となる場合があります。

ベビーシート

ベビーシートは多目的トイレと女性トイレの一部に設置。ベビーケアルームと併せて、おむつ交換の場所はチェックしておくと便利です。とてもきれいです。

  • 場所:シーサイドモール3F 多目的トイレ内、アイランドモール1F・4F 多目的トイレ内、アイランドモール3F・4F・5F 女性用トイレ内

※施設営業時間に伴い変更となる場合があります。

» キッズガイドにアクセス

» ファミリーガイドにアクセス

夏限定!密を避けてのんびり過ごせるパラソルつきフリースペース

2021年7月21日(水)~8月22日(日)のうちの土・日・祝日を中心とした計14日間限定で、3Fシーサイド広場・シーサイドデッキ・5Fテラス席に、海風を感じながらのんびり過ごせるパラソル付きのフリースペース「DECKS 太陽と海風のテラス」が登場しています。シーサイドデッキ内のデリバリーメニュー特設受付ブースで、デックス東京ビーチ内の飲食店18店舗のおすすめメニューを注文すると、各店舗から受付まで料理が届くので、できたての美味しさをアウトドアで楽しむことができます。東京にいながら、ひとときのビーチリゾート気分が味わえるはず!

カラフルなパラソルとテーブルが置かれているゆったりしたスペースは、家族でのんびりくつろぐのにもぴったり。

marunoki camp cafe

「MARUNOKI CAMP CAFE FOOD MARKET」の「石窯ロールプレート(ドリンクセット)」1000円。

DECKS 太陽と海風のテラス

  • 期間:2021年7月21日(水)、22日(木・祝)、23日(金・祝)、24日(土)、25日(日)、31日(土)、8月1日(日)、7日(土)、8日(日・祝)、9日(月・休)、14日(土)、15日(日)、21日(土)、22日(日)の計14日間
  • 営業時間:各日11時30分~19時(デリバリーメニューは18時LO)
  • 場所:シーサイドモール3F シーサイド広場付近・アイランドヴィンテージコーヒー前スペース、同5Fテラス席

※行政の外出自粛要請等で開催期間や時間等変更となる可能性があります。
※荒天、社会情勢等により中止もしくは延期となる可能性があります。

デックス東京ビーチで一日遊びつくそう!

デックス東京ビーチを巡ってみましたが、いかがでしたか?「夏休み、親子でどこに行こう?」と悩んだ時に、天候に関係なく1日中快適に遊べて、子ども連れでも安心して過ごせる施設って、実はとっても貴重。事前に1日のスケジュールを考えて、親子で遊び尽くしてみてください!

●新型コロナウイルス感染症対策により、記事内容・営業時間・定休日・サービス内容(酒類の提供)等が変更になる場合があります。事前に店舗・施設等へご確認されることをおすすめします。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

Sponsored:デックス東京ビーチ

注目記事

記事をもっと見る