※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

秋の歌声、聞こえてきました♪

神戸にアートと生き物が融合した新感覚水族館「átoa(アトア)」が10月29日オープン

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

átoa(アトア)(兵庫県/神戸市)

兵庫県神戸市、開発が行われている新港突堤西地区に誕生する神戸ポートミュージアムに、これまでなかった新感覚の水族館「átoa(アトア)」がオープンします。アートとアクアリウム(水槽)の “劇場型アクアリウム”は、芸術といきものが共存するこれまでに見たことがない水族館。オープンが待ち遠しい「átoa」がどんな水族館なのか探ってみましょう。

目次(index)

アートといきものたちが融合する都市型アクアリウム

現代アート美術館のような外観の神戸ポートミュージアム/átoa(アトア)(兵庫県/神戸市)

現代アート美術館のような外観の神戸ポートミュージアム

「átoa」は、“Aquariumu(水族館) to(と) Art(アート)が掛け合わさった造語”。デジタルアートや舞台芸術を駆使したアート空間でいきものたちが泳ぎ回る演出で、驚きと癒しを与えてくれる水族館です。

洞窟の入口のような階段を登り、探検気分で2階入場口へ/átoa(アトア)(兵庫県/神戸市)

洞窟の入口のような階段を登り、探検気分で2階入場口へ

「átoa」がある神戸ポートミュージアムは、大地の隆起と水の浸食によって形成されたといわれている神戸の地形の成り立ちを表現した外観になっています。水族館への入り口は、まるで洞窟へと入っていくような造りになっていて、まるで探検に向かうよう。子どもも大人もワクワクした気分になります。

チケットは日時指定入場制。蜜を避けてゆっくり鑑賞

「átoa」ではゆっくり館内での時間を過ごせるよう、日時指定入場制を採用しています。スムーズに入場するには、事前の予約がおすすめ。来場日の1カ月前から予約・購入が可能になります。詳しくは公式ホームページでご確認ください。なお、入館後の時間制限はありません。

8つの異なるテーマによる展示と空間演出

「átoa」の館内は8つのゾーンに分かれ、それぞれ異なるテーマで約100種類3000点のいきものを展示しています。デジタルアート生み出す幻想的な空間で見られるいきものたちの姿は、“まるで映画や舞台のワンシーン”のように映ることでしょう。

[1] CAVE/はじまりの洞窟

入口を入って最初に遭遇するのは、鏡面加工された壁と床に魚の群れを表した照明が乱反射して、洞窟の奥へと向かうように、カージナルテトラやピラニアナッテリーなどの魚たちを見ながら進んでいきます。

[2] MARINE NOTE/生命のゆらぎ

海中世界を体現した「MARIN NOTE-生命のゆらぎ」/átoa(アトア)(兵庫県/神戸市)

海中世界を体現した「MARIN NOTE-生命のゆらぎ」

洞窟を抜けるとそこは青い光が差し込む海中世界。まるで海の中をふわふわと漂っているような気分が味わえる照明と香りの演出のなかで、トラフザメやチンアナゴ、トビエイなど海のいきものたちと出合えます。

[3] ELEMENTS/精霊の森

霧が立ち込める樹海の森「EREMENTS-精霊の森」/átoa(アトア)(兵庫県/神戸市)

霧が立ち込める樹海の森「EREMENTS-精霊の森」

海から抜け出した次に訪れるのは、霧が立ち込める精霊の森。ここでは川や水辺に暮らすいきものたちとの出合いが待っています。アルダブラゾウガメなどの爬虫類、ブラックファントムテトラ、コームスケールレインボーなどの淡水魚などを鑑賞できます。日本では珍しいウッドチャックの愛らしい姿も見られます。

[4] FOYER/探求の室

霧の世界から一転、やわらかな光が差し込むやすらぎの空間へ。のんびりと過ごすカピバラ、レッドテールキャットフィッシュやアジアアロワナなどの淡水魚などを見ることができます。

[5] MIYABI/和と灯の間

日本庭園の上を歩く不思議な体験/átoa(アトア)(兵庫県/神戸市)

日本庭園の上を歩く不思議な体験

3階は“劇場型アクアリウム”を2つのゾーンで体感できます。まずは和の世界を表現した「MIYABI」。床に水槽があり、日本庭園風のエリアで足元を魚が泳ぐ様子を見ることができます。

■水族館で見られるあでやかな切り絵ショー

光の切り絵作家・酒井敦美氏が手掛けた、「átoa」オリジナル作品『にほはしき時の巡り』が鑑賞できます。

切り絵作家 酒井敦美氏による光の切り絵のショー/átoa(アトア)(兵庫県/神戸市)

切り絵作家 酒井敦美氏による光の切り絵のショー

[6] PLANETS/奇跡の惑星

宇宙空間や深海の世界を体現する「PLANETS」/átoa(アトア)(兵庫県/神戸市)

宇宙空間や深海の世界を体現する「PLANETS」

日本最大規模の球体水槽を中心に、レーザーやミストによる演出で宇宙か深海にでもいるような気分が体感できるゾーン。サクラダイやナンヨウハギ、チョウチョウウオなどが見られます。

[7] GALLERY/探求の回廊

名前のとおり、回廊に飾られた額縁の中にはデバスズメダイ、タマイタダキイソギンチャクやハナサンゴなどを展示。ひとつひとつにアートな仕掛けが施されていて、生物の機能美や造形美を感じられます。

[8] SKYSHORE/空辺の庭

「はじまりの洞窟」からはじまった旅は、さわやかな潮風が感じられる屋上へとたどり着きます。ここにはコツメカワウソやゴマフアザラシ、フンボルトペンギンなど、癒しのいきものたちが待っています。

鑑賞後の休憩は屋上の展望テラスとカフェで

神戸ベイエリアを一望できる絶景ポイント/átoa(アトア)(兵庫県/神戸市)

神戸ベイエリアを一望できる絶景ポイント

かわいいいきものたちがいる4階には「ROOF TOP/展望テラス」とカフェが併設されています。展望テラスからはハーバーランドやメリケンパークなど神戸ベイエリアの風景を楽しむことができます。

「átoacafe」のメニューもアート!

インスタ映え間違いなしのFOOD&DRINK/átoa(アトア)(兵庫県/神戸市)

インスタ映え間違いなしのFOOD&DRINK

4階に備えられたカフェスタンド。心地よい風に吹かれながらひと休みするのに最適なスポットです。思わず写真が撮りたくなるフードやドリンクのメニューが充実。MIYABIソフトクリーム(写真)は、金魚をイメージした配色がかわいいイチゴ味をぜひ。

こだわりグッズをおみやげに「ミュージアムショップ」

átoaオリジナルの商品も販売が予定(イメージ)/átoa(アトア)(兵庫県/神戸市)

átoaオリジナルの商品も販売が予定(イメージ)

出口がある1階にはオリジナルグッズを揃える「ミュージアムショップ」があります。ぬいぐるみや文具、雑貨など、おみやげにお気に入りを見つけたいですね。

グルメも楽しめる神戸ポートミュージアム

átoa(アトア)(兵庫県/神戸市)

神戸ポートミュージアムの2階~4階部分を「átoa」が占める

「átoa」が入る神戸ポートミュージアムには、ほかにも楽しい施設が揃います。神戸のブランド「TOOTH TOOTH」がセレクトした店が揃うフードホール「TOOTH MART」、クラシックカーミュージアムを備える「VOYAGE KOBE」、世界中のチョコレートのパッケージをアートとして展示する「フェリシモ チョコレートミュージアム」があり、さまざまな体験ができる神戸ウォーターフロントエリアの新名所となりそうです。

átoa(アトア)

問合先 044-222-3207
住所 兵庫県神戸市中央区新港町7番2号 神戸ポートミュージアム2~4階
料金 入館料:大人(中学生以上)2400円、小学生1400円、幼児(3歳~未就学児)800円 ※3歳未満無料
時間 10時~21時(最終入館は閉館の60分前まで)※日時指定入場制
定休日 無休(メンテナンスのため休館する場合あり
アクセス 公共交通:JR・阪神電車「元町」駅から徒歩15分、JR「三ノ宮」駅から神姫バス「三宮駅前」バス停からポートループバスまたはポートアイランド方面行で約7分、バス停「新港町」下車、徒歩すぐ
車:阪神高速3号神戸線「京橋出入り口」から約1分、ハーバーウェイ「新港ランプ」から約1分
駐車場 なし ※周辺駐車場を利用
URL

https://atoa-kobe.jp/