※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

秋の歌声、聞こえてきました♪

【動物園編】東武動物公園徹底攻略!エサやりや抱っこなど、ふれあい体験がいっぱい

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

東武動物公園(埼玉県/宮代町)

東武動物公園は埼玉県東部に位置する宮代町に約16万坪にわたって広がるレジャーランド。広大な敷地は大きくわけて東側は遊園地ゾーン、西側は動物園ゾーンとプール(夏季のみ)に分かれているので、どちらかをメインにして遊ぶのがおすすめ。今回は、動物園とプールを中心に、魅力を徹底解説します。

目次(index)

動物園へのアクセスは?近いのは駐車場がある西ゲート

東京方面から電車で行く場合は、東武スカイツリーライン(東武伊勢崎線)に乗車。北千住から急行で7駅、35分ほどで最寄りの「東武動物公園駅」に到着します。「東武動物公園駅」からは600m、徒歩10分ほど。小さな子どもがいる場合、東武動物公園直通シャトルバスを利用するのもおすすめです。9時20分からほぼ10分おきに運行しており、片道約5分、170円です。
クルマの場合、東北自動車道蓮田I.C.が最寄り。インターを下りると約15分で駐車場に到着します。その他、久喜I.C.や、圏央道の幸手I.C.、白岡菖蒲I.C.からも各20分ほどです。
駐車場は約3000台収容でき、駐車料金は1日1000円です。

広大な園内の移動はバスがおすすめ

ちなみに東武動物公園は西側の動物園エリアと東側の遊園地エリアに分かれています。電車で来た場合遊園地のある東ゲートから入園することになり、車の場合は動物園側にある駐車場に車を停め、西ゲートから入園します。
東ゲートから西ゲートまでは2kmもの距離があるので、駅から動物園に行く場合、東ゲートから園内バス「アニ丸ぶーぶー」(片道200円、アトラクションパス利用可)を利用するのがおすすめです。「アニ丸ぶーぶー」は平日は1時間に1~2便、休日2~4便運行しています。

チケットは?動物園だけなら入園券だけでOK

東武動物公園のチケットにはいくつか種類があります。
いちばんリーズナブルなのは、入園のみのチケット。大人1800円、中学・高校生1500円、3歳~小学生800円で、遊園地の乗り物やアトラクション代は含まれません。動物を見るのがメインならばこちらのチケットがいいでしょう。

遊園地のアトラクション代を気にせず楽しみたいなら、入園券と乗り放題がセットになったアトラクションパスセットがおすすめ。大人5100円、中学・高校生4800円、3歳~小学生3800円です。
入園券を持っていて、アトラクション乗り放題を追加したい場合も園内で購入可能。その場合は、大人、中学・高校生は3300円、3歳~小学生は3000円となります。
また、また、そのつど必要な枚数ののりもの券(1枚100円)を購入して、アトラクションを利用することもできます。動物園メインでアトラクションはちょっとだけ、という方におすすめです。

チケット販売機/東武動物公園(埼玉県/宮代町)

夏場にオープンするプールはWebでの予約制となっています。入園券とプール入場料がセットになって大人3100円、中・高校生2500円、3歳~小学生1500円となっています。

期間限定でさまざまなおトクなチケットが発売されることもあるので。公式Webサイトをチェックしてみましょう。

動物園エリアのおすすめの過ごし方

東武動物園では動物たちを見るだけでなく、ふれあい体験や時間帯によってはさまざまなショーやイベントも開催されています。ふれあい体験は、午前中に配布される整理券が必要。また、イベントによっては定員が決まっているものもあるので、動物園を思う存分満喫するには、あらかじめスケジュールを立てておくことが肝心です。

ショーで人気なのは、オットセイやアザラシたちが楽しいパフォーマンスを繰り広げる「アニマルパフォーマンス」や、動物たちが飼育員さんたちと一緒に園内をパレードする「ふれあい動物パレード」、ペンギンの食事風景と、飼育係によるペンギンの生態にまつわる話が聞ける「ペンギントーク」、ホワイトタイガーがおやつを食べる姿を見ることができる「ホワイトタイガーガイド」など。これらは決まった時間、曜日に開催されるので、おでかけ前に公式サイトをチェックして見逃さないようにしましょう。

「ペンギントーク」の様子/東武動物公園(埼玉県/宮代町)

「森のふれあいハウス」で開催されている、ひよこやウサギ、モルモットとふれあい体験は10時30分から配布される整理券が必要。

「森のふれあいハウス」でヒヨコとふれあう様子/東武動物公園(埼玉県/宮代町)

ホワイトタイガー、ペンギンなどへのエサやり体験は開催時間、曜日が限られています。いずれも当日先着順なので、絶対にやりたい体験があれば受付時間や場所をチェックしておきましょう。

そのほか、動物によっては展示時間が決まっていることもあるので、スケジュールを立てる際には下記の流れで予定を組むと良いでしょう。

  1. ショーの時間をチェック
  2. 整理券が必要なイベントや、先着枠のある体験をチェック
  3. 時間が限られているイベントをチェック
  4. 空いた時間で自由に動物見学

プールエリア「東武スーパープール」と動物園を組み合わせて遊んでみよう

夏場には「東武スーパープール」がオープンします。プールの入場には別途入場料が必要になりますが、こちらのプールはさまざまな仕掛けもあって大人気。暑い夏の日中は、動物たちも昼間は木陰でのんびり休んでいることが多いので、まずは朝イチで動物たちを観察し、暑くなってきたらプールに入場。存分にプールで遊んで、夕方少し涼しくなってきたら、活気づいてきた動物たちを観察する、というプランがおすすめです。

「東武スーパープール」は全長300mの「流れるプール」や30分ごとに波が発生する「ウェイブプール」、専用の浮き輪で岩の間をすり抜ける「急流すべり」、全長60~75mの3本のレーンを備えたウオータースライダー「タイガースプラッシュ」など、高学年の子どもが夢中になるちょっとスリルのある設備が満載。

ウオータースライダー「タイガースプラッシュ」/東武動物公園(埼玉県/宮代町)

もちろん小さな子どもが楽しめるエリアもあり、「じゃぶじゃぶアドベンチャー」は、敷地面積2500㎡とキッズプールとしては最大級の規模。最大水深60センチのプールがあるセンターエリアには、水車や滑り台、噴水などがあり、小さなこどもが安心して遊ぶことができます。またアクアプレイエリアではバケツプラッシュが大人気。プール中央にある遊具のてっぺんにある大きなバケツから、5分ごとに500ℓの水が降り注ぎます。親子スライダーもあり保護者の付き添いがあれば小さな子どもでも滑ることができます。

「じゃぶじゃぶアドベンチャー」/東武動物公園(埼玉県/宮代町)

必見の動物イベント

東武動物公園ではさまざまなイベントが開催され、人気を博しています。それぞれ時間が決まっているので見逃さないようにチェックしておきましょう。

アニマルパフォーマンス

アニマルパフォーマンスの様子/東武動物公園(埼玉県/宮代町)

オットセイプールで開催される動物たちのショー。オットセイやゴマフアザラシ、鷹の仲間であるハリスホークやインコたちが日替わりで登場。トレーナーとあうんの呼吸で圧巻のパフォーマンスを見せてくれます。美しい鳥たちが頭上を飛び回り感動のフィナーレは必見。毎日11時と14時30分から開催されますが、気温が高い夏場は16時からの開催となります。

ふれあい動物パレード

ふれあい動物パレードの様子/東武動物公園(埼玉県/宮代町)

アルパカやペンギンなど、季節によってさまざまな動物たちが展示場を飛び出して園内を飼育係さんと一緒にパレード!普段は遠目に見る動物たちが間近に見られて、大興奮間違いなし。こちらは日曜の13時から開催。ふれあいどうぶつの森から出発し、ハートルフルファームで折り返す、およそ40分間のパレードです。暖かい季節にはニシキヘビもパレードに参加するとか。

ホワイトタイガーガイド

ホワイトタイガー/東武動物公園(埼玉県/宮代町)

東武動物公園の人気者といえばホワイトタイガー。ベンガルトラの白変種で、現在では飼育下でしか見ることができません。世界に250頭ほど、国内では約30頭しかいないとても珍しいホワイトタイガーは、古くから神の化身として崇められてきました。東武動物公園ではこの神秘的な姿が見られるよう、さまざまな工夫がされています。そのひとつが、大きなプール。プールの壁面はガラス窓になっており、暑さをしのいだり、獲物を捕らえるために水に飛び込むトラの習性をじっくりと見ることができるようになっています。

土・日曜、祝日の14時40分からは、ホワイトタイガーがエサを食べる様子を見学できる「ホワイトタイガーガイド」を開催。また、土曜11時からはおやつをあげることもできます。こちらは参加費500円で先着15組。迫力のおやつタイム、ぜひ子どもに体験させてあげたいですね。

ライオンガイド

東武動物公園のライオン舎「PRIDE OF LION」。ライオンがプライドと呼ばれる群れで生活していることからその生態を再現するよう工夫されています、411㎡のライオン舎は前面がガラス張りでその堂々たる姿を見ることができます。土・日曜、祝日の14時30分~40分には、ライオンがエサを食べる姿を見ることができる「ライオンガイド」を開催。馬肉や鶏肉にかぶりつく様子に野生の本能が感じられます。

ペンギントーク

ペンギントークの様子/東武動物公園(埼玉県/宮代町)

東武動物公園に暮らしているのはフンボルトペンギン。大きな水槽はガラス張りになっており、ペンギンたちの水中での姿が観察できます。階段を上るとペンギンたちと同じ目線に。生き生きとしたペンギンの姿を目の当たりにすることができます。15時30分からはペンギンの食事風景と飼育員による話が聞ける「ペンギントーク」が開催されます。

ガーガーウォーキング

迫力ある動物たちの姿を見たあとは、愛らしいガチョウの行進で癒されましょう。約30羽のガチョウたちが、仲良くぐわっぐわっと鳴きながら、ときに小走りに歩く様子はとってもキュート。土曜の13時から30分間の開催です(7~9月は暑いため中止)。

ガーガーウォーキングの様子/東武動物公園(埼玉県/宮代町)

ガチョウたちの行進がない日でもがっかりしないで。東武動物公園は、動物たちにエサをあげられる公園として話題なのをご存知でしょうか。ガチョウ広場では、いつでもガチョウにエサをあげることができます(200円、なくなり次第終了)。

エサやり体験

「エサやり体験」/東武動物公園(埼玉県/宮代町)

ここからは東武動物公園のエサやり体験についてご紹介します。東武動物公園ではさまざまなスポットに動物たちのエサが設置されており、購入すれば自由にあげることができます。これは楽しい!

シカのエサやり

シカのえさやり/東武動物公園(埼玉県/宮代町)

シカ用モナカは自動販売機で1個200円で購入できます。人が近づくとみんな一斉に集まってきます。積極的なシカさんたちにちょっとたじろいでしまうことも。

ゾウのエサやり

ゾウのえさやり/東武動物公園(埼玉県/宮代町)

アフリカゾウのエサやりも大人気!こちらは時間が決められていて、平日は13時30分、土・日曜、祝日は12時から。先着25組で参加費は1組500円です。
長い棒にリンゴをつけてゾウに差し出すと、上手にパクりと食べてくれますよ。

ヤギ・ヒツジのエサやり

ヤギやヒツジの好物、干し草は100円で販売されています。

ヤギ/ヒツジのえさ/東武動物公園(埼玉県/宮代町)

ふれあい動物の森で10~15時の間、自由にエサをあげることができます。おっとりした性格の子が多いのでのんびりゆったりエサやりを楽しみたい方におすすめ。

ヤギのえさやり/東武動物公園(埼玉県/宮代町)

そのほかクマやペンギン、サル、ワオキツネザルなど、さまざまな動物にエサがあげられます。こんなにエサやりが充実している動物園って珍しいのではないでしょうか。

「森のふれあいハウス」で動物たちとのふれあい体験

ふれあい動物の森の一角にある「森のふれあいハウス」では、ウサギ、モルモット、ヒヨコなどに実際にふれることができます。

「森のふれあいハウス」/東武動物公園(埼玉県/宮代町)

ふれあいタイムは11~12時の午前の部と、13~15時の午後の部の2部制。整理券は午前、午後ともに10時30分から配布されるので、ふれあいたい動物の整理券をゲットしましょう。

「森のふれあいハウス」でヒヨコとふれあう様子/東武動物公園(埼玉県/宮代町)

もちろんかわいい動物がいっぱい!

120種類1200頭もの動物が暮らす東武動物公園。園内にはさまざまな動物が暮らしています。
こちらの水場に棲んでいるのはフラミンゴたち。チリーフラミンゴ、べニイロフラミンゴ、ヨーロッパフラミンゴ、コフラミンゴの4種類が飼育されています。違いがわかるかな?

フラミンゴ/東武動物公園(埼玉県/宮代町)

体長2.7m、体重3トンになるカバにも注目。夜行性なので昼間は水中でのんびりしていますが、開園直後ならば豪快に食事をする姿が見られるかもしれません。

カバ/東武動物公園(埼玉県/宮代町)

マダガスカル南部の固有種であるワオキツネザルも人気者。ワオワオガーデンには、13時~15時の間、展示スペースのなかにはいって観察することができます。

ワオキツネザル/東武動物公園(埼玉県/宮代町)

8種のサルたちが暮らすモンキーワールドで一際目をひくのはマンドリル。色鮮やかな顔はかなりのインパクトがありますが、実は優しい性格なのだそう。

マンドリル/東武動物公園(埼玉県/宮代町)

ほたリウムで1年中、いつでもホタル観賞

東武動物公園には1年中いつでもホタルが観賞できる世界初の施設があります。

ほたリウム外観/東武動物公園(埼玉県/宮代町)

闇夜にまたたくホタルは、現在ではなかなか見る機会がありませんが、ここならいつでも観賞可能。11~16時の間、15分ごとに開催されます(400円。1回20分。アトラクションパス使用可能)。
ほたリウムについては別の記事にまとめました。

詳細記事:» ヘイケボタルの生態や時期は?東武動物公園の「ほたリウム」なら1年中観賞できる!

ベビーシートや授乳室なども完備

子ども向けの設備も充実しているので安心です。園内すべての女性用トイレおよび、男性用トイレ10カ所にベビーシートが設置されています。

園内のトイレ/東武動物公園(埼玉県/宮代町)

動物園エリアの休憩室には、清潔なオムツ交換スペースが用意されているので安心。

休憩室内/東武動物公園(埼玉県/宮代町)

また授乳室は動物園エリアの休憩室と遊園地エリアの「コルネさんのパンケーキハウス」「レストランカーニバル」にあります。

授乳室/東武動物公園(埼玉県/宮代町)

調乳用のお湯が欲しい場合、園内レストランでスタッフに声をかければ用意してもらえます。ベビーカーは、東西ゲートでレンタル可能。1日500円です。

子どもにおすすめのランチはこれ

めいっぱい遊んだ子どもたちはお腹ペコペコ!園内には数カ所レストランがありますが、せっかくなら動物園らしいメニューをいただきたいもの。それなら中央レストランに直行です。

中央レストラン外観/東武動物公園(埼玉県/宮代町)

中央レストランの看板メニューといえば「ハローバーグカレーライス」(1000円)。ごはんに盛られたハンバーグはホワイトタイガーの足跡になっています♪

中央レストラン「ハローバーグカレーライス」/東武動物公園(埼玉県/宮代町)

期間限定メニューもあり、この日はサイのエマちゃんが動物園の仲間に加わったことを記念した特別メニュー「サイのエマちゃんカレー」(1300円)がありました。

中央レストラン「「サイのエマチャンカレ~」」/東武動物公園(埼玉県/宮代町)

お皿にカレーのルーを流し込むと、サイのエマちゃんが登場!子どもたちも大喜びです。

おやつタイムにおすすめなのは「コルネさんのパンケーキハウス」。こちらでオーダーしたいのは「コルネさんのスペシャルパンケーキ」(1250円)。ホワイトタイガーの描かれたパンケーキにクリームやフルーツがたっぷり。いっぱい歩いた後も、疲れが吹き飛びそうな美味しさ&かわいさです。

コルネさんのパンケーキハウス「コルネさんのスペシャルパンケーキ」/東武動物公園(埼玉県/宮代町)

もう少し軽いおやつを、ということならくまさんのカステラもおすすめ。くまさんのカステラはカステラ単体でも購入できますが(8くま350円)、ソフトクリームにくまさんカステラがトッピングされたくまさんのソフトアイスクリーム(350円)も人気!ゲームセンターカーニバル前とエマさんのチーズ風車前の売店で売っています。

くまさんのソフトアイスクリーム/東武動物公園(埼玉県/宮代町)

お土産はオリジナルグッズがイチオシ

東武動物公園で人気ナンバーワンはホワイトタイガーのぬいぐるみ(680円)。ボールチェーンがついており、カバンなどにぶら下げることができます。

ホワイトタイガーのぬいぐるみ/東武動物公園(埼玉県/宮代町)

またふれあい動物の森の近くにある「わとと」は動物園オリジナルグッズがずらり。

動物園オリジナルグッズ売り場「わとと」/東武動物公園(埼玉県/宮代町)

動物のシルエットやワオキツネザルのプリントされた巾着(490円)が好評です。

動物のシルエットやワオキツネザルのプリントされた巾着/東武動物公園(埼玉県/宮代町)

都心からのアクセスも良好な東武動物公園は、動物とのふれあいが楽しめるイベントがもりだくさんの楽しい動物園。普段はなかなか間近で見ることのできない動物とふれあって、動物の魅力や不思議をたくさん学びましょう!

» 東武動物公園~遊園地編~の記事はこちら

東武動物公園

問合先 0480-93-1200
住所 埼玉県南埼玉郡宮代町須賀110
料金 入園料:18歳以上1800円、12~17歳1500円、3~11歳800円、60歳以上1100円 
アトラクションパスセット:18歳以上5100円、12~17歳4800円、3~11歳3800円、60歳以上3800円
※60歳以上は年齢のわかる証明書が必要。また12歳で小学生の場合は800円、18歳以上で高校生の場合は1500円。ただし18歳で高校生の場合は学生証などの提示を求められることがある
開園時間 9時30分~18時(8月10日現在)※季節・曜日・イベントにより変動
休園日 6月の水曜、元日、1月の火・水曜、2月の火~木曜
URL

https://www.tobuzoo.com/

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

※営業状況については、お出かけ前に必ず公式サイトでご確認ください。
※入園にはマスクの着用が必要です(小学生以上)。
※アトラクションや動物イベントを利用する際はマスクの着用が必要です(3歳以上)。