※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

もうすぐ楽しい、クリスマス♪

刈谷市交通児童遊園は入園無料。ジェットコースターなどアトラクションも充実

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

キッズコースター/刈谷市交通児童遊園(愛知県/刈谷市)

愛知県にある刈谷市交通児童遊園は、「子どもが楽しみながら交通ルールを学ぶ」をコンセプトに1975年に誕生しました。交通児童遊園の名のとおり、園内ではゴーカートに乗って交通標識やマナーなどを学べるのをはじめ、キッズコースターやグレートポセイドンなど、スリルあるアトラクションも充実。入園無料なのもママパパにはうれしいポイントです。開園以来、親子連れに根強い人気を誇る同園の魅力を紹介します。

目次(index)

入園は無料!交通児童遊園ってどんなところ?

刈谷市交通児童遊園は、1975年から続く老舗の遊園地であり、親子連れに根強い人気のあるおでかけスポットです。近年は一部がリニューアルされトイレも新しくきれいで、授乳室もあり快適に過ごせます。JRや名鉄刈谷駅からは徒歩8分ほどの好立地にあり、アクセスも抜群。95台停められる無料駐車場に加え、近隣には市営神田駐車場もあるので、荷物が多く車移動が中心のママやパパも安心です(市営神田駐車場は有料で、70円/30分)。

入園料は大人も子どもも無料、施設内の遊具の利用料は1回それぞれ20円、50円、100円の手軽な料金設定。何といってもお手頃な価格がポイントです。リーズナブルなので、「もう一回乗りたい!」とせがまれても、お財布の心配が要らないのはうれしいですね。

遊具は20円から!2歳からOKのアトラクションも

人気のゴーカートをはじめ、アトラクションは全8種。その他に小型遊具とパターゴルフがあります。1回50円でスリルを味わえるものから、2歳から乗れるちびっこ向けまでバラエティに富んでいます。代表的な人気アトラクションをいくつか紹介しましょう。

ゴーカート

アトラクションの中で1番人気といっても過言ではないゴーカートは、アクセルとブレーキを駆使して操作する本格的なマシン。急カーブあり、坂ありの複雑なコースを周ります。車高が低く地面に近いので、スピード感も体感でき、レーサー気分も味わえます!小学校3年生からは保護者と一緒に乗れば、自分で運転することができますよ。

グレートポセイドン

グレートポセイドン/刈谷市交通児童遊園(愛知県/刈谷市)

本格的なバイキングも保護者と一緒なら3歳から楽しめます。左右に大きく揺れ、船の端の席は結構高い場所まで上がるので、大人も子どもも見た目以上のスリルに大興奮。

キッズコースター

保護者同伴なら5歳以上の子どもから楽しめるジェットコースター。園内の中央部にあり、カラフルな機関車型のコースターが高速で駆け巡ります。

メリーゴーランド

遊園地定番のメリーゴーランド。白馬だけでなく馬車やライオン、犬などいろんな乗り物が回っているので、どれに乗るか選ぶのも楽しそう。小学生からは一人で、小学生未満は保護者が横に乗れば利用できます。メルヘンな世界を体験してみよう。

ドルフィンパラダイス

ドルフィンパラダイス/刈谷市交通児童遊園(愛知県/刈谷市)

ピンクや青色のイルカに乗って水上を回る、子どもたちに人気のアトラクション。2歳以上の子どもから乗車OKのため、小さい子を連れたパパとママでにぎわっています。水上をゆっくりと回り、アトラクションの最後は下り坂でジェットコースター気分を味わえます。

小型遊具

小学生以下限定で乗れる小型遊具はうれしい20円。新幹線や白バイなど、音楽に合わせてゆらゆら揺れる小型遊具は、一人でしっかり座れるくらいなら小さな子どもも利用OK!パパママが見守ってもらいながら楽しめるはずですよ。

そのほかにサイクルモノレールやヘリタワーなど、子どもの好奇心をくすぐるアトラクションがずらり。ゆっくりしたスピードの乗り物が多く、遊園地デビューの小さな子どもから存分に楽しめます。

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、一部乗り物で利用人数を制限しています。

名古屋市電やSL機関車の展示もチェック

※画像はイメージです

電車・鉄道好きキッズにぜひ見てほしいのは、かつて名古屋市内で活躍した名古屋旧市電の展示です。貴重な電車内へは、自由に出入りしたり、運転席に座ったりができるので、リアルな電車ごっこができますね。
また、「デゴイチ」の愛称で親しまれている、昭和17年から30年間もの時を駆け抜けた迫力あるD51蒸気機関車も展示されています。運転席に入って運転手気分を味わったり、ラッキーな777のナンバーを掲げた車体の前は、おすすめのフォトスポットです。

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、市電、SL機関車は利用を中止する場合があります。

滑り台、ふわふわドームなど魅力的な遊具も多数

※画像はイメージです

乗り物を十分に楽しんだら、次は体を思いっきり動かして楽しむ遊具で遊びましょう。なかでも目を惹くのは、パターゴルフ場のそばにある人工芝のすべり台(無料)。登ったり滑ったり何度でも挑戦でき、爽快感にハマる子どもたちが多いのだとか。 大人も滑ることができるので、一緒に滑るのも楽しいですね!

イベント広場に設置されたふわふわドーム(無料)では、トランポリンのような感覚を楽しみましょう。真ん中で幼児用と小学生用に分かれているので、お兄ちゃん・お姉ちゃんが夢中で飛び跳ねても安心ですね。
夏の時期には、D51蒸気機関車の前が水遊び場に変身。地面の至る所からリズミカルに噴き出す噴水に子どもたちも大喜びするでしょう。
小学生以上の子どもにはパターゴルフもおすすめ。100円で6ホールが楽しめるので、パパやママと腕比べも楽しめます。

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、人工芝のすべり台、ふわふわドーム、じゃぶじゃぶ噴水池は利用中止する場合があります。

芝生広場でのんびりピクニック

※画像はイメージです

刈谷市交通児童遊園の魅力はまだまだいっぱい。芝生広場では、体を思いっきり伸ばしたり、レジャーシートを敷いてピクニックしたりと、思い思いに過ごせます。ハイハイやよちよち歩きの赤ちゃんも自由に遊ばせてあげられるのがうれしいですね。ママやパパは、芝生にごろりと寝転がって広い空を見上げてリフレッシュも最高です。移動販売車が軽食の販売をしていることもあるので小腹が空いたらチェックしてみましょう。1日しっかり遊ぶならお弁当を持参するのがおすすめです。

併設の「刈谷おもちゃ病院」でおもちゃを無料修理

西側入り口すぐの場所にある管理棟2階には「刈谷おもちゃ病院」があります。毎月第2、第4の土曜日と日曜日限定で開院し、壊れたおもちゃの診療を行っています。技術者として活躍した、経験豊富なボランティアドクターが原則無料で直してくれるので、もし動かなくなったお気に入りのおもちゃがあるなら相談してみるのもおすすめです。また、定期的に夢と学びの科学体験館で「簡単工作」も開催し、牛乳パックや割りばしなど身近な物を使った簡単おもちゃの作り方を教えてくれます。工作やものづくりが好きならチェックしてみましょう。

「子どもと遊びつくすのにちょうどいい規模」と評判の刈谷市交通児童遊園。子どもたちとわいわいスケジュールを立てるところから楽しんでみてはいかがでしょうか。ぜひ休日のお出かけ先の参考にしてください。

刈谷市交通児童遊園

住所 愛知県刈谷市神田町3-47-1
問合先 0566-22-9371
営業時間 9時~16時30分(大型遊具とパターゴルフは16時まで)
定休日 水曜(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月29日~翌1月3日)
※春休みと夏休み期間は水曜日も開園(雨天時等は除く)
料金 入園料無料
アクセス 公共機関:JR刈谷駅、名鉄刈谷駅から南東へ徒歩約8分
公共施設連絡バス「かりまる」 東境線「交通児童遊園」バス停下車すぐ
公共施設連絡バス「かりまる」 全線「ひまわり」バス停から徒歩約3分
駐車場 95台・おもいやり専用駐車場 4台/無料
URL

https://www.city.kariya.lg.jp/shisetsu/bunka/kotsu_jidou/1005343.html

●掲載の情報は予告なく変更になる場合があります。おでかけ前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。