運動能力、近所の公園でぐんぐん伸ばす!

【イベントレポート】るるぶKidsとリトルプラネットがコラボ!「あなたも記者になれる!編集講座付きリトプラツアー」

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

【イベントレポート】るるぶKidsとリトルプラネットがコラボ!「あなたも記者になれる!編集講座付きリトプラツアー」

るるぶKidsとリトルプラネットがコラボレーション!リトルプラネットのアトラクションで楽しく遊びながら取材し、自分で文章を考えて、記事を書く。そんな本格的な記者のお仕事を体験できる編集講座を「リトルプラネットKITE MITE MATSUDO」でおこないました。今回は当日の様子をレポートします!

» 「あなたも記者になれる!編集講座付きリトプラツアー」開催決定!

目次(index)

るるぶKidsとリトルプラネットが「あなたも記者になれる!編集講座付きリトプラツアー」を開催しました

「あなたも記者になれる!編集講座付きリトプラツアー」は、大きく分けて2部構成。まずは、「るるぶ」編集部によるオリジナルの冊子を使った編集講座に参加したあと、実際に「リトルプラネット」を体験取材して記事を制作してもらいます。

まずは編集部員の先生と一緒に学ぶ編集講座

今回午前の部に参加してくれたのは、小学校1年生と2年生の3人のお友達。はじめはみんな、慣れない場所で緊張気味。楽しく講座を受けられるかな?

講座の先生は、大阪の編集部で「るるぶ大阪 」「るるぶ宇宙」などを作っているお兄さん。自己紹介をして、その場を和ませます。みんなから笑顔が出てきたところで、編集講座のはじまりです。

本をつくるときに必須となる「記事をつくる」「編集する」作業。取材して文章を考えて書いて、写真をレイアウトして整えて……といった工程がありますが、より良いコンテンツづくりとなると、大切となるポイントが沢山あります。
例えば取材の時に最も大切なのは、「誰」に「何」を伝えるかを常に念頭に置いて動くこと。更にいうと、取材メモがとても重要。「どんな人が読んでも伝わる記事を書く」ことを考えながら、取材先の話の要点や紹介したいものの特徴を素早く書き留める必要があります。

今回はじめて取材をおこなう子どもたちが、完璧に実践するのはもちろん難しいこと。そのため、先生も大切となるポイントを伝えつつ、「取材ってなんだろう?」「どうやったら上手にメモが取れるかな?」というところから丁寧に説明していました。

大事なことは早速メモ。

さて、編集講座を受けたあとは、いよいよリトルプラネットの体験取材へ!

体験取材に行ったあとは、うんうん悩みながら記事制作

リトルプラネットは、デジタル技術と、砂遊び・ボール遊びなど昔ながらの遊びを融合させたアトラクションが特徴のテーマパーク。今回は4つのアトラクションを取材し、リトプラスタッフのお兄さんから、不思議いっぱいのアトラクションの仕組みを説明してもらいました。

「どうして虫眼鏡をかざしたら恐竜が出てくるんだろう?」

気になったことはちゃんとメモしています。

「このトランポリンは 、お兄さん何人分でしょうか!」「10人分!」「ええっ、そんなに?」

最初は、どんなことをすればいいのだろうといった少し不安げな様子で、スタッフの説明をメモしていた3人。でも、遊ぶうちに心も体もほぐれたのか、自分たちからどんどん質問をするようになって盛り上がっていました。ちゃんと取材できたかな?

部屋に帰ったら、集大成となる記事制作です。体験したアトラクションのなかから一番気に入った1つを選び、みんなに伝わるよう、魅力を紹介する文章を書いてもらいます。絵日記のような主観でなく、客観性が求められる作業。大人でも難しいですよね。

ひとりひとりから話を聞きながら、先程一緒に回ってくれたリトプラスタッフのお兄さんや講座の先生たちがアドバイスを送ります。

どんなアトラクションだったか、どんな仕組みで動いているのか、メモした内容を見返しながら書く3人の表情は、うんうん迷いながらも真剣そのもの。

文章が書けたら、内容を補足する絵も描いて、完成!

みんなが書いた記事は、最後に先生がコメントを入れてお渡ししました。帰るときに「むつかしかったー」「楽しかった!」と色んな声を貰いましたが、3人とも完成した記事をニコニコ眺めている様子が印象的でした。

ネットがここまで発達した今、ほとんど年齢など関係なく、自分で好きなことを全世界に発信できる時代になりました。本や記事をつくるだけに限らず、どんな人にも魅力的に伝わるような構成や文章を自分の力で考えられるというのは、必須スキルではないでしょうか。
今回の講座の内容が、少しでもみんなの役に立てたなら嬉しいです。

今回講座をおこなった「リトルプラネットKITE MITE MATSUDO」をご案内

JR松戸駅から徒歩約3分、KITE MITE MATSUDOの6階に位置する「リトルプラネットKITE MITE MATSUDO」の敷地は全パークで最大規模。光と音のボールプール「ZABOOM」、AR砂遊び「SAND PARTY!」、デジタルトランポリン「FLAPPY」、デジタル紙相撲「PAPER RIKISHI」など人気アトラクションが21種揃っています。

自分でデザインしたのりもので白熱カーレースを繰り広げられる「SKETCH RACING」(右)や、自由に描いた絵やぬりえが生き生きと動き出す「DRAW YOUR WORLD」(左)。

王国のキング&プリンセスを助けに行く!そんな大冒険が色鮮やかなプロジェクションマッピングとともに楽しめる「ZABOOM JOURNEY」は、いつでも子どもたちに大人気。

ネイティブスピーカーの声を聞き取り正解をタッチする英語学習アトラクション「DIGITAL SPOGLISH」(右)や算数パズルアトラクション「NUMBER SPLASH」(左)など、思わず大人も夢中になってしまう内容ばかりです。

住所 千葉県松戸市松戸1307−1 キテミテマツド6階
問合先 047-703-9450
料金 【平日】30分 こども(4~12歳)・おとな(18歳以上)700円~、幼児(2、3歳)・中学生・高校生500円~
【土日祝】30分 こども(4~12歳)・おとな(18歳以上)960円~、幼児(2、3歳)・中学生・高校生720円~
営業時間 【平日】10~17時(16時30分最終受付)
【土日祝】10~19時(18時30分最終受付)
定休日 施設に準ずる
URL https://litpla.com/space/litpla_matsudo/

「るるぶKids」の関連記事
» 次世代型テーマパーク『リトルプラネット』が キテミテマツドにオープン!

●新型コロナウイルス感染症対策により、記事内容・営業時間・定休日・サービス内容(酒類の提供)等が変更になる場合があります。事前に店舗・施設等へご確認されることをおすすめします。
●店舗・施設の休みは原則として年末年始・お盆休み・ゴールデンウィーク・臨時休業を省略しています。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

注目記事

記事をもっと見る