名古屋の大型の遊び場「とだがわこどもランド」は遊具がいっぱい!雨でも楽しい!

足踏み式ゴーカートで遊ぶ子ども/とだがわこどもランド(愛知県名古屋市)

とだがわこどもランド(名古屋市港区)は、名古屋市最大の大型児童センターです。
屋外にはサイクルモノレールや足踏み式ゴーカート、水遊び広場があり、子どもたちに大人気。屋内にも多目的室やホールなどがあり、雨の日も楽しく過ごせます。
秋まつりやお正月イベント、野菜の収穫体験や子どものお仕事体験など、季節や文化を感じながら子どもの成長をサポートする企画も行っています。また英語やダンス、体操教室などのクラブ活動も盛んです。

目次(index)

サイクルモノレールや足踏み式ゴーカートほか、屋内外に楽しい大型遊具が充実

ターザンロープで遊ぶ子ども/とだがわこどもランド(愛知県名古屋市)

屋外には子どもたちが大好きなアトラクションや遊具がいっぱい!パパ・ママと一緒にペダルをこいで空中を走る「サイクルモノレール」(3歳以上、1周100円)や、ペダルとレバーで調節しながら進む「足踏み式ゴーカート」(身長100㎝以上、10分50円)と、遊園地さながらの遊具があります。ショベルカーのように砂を持ち上げられるクレーンやシーソーもおすすめです。
大型木製遊具のゾーンには、ターザンロープやネット渡りなど30種類もの遊具があり、車いすでも遊べるよう配慮されています。

ボールプールやロープジャングルなど9種類の遊具を備えた「プレイハウス」は、屋内施設で雨の日も遊べます。2階から滑り下りる、全長約28mのローラー滑り台が人気です。

夏は「じゃぶじゃぶ池」で思いっきり水遊び!

夏は親子で賑わうじゃぶじゃぶ池/とだがわこどもランド(愛知県名古屋市)
じゃぶじゃぶ池のスライダー/とだがわこどもランド(愛知県名古屋市)

夏はなんといっても水遊び!「じゃぶじゃぶ池」は子どもたちが大好きな遊び場です。深さは子どもの足首くらいまで。普段着で遊ぶ場合は、着替えを持っていきましょう。

水に浮かぶ木製いかだに乗る子どもたち/とだがわこどもランド(愛知県名古屋市)

「水に浮かぶ木製いかだ」は、みんなでロープを引っ張りながら向こう岸まで渡るスリリングな大型遊具。夏期の週末には大型木製遊具エリアからじゃぶじゃぶ池までつなぐ「せせらぎ」に水が流れ、小さな子どもでも安心して川遊びを体験できます。

水遊び場は紙オムツや裸での利用はできないので、水着か水遊びパンツ、そして着替えの準備を忘れずに!

いっぱい作って遊んじゃおう!「創造の部屋」

創造の部屋でお絵描き/とだがわこどもランド(愛知県名古屋市)

屋内には、お絵描きや工作ができる「創造の部屋」、子ども向けの本やママ向けの雑誌がそろっている「こども図書館」などがあります。

親子クッキングや子どもクッキング、離乳食教室など、料理について学べる企画が行われる「調理の部屋」や、手遊び、紙芝居など乳幼児対象の無料企画を楽しめる「多目的室」もあります。お友達が欲しい、赤ちゃん連れでどこかへ遊びに出かけたいママは、一度参加してみてはいかが?
※「調理の部屋」の企画には事前申し込みが必要です。

館内すべてのトイレでオムツ替えOK

畳と床に分かれた広い乳幼児室/とだがわこどもランド(愛知県名古屋市)
乳幼児室のおもちゃの棚/とだがわこどもランド(愛知県名古屋市)

乳児向けのおもちゃと絵本がそろった「乳幼児室」には、授乳コーナーや子どもトイレがあり安心。毎日、多くの乳幼児とママが利用しています。
館内では、すべてのトイレでオムツ交換ができます。ゴミ箱はないので、オムツや飲食物の包装などは持ち帰りましょう。

※ホールは2020年2月末までの予定で工事中のため、使用できません。
※2019年12月~2020年2月末まで(予定)、一部遊具は改修工事のため使用できません。

とだがわこどもランド

住所 愛知県名古屋市港区春田野1-3616
電話番号 052-304-1500
料金 <入園料>無料
営業時間 9~18時(10~3月は9~17時)
定休日 月曜(祝日の場合は翌平日)
アクセス 名古屋市営地下鉄東山線「高畑駅」より市バス「河合小橋行き」20分、バス停「南陽支所」下車して徒歩10分

/名古屋高速道路「千音寺出入口」から国道302号経由5km

/東名阪自動車道「名古屋西IC」から国道302号経由5km

駐車場 584台(無料。年2回のおまつり期間は有料)
特徴 キッズおすすめ

雨でもOK

弁当持込可

ベビーカー利用可

オムツ交換スペースあり

授乳スペースあり

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。