※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

イヤイヤ期って、本当にたいへん

本格的な暑さ到来前に!ファミリーで出かけたい関西エリアのレジャースポット4選

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

芝すべりで遊ぶ親子/ハーベストの丘(大阪府/堺市)

本格的な暑さが来る前の時期は、子どももパパママも、お外で思いっきり遊びたくなりますよね。いろんな外遊びにピクニック、都会の喧騒を忘れて色鮮やかな自然に触れるのも、リフレッシュになりそう。
そんなファミリーにおすすめしたいのが、大阪近郊から日帰りで気軽に遊びに行ける、関西各地のスポット。数ある遊び場の中から厳選したので、ぜひ参考にしてみてください。

目次(index)

空中アスレチックと関西エリア初のシルバニアパークが大人気

堺・緑のミュージアム ハーベストの丘(大阪府/堺市)

堺・緑のミュージアム ハーベストの丘(大阪府/堺市)

大阪市内から車で1時間ほどのアクセスで行けるハーベストの丘は、今年で20周年。総敷地面積35万平方メートルもある、広大な体験型農業公園で、動物と触れ合えたりする以外にも、4歳以上の子が遊べるアクティビティが豊富なんです。
人気の空中アスレチックは、最大の高さが8メートル。日常では味わえないスリルを体験できて、冒険気分でテンションが上がりそう。ミニバンジージャンプやジップラインで一気に滑降することもできます。パパママも挑戦できるので、思わず童心に帰ってしまうかも。レベルに合わせて3つのコースから選べるので、小さい子でも安心です。

アスレチックで遊ぶ子ども/堺・緑のミュージアム ハーベストの丘(大阪府/堺市)

ゴーカートや足こぎボート、観覧車、バギー、トランポリンなどさまざまな乗り物や遊具もあるので、スリルはまだちょっと、という子も大丈夫。
特におすすめなのは「芝すべり」。こちらは全長40メートル、最大傾斜は20度と迫力満点なので、訪れたらぜひチャレンジしてみて。時間内なら何度でも楽しめます。3歳以下でも親子で一緒にすべることができるので、小さな子ども連れでも楽しめます。
3月20日に、関西初の「シルバニアパーク」もオープンし、こちらも要注目ですね。
芝生の広場もあるので手作りのお弁当を食べるもよし、バーベキューレストランなど園内の魅力的なグルメでお腹を満たすのもよし。アイスクリームやパン作り、絵付けやジェルキャンドル、粘土でキーホルダーなどの小物を手作りしたりする体験もできるので、1日たっぷり遊んで、食べて、楽しめます。

住所 大阪府堺市南区鉢ヶ峯寺2405-1
問合先 072-296-9911
営業時間 10時~17時
定休日 2020年は1月1日、6月の水曜日、7月1日・8日・15日、12月〜2月の水曜日
料金 大人(中学生以上)1000円/シルバー(65歳以上)700円/学生(中学・高校・大学・専門学校・短大)700円/小人(4歳以上)600円/幼児(3歳以下)無料/障がい者(中学生以上大人)500円/障がい者(4歳以上小人)300円/介添え:500円/ワンちゃん:300円
*駐車料無料
アクセス 阪和自動車道「堺IC」、または阪神高速湾岸線「助松JCT」から約15分。
泉ヶ丘駅から南海路線バスにて約20分(大人300円、小人150円)
URL

https://farm.or.jp/

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

0歳から乗れるライド系アトラクションがいっぱい!

淡路ワールドパークONOKORO(兵庫県/淡路市)

ウォーターパレード/淡路ワールドパークONOKORO(兵庫県/淡路市)

大阪市内から車で約1時間30分で行ける、兵庫県の淡路島にある潮風を感じられるテーマパークです。世界の有名な建築物などがミニチュアとなって世界一周旅行のように楽しめますが、実は0歳から乗れるライド系アトラクションもいっぱい!
アザラシの背中に乗ってプカプカ進む「ウォーターパレード」、車に乗って水鉄砲で的を撃ちぬく「ウォーターショット」や、クラシックカーに乗って世界を回る「ロマンチックドライブ」、定番のメリーゴーランドやコーヒーカップ、バッテリーカーなどは、小さな子どもも楽しむことができます。
他にも室内で遊べるスペースや、ゾンビの館、マイナス20℃が体験できるスポット、立体迷路、アクアチューブなど大きな子も楽しめるアトラクションがあるので、子どもも大人も飽きません。
「宝石さがし」では、自分で見つけた宝石でネックレスやキーホルダーが作れます。世界に1つだけの思い出の品に、子どもの思い入れも深まるかも。絵付けやハーバリウム、輪ゴムピストル作りなど、各種体験教室もあります。

「イル・マーレ」のお子様ランチ/淡路ワールドパークONOKORO(兵庫県/淡路市)

たくさん遊んでお腹が空いたら、海の見えるレストラン「イル・マーレ」へどうぞ。
こちらの「お子様うどん」のだしは自家製で無添加なので、安心ですね。ほかにも「お子様ランチ」は、カレーに自家製エビフライがのってボリューム感たっぷりなんです。
パパママは「おのころバーガー」や「淡路牛ローストビーフ丼」など、淡路牛や淡路たまねぎといった淡路島の味覚を存分に味わえる数々のメニューに、目移りしてしまいそう。
疲れたら絶景の海を眺めながら足湯で休憩したり、リアルで大迫力の恐竜などが映える写真スポットが各所にあるので、探してみても良いですね。親子で充実の1日が過ごせます。

住所 兵庫県淡路市塩田新島8番5
問合先 0799-62-1192
営業時間 【3月~9月】9時30分(平日10時)〜17時30分
【10月~2月】9時30分(平日10時)〜17時
※春休み期間中は、9時30分~17時30分
※夏休み期間中は9時30分~18時
※ゴールデンウィーク中の営業時間は、変更の場合あり。
定休日 なし
※営業時間・休園日は天候などにより変更になる場合があります。
ご来園前に営業カレンダーをご確認ください。
料金 大人(中学生以上)一般1400円/小人(4歳~小学生)700円/3歳以下 無料/障がい者(中学生以上)700円、(4歳~小学生)350円(障がい者1名につき付添1名半額)

【入園料 + のりものフリーパス】
大人(中学生以上)一般4400円/小人(4歳~小学生)3700円/障がい者(中学生以上)3700円、(4歳~小学生)3350円

*駐車料無料

アクセス 「神戸淡路鳴門自動車道」津名一宮ICから約15分
神姫バス三ノ宮バスターミナルより高速バスで約70分
(ワールドパークおのころ 下車すぐ)
JR大阪駅・阪急梅田駅より約1時間45分
津名港ターミナル → 路線バス4番乗り場から洲本方面行きで約7分
URL

https://www.onokoro.jp/

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

関西随一の広大なフィールドアスレチックは筋肉痛必至の本格派

生駒山麓公園(奈良県/生駒市)

生駒山麓公園のアスレチック(奈良県/生駒市)

生駒山の自然でたっぷり遊べて、ピクニックやバーベキュー、キャンプも楽しめるのがこちらの公園。大阪市内から車で約40分と抜群のアクセスです。
広大な園内にあるフィールドアスレチックは、関西随一の本格的な構造でありながら、大人ひとりワンコインから手軽に体験できます。約800メートルの起伏あるコースには、生駒の伝説や歴史になぞらえた30もの本格的な遊具がずらり。4歳から参加できますが、小学校高学年の子からが特におすすめです。履きなれた運動靴で挑戦しましょう!パパママは筋肉痛覚悟で、一緒に挑戦してみてもいいですね。
園内には他にもローラーすべり台やゆれる橋、ターザンロープなどからなる大型木製遊具があるので、アスレチックが難しい小さな子も時間を忘れて遊べます。昔、本当に走っていたケーブルカーも展示されているので、電車好きにはたまらないかも。

せせらぎの広場/生駒山麓公園(奈良県/生駒市)

たくさん身体を動かして疲れてきたら、「せせらぎの広場」へ。お弁当を持参すれば、木漏れ日とせせらぎの音を感じながらランチをいただけます。
展望台からの眺めが抜群なので、少し頑張って目指してみても良いですね。ふれあいセンターでは日帰りで入浴もできるので、いっぱい遊んでかいた汗をすっきり流せば、日頃の疲れもすっきり。
広大な運動場や日帰りバーベキューにデイキャンプからロッジでの宿泊、森のワークショップやファミリーアウトドア教室といったイベントも豊富なので、家族で1日いろんな過ごし方が選べます。

住所 奈良県生駒市俵口町2088番地
問合先 0743-73-8880
営業時間 午前6時~午後10時まで
フィールドアスレチックは9時~16時30分(15時30分最終入場)
定休日 10月~5月の火曜日(祝日の場合は開館)、12月27日~1月5日
料金 入園無料
【フィールドアスレチックは有料】
大人500円/生駒市内400円(障がい者250円/生駒市内200円)
中・高校生400円/生駒市内300円(障がい者200円/生駒市内150円)
4歳以上、小学生以下300円/生駒市内200円(障がい者150円/生駒市内100円)
駐車料 520円
アクセス 阪奈道路から信貴生駒スカイラインへ入って約5分
路線バス(料金:大人200円、小学生100円、幼児無料)
近鉄奈良線・けいはんな線・生駒線「生駒」駅より 約16分
近鉄奈良線「東生駒」駅より 約20分
URL

https://www.ikoma36.jp/

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

世界でここだけの、ひつじのショーンのリアルワールドが話題

ENGLISH GARDEN ローザンベリー多和田(滋賀県/米原市)

コピーライト
ローザンベリー多和田(滋賀県/米原市)

大阪市内から車で1時間40分。少し足を延ばして、人気クレイアニメ「ひつじのショーン」のリアルワールドへ!
ガーデンが人気の観光施設に、2019年に園内にオープンしたのが新エリア「ひつじのショーン ファームガーデン」。クオリティにこだわったリアルな牧場主の家や、ひつじたちの小屋に実際に入れちゃうのは世界でもここだけなんです!

ひつじのショーン新スポット/ローザンベリー多和田(滋賀県/米原市)

Ⓒ2020 Aardman Animations Limited and Studiocanal SAS

また、2020年夏には、同エリア内に新スポットがオープン。昨年世界中で話題となった『映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!』に出てくる、牧場主のアイディアでビッツアーとひつじたちが作ったテーマパークを再現した、リアルな体験空間になっています。

ひつじのショーン新キャラクター/ローザンベリー多和田(滋賀県/米原市)

新しいキャラクターのルーラと、おなじみのキャラクターたちが映画のコスチュームでお客様をお出迎え。作品の世界そのままの撮影スポットや実際に遊べるゲームコーナー、顔出し看板など「ひつじのショーン」の世界をめいっぱい楽しめます。園内すべてがSNS映えするかわいさなので、パパママも大興奮しそう。
「ひつじのショーン」グッズを販売する専門店もオープンしているので、お土産選びにも迷ってしまいますね。

SL列車「ローザン鉄道ミルキーウェイ」/ローザンベリー多和田(滋賀県/米原市)

※写真は5~6月の様子です。

また園内には、約1kmのレトロでかわいいSL列車「ローザン鉄道ミルキーウェイ」も走っています(料金別途)。美しい景色を眺めながら風を感じるゆったり電車旅に、親子で癒されるかも。本物の羊ももちろんいて、ふれあいができますよ。羊がショーンに見えてくるかも……。

体験型バーベキュー/ローザンベリー多和田(滋賀県/米原市)

ランチには、自然の中で手ぶらで楽しめる体験型バーベキューがおすすめ。
丹精こめて育てられた農薬不使用の季節の野菜を、畑から自分で選んで収穫し、採れたてを調理できちゃうんです!都会ではなかなかできない体験ですよね。ガゼボ(西洋風あずまや)の中で天候を気にせず過ごせます。

子どもが遊べる遊具もあり、「ひつじのショーン」グッズの販売やショーンのパンを手作りできる体験もあるので、家族で全身の五感をフルに使って1日を満喫できそうです。

住所 滋賀県米原市多和田605-10
問合先 0749-54-2323
営業時間 通常(2020年3月~11月末)/10時~17時 (※最終入園受付は16時30分まで)
夏季(2020年7月~9月末)/10時~18時(※最終入園受付は17時まで)
冬季(2020年12月~2021年2月末予定)/10時~16時(※最終入園受付15時30分まで)
定休日 火曜日(祝日の場合は営業)、年末年始
料金 大人(中学生以上)1300円/小人(4歳以上)700円/3歳以下無料/障がい者割引あり
*駐車料無料
アクセス 米原駅からタクシーで約15分
北陸自動車道・「米原IC」から約6分
URL

https://www.rb-tawada.com/

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

注目記事

記事をもっと見る