※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

赤ちゃん連れで行く石垣島・宮古島。ベビーに優しいホテル選びのコツ【乳幼児~3歳】

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

石垣島を中心とした八重山諸島、宮古島エリアには、大型リゾートホテルからコテージ・ヴィラ、シティホテルまで、バラエティに富んだ宿泊施設がたくさん。迷ってしまうホテル選びも家族構成や旅のスタイルに合わせるとよいでしょう。ここでは、赤ちゃん連れのファミリーに適した客室タイプやホテルのオリジナルサービスなどに注目した選び方のポイントを紹介します。

目次(index)

【客室】和洋室やワイドサイズのベッドが◎

段差の小さな和室スペースがあると、こどもの遊びやおむつ交換に便利です。ベッドは添い寝が前提なので、ベッドガードのレンタルがあるかどうかも事前に確認をしておきましょう。

和洋室は小さな子ども連れにぴったり

>>例えば

  • フサキビーチリゾート ホテル&ヴィラズ(石垣島)
  • 星野リゾート 西表島ホテル(西表島)
  • 宮古島 東急ホテル&リゾーツ(宮古島)など

【プール&ビーチ】水深の浅いこども用プールがあると楽しい

水深数10cmほどのキッズプールがあるかをチェックするとよいでしょう。また、プールサイドにパラソルやチェアがあればすぐに休憩できるので、紫外線対策や熱中症予防になりますよ。

水深の浅いプールなら安心です

>>例えば

  • ANAインターコンチネンタル石垣リゾート(石垣島)
  • はいむるぶし(小浜島)
  • ホテルブリーズベイマリーナ(宮古島)など

【レストラン】安心な食材とキッズ対応の確認を

地元産の新鮮な食材を使っているか、そしてこども向けのメニューがあるかがチェックポイント。離乳食やアレルギー対応のメニューを用意しているホテルもあります。

キッズメニューに子どもも大満足

>>例えば

  • アートホテル石垣島(石垣島)
  • 星野リゾート リゾナーレ小浜島(小浜島)
  • アラマンダ インギャー コーラルヴィレッジ(宮古島)など

【オリジナルサービス】託児サービスを積極的に活用

保育士の資格をもった専門家を配した託児施設があるホテルを選ぶのもよいでしょう。少しの時間こどもを預けて、パパママ2人だけのリゾートの時間を過ごすことができます。

事前予約が必要な場合もあるので問合せを

>>例えば

  • フサキビーチリゾート ホテル&ヴィラズ(石垣島)
  • アラマンダ インギャー コーラルヴィレッジ(宮古島)など

【そのほか】ベビーカーやベッドなどレンタル用品を確認

ベビーカーやベビーベッド、こども用便座などの貸し出し、ミルク、オムツなどの販売があるかを事前に確認しておくと安心です。

予約の有無や有料・無料など確認を忘れずに

>>例えば

  • 石垣島ビーチホテルサンシャイン(石垣島)
  • 星野リゾート リゾナーレ小浜島(小浜島)
  • ホテルアトールエメラルド宮古島(宮古島)など

旅行には「るるぶ」を持っていこう

「るるぶこどもと行く石垣宮古’21 ちいサイズ」には、子どもと一緒に石垣宮古を満喫するコツやノウハウ満載!はじめてさんもリピーターも、これ1冊あれば家族での沖縄旅行が楽しくなること間違い無し。
» この本の詳細・試し読み・購入はコチラ

注目記事

記事をもっと見る