※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

秋の歌声、聞こえてきました♪

0歳児も!神奈川の室内遊び場まとめ〜最先端テクノロジーにふれる屋内スポット~

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

はまぎん 宇宙科学館(神奈川県/横浜市)

神奈川県内には、最先端テクノロジーを駆使した子どもが楽しめる屋内施設が多く存在します。今回は、なかでも横浜エリアのおすすめスポットをご紹介。0歳児の子どもも遊べるスペースを備えた施設もありますよ。雨の日の遊び場として、家族で訪れてみてはいかがでしょうか。

目次(index)

「はまぎん こども宇宙科学館」は、科学の世界に触れられる体験型施設

はまぎん こども宇宙科学館(神奈川県/横浜市)

はまぎん こども宇宙科学館は、5階から地下2階まで館全体が巨大な宇宙船をイメージした体験型のスポット。フロアごとにテーマの異なる5つの展示室が設けられていて、見ごたえたっぷりです。
5階は宇宙の広がりを探る「宇宙船長室」がテーマ。キャプテンシアターでは、身近な道具を使った「サイエンス・ショウ」や、宇宙をテーマにした映像を観ることができます。

視覚的に体験ができる「三原色の木」/はまぎん こども宇宙科学館(神奈川県/横浜市)

雷やオーロラの不思議に触れることができる2階の「宇宙発見室」では、光の三原色について視覚的に体験できる展示「三原色の木」を体験してみましょう。3つのダイヤルを回すと、どんな色の光でも作り出せるしくみ。人間の目の仕組みや、LEDについて学ぶことができますよ。

はまぎん 宇宙科学館(神奈川県/横浜市)

そのほか、玉の動きを通して物理の法則を体感できる4階の「宇宙研究室」、3階「宇宙トレーニング室」の惑星ジムでは3~4歳から遊べるすべり台などが。身体を動かしながら宇宙を体感できる人気のアトラクションです。0歳の子どもでも見て触って遊ぶことができるボールマシンやパズルの展示もあるので、赤ちゃん連れでも安心です。

さらに、館内には神奈川県最大級のプラネタリウムがあり、その大きさはなんと直径23m!迫力ある映像と美しい星が広がり、臨場感あふれる宇宙を体験できます。スタッフによる解説もあるので、親子でいっしょに楽しめます。

問合先 045-832-1166
住所 神奈川県横浜市磯子区洋光台5-2-1
営業時間 9時30分~17時(最終入館16時)
料金 入館料大人400円、小中学生200円、未就学児無料 ※プラネタリウム入場料大人600円、小中学生300円、4歳以上300円
休館日 第1・3火曜日、年末年始、臨時休館あり
アクセス JR京浜東北・根岸線洋光台駅より徒歩3分
URL

https://www.yokohama-kagakukan.jp/

詳細・アクセス・MAPはスポット記事へ

デジタルアートで五感を育てる「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地」

「光のボールでオーケストラ」/チームラボ 学ぶ!未来の遊園地(神奈川県/平塚市)

※2021年2月21日閉店

チームラボ 学ぶ!未来の遊園地 ららぽーと湘南平塚は、映像や音の最新デジタルアートを通して、創造力を育む未来型の屋内遊園地。9種類ある展示のなかでも、「お絵かき水族館」「すべって育てる!フルーツ畑」「光のボールでオーケストラ」は、3歳~の子どもにおすすめです。

お絵かき水族館

子どもが自由に色を塗った魚の絵がスクリーンに映し出される様子はまるで水族館!スクリーンをタッチして魚の反応を楽しんだりえさを与えたりして楽しめます。

すべって育てる!フルーツ畑

すべり台をすべる子どもたちを光に見立て、さまざまなフルーツが育っていくゲームです。遊びながら、植物を育てる力を身に付けることができるかもしれません。

光のボールでオーケストラ

光るボールを転がしたり頭上のボールを触ることで、空間全体の色と音が変化するしくみです。小さい子どもでも、ボールを叩いて反応を楽しみながら遊べます。

まるごと遊んで満喫するには1日フリーパスがおススメです。また、赤ちゃん専用のボールスペースもあるので、パパママも安心して遊ばせられますよ。

問合先 0463-72-8276
住所 神奈川県平塚市天沼10-1 ららぽーと湘南平塚3F
営業時間 10時~17時(最終入場16時30分)
定休日 ららぽーと湘南平塚の営業日に準ずる
料金 大人・子ども共通、2歳以下無料
フリーパス:1200円 
時間制プラン:最初の30分500円、以降30分毎に500円
平日1か月遊び放題!マンスリーパス:新規購入2000円(リピート割あり)
アクセス JR東海道本線平塚駅より徒歩12分またはららぽーと湘南平塚行のバスで5分
URL

https://futurepark.teamlab.art/places/lalaporthiratsuka/

「三菱みなとみらい技術館」では、最先端の科学を親子で体験

三菱みなとみらい技術館(神奈川県/横浜市)

三菱みなとみらい技術館は、最先端の科学技術に触れることができるミュージアム。航空機やロケット、深海調査船、環境・エネルギーや交通システムなどの技術について、実物や模型で紹介しています。

陸ゾーン

火力発電や風力発電などの模型や一部実物で、エネルギーについて学ぶことができます。また、私たちの暮らしを支える物流などについても、壁面の大型パネルを見ながら視覚的にとらえることができ、小学生でも理解しやすい工夫がされているんです。

宇宙ゾーン

三菱みなとみらい技術館の宇宙ゾーン(神奈川県/横浜市)

ロケットのメインエンジンやタンクの実物を展示。ロケットの仕組みや歴史などを分かりやすく学ぶことができます。

海ゾーン

三菱みなとみらい技術館の海ゾーン(神奈川県/横浜市)

有人潜水調査船「しんかい6500」実物大の分解展示や、海洋開発の最新技術や調査・研究の紹介を行っています。

2階に設けられている「バーチャルツアーステーション」(当日予約制)では、全幅15mの巨大シンドリカル(円筒型)スクリーンいっぱいに広がるVRシアターが体験できます。陸、海、空、宇宙などの科学技術についてのコンテンツ上映を通して、様々な技術を身近なものに感じることができます。

問合先 045-200-7351
住所 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-3-1三菱重工横浜ビル
時間 10時~17時(入館16時30分まで)
料金 大人500円、中高生300円、小学生200円
※未就学児・65歳以上の方は無料(証明書を提示)、障がい者の方とお付き添いの方1名は無料(手帳を提示)
休館日 火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始及び特定休館日
アクセス JR根岸線/横浜市営地下鉄桜木町駅より徒歩8分
みなとみらい線みなとみらい駅5番けやき通り口より徒歩3分
URL

https://www.mhi.com/jp//minatomirai/

詳細・アクセス・MAPはスポット記事へ

※掲載内容は取材時点の情報に基づきます。詳細は各施設にご確認ください。