※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

2021年、withコロナの夏休み

実物大の恐竜20体!伊豆ぐらんぱる公園のジュラシックな光景に子どもも大人も心躍る

タイジンのアイコンタイジン

ティラノサウルスとトリケラトプス/伊豆ぐらんぱる公園(静岡県/伊東市)

実物大の恐竜が約20体も再現されているのは静岡県伊東市の「伊豆ぐらんぱる公園」。実物大!といっても、もちろん想像上ではありますが、トリケラトプスやステゴサウルス、巨大なものでは体長約12mもあるティラノサウルスなど。あたかもココに棲息しているようなビジュアル的世界観は、子どもはもちろん、大人のほうが大興奮しそうな迫力です!

» 静岡県の恐竜スポット

目次(index)

この地に棲息しているかのような太古の恐竜世界が待っている!

伊豆ぐらんぱる公園(静岡県/伊東市)

ココはどこ?と思うようなこの景観。伊豆のランドマーク的存在ともいえる大室山を望む「伊豆ぐらんぱる公園」。緑濃い、お椀を伏せたような独特なフォルムをもつ大室山が不思議な光景を作り出し、鬱蒼と茂るソテツやヤシが太古へ誘うジュラシックな景観は、ココに恐竜が棲息していてもおかしくない雰囲気!

ティラノサウルス/伊豆ぐらんぱる公園(静岡県/伊東市)

ほら!

ブラキオサウルス/伊豆ぐらんぱる公園(静岡県/伊東市)

ほら!

ティラノサウルス/伊豆ぐらんぱる公園(静岡県/伊東市)

ほらッ!! 恐竜探検は慎重に!いつ襲われるかもしれません。

恐竜と思われる足跡/伊豆ぐらんぱる公園(静岡県/伊東市)

道には恐竜と思われる足跡が。この足跡をたどって太古の昔へタイムスリップ。

恐竜の棲息するエリア/伊豆ぐらんぱる公園(静岡県/伊東市)

こちらが恐竜の棲息するエリア。早速、橋を渡ってどんな恐竜がいるのか探検です!

/伊豆ぐらんぱる公園(静岡県/伊東市)

今にも迫りくるスリリングさと恐竜のリアルな精巧さにびっくり!

ディロフォサウルス/伊豆ぐらんぱる公園(静岡県/伊東市)

最初に遭遇したのは、卵からかえったばかりの子どもと一緒にいたディロフォサウルス。半月状の2つのトサカが名前の由来。

カルノタウルス/伊豆ぐらんぱる公園(静岡県/伊東市)

すぐそばにはカルノタウルス。体長約7.5m、体高約2.2m。グレーがかった体表に大きな頭部は威圧感たっぷり。口も目も動きます!

テリジノサウルス/伊豆ぐらんぱる公園(静岡県/伊東市)
ディノエイジウォーク/伊豆ぐらんぱる公園(静岡県/伊東市)

正面にはモンゴルに棲息したテリジノサウルスの姿が。こんな風に、鬱蒼とした緑の中に散策道が続き恐竜探検を楽しめるのです。しかも歩いてまわる「ディノエイジウォーク」は無料(入園料は別途必要)なので、パパやママも嬉しいかぎり!

獲物を食べるティラノサウルス/伊豆ぐらんぱる公園(静岡県/伊東市)

恐竜が地上を闊歩していた太古の世界に迷い込んでしまったような感覚は本格的。伊豆の温暖な気候で育つソテツが、その演出にひと役もふた役もかっています。

ブラキオサウルス/伊豆ぐらんぱる公園(静岡県/伊東市)

さらに見上げるように大きい実物大の恐竜は、目や口、体の一部までも動き、雄たけびを上げ、音楽によって巧みに恐竜世界を演出。体表などの模様も繊細に再現され、迫りくるようなスリリングさとエキサイティングさは、大人でも興奮してしまうほど。

捕食中のティラノサウルス/伊豆ぐらんぱる公園(静岡県/伊東市)

一番の注目は、やはり恐竜人気ナンバー1のティラノサウルス。全長は約12m。獲物を口に加え捕食の真っ最中。

捕食中のティラノサウルス/伊豆ぐらんぱる公園(静岡県/伊東市)
捕食中のティラノサウルス/伊豆ぐらんぱる公園(静岡県/伊東市)

史上最大級の肉食恐竜として知られ、トリケラトプスなどの大型草食恐竜の骨でさえも、バリバリ砕いて食べてしまうほど噛む力が強かったといわれています。恐竜界の暴君といわれるように顔は怖いですが、短い前足はちょこんとかわいらしい!

トリケラトプス/伊豆ぐらんぱる公園(静岡県/伊東市)

サイを彷彿させるトリケラトプスは、3本の角と首まわりのフリルが特徴的。

スピノサウルス/伊豆ぐらんぱる公園(静岡県/伊東市)

スピノサウルスはティラノサウルスに次ぐ最強肉食恐竜。扇型の帆のような背中が特徴的で、口はワニのような細長い形状。陸上と水中の両方で活動していたとされ、魚を食べる珍しい恐竜。

ステゴサウルス/伊豆ぐらんぱる公園(静岡県/伊東市)

背中に三角形の骨板をもつのはステゴサウルス。

アンキロサウルス/伊豆ぐらんぱる公園(静岡県/伊東市)

アンキロサウルスだって森の中には潜んでいます!

フォトスポットの恐竜/伊豆ぐらんぱる公園(静岡県/伊東市)
フォトスポット/伊豆ぐらんぱる公園(静岡県/伊東市)

散策道のところどころにはフォトスポットも。卵の中に入れたり、恐竜の口から顔を出したりできるのでフォトジェニックな1枚を。でも・・・体表や目や歯など、恐竜はかなりリアルなので小さなキッズはちょっとおっかなびっくり!

フォトスポットの恐竜/伊豆ぐらんぱる公園(静岡県/伊東市)
ゴーカートで恐竜探検/伊豆ぐらんぱる公園(静岡県/伊東市)

歩くだけじゃ物足りないッ!というキッズは、ゴーカートで恐竜探検できる「ディノエイジカート」600円。1周約3分のコースでは、散策道では発見できなかったレア恐竜に会えるかもしれませんよ!

レア恐竜/伊豆ぐらんぱる公園(静岡県/伊東市)

グランイルミが開催されるナイトタイムは恐竜世界がバージョンアップ

ナイトタイムの「伊豆高原グランイルミ」の様子/伊豆ぐらんぱる公園(静岡県/伊東市)

Photo:hayama

ナイトタイムの「伊豆高原グランイルミ」(開催日・時間はオフィシャルサイトで要確認)は、照明や音楽などがパワーアップして、昼間とは異なった恐竜世界が広がります。

ナイトタイムの「伊豆高原グランイルミ」の様子/伊豆ぐらんぱる公園(静岡県/伊東市)

Photo:hayama

その迫力は、小学校に上がる前の子どもなら“こわ~い!”となってしまうほどの大迫力。ギブアップすることなく最後まで行けるかな?

かわいい恐竜グッズが勢ぞろい!

かわいい恐竜グッズ/伊豆ぐらんぱる公園(静岡県/伊東市)

こちらも見逃せません!「GIFT SHOP クリッパー」には、恐竜のおみやげがたくさん。

恐竜ぬいぐるみ/伊豆ぐらんぱる公園(静岡県/伊東市)
恐竜Tシャツ/伊豆ぐらんぱる公園(静岡県/伊東市)

ぬいぐるみやフィギア、マスコット、Tシャツ、トートバッグなどと、どれにしようか迷ってしまうほど。かわいらしい恐竜グッズのオンパレードです。

恐竜グッズ/伊豆ぐらんぱる公園(静岡県/伊東市)

恐竜だけじゃない!まだまだ楽しめる「伊豆ぐらんぱる公園」

手前:「ウォーターバルーン」奥:「船型立体迷路~KAiZOKU~」/伊豆ぐらんぱる公園(静岡県/伊東市)

「伊豆ぐらんぱる公園」は恐竜だけではありません!国内初の木製「船型立体迷路~KAiZOKU~」や水に浮かぶ巨大な風船(バルーン)の中に入って遊べる「ウォーターバルーン」、往復400mを疾走する「ジップライン~風KAZE~」、全長110mのローラースライダーなど、まだまだ楽しめるアトラクションがいっぱい!

「ジップライン~風KAZE~」からの眺め/伊豆ぐらんぱる公園(静岡県/伊東市)

実際に体験した、各アトラクションの魅力はこちらの記事で紹介しているので、目一杯「伊豆ぐらんぱる公園」を遊び尽くすためにも、ぜひチェックしてください!

» アトラクション豊富!伊豆ぐらんぱる公園はジップライン、立体迷路など1日中遊べる

伊豆ぐらんぱる公園にいる恐竜

ティラノサウルス/トリケラトプス/スピノサウルス/ステゴサウルス/アンキロサウルス/ディプロドクス/ヴェロキラプトル/アロサウルス/ブラキオサウルス/ディロフォサウルス/カルノタウルス/テリジノサウルス/デイノニクス/パラサウロロフスなど

伊豆ぐらんぱる公園

問合先 0557-51-1122
住所 静岡県伊東市富戸1090
営業時間 デイタイム/9:30~17:00(土・日曜・祝日は~17:30) ナイトタイム/土・日曜・祝日の18:30~21:30 ※時期により大幅な変更がある場合もあるのでオフィシャルサイトで要確認
定休日 なし
料金 デイタイム/大人1300円・小学生700円・幼児(4歳以上)400円 ナイトタイム大人1500円・小学生800円・幼児無料(有料アトラクションは各アトラクションにより異なる)
アクセス 電車/伊豆急行「伊豆高原駅」よりバスで「伊豆ぐらんぱる公園」下車、すぐ 車/小田原厚木道路「小田原西IC」より国道135号を経由して約1時間17分
駐車場 1000台
URL

https://granpal.com/
伊豆高原グランイルミURL:https://granillumi.com/

詳細・アクセス・MAPはスポット記事へ

※2021年7月現在、新型コロナウイルス感染症対策のため営業時間やサービス体制などが通常と異なることがあります
【Photos:©tawawa】

注目記事

記事をもっと見る