最新テクノロジーと動物のふれあいが融合!オービィ横浜

横浜はどこかおしゃれな大人の港町の印象がありますが、みなとみらい21地区を中心にミュージアムや子供が遊べる施設も豊富で、家族でのお出掛けにも適した場所です。

「オービィ横浜」も、そんなみなとみらいにある家族向けのアミューズメント施設です。エンターテインメント企業のセガと、自然や生命の美しさをカメラでとらえ続けてきたテレビチャンネルのBBC EARTHが、自然のすばらしさを子供たち世代にも伝えることを目的に立ち上げました。都会の暮らしの中ではめったに味わえない、五感で楽しむエンターテインメント体験ができます。

2013年にオープンしたオービィ横浜では、映像体験を中⼼としたコンテンツに加え、2018年4月には動物たちと直接ふれあえるアトラクションを新設し、「デジタル+リアル」の両方を体験できる欲張りな施設としてリニューアルオープンしました。

実体験型のアトラクションを徹底紹介!

オービィ横浜の中でも人気が高い、実体験型のアトラクションを紹介していきましょう。

アニマルガーデン・アニマルスタジオ

「アニマルガーデン」(小学生以下は16歳以上の保護者の同伴が必要)は、森の中を散策する気分で、動物たちとのふれあいが楽しめるアトラクションです。ふれあうことが可能な動物としてカピバラ・ムツオビアルマジロ・ブルーイグアナ・ケヅメリクガメなどがいるほか、スタッフに声をかければモモイロインコやルリコンゴウインコなどともふれあうことができます。

また、ふれあいはできませんが、観察できる生き物としてタランチュラやオニオオハシも生息しており、思わぬところからひょっこりと顔を出す動物たちに驚いたり、癒やされたりと、非日常の体験を楽しめるでしょう。

大きな動物が怖い子供たちには、ウサギやモルモット、セキセイインコといった様々な種類の小動物とのふれあいが楽しめる「アニマルスタジオ」(9歳以下は16歳以上の保護者の同伴が必要)がおすすめです。

キャットパラダイス

その名のとおり、まさにネコ好きの天国といえるのが「キャットパラダイス」(小学生以下は16歳以上の保護者の同伴が必要)です。

約12種類のネコたちが暮らしており、ふれあいを楽しんだり写真を撮ったりと、ネコ好きにはまさに夢のような時間が過ごせます。

マウントケニア

日中と夜間の寒暖差が激しい、アフリカの赤道直下にある高地。「マウントケニア」では、日中の約25℃から夜の約マイナス20℃まで、アフリカの一日の気温差を実際に体験することができます。

メガバグズ

「メガバグズ」は、「自分がもし昆虫サイズになったら世界はどう見えるか?」をテーマに、さまざまな遊具が置かれています。0~2歳までの、子供たち専用のプレイスペースも設けられています。世界中から集めた珍しい昆虫の標本も展示されているので、昆虫好きのパパやママなら子供以上に大喜び間違いなしです!

インフィニット アクアリウム

青い光が揺れる空間に一歩足を踏み入れると、そこにはミラクルワールドが広がっています。「インフィニット アクアリウム」の壁は鏡張りになっているため、まるでインフィニット(無限)にアクアリウムが続いているような不思議な体験ができます。

デジタルワールドを堪能できる施設を紹介!

オービィ横浜の魅力ともいえる、デジタルコンテンツを用いたアトラクションをご紹介します。

シアター23.4

「シアター23.4」は、日本最大級のスクリーンと特殊装置を備え、通常は動物に関する作品を上映しています。しかし、一番のお楽しみは、毎日13時30分から行われている「フライト トレーニング」イベントです。

これは、シアター内をフクロウや大型インコたちが飛び回るイベントで、スタッフが軽妙なトークで生態や特徴を子供たちにもわかりやすく解説してくれます。運が良ければ、飛んでくるフクロウや大型インコをキャッチすることもできますよ!

アニマルセルフィー

「アニマルセルフィー」は、画面の前に立つと自分の顔が動物と同じ模様になったり、頭からツノが生えてきたりと、CGの合成による不思議な映像が楽しめます。

エクストリームフォトスポット

「エクストリームフォトスポット」では、グリーンバックの前でバッチリポーズを決めて写真を撮ると、自然や動物たちとの愉快な合成写真が仕上がります。この写真は、購入することができます。

なお、アニマルセルフィーやエクストリームフォトスポットで撮影した写真は、購入することも可能です。シングルは1,000円、複数の写真を組み合わせたコラージュは2,000円となります。

パスポートの利用がお得!

オービィ横浜は、入館料(大人800円・中高生500円・小学生300円・シニア300円)が必要ですが、入館料にフリーパスがついた1日パスポート(大人2,400円・中高生1,800円・小学生1,600円・シニア1,800円・幼児1,200円)の利用がお得です。また、入場に際しては、未就学児には16歳以上の保護者の同伴が必要です。

親子にうれしい施設も充実

館内にはベビーカーで入ることもできますが、一部アトラクションでは利用に制限があります。また、ベビーカーは、MARK IS みなとみらい1Fにあるインフォメーションカウンターで貸し出しもしています。

ベビー関連施設は、授乳室のほか、ミルク用のお湯・おむつ替え用のシートの用意があります。希望する場合には、スタッフまで申し出てください。

食べ物の持ち込みはできませんが、水筒やペットボトルの持ち込みは可能です。ただし、決められたスペースのみでの利用となりますのでご注意ください。施設内には、軽食が楽しめるカフェスペースがあります。

ショップでは、自然や動物をモチーフにした約2,000種類のグッズが販売されており、入館料なしでショップのみの入場も可能です。

アクセス便利な場所で未知の体験を楽しもう!

最新のテクノロジーと実際のふれあい体験を楽しめるオービィ横浜は、交通のアクセスも良く、電車利用なら横浜高速鉄道みなとみらい線「みなとみらい駅」から直結で、雨に濡れずにアクセスできます。

最新のテクノロジーとかわいい動物たちとのふれあいを、家族みんなで楽しんでみてください。

オービィ横浜

住所 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-5-1
電話番号 045-319-6543
料金

<入園料>

大人(18歳以上)800円/高校生・中学生500円/小学生300円

/幼児(4歳以上)無料/60歳以上300円

<1日パスポート(入館料+フリーパス)>

大人(18歳以上)2,400円/高校生・中学生1,800円/小学生1,600円

/幼児(4歳以上)1,200円/60歳以上1,800円

営業時間

9:00~21:00(最終入館20:00)

金・土・日曜、祝日・祝前日は9:00~22:00(最終入館21:00)

定休日 不定休
アクセス

横浜高速鉄道みなとみらい線「みなとみらい駅」直結

/JR・横浜市営地下鉄「桜木町駅」より動く歩道利用で徒歩10分

/首都高速道路「みなとみらい出入口」から0.5km

駐車場

900台(30分270円、食事・買い物により無料サービスあり) 

※MARK IS みなとみらい駐車場

特徴

ベビーおすすめ

キッズおすすめ

雨でもOK

飲食施設あり

ベビーカー利用可

オムツ交換スペースあり

授乳スペースあり