運動能力、近所の公園でぐんぐん伸ばす!

お仕事のプロに聞いてみた!どうして大人は働くの?教えてQ&A

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

お仕事のプロに聞いてみた!どうして大人は働くの?教えてQ&A

「将来はなにになりたい?」と、幼稚園や小学校低学年など幼少期から聞かれることの多いこの質問。とはいえ「そもそも働くってなんだろう」という疑問に、いつか子どもたちは直面するのではないでしょうか。
なぜ大人は働くの?いったいどんな仕事をしたらいいんだろう?「お仕事」と日々専門的に向き合っているプロのふたりに、子どもたちが抱くであろう仕事に関する基本的な疑問をあれこれと聞いてみました。

この記事は、『るるぶKids 何になりたい?未来をみつけるおしごと大図鑑』 からの抜粋です。人気&イマドキの職業や憧れの職業を約160種類掲載している、わかりやすく読んで楽しいオススメの一冊です。

株式会社ノードプレース代表取締役 吉田友和さん『キャリアガーデン』
株式会社ノードプレース代表取締役
吉田友和さん

約650種類の職業を紹介する情報サイト「キャリアガーデン」を運営。職業調べなどにぜひ活用してみてください。
URL:https://careergarden.jp/

『キッザニア甲子園』運営部 KCJ GROUP 株式会社 山口加那子さん『キッザニア甲子園』
運営部 KCJ GROUP 株式会社
山口加那子さん

キッザニアは楽しみながら社会の仕組みを学べる「こどもが主役の街」。体験できる仕事やサービスは約100種類!
URL:https://www.kidzania.jp/

目次(index)

Q1:そもそも仕事ってなんだろう?

株式会社ノードプレース代表取締役 吉田友和さん吉田先生:仕事は社会の中での“役割 ”です。例えば学校で給食係、生き物係などがあるように、社会の中でさまざまな仕事の役割があって、世の中が成り立っています。身の回りを見渡してみてみましょう。あなたが食べるものや着ている服、遊んでいるゲームなどは、誰かが仕事をして作ったものです。みんながそれぞれの仕事をすることで生活ができるのです。

『キッザニア甲子園』運営部 KCJ GROUP 株式会社 山口加那子さん山口先生:仕事は社会にとって必要な価値を生み出し、成果を出すこと。それによって、報酬を得ることです。たとえば、キッザニアの街にあるパン職人の仕事では、美味しいパンを作る工夫を学び、お客様のためにパンを作っています。また、警察官や消防士のように街の安全を守り、社会の役に立つ仕事も大切ですよね。

Q2:おとなになるとなぜ働くの?

株式会社ノードプレース代表取締役 吉田友和さん吉田先生:多くの人は「生活のため」に働いているというでしょう。ただし、自分や家族の生活のためにだけ働いているわけではありません。人は一人では生きていけず、支えあって生活しています。働くとは人々の役に立つということであり、世界中の誰かの生活を支えることに繋がっているのです。誰かに「ありがとう!」と言ってもらうために働いているのかもしれませんね。

『キッザニア甲子園』運営部 KCJ GROUP 株式会社 山口加那子さん山口先生:お金をもらって、自分のやりたいことを実現するために働く人もいれば、自分の得意分野や好きなことを極めるために働く人もいます。いろいろな答えはありますが、最終的には「誰かの役に立つため」なのではないでしょうか。キッザニアのコンセプトのように、楽しみながら働く(学ぶ)ことができるとよいですね。

Q3:好きな仕事を見つけるには?

『るるぶKids 何になりたい?未来をみつけるおしごと大図鑑』

株式会社ノードプレース代表取締役 吉田友和さん吉田先生:いろいろな本を読んだり、まだしたことがないことにチャレンジしたり、たくさんのことを経験することが大切です。自分は何をしているときに夢中になれるのか?どんなことに興味があるのか?どんな人をかっこいいと思うのか?よ〜く考えてみましょう。

『キッザニア甲子園』運営部 KCJ GROUP 株式会社 山口加那子さん山口先生:まずは自分の「好き」を探すことです。そして、その「好き」を仕事にしている人に話を聞いてみましょう。あなたがイメージしている「好き」と、どこまで一致するかを考えてみてください。話を聞いて、やってみたいと思ったらぜひチャレンジしてみましょう。チャレンジを続けることであなたの「好きな仕事」がみえてくるでしょう。

Q4:未来のお仕事ってどうなるの?

株式会社ノードプレース代表取締役 吉田友和さん吉田先生:未来は今より機械やコンピューターが多くのことをしてくれる世の中になります。今はモノを作る仕事をする人が多いですが、未来では人を喜ばせたり、助けたりする仕事が増えるでしょう。誰でもできる仕事はAIなど機械に任せて、「この人 にしかできない」という仕事が未来に残っていくはずです。

『キッザニア甲子園』運営部 KCJ GROUP 株式会社 山口加那子さん山口先生:AIと共存する仕事が増えるでしょう。また、同じ国の人だけでなく、世界各国の人と仕事をする機会が増えそうです。

Q5:将来に向けて何をしたらいい?

株式会社ノードプレース代表取締役 吉田友和さん吉田先生:さまざまなものを観察してみましょう。家の中 、通学路 、学校などで今まで見ていなかった所を眺めてみると、何か不思議に思うことがあるかもしれません。そうしていろいろなことに「なぜ?」を見つけるようにしてみましょう。それらの疑問を解決していく中で、知識が増えたり、自分のやりたいことが見つかるかもしれません。

『キッザニア甲子園』運営部 KCJ GROUP 株式会社 山口加那子さん山口先生:「好きなこと」はもちろん、「苦手なこと」にもチャレンジしてみてください。そこで感じたことは「気づき」になります。「気づき」をたくさん持てば持つほど、自分というキャラクターを知ることができます。そしてそれを生かした仕事を手に入れてほしいと思います。

『るるぶKids 何になりたい?未来をみつけるおしごと大図鑑』発売中!

るるぶKids 何になりたい?未来をみつけるおしごと大図鑑/JTBパブリッシング

2022年2月発売の『るるぶKids 何になりたい? 未来をみつける おしごと大図鑑』は、定番や“イマドキ”の人気職業をイラストでわかりやすく紹介する、子どもたちの夢を応援する一冊です。

「将来の夢はなに?」

そう聞かれる機会が、幼稚園や小学校でも増えています。ですが、将来どんな仕事をしたいかというのは、未就学児~小学生には見つけるのが難しかったり、「これになりたい!」と思っても、実際にどんな職業なのかわからなかったり…。そもそも「こんな職業があったんだ! 知らなかった! 」ということもよくありますよね。

本書では、「好きを仕事に」「ものづくりの仕事」「人に関わる仕事」「未来の仕事」という4つのテーマで、約160種類のお仕事を紹介しています。取り上げているのは、スポーツ選手、アナウンサー、獣医師、モデル、パティシエといった定番や、ユーチューバー、ゲームクリエイター、eスポーツ選手といった最新の職業など。現在活躍中のプロたちに取材しています。

わかりやすくて読んで楽しい一冊を、ぜひ親子で一緒にご覧ください。

» るるぶKidsの図書紹介記事を読む

» 詳細・購入はコチラ(Amazon)

注目記事

記事をもっと見る