GWは恐竜たちに会いに行こう!DINO-A-LIVE「DINO SAFARI2023」子どもと観賞レポート

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

GWは恐竜たちに会いに行こう!DINO-A-LIVE「DINO SAFARI2023」子どもと観賞レポート

息遣いを感じられそうな至近距離を恐竜たちが歩き回り、見上げる姿はド迫力!ティラノサウルスやトリケラトプス、アンキロサウルスたちが暮らす世界に入り込んだかのような没入体験ができると人気のイベントDINO-A-LIVE「DINO SAFARI2023」が、2023年4月27日(木)から5月7日(日)まで渋谷ヒカリエで開催されます。今回は、実際に4歳の子どもとライブ観賞した様子をたっぷりお届け。GWは恐竜たちに会いにいこう!

関連記事:【GW】大迫力の恐竜ライブ「DINO SAFARI 2023」へ!会場限定グッズやワークショップも

目次(index)

DINO-A-LIVE「DINO SAFARI2023」の見どころ

DINO SAFARI トリケラトプスの質感

本公演の見どころは、なんといっても恐竜たちの「本物感」。筋肉の動きや質感、瞬きまで再現された巨大な恐竜が、ステージだけでなく観客席のすぐ近くを自由に歩き回ります。観客席は芝生に座る「芝アリーナ」と、椅子やひな壇に座る「丘アリーナ」の二種類。ほとんど地面に接し、ぐるりとコの字にステージを囲むようなつくりになっているため、より高い臨場感を味わうことができるのです。

観賞レポート!恐竜を間近に目にした子どもの反応は?

会場は渋谷ヒカリエホールの9階。駅から案内表示もあるので迷わず行くことができます。

DINO SAFARI ティラノサウルスのパネル

会場に入るとすぐ目に入る、巨大なティラノサウルスのパネル。ほかにトリケラトプスや、会場外にもアロサウルスのパネルもあって、写真撮影スポットにもなっています。

DINO SAFARI 標識

ユーモアのある注意標識も。この金網の奥が会場です。

DINO SAFARI 会場の様子

手前が芝アリーナ、奥が丘アリーナになっています。一番手前は芝の座布団に座る感覚で、奥にいくにつれて段差があるので、丘アリーナでも子どもが見えない、ということはなさそう。

DINO SAFARI 会場の様子

プロジェクションマッピングによる演出から、ライブがスタートです。

DINO SAFARI 会場の様子
DINO SAFARI ライブの様子

舞台は恐竜たちが自然のなかで暮らす「ディノサファリ」。ナビゲーターやレンジャーたちが、このフィールドを案内してくれます。

DINO SAFARI ゲオステルンベルギア

大型翼竜・ゲオステルンベルギア。

DINO SAFARI アンキロサウルス

今年の目玉アンキロサウルス。息つく間もなく次々と恐竜たちが登場します。

DINO SAFARI アンキロサウルスの質感

近い!すごい質感!
このアンキロサウルスは全長約8m。三角形のトゲや骨の鎧におおわれた、固くてちょっとひんやりしていそうなところも、とてもリアルです。

DINO SAFARI アンキロサウルスとのふれあい

アンキロサウルスは草食恐竜なので安全。ということで、会場にいる子どもたちが、すぐ近くまで行ってふれあえるシーンも。

DINO SAFARI アンキロサウルスとのふれあい2

子どもとはこの距離。

DINO SAFARI アンキロサウルスのアップ

やっぱり近い!皮膚の感触や動きが間近で観察できます。
席に戻って小声で感想を聞くと「すごかった、お肉食べないのかなあ」と、ステージ上のアンキロサウルスをじっと見つめていました。

DINO SAFARI ティラノサウルス

子どもががっしりしがみついてくるほど、ひりつく咆哮とともに現れるティラノサウルス。観客席への威嚇にレンジャーが駆け寄るシーンも。

DINO SAFARI トリケラトプスの親子

トリケラトプスの親子の仲睦まじい姿。

DINO SAFARI ティラノサウルスとトリケラトプスの戦い
DINO SAFARI ティラノサウルスとトリケラトプスの対決

そして、人気恐竜のトリケラトプスとティラノサウルスのよる大迫力のバトルは必見!目の前で繰り広げられるぶつかりあいに、はじめは怖がっていた子どもも途中から身を乗り出して真剣に観賞していました。

ほかにもユタラプトルやアロサウルスなども現れて、あっという間の50分!
子どもは終演後「こわかったけどティラノがかっこよかった!」と大興奮。家に帰ってからも、図鑑を開いては「今日見た、こっちも見たねえ」と、ずっと恐竜の話をしていました。もっと小さいお子さんは、もしかしたら迫力にちょっと気圧されるかもしれませんが、4歳くらいだと十分楽しめるようです。

会場にはオリジナルグッズが購入できる物販や、体験コーナーも

DINO SAFARI 物販コーナー「DINOバザール」

ヒカリエホールのBホールには、オリジナルグッズをはじめ、ぬいぐるみやフィギュア、化石などさまざまな恐竜グッズが購入できる物販コーナー「DINOバザール」があります。広々としているので、のんびりお買い物を楽しめそう。

DINO SAFARI モササウルスの手

アンモナイトやモササウルスの手など、化石の展示も。

DINO SAFARI 化石さがし
DINO SAFARI 恐竜すくい

また、「DINOバザール」の隣には、大規模なワークショップエリア「わくわくDINOワーク」もあります。
砂のなかにある本物の化石を探し出す「化石発掘体験」(一回1,000円)や、可愛いミニフィギュアをすくえる「恐竜すくいゲーム」(一回500円)など全5種類。どれも観賞チケットとは別途参加料金が必要です。

恐竜好きな子どもはもちろん、大人もいつのまにか夢中になって観賞できる「DINO SAFARI」。距離の近さと臨場感あふれる演出が印象的でした。GWの思い出作りにも、おすすめです。

DINO-A-LIVE「DINO SAFARI 2023」

期間 2023年4月27日(木)~5月7日(日) 全33公演
住所 東京都渋谷区渋谷2丁目21-1 渋谷ヒカリエ9階 ヒカリエホール
問合先 0570-00-3337(サンライズプロモーション東京 平日12~15時)
料金 3700円~(エリア、日にちにより異なる。公式サイトを要確認)
URL

https://dinosafari.jp/

●新型コロナウイルス感染症対策により、記事内容・営業時間・定休日・サービス内容(酒類の提供)等が変更になる場合があります。事前に店舗・施設等へご確認されることをおすすめします。
●店舗・施設の休みは原則として年末年始・お盆休み・ゴールデンウィーク・臨時休業を省略しています。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

注目記事

記事をもっと見る