※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

東京・関東の防災体験スポット9選!無料で地震・火事・風水害などの災害に備えよう

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

消火器で火を消す体験をする子どもたち/埼玉県防災学習センター(鴻巣市)

埼玉県防災学習センター(鴻巣市)

関東(東京・神奈川・千葉・埼玉・栃木)でおすすめの無料(0円)の防災体験スポットをご紹介します。
地震、火事、台風、暴風雨…明日起こるかもしれない災害に備えて、親子で楽しく体験しながら学ぶことができる施設がいっぱい!屋内施設が主なので、雨の日におでかけするのもおすすめです。

地震に特化したスポットでは、首都直下地震の発生から避難までを体験できるお台場の「そなエリア東京」や、体験のほかに展示も充実している「東京都北区防災センター(地震の科学館)」がおすすめ。いずれもクイズがあったり、子どもも楽しめる工夫がされています。

特に体験の種類が豊富で人気があるのは「東京消防庁 本所防災館」。地震、暴風雨、都市型水害、火災を想定した煙体験など、体験を通して避難方法などを身に付けることができます。年齢により体験できないものもあるため、予約時に確認しておきましょう。

関東各地にも、災害について総合的に学べる防災センターなどがあります。予約の要不要、飲食店・売店の有無、乳幼児向け設備・サービスなど、各施設の情報もチェックしてみて。

災害時には家族がそろっていないことも多いもの。子どもも「自分の身は自分で守る」ことができるように、訓練してみてはいかが?

全国版はこちら:全国の防災体験スポット

東京の無料スポットの記事
» 東京の無料の「動物園・水族館」など
» 東京の無料でおいしい飲食系の工場見学
» 企業見学・ショールームなど、東京の社会科見学
» 身近なくらしがわかる、東京の無料の博物館
» 専門的でおもしろい、東京の無料の博物館
» 東京の無料の展望台・展望スポット

目次(index)

東京都の防災体験スポット

そなエリア東京(東京都/江東区)

そなえりあとうきょう

地震発生後72時間の生存力をつける

東京臨海広域防災公園内にある地震に備える知識を身につけるための防災体験学習施設。東日本大震災後に発表された首都直下地震の被害想定に基づいた内容となっている。東京直下72hTOURでは、首都直下地震が発生した直後を想定したジオラマの中を、公園から貸し出すタブレットから出題される生き残るための知恵についてのクイズを解きながら、地震発生から避難までを体験。その他、アニメ『東京マグニチュード8.0~東京直下72h~』を見たり、首都直下地震の被害想定などをわかりやすく学ぶことができる。

そなエリア東京外観(東京都江東区)
自助体験コーナー/そなエリア東京(東京都江東区)
オペレーションルーム/そなエリア東京(東京都江東区)
東京直下72hTOUR/そなエリア東京(東京都江東区)

<パパ&ママお役立ち情報>

  • レストランまたはカフェ:そなえカフェ
  • お弁当持ち込み:
  • 売店:あり
  • 雨天時OKの施設:あり
  • 乳幼児向け設備・サービス:授乳室
  • コインロッカー:あり
住所 東京都江東区有明3-8-35
問合先 03-3529-2180
予約 予約不要(団体見学は要予約)
営業時間 9時30分~17時(最終入館16時30分)
定休日 月曜(祝日の場合は翌日)、臨時休館あり
料金 入場無料
URL

http://www.tokyorinkai-koen.jp/

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

東京消防庁 本所防災館(東京都/墨田区)

とうきょうしょうぼうちょう ほんじょぼうさいかん

楽しみながら学べる防災体験施設

防災について学べる人気施設。防災体験ツアーでは、防災シアターを観た後、地震、暴風雨、都市型水害、火災を想定した煙体験コーナー等があり、その恐ろしさを体感しながら避難の方法などが身に付けられる。また、同ツアーの消火体験や応急手当体験コーナーでは、消火器や救命救急機器「AED」の使い方を学び、いざという時に役立つ防火防災訓練も体験できる。要予約。年齢により体験できないコーナーあり、事前に要問合せ。

東京消防庁 本所防災館外観(東京都墨田区)
暴風雨体験コーナー/東京消防庁 本所防災館(東京都墨田区)
煙体験コーナー/東京消防庁 本所防災館(東京都墨田区)

<パパ&ママお役立ち情報>

  • レストランまたはカフェ:なし
  • お弁当持ち込み:
  • 売店:あり
  • 雨天時OKの施設:あり
  • 乳幼児向け設備・サービス:授乳室、こども広場
  • コインロッカー:あり
住所 東京都墨田区横川4-6-6
問合先 03-3621-0119
予約 要予約(事前に電話にて要問合せ)
営業時間 9~17時
定休日 水曜、第3木曜(祝日の場合は翌日)
料金 入館無料
URL

https://tokyo-bskan.jp/bskan/honjo/

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

池袋防災館(東京都/豊島区)

いけぶくろぼうさいかん

駅から5分で楽しく防災体験!毎週金曜ナイトツアー開催!

防災体験ツアーの基本コース(地震、消火、煙、防災映画または救急)の所要時間は1時間40分。また、所要時間が50分のショートコース(地震、視聴覚)もある。夜間の発災を想定したナイトツアー(地震、消火、煙、防災映画)は金曜17時と19時から実施。いずれも予約をおすすめ。

池袋防災館外観(東京都豊島区)
最大震度7を体験/池袋防災館(東京都豊島区)
消火器体験/池袋防災館(東京都豊島区)

<パパ&ママお役立ち情報>

  • レストランまたはカフェ:なし
  • お弁当持ち込み:不可
  • 売店:あり
  • 雨天時OKの施設:あり
  • 乳幼児向け設備・サービス:なし
  • コインロッカー:あり
住所 東京都豊島区西池袋2-37-8
問合先 03-3590-6565
予約 予約不要
営業時間 9~17時(金曜は~21時)
定休日 第1火曜、第3火曜および第3火曜の翌日
料金 入館無料
URL

https://tokyo-bskan.jp/bskan/ikebukuro/

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

東京都北区防災センター(地震の科学館)(東京都/北区)

とうきょうときたくぼうさいせんたー じしんのかがくかん

防災体験をして、いざという時のために備えよう

震度7までの揺れを実際に体験できる地震体験や、煙にまかれた時の状況を知る煙体験などの体験施設もある。展示ホールは、家具・家電の転倒防止や防災についての正しい知識と備えをパネルや音声により説明している。地震の起こる仕組みの模型や地震の歴史、被害などがパネルで展示されている。デジタルステーションでは、クイズに挑戦、災害時にとるべき行動を具体的に判断してみよう。

東京都北区防災センター外観(地震の科学館)(東京都北区)

<パパ&ママお役立ち情報>

  • レストランまたはカフェ:なし
  • お弁当持ち込み:不可
  • 売店:なし
  • 雨天時OKの施設:あり(全施設屋内)
  • 乳幼児向け設備・サービス:なし
  • コインロッカー:なし
住所 東京都北区西ケ原2-1-6
問合先 03-3940-1811/北区防災センター
予約 予約不要(5名以上の団体は要予約)
営業時間 9~17時
定休日 月曜(祝日の場合は翌日)、祝日(祝日が土曜の場合は開館)
料金 入館無料
URL

https://www.city.kita.tokyo.jp/bosaikiki/bosai-bohan/bosai/shobosho/kagaku/index.html

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

立川防災館(東京都/立川市)

たちかわぼうさいかん

楽しみながら防災体験

各体験コーナー(防災ミニシアター、地震、煙、消火、応急救護、救出救助)から自由に選んだコーナーをインストラクターが案内する。また、未就学児から小学校低学年までの児童及びその保護者を主な対象に「楽しみながら行う防災体験学習」をコンセプトとした「こども防災体験広場」、最新の疑似体験技術等を取り入れ、「遊び」と「学び」を融合させたこれまでにない防災体験学習の空間だ。

立川防災館外観(東京都立川市)
こども防災体験広場/立川防災館(東京都立川市)
救出救助体験コーナー/立川防災館(東京都立川市)

<パパ&ママお役立ち情報>

  • レストランまたはカフェ:なし
  • お弁当持ち込み:
  • 売店:あり
  • 雨天時OKの施設:あり
  • 乳幼児向け設備・サービス:授乳室
  • コインロッカー:あり(無料ロッカー)
住所 東京都立川市泉町1156-1
問合先 042-521-1119
予約 予約不要(10名以上の団体は要予約、詳細は立川防災館へ)
営業時間 9~17時
定休日 木曜、第3金曜(祝日の場合は翌平日)
料金 入館無料
URL

https://tokyo-bskan.jp/bskan/tachikawa/

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

神奈川県の防災体験スポット

神奈川県総合防災センター(神奈川県/厚木市)

かながわけんそうごうぼうさいせんたー

地震、風水害、消火などを体験。津波や火山、風水害の映像も視聴できる

地震、風水害、火災など突然の災害時に慌てないよう、実際に体験しながら対処方法を知ることができる。風水害体験コーナーでは、風速30m/秒の強風を体験できる。他には、津波や火山災害への備えを仮想ストーリーで学べる防災シアター、心肺蘇生法や避難所での生活を体験できるフリースペース、消防用具の歴史を学ぶコーナーや防災に関する知識を深めるための防災Q&Aなどもある。正しい知識をもって万が一の時に備えたいもの。なお、体験コーナーではハイヒール、サンダルは不可なので、運動靴で行こう。10名以上の団体は要予約。

神奈川県総合防災センター外観(神奈川県厚木市)
CG映像とあわせて地震体験ができる/神奈川県総合防災センター(神奈川県厚木市)
消火体験/神奈川県総合防災センター(神奈川県厚木市)

<パパ&ママお役立ち情報>

  • レストランまたはカフェ:なし
  • お弁当持ち込み:可(団体利用のみ)
  • 売店:なし
  • 雨天時OKの施設:あり(全施設屋内)
  • 乳幼児向け設備・サービス:おむつ交換台2カ所あり
  • コインロッカー:あり
住所 神奈川県厚木市下津古久280
問合先 046-227-1700
予約 予約不要(10名以上の団体利用は要予約。予約は3カ月前の月の1日から受付)
営業時間 9~17時(入館は~16時30分、体験コーナー利用の場合は~16時)
定休日 月曜(祝日の場合は開館)、祝日の翌日(土・日曜の場合は開館)
料金 入館無料
URL

http://www.pref.kanagawa.jp/docs/zn2/bousaicenter/homepage.html

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

千葉県の防災体験スポット

千葉県西部防災センター(千葉県/松戸市)

ちばけんせいぶぼうさいせんたー

インストラクターと「防災体験ツアー」に出発

見学は、インストラクターによる防災体験ツアー形式で行っているため、自由に見て回ることはできない。ツアーの所要時間は1時間~1時間30分。受付後、出発までに通常で10~30分程度の待ち時間があるのでご注意を。地震体験や、風水害の体験、応急救護の体験、消火訓練、煙の中の避難体験、119番通報シミュレーションなど、いざというときに備えてさまざまな体験ができる。

千葉県西部防災センター外観(千葉県松戸市)
消火訓練/千葉県西部防災センター(千葉県松戸市)
地震体験/千葉県西部防災センター(千葉県松戸市)

<パパ&ママお役立ち情報>

  • レストランまたはカフェ:なし
  • お弁当持ち込み:不可
  • 売店:なし
  • 雨天時OKの施設:あり
  • 乳幼児向け設備・サービス:授乳室
  • コインロッカー:あり
住所 千葉県松戸市松戸558-3
問合先 047-331-5511
予約 予約不要(10名以上の団体は要予約)
営業時間 9時~16時30分(ツアー受付は9~11時、13時~15時40分)
定休日 火曜(祝日の場合は翌日)
料金 入館無料
URL

http://www.bousai-chiba.jp/

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

埼玉県の防災体験スポット

埼玉県防災学習センター(埼玉県/鴻巣市)

さいたまけんぼうさいがくしゅうせんたー

体験を通して、災害・防災について学習しよう!

埼玉県防災学習センター「そなーえ」は、災害に強い地域づくりのため、地震・煙・暴風・消火の4つの体験を通して災害時の対処方法を楽しく学習できる施設。万一に備えるため、ぜひ体験してみよう。埼玉県防災学習センターは平成30年(2018)3月21日にリニューアルオープン。4つの体験の他に新しい映像コーナー「スイッチングシアター」や「防災診断クイズ」等、さまざまな新コンテンツが追加された。

埼玉県防災学習センター外観(埼玉県鴻巣市)
消火体験の様子/埼玉県防災学習センター(埼玉県鴻巣市)
2階展示室/埼玉県防災学習センター(埼玉県鴻巣市)

<パパ&ママお役立ち情報>

  • レストランまたはカフェ:なし
  • お弁当持ち込み:不可
  • 売店:なし
  • 雨天時OKの施設:あり(全施設屋内)
  • 乳幼児向け設備・サービス:なし
  • コインロッカー:あり
住所 埼玉県鴻巣市袋30
問合先 048-549-2313
予約 予約不要(10名以上の団体は要予約)
営業時間 9時~16時30分(入館は~16時)
定休日 月曜(祝日の場合は翌日、夏休み期間中は開館)
料金 入館無料
URL

https://saitamabousai.jp/

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

栃木県の防災体験スポット

栃木県防災館(栃木県/宇都宮市)

とちぎけんぼうさいかん

いざというときに備えて疑似体験

地震・煙・大風・大雨の疑似体験ができる体験コーナーや、栃木の災害や地震、火災、風水害をわかりやすくパネルで解説するパネル展示、家庭に備えておきたい防火対策や耐震グッズ、非常食などを展示するコーナーなどがある。

栃木県防災館入口(栃木県宇都宮市)
栃木県防災館外観(栃木県宇都宮市)

<パパ&ママお役立ち情報>

  • レストランまたはカフェ:なし
  • お弁当持ち込み:不可
  • 売店:あり(飲料自動販売機)
  • 雨天時OKの施設:あり(全施設屋内)
  • 乳幼児向け設備・サービス:なし
  • コインロッカー:なし
住所 栃木県宇都宮市中里町248
問合先 028-674-4843
予約 予約不要(10名以上の団体は要予約)
営業時間 9時30分~16時30分(体験受付は~11時30分、13時~15時30分)
定休日 月曜(祝日、県民の日の場合は翌日)、年末年始(12月28日~1月4日)
料金 入館無料
URL

http://www.t-bousaikan.jp/

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。