※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

初心者の子連れ登山・ハイキングレポート!秩父・宝登山で7歳&2歳がデビュー

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

初登山にチャレンジ/宝登山(埼玉県/秩父郡)

今回、登山・ハイキングデビューにチャレンジしたCさん一家は「子どもが生まれてから、豊かな自然に触れさせたいと思い、アウトドアに興味を持ち始めた」のだそうです。「上の子が7歳、下の子が2歳と年の差があるうえ、私たちもアウトドア初心者なので、登山デビューは不安な気持ちも」と話します。そこで選んだのは、ロープウェイがある埼玉県秩父郡・宝登山。都内の自宅を朝8時にでて、いざ、初めての親子ハイキングへ出発~!

» こどもの発達 TOP

関連記事
» 年齢別アドバイス付き! 子どもと一緒にハイキング・登山デビュー 徹底安心ガイド

目次(index)

念願の登山デビュー!秩父・宝登山はアウトドア初心者でも楽しめる!

埼玉県・秩父郡長瀞町にある宝登山は、都内から電車で2時間ほどの好アクセスで、親子登山におすすめのスポット。道幅が広く、整備された登山道なので、アウトドア初心者のパパママでも、安心して子どもと一緒に登れます。今回は、ママ&7歳・兄R君は登山、パパ&2歳・妹Nちゃんはロープウェイの二手に分かれて、山頂を目指すことにしました。

【10:00】秩父鉄道・長瀞駅へ

家族で登山にチャレンジ/宝登山(埼玉県/秩父郡)

天候にも恵まれ、家族みんなやる気満々!

宝登山神社の大鳥居(埼玉県/秩父郡)

宝登山神社の大鳥居をくぐると…

紅葉で色づく宝登山(埼玉県/秩父郡)

紅葉で色づいた宝登山が見えます!

落ち葉を拾う子ども/宝登山(埼玉県/秩父郡)

早くも道中の寄り道が楽しい妹Nちゃん。好奇心はすでに全開!

子どもの年齢に応じて、ロープウェイ組と登山組にセパレート!

【10:30】パパ&2歳の妹は、ロープウェイへ。

長瀞駅から歩いて20分程でロープウェイ乗り場に到着。ここで登山組とロープウェイ組に分かれます。まだ登山が難しい2歳のNちゃんは、パパとロープウェイで一足先に登り、山頂付近の「小動物公園」で遊んで、ママとお兄ちゃんの到着を待つことにしました。「下の子の年齢が小さくても、ロープウェイなどがあると、二手に分かれて動くことができていいですね」とママ。「山頂で会おうね!」と約束をして、ママとRくんは登山口に向かいます。

スタンプラリーをする子ども/宝登山(埼玉県/秩父郡)

子どもが大好きなスタンプラリーもあり

宝登山ロープウェイ入口(埼玉県/秩父郡)

がんばってね〜!頂上で会おうね!!

登山中のあいさつは、安全にもつながる!

【10:45】ママ&7歳の兄は、ハイキングスタート!

ロープウェイ乗り場から登山口までは歩いて数分の距離。ここから頂上まではトイレがないため、登山口近くのトイレを済ませ、いよいよハイキングスタート!「途中で人に会ったら『こんにちは』とあいさつをしようね」とママがR君に伝えます。山でのあいさつは、マナーとしてだけでなく、自分の目撃情報を増やす安全管理にもつながります。

登山道入口/宝登山(埼玉県/秩父郡)

道はきれいに整備されていて見通しもいいため、初めての子連れ登山でも安心して登れます。

初めての登山、道中には、刺激がいっぱい!

落ち葉を拾う子ども/宝登山(埼玉県/秩父郡)

登山に行った日はちょうど紅葉が見頃。色とりどりの葉をつけた木々を眺めながら登るRくんとママ。すすきなど、この季節ならではの植物も生えています。

登山を楽しむ子ども/宝登山(埼玉県/秩父郡)

Rくんは落ち葉の上を歩いて感触を楽しんだり、わざとでこぼこした道を歩いてみたり…。 すれ違う人にも「こんにちは!」としっかりあいさつできています。

つい頑張ってしまうのが子ども、ペースは無理なく。

長く続く登山道。澄んだ空気や親子の会話を楽しみながら、はりきって歩いていきます。

登山を楽しむ親子/宝登山(埼玉県/秩父郡)

空気が気持ちいいね!

登山を楽しむ親子/宝登山(埼玉県/秩父郡)

ママの先をはりきって歩くRくん

30分ほど登ったところで、Rくんに少し疲れの色が…。頑張って歩いたからか「おなかが痛い」と横腹の痛みも出てきた様子。そんなRくんを見て「安全な場所を探してちょっと休憩しようか」とママが声を掛けます。

登山は冬でも汗をかく!体温調整と水分補給が大切

【11:15】休憩&おやつタイムで元気をチャージ!

登っていくと、見晴らしのいい場所に、小さなベンチと切り株を発見! ここでいったん休憩することに。空気は冷たいけれど、登っているうちに体はポカポカになり、結構汗もかきました。のどが渇いていたのか、ごくごくとお茶を飲むRくん。自分のリュックに入れておいたラムネも食べ、体も心も元気をチャージできた様子。「ゴミはもちかえろうね」とビニール袋いにしっかりとまとめてリュックにしまい、登山を再開!

一休憩する親子/宝登山(埼玉県/秩父郡)

宝登山からSLが見えた!秩父ならではの光景

登っていると、山のふもとからSL(蒸気機関車)の汽笛が聞こえてきました。電車が大好きなRくん、目を凝らして小さく見える煙を発見し、SLが見えなくなるまで見送ってから歩き出します。

絶景を眺める子ども/宝登山(埼玉県/秩父郡)

そのころ、ママの携帯にはパパから「小動物園」を楽しんでいる妹のNちゃんの写真が送られてきました。ママも、この登山中に撮った写真をパパに送ります。「早くパパとNちゃんに会いたいね」と頑張る気持ちが出てきました。

急な勾配も、手を繋いで励ましあえば楽しい!

頂上付近に近づくと、足場が少しぬかるんでいて勾配も急に。「全然着かないじゃん!」と思わず弱音が出るRくん。それでも頑張って登っていくと、ついに頂上付近に到着。パパ&妹Nちゃんと合流し、みんなで頂上を目指します。

【11:55】家族合流!みんなで頂上へ

登山を楽しむ親子/宝登山(埼玉県/秩父郡)

ママ〜!嬉しい再会!!

登山を楽しむ親子/宝登山(埼玉県/秩父郡)

2歳のNちゃんも元気いっぱい!ママ・パパの手をつなぎながら、楽しそうに登っています。家族みんなで10分ほど登ると、頂上が見えてきました!

この達成感は、まさに登山の醍醐味!お腹もペコペコ

【12:05】山頂に到着!楽しいお昼ごはん

ついに頂上に到着! 頂上からの景色を見て、「やった~!」とRくん。途中つらいときもあったけれど、頑張ったからこそ達成感を味わえるのも登山の醍醐味です。

山頂に到着/宝登山(埼玉県/秩父郡)

まずは家族4人で記念撮影。

お弁当を食べる親子/宝登山(埼玉県/秩父郡)

おなかがすいたR君は、あっという間に1つ目のおにぎりを完食し、2個目に手を伸ばします。登山で体をたくさん動かした分、いつもよりもさらにおいしく感じたかもしれません。山頂では、バーナーを持ち込んで温かいごはんを作っているファミリーも。その様子を見て、「荷物が多くなるかもしれませんが、山頂で簡単な料理が出来たらさらに楽しそうですね。今度は我が家もチャレンジしてみようかな」とママ。アウトドアの楽しみ方が、これからますます広がっていきそうです。

広大な景色が気持ちいい〜!好奇心がぐんぐん広がる自然体験

昼食後は双眼鏡で遠くの景色を眺めたり、虫眼鏡で虫を探して頂上を満喫。Rくんは「遠くの山がこんなに近く見えるなんてすごい!」と大興奮です。のりものが大好きなRくんに「帰りはみんなでロープウェイで下ろうね」とパパの提案。帰りも楽しみができ、さらにテンションが上がります!

絶景を眺める親子/宝登山(埼玉県/秩父郡)

こんなに上まで登ってきたんだね!

虫を探す親子/宝登山(埼玉県/秩父郡)

この虫、足の形がおもしろいよ!

家族の一体感が深まった初登山。子どもの成長も実感。

【13:00】ロープウェイで下山。初登山ゴール!

帰りは4人でロープウェイで下山します。「上りはとても混んでいたのですが、下りはそこまでではなかったので、景色もよく見えていいですね」とパパ。RくんとNちゃんはロープウェイから見える景色に夢中。自分の足で登ってきた高さを、あらためて実感しているようです。

ロープウェイを待つ子ども/宝登山(埼玉県/秩父郡)

ロープウェイの名前はもんきー号

ロープウェイから望める絶景/宝登山(埼玉県/秩父郡)

わ〜高いねえ!!

登山満喫の家族/宝登山(埼玉県/秩父郡)

ロープウェイを下りたら、無料シャトルバスに乗り、13:30に長瀞駅に戻ってきました。「登る前は少し不安でしたがが、息子に思ったよりも体力がついているんだと実感してびっくりしました。子どもとの登山は、大人だけで登るより時間がかかるので、余裕をもってのスタートでちょうどよかったです。励まし合って頑張れたことや気持ちの良い景色が、とてもステキな思い出になりました」とママ。パパは「自然体験は家族の一体感も深まりますね。下の子がもう少し大きくなったら、今度は4人全員で登山したいです」とすでに次の登山に向けて夢が膨らんでいる様子でした。

都内近郊にも、子ども連れで登山・ハイキングを楽しめるエリアはたくさんあるので、初心者ファミリーもぜひチャレンジしてみてくださいね。

【スポット情報】宝登山

宝登山(埼玉県/秩父郡)
エリア 埼玉県秩父郡
標高 約497m
入山料・登山料 無料
歩行時間 「宝登山ハイキングコース」は秩父鉄道長瀞駅から山頂まで約1時間15分。宝登山の山麓から山頂をつなぐ宝登山ロープウェイもあります。

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

注目記事

記事をもっと見る