※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

英語教育に活用しよう!幼児におすすめの、英語で見られるテレビ番組

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

海外アニメで英語教育

小学生から英語が必修科目となり、子どもが小さいうちから英語を学ばせたいと思っているママパパも多いはず。でも、英語教室に通ったり、英語のDVD教材を購入したりするのはどれもいいお値段。子どもが飽きてしまうかもと思うとそう簡単に手が出せませんよね。自宅のテレビで地上波や衛星放送、ケーブルテレビなど、普段子どもが目にしているアニメの中にはテレビの音声を切り替えるだけでいつもの日本語を英語で聞けるものがたくさんあります。これを英語教育に活用してみませんか。

目次(index)

男の子が夢中になる!英語で楽しめる乗り物系テレビ番組

ブロックで遊ぶ子ども/海外アニメで英語教育

まずは、特に男の子が夢中になれる乗り物系のアニメをご紹介します。

「機関車トーマス」

  • NHK Eテレ
  • 毎週日曜17:30~

毎週日曜にNHK Eテレで放送中の「機関車トーマス」。男の子はもちろん、女の子でも一度は魅了される定番アニメです。キャラクターの顔の動きが大きく、表情が豊かなので子どもの視線を惹きつけます。セリフを理解できない小さな子どもが見てもストーリーが分かるような展開も魅力ですね。小さい子どもは長いストーリーを見る集中力がないですが、トーマスは1話が10分以内と短いので、英語でも飽きずに見ることができます。

「GO!GO!チャギントン」

  • フジテレビ
  • 毎週日曜18:15~18:30

同じく毎週日曜にフジテレビで放送中の「チャギントン」も電車好きの子どもたちに大人気のアニメ。イギリスのBBC幼児向けチャンネル「CBeebies(シービービーズ)」で放送されたアニメで、YouTubeやディズニージュニアなどでも見ることができます。全てCGのため、映像が色鮮やかで、見てるだけでも楽しめます。本場のイギリス英語を聞きながら、リスニング力を育んでいけます。

子どもが大好きなキャラクターで楽しむ!海外アニメで英語教育

海外アニメで英語教育

子どもたちの大好きなEテレのかわいいキャラクターたちも英語教育に一役買ってくれます。

「ミッフィーのぼうけん」

  • NHK Eテレ
  • 毎週日曜17:25~17:30(最終日曜は放送休止)

世界中で愛されているディック・ブルーな原作のミッフィーシリーズ。ミッフィーの誕生60周年を記念してCGアニメ化された「ミッフィーのぼうけん」が放送されています。わずか5分のショートアニメなので飽きずに見ることができます。ゆっくりと簡単な言葉が使われていることと、絵本感覚で見ることができる鮮やかな色彩感覚が魅力。

「PEANUTS スヌーピーショートアニメ」

  • NHK Eテレ
  • 毎週日曜7:52~8:00

世界で最も有名な犬・スヌーピーとチャーリー・ブラウンなどの個性豊かなキャラクターが登場する「PEANUTS・スヌーピー」。1話完結のショートアニメで、約7分のストーリーの中にいくつかのエピソードが組み込まれているので子どもの集中力でも十分に楽しむことができます。スヌーピーは子どもだけでなく、大人にも愛されている作品。親子で楽しみながら英語の学習ができるのも嬉しいポイントです。

「おさるのジョージ」

  • NHK Eテレ
  • 毎週土曜8:35~9:00

世界中で半世紀にわたって親から子どもへと親しまれてきた人気絵本「ひとまねこざる」「おさるのジョージ」をもとに制作されたアニメ、「おさるのジョージ」。好奇心旺盛なおさるのジョージの冒険を通して、子どもたちに「観察すること」や「原因を考えてみること」など科学的な考え方を学んでもらおうという番組です。誰にでも親しみやすい身の回りの出来事を中心としたストーリーばかりなので、好奇心や探求心いっぱいの子どもが夢中になって見てくれるでしょう。

「スポンジ・ボブ」

  • NHK Eテレ
  • 毎週土曜18:00~

黄色い海綿の主人公スポンジ・ボブとその仲間たちが繰り広げるユーモラスで楽しい日常を紹介する、アメリカで大人気のアニメ。キッズアニメにしてはセリフが少し速めですが、ストーリーは分かりやすいので、小さい子どもでも楽しめます。アメリカの生活文化が前提となったジョークを理解するには少し難易度が高いですが、このレベルのアニメに慣れてくると、ドラマや映画なども楽しめるようになります。英語のステップアップ教材として活用するのがいいかもしれませんね。

ディズニーの仲間達と一緒に楽しく学べる知育番組チャンネル

テレビを見る子ども/海外アニメで英語教育

子どもたちが大好きなディズニーの世界。ディズニーの仲間たちと一緒に楽しく英語を学べるのがディズニーチャンネルです。なかでも子どもたちに大人気な、おすすめアニメを紹介します。

「ミッキーマウス・クラブハウス」

  • 毎週月曜~金曜9:00~

ディズニーの代名詞ともいえるミッキーマウス。ミッキーマウスとその仲間たちによる、世界初の未就学児向け番組です。ミッキーたちと楽しく遊びながら数や形を習得できるようにつくられたアニメなので、英語だけでなく、問題解決スキルや算数能力も一緒に学べるのが魅力。ミッキーや仲間たちが視聴者に問いかけをおこなうなどといった、対話型の物語であることも特徴です。

「ちいさなプリンセス ソフィア」

  • 毎週月曜~金曜11:30~12:00

普通の女の子だったソフィアが、母親の再婚をきっかけにプリンセスになる新しいプリンセスストーリー。シンデレラやラプンツェルなど人気のディズニープリンセスも登場します。日常生活で使われる英語表現がたくさん出てくるので、そのまま英会話に活かせる表現ばかりです。1つ1つのストーリーはもちろん、物語全体としてソフィアが成長していく姿に大人も興味を惹きつけられます。

「ドックはおもちゃドクター」

  • 毎週月曜~金曜11:00~11:30

主人公の女の子6歳のドックは、おもちゃのけがや悩みを解決するおもちゃドクター。家の庭でクリニックを開業しています。人やものをケアすることの重要性を教えてくれるほのぼのストーリー。英語学習に役立つだけでなく、将来お医者さんになりたい!という夢が膨らむかもしれません。

ディズニーチャンネルでは、同じアニメの同じストーリーが何度も放送されています。最初は難しくても、何度も見ているうちに理解できるようになってきます。日本語で見たストーリーを英語で見てみることもできるので、子どもの性格に合った使い方を見つけてあげてください。

今回紹介した番組の中に、すでに子どもが大好きでいつも見ている番組はありましたか?
また、「機関車トーマス」や「ミッキーマウス」「スヌーピー」は実際におでかけ先で出会えるキャラクターでもあります。無理にはじめから英語音声を見せなくても、日本語の番組やおでかけ先でキャラクターに会って親しむことで、徐々に英語音声にも興味を持ってくれるかもしれません。
無理に強要せず、楽しんで英語に慣れていくといいですね。

注目記事

記事をもっと見る