※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

イヤイヤ期って、本当にたいへん

ハワイのホテルとコンドミニアム メリット比較!どっちがいい?おすすめはどこ?

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

子連れハワイ成功のヒケツ  泊まるのはホテル?コンドミニアム? どっちを選ぶべき?

いつか行きたいこどもとハワイ。今回は宿えらびがテーマです。ハワイはホテルとコンドミニアムの2タイプが基本。さらに立地による選択で旅の満足度が左右します。行きたいスポットに近い、こども用のプログラムが充実している、など自分が優先したい条件を明確にしてから、比較するのがおすすめです。

» こどもとハワイ TOP

目次(index)

充実のサービスで多彩に遊ぶ!ホテル派のメリットはコレ!

何かと安心感のあるのがホテル。ただしプールのあるホテルはそう多くはないようです。

○ 大型プールやレストランなど、設備が充実
○ ホテル内のショッピングエリアなどが充実
○ 各種サービスが手厚く、初心者でも安心
○ 雰囲気がよくリゾート感も満点!
○ 簡易キッチン付きの部屋なら簡単な料理も
△ コンドミニアムと比べると部屋が手狭かも

参考になる口コミ

ホテル選びはプールの情報を調べて選ぶといいと思います。大人にとってよいホテルより、こどもにとって楽しめるホテルのほうが結果的に楽しめました。ベビーベッドやベッドガードを用意してくれるホテルも多いので、日本からメール(または電話)で事前に予約するとチェックインの際にすでにお部屋にセットしてくれました。
(N.Yさん/こども3歳、0歳)

ホテルの客室でくつろぐ家族(ハワイ)

部屋でのんびり快適に過ごす!コンドミニアム派のメリットはコレ!

子どもの体調などで外で食事するのが大変なときは、キッチン付きは便利ですね。

○ フルキッチンが備わった広めの部屋
○ 暮らすように滞在!
○ 家族4人以上の大人数滞在に強い!
○ こども好みの料理が提供できる
○ 備え付け家具で洗濯もラクラク
△ 旅行中も家事に追われるかも!?

参考になる口コミ

自宅にいるような気分で、ホテル内だけで一日中楽しんで過ごせるところに滞在したかったのでコンドミニアムをチョイスしました。またこどもがいると洗濯物が多いので、ランドリーが部屋についているところも選んだ理由のひとつです。
(佐藤さん/こども8歳、1歳)

ホテルもコンドミニアムも、それぞれによいところがありますよね。オーシャンビューの眺めがきれいな部屋を押さえておけば、食事やこどもの体調で部屋で長時間過ごすことになっても大丈夫とか、スライダーの付いた遊べるプールがホテル内にあるとこどもを遊ばせるのがラク! ・・・などなど、ハズせない条件は何なのかを考えると決めやすいですね。

最後に立地条件をチェックしてみましょう。

泊まる場所はどこがいいの?

便利な中心部がいい、逆に中心部の喧噪は外して動物園や水族館に近いところにするなど、立地もさまざま。

ワイキキ中心部はどんなエリア?

インターナシ ョナル・マーケットプレイス(ハワイ)

有名ホテルが連なり、ロイヤル・ハワイアン・センター、インターナショナル・マーケットプレイスなどのショッピングセンターも近い。ワイキキの一番賑やかなビーチもすぐ。

【おもなホテル】

  • シェラトン・ワイキキ
  • エンバシー・スイーツ・バイ・ヒルトン・ワイキキ・ビーチ・ウォーク
  • ハイアットリージェンシーワイキキビーチリゾート&スパ
  • モアナサーフライダーウェスティンリゾート&スパ

【おもなコンドミニアム】

  • トランプ・インターナショナル・ホテル・ワイキキ
  • ザ・リッツ・カールトン・レジデンス ワイキキビーチ

ワイキキ北西部はどんなエリア?

中心部や大通りから少しはずれているので、比較的ゆっくり過ごせる雰囲気。近隣のビーチも中心部より人が少ない。アラモアナセンターにも近く、ショッピング好きには立地◎。

【おもなホテル】

  • ヒルトン・ハワイアンビレッジワイキキ・ビーチ・リゾート

【おもなコンドミニアム】

  • イリカイ・ホテル&ラグジュアリースイーツ

ワイキキ南東部はどんなエリア?

イメージ画像(ハワイ)

すぐ近くにカピオラニ・パーク、ホノルル動物園、ワイキキ水族館があり、このあたりを訪れるのに最適。街の中心部へのアクセスもすぐ。ビーチの防波堤があるエリアも目の前。

【おもなホテル】

  • アロヒラニ・リゾート・ワイキキ・ビーチ

【おもなコンドミニアム】

  • アストン・アット・ザ・ワイキキバニアン
  • アストン・ワイキキ・サンセット

いかがでしたか?どこで何をしたいか、どんなふうに過ごしたいか、を明確にしてからチョイスすると、こんなはずでは・・・ということも避けられそうですね。ぴったりの宿泊先を見つければ、子連れハワイも半分は成功したようなものです。ぜひ満足できるところを見つけてくださいね!

ハワイへの準備には『るるぶ こどもとハワイ』

るるぶ こどもとハワイこの記事は、2018年12月発売の『るるぶ こどもとハワイ』からの抜粋です。より詳しい情報は本誌でチェックしてみてくださいね。
» この本の詳細・試し読み・購入はコチラ

※この記事は『るるぶ こどもとハワイ』を基に作成したものです。掲載内容は取材時点の情報に基づくため、変更される場合があります。ご利用の際は事前にご確認ください。

注目記事

記事をもっと見る