※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

秋の歌声、聞こえてきました♪

0歳からの室内遊びには絵本がおすすめ!本好きに育てる千葉の絵本スポット

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

市川市中央図書館(千葉県/市川市)

お家で過ごす時間が増えるなか、「室内での遊びもマンネリ気味」「何をしたら良いのかわからない」とお困りのパパママも多いかもしれません。そんな時は子どもと絵本を楽しんでみませんか。でも、子どもにどんな絵本を選んでいいかわからなかったり、持っている絵本に飽きてしまった時におすすめしたいのが絵本スポット。ここでは図書館だけでなく、絵本を楽しめる魅力をもった千葉県内の施設をご紹介します。

目次(index)

絵本を通じて親子でアートの世界を体験

千葉市美術館(千葉県/千葉市)

千葉市美術館(千葉県)

撮影:栗原論

開館25周年を迎えた千葉市美術館は、2020年7月にリニューアルオープン。参加・体験型のアトリエを新設し、美術を鑑賞するだけでなく、触れて楽しむこともできる美術館に生まれ変わりました。

「びじゅつライブラリー」/千葉市美術館(千葉県)

4階には、「びじゅつライブラリー」と呼ばれる図書室を新たに設置。絵本や児童書のほか、千葉にゆかりのある芸術家や千葉の美術史を含む美術に関する本が約4500冊所蔵されています。貸出は行っていませんが、誰でも自由に閲覧することができます。
千葉市美術館なら、美術の世界へのきっかけ作りになるような、アートの要素がたくさんつまった絵本に出会えるはず。本にまつわるイベントやワークショップも開催されているので、ぜひ参加してみてくださいね。

千葉市美術館(千葉県)

撮影:栗原論

びじゅつライブラリーと同じフロアには「つくりかけラボ」も併設されています。ここでは、ワークショップを通して誰もがアートに参加できます。びじゅつライブラリーを訪れた際には、つくりかけラボにもあわせて足を運んでみてください。

また、ゆっくり美術鑑賞をしたり、ワークショップに参加したいパパママは公式サイトで「ちばしび託児サービスデー」をチェック。これは、保育士の資格を持つベビーシッターさんが子どもを預かってくれるサポートサービスです(利用料200円、不定期)。定員や対象年齢などの詳細は公式サイトにて確認してみましょう。

これまで接する機会が少なかった美術を身近に感じることができる千葉市美術館。親子で絵本とアートの時間を楽しめるスポットです。

  • 施設名:びじゅつライブラリー
  • 開室時間:千葉市美術館に準じる
  • 休み:千葉市美術館に準じる
  • 料金:無料
  • URL:https://www.ccma-net.jp/learn/library/

千葉市美術館

問合先 043-221-2311
住所 千葉県千葉市中央区中央3-10-8
開館時間 10時~18時(金・土曜日は10時~20時)
休館日 毎月第一月曜日、年末年始
料金 企画展示室:観覧料は展覧会毎に異なる。展覧会の詳細ページなどで確認。
常設展示室:一般300円、大学生220円(小・中学生・高校生は無料)
子どもアトリエ:観覧料無料
アクセス JR千葉駅東口から徒歩15分、京成電鉄千葉中央駅より徒歩10分
駐車場 あり
URL

https://www.ccma-net.jp/

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

種類豊富な絵本、赤ちゃんが安心して遊べるスペースも

ユーカリが丘総合子育て支援センター YOU! KIDS(千葉県/佐倉市)

ユーカリが丘総合子育て支援センター YOU! KIDS(千葉県/佐倉市)

子どもを本好きに育てたいけど、「絵本を目的に外出するのは少しハードルが高いな」と感じているパパママにおすすめなのが「ユーカリが丘総合子育て支援センター YOU! KIDS」(以下、ユー!キッズ)。
登録会員制の施設ですが、住んでいる地域に関係なく子育てに関わる全ての人が利用することができます。家族連れはもちろん、長期休みに帰省しているお孫さんを連れておじいちゃん・おばあちゃんが遊びに来ることも。

館内は、「アドベンチャーゾーン」や「チャレンジロード」、「ごっこひろば」といった身体を思いきり動かせるエリア、ものづくりを経験することができる「創作ゾーン」エリアなどもあり、充実した空間です。また、子育てについての資格や経験豊富なスタッフが常駐しているので、安心して遊ばせられます。育児中に悩んだら気軽に相談することもできますよ。

知育玩具コーナー&絵本のひろば

様々な絵本/ユーカリが丘総合子育て支援センター YOU! KIDS(千葉県/佐倉市)

子どもの心を豊かに育てることのできる様々な絵本がラインナップ。また、大型絵本や紙芝居の読み聞かせなども行われています。知育玩具も充実しているので、おもちゃ選びの参考になるかもしれません。

ハイハイひろば

ハイハイひろば/ユーカリが丘総合子育て支援センター YOU! KIDS(千葉県/佐倉市)

畳とコルクのフラットな床で、赤ちゃんが思う存分遊ぶことができるペースです。赤ちゃんが遊んでも安心なおもちゃがあったり、授乳室やおむつ交換台なども完備されているので安心して利用できます。また、ベビーマッサージの体験やベビーサイン教室など、赤ちゃんとのふれあいを体験できるイベントも開催しています。

その他、ボールプールやジャングルジムで遊べるアドベンチャーゾーンなど体を動かして楽しむエリアもあり、どの年代の子どもを連れて行っても夢中になって楽しい時間が過ごせるスポットです。

ユーカリが丘総合子育て支援センター YOU! KIDS (ユー!キッズ) 

問合先 043-460-8818
住所 千葉県佐倉市ユーカリが丘4-1 スカイプラザ1階
営業時間 10時~17時
休館日 毎月第1・第3火曜日(火曜日が祝日の場合は翌平日)
料金 年会費320円(1家族)
1時間あたり:大人(中学生以上)220円/子ども(小学生以下)420円 ※0歳児無料、兄弟割引などあり
終日フリープラン:大人(中学生以上)530円/子ども(小学生以下)950円
アクセス 京成本線ユーカリが丘駅から徒歩3分
URL

https://www.you-kids.com/

市内最大の広さ!年齢別イベントも充実

市川市中央図書館(千葉県/市川市)

市川市中央図書館(千葉県/市川市)

65万冊もの蔵書を誇り、市川市内で最も大きい市川市中央図書館。館内の「こどもとしょかん」には、絵本や児童書だけでなく、洋書絵本や児童文学の資料も所蔵。なかには難易度のやさしい英語の絵本もあるので、手に取ってみてはいかがでしょうか。外国語に興味を持つきっかけになるかもしれません。

市川市中央図書館(千葉県/市川市)

こどもとしょかんの本棚は「海の波」、照明は「飛ぶかもめ」を表現しています。また、ほとんどの本は子どもの目線の高さに合わせて並べられているのがうれしいポイント。季節ごとに組まれる特集もチェックしてみてくださいね。

赤ちゃんや小さい子ども連れの方には、靴を脱いで上がれる「くつろぎひろば」がおすすめ。子どもと目線を合わせながらゆったり読み聞かせをしてあげられます。また、「おはなし室」では絵本の読み聞かせなどイベントを開催していますよ。

親子で楽しめる年齢別のイベントも魅力。3歳までの子どもを持つ親子が参加できる「わらべうたであそぼう」では、昔ながらのわらべうたにふれることができます。4歳から小学生には、「おはなし会」がおすすめ。ちょっと複雑に展開されるおはなしや長めの絵本、読み聞かせに加えて、簡単な工作も楽しめます。
バラエティ豊かな本のラインナップだけでなく、赤ちゃんから小学生まで幅広い年代で楽しめる様々なイベントも開催されている、何度も足を運び通いたくなる図書館です。

  • 施設名:こどもとしょかん
  • 開館時間:火~金曜 10時~18時 土・日・祝 10時~17時
  • 休み:市川市中央図書館に準じる
  • 料金:無料

市川市中央図書館

問合先 047-320-3346(直通)
住所 千葉県市川市鬼高1丁目1番4号(メディアパーク市川内)
時間 火~金曜 10時~19時30分、土・日・祝 10時~18時
休み 月曜
料金 無料
アクセス JR総武線本八幡駅、または下総中山駅より徒歩15分
京成電鉄本線鬼越駅より徒歩13分
駐車場 あり
URL

https://www.city.ichikawa.lg.jp/library/guide/cat-tosho-chuuou.html

まだある!0歳から遊べる絵本スポット

関連記事:0歳の室内遊びは絵本がおすすめ!赤ちゃんも通える埼玉の絵本スポット
0歳から遊べる神奈川の絵本スポット。絵本を通して子どもの感性を育もう
赤ちゃんも楽しめる東京の絵本スポット。雨の日の室内遊びにもおすすめ

●掲載の情報は予告なく変更になる場合があります。おでかけ前に各スポットへご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

注目記事

記事をもっと見る