※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

秋の歌声、聞こえてきました♪

ロマンスカーミュージアムがオープン!展示車両、シミュレーターなど見どころは?

星 裕水のアイコン星 裕水

1階のロマンスカーギャラリー/ロマンスカーミュージアム(神奈川県海老名市)
1階のロマンスカーギャラリー。 左からSE(3000形)、NSE(3100形)、LSE(7000形)

小田急電鉄の展示施設、「ロマンスカーミュージアム」が2021年4月19日、神奈川県の海老名駅隣接地にオープンしました!歴代ロマンスカーの車両展示から子ども向けのエリアまで、鉄道ファンもファミリーも楽しめる施設です。開業前に行われたメディア向け内覧会に参加したスタッフが、るるぶKids的視点で見どころを紹介します。

※施設の営業時間などは通常時のものです。新型コロナウイルスの感染拡大防止などにより変更となる場合がありますので、おでかけ前にご確認ください。

目次(index)

ロマンスカーミュージアムとは

エントランス脇には木製のロマンスカーが/ロマンスカーミュージアム

エントランス脇には木製のロマンスカーが
(小田急電鉄提供)

「ロマンスカーミュージアム」は、小田急電鉄初の鉄道ミュージアム。開業当時の車両をはじめ、小田原・箱根へのアクセス特急として親しまれてきた歴代のロマンスカーを展示しています。
「“子ども”も“大人”も楽しめる鉄道ミュージアム」がコンセプトで、小田急電鉄やロマンスカーの歴史を楽しみながら学べるのが魅力です。展示ゾーンは1階の「ヒストリーシアター」「ロマンスカーギャラリー」、2階の「ジオラマパーク」「キッズロマンスパーク」と4つに分かれています。
海老名駅や、車両の検査・整備を行う海老名検車区に隣接して建てられたミュージアムは洗練されたデザイン。エントランスは2階にあり、改札を出てすぐアプローチできます。

館長の高橋孝夫さん/ロマンスカーミュージアム

館長の高橋孝夫さん。1982年、小田急電鉄入社。運転士や海老名電車区長等を経て現職。なんと今回展示しているすべてのロマンスカーを運転してきたそう。「お子さまたちが楽しめる展示もたくさんあります。ロマンスカーに親しみを持っていただければうれしいです」と話してくれました。

1階の歴代車両展示は必見!

ヒストリーシアター

モハ1/ロマンスカーミュージアム

「モハ1」。現在の電車より車体が小さく、丸い前照灯が特徴的

まずはエスカレーターで1階へ。チョコレート色のレトロな車両は小田急電鉄の前身、「小田原急行鉄道」開業当時の車両「モハ1」。1927年(昭和2)製造ですが、部品などは大正時代に製造されたものも多かったそうです。
車内に入ることはできませんが、のぞき込んでみると、木の床や室内灯、つり革や椅子などに歴史を感じます。

モハ1の車体側面の行き先板/ロマンスカーミュージアム

昔は横書きでも右から左に書いていました

ちなみに、車体側面の行き先板にある「稲田登戸」は、現在の登戸駅ではなく向ヶ丘遊園駅です(1955年に改称)。

シアターではショートムービー上映/ロマンスカーミュージアム

「モハ1」の隣でショートムービーを鑑賞

シアターではショートムービー『ロマンスカーは走る』を上映。タップダンスとジャズで表現した楽しく見られる映像で、ロマンスカーの歴史を紹介しています。

充実のロマンスカーギャラリー

RSEの車両展示/ロマンスカーミュージアム

RSE。JR御殿場線にも乗り入れていて、2階建て車両もあります

ロマンスカーミュージアムのメインとなる展示がココ。時代を彩ったロマンスカー5種を常設展示しています。5種類の形式と愛称は以下の通り。

  • SE(3000形)Super Express 1957年~1992年
  • NSE(3100形)New Super Express 1963年~1999年
  • LSE(7000形)Luxury Super Express 1980年~2018年
  • HiSE(10000形)High Super Express 1987年~2012年
  • RSE(20000形)Resort Super Express 1991年~2012年

戦後、新宿~小田原間を走る高性能車両の開発が進められ、1957年にSEがデビューし、ロマンスカーが一躍人気の存在に。その後も箱根・江ノ島方面への行楽やビジネスにと親しまれ、現在までに10車種のロマンスカーが就役しています。ミュージアムではそのうちの5種を至近距離で見ることができます。
LSE以外の車両は、一部通路または連結部通路のみ入ることができるので、車内の様子を見ることができます。パパママだけでなく、おじいちゃんおばあちゃんにとっても懐かしい車両があるかもしれません。絶好の記念撮影スポットでもあります。

1階のロマンスカーギャラリーのHiSE(10000形)/ロマンスカーミュージアム

1階のロマンスカーギャラリーのHiSE(10000形)

HiSEの車内/ロマンスカーミュージアム

HiSEの車内

HiSEの後ろにまわると車輪や台車も見られます/ロマンスカーミュージアム

HiSEの後ろにまわると車輪や台車も見られます

2階は子どもが主役のフロア

ジオラマパーク

2階のジオラマパーク/ロマンスカーミュージアム

2階のジオラマパーク
(小田急電鉄提供)

ミュージアムのもう一つの目玉が「ジオラマパーク」。設置面積190平方メートルという巨大ジオラマです。新宿から箱根まで、ロマンスカー10車種と通勤電車5車種が走っています。時間の経過とともに街の表情が変わっていく「小田急沿線の1日」は約36分と見応えたっぷり。合間には、映像・音響・照明で演出するジオラマショー「時間と距離のロマンス」を実施。プロジェクションマッピングなどを駆使した最新の演出に驚かされます。

階段状のデッキスペース「ジオラマビューテラス」から俯瞰するのもよいですが、近くで精巧な模型を見るとあちこちに楽しい演出があり、話が弾みますよ。

ジオラマの箱根湯本が見事/ロマンスカーミュージアム

箱根湯本駅の駅舎や周辺の風景も見事に再現

ジオラマの江ノ島の水族館ではイルカのショーが!/ロマンスカーミュージアム

江ノ島の水族館ではイルカのショーが!

本物の運転台で江ノ電などの模型を運転/ロマンスカーミュージアム

本物の運転台で江ノ電などの模型を運転することができます(3分100円)

シミュレーター

シミュレーター/ロマンスカーミュージアム

シミュレーター。座席に座ると目線の高さがわかります。この日は特別に、本物の運転士さんが実演してくれました

展示エリア「ロマンスカーアカデミアⅡ」内にLSE(7000形)のシミュレーターがあります。運転台はかつて活躍していた本物のLSEです。映像は実際に運転席から撮影したもので、リアルな体験ができます。

レベルは入門、初級、上級から選択。コースは「秦野→本厚木」「本厚木→町田」「成城学園園前→新宿」の3コースから選択しましょう(入門レベルは成城学園園前→新宿のみ)。1回500円(当日抽選制。券売機で抽選券を発券し、当選した人のみ体験可能)となっています。

インタラクティブアート「電車とつくるまち」/ロマンスカーミュージアム

インタラクティブアート「電車とつくるまち」。ぜひ手をかざしてみて

「ロマンスカーアカデミアⅡ」には、インタラクティブアート「電車とつくるまち」をが設置されています。手の動きに合わせて線路が引かれていくという非接触型のインタラクティブアートという手法で、大きく手を動かしながら夢いっぱいの風景を創り出すことができます。

キッズロマンスカーパーク<休止中>

キッズロマンスカーパーク/ロマンスカーミュージアム

キッズロマンスカーパーク
(小田急電鉄提供)

子どもたちにいち押しなのがココ。男の子、女の子関係なく様々な年齢の子どもたちが楽しめる空間です。木で作られたロマンスカーの中にある「てんぼうせき」で記念写真を撮ったり、「2かいのうんてんせき」でヘッドライトを点灯させたり、運転士さんの気分を味わえます。

木で作られたおにぎりや厚焼き卵、いちごなど/ロマンスカーミュージアム

木で作られたおにぎりや厚焼き卵、いちごなどがおいしそう!

また、「はしるきっさしつのおべんとう」のコーナーでは、ロマンスカーで実際に提供していたお弁当箱に、木でできたおかずを詰めるごっこ遊びも。
「のぼってあそぼう」は滑り台やネットを配したロマンスカーのかたちをしたアスレチックです。
ハイハイし始めたばかりの子には「あかちゃんゆうせんせき」があります。
※利用は3歳以上~小学生まで(「あかちゃんゆうせんせき」を除く)、土足・飲食不可

紙で作られたキッズジオラマ/ロマンスカーミュージアム

紙で作られたキッズジオラマ

隣接した「こうさくしつ」では、ロマンスカーやおうちを作るペーパークラフト体験を楽しめます。3歳以上1回500円。
※「キッズロマンスカーパーク」「こうさくしつ」ともに新型コロナウイルス感染症対策のため休止中。詳細は公式サイトを参照

トイレは2階のみ、赤ちゃん設備も

ベビールーム/ロマンスカーミュージアム

ベビールーム

トイレは2階のみなので、心配であれば1階に行く前に済ませておきましょう。また、近くにベビーカー置き場、ベビールーム、みんなのトイレ(多機能トイレ)があります。ベビールームにはおむつ交換台(みんなのトイレにもあり)、授乳室のほか、ミルク用のお湯が用意されています。コインロッカーはありませんのでご注意を。

屋上テラスやショップ、カフェもチェック

屋上で本物の列車を眺める「ステーションビューテラス」

ステーションビューテラス。ベンチもあります/ロマンスカーミュージアム

ステーションビューテラス。ベンチもあります

海老名駅に面したテラスでは、ロマンスカーや通勤車両を見ることができます。掲示されているロマンスカーの時刻表を車種や時刻の参考にしてみてくださいね。タイミングが合えば、海老名検車区から出てくる車両が見られるかも!?

ミュージアムショップ「TRAINS」で限定グッズをチェック

館内限定販売の「てちゅした」/ロマンスカーミュージアム

館内限定販売の「てちゅした」(子ども用靴下)3Pセット1320円

小田急電鉄のオフィシャルグッズショップ「TRAINS」がロマンスカーミュージアムにも出店。模型やおもちゃ、雑貨など小田急グッズが勢ぞろい。ミュージアム開業記念商品やミュージアム限定商品も販売しています。

カフェのみの利用も可能「ROMANCECAR MUSEUM CLUBHOUE」

カフェの窓側席から線路を一望/ロマンスカーミュージアム

窓側の席から線路を一望

ロマンスカーを愛する人たちなどが集う場に、と作られたミュージアムカフェ。ミュージアムに入館しなくても利用できます。
プレミアムなホットドッグ「ロマンスカードッグ」750円~や、かつてロマンスカーで親しまれていた、飲み物と軽食を座席まで届けるシートサービス「走る喫茶室」当時のメニュー「クールケーキと日東紅茶のセット」700円も再現されます。営業時間は10:00~20:00。

カフェのクールケーキと日東紅茶のセット/ロマンスカーミュージアム

クールケーキと日東紅茶のセット

チケットの予約・購入は?

当面の間、入館は事前予約制です。公式サイトから予約サイト「PassMarket」に移動して予約ができます。予約は1カ月先まで取ることが可能。
※Yahoo! JAPANのデジタルチケット「PassMarket」での予約になるため、Yahoo! JAPAN IDが必要。

支払いは当日になります。スマートフォンの予約画面(または予約完了メールのプリントアウト)をスタッフに提示し、券売機またはインフォメーション(クレジットカードのみ)で購入します。

新型コロナウイルス感染症「まん延防止等重点措置」のため、キッズロマンスカーパークとペーパークラフト体験(こうさくしつ)は休止中です。飛沫感染防止の観点から、館内での食事は不可、再入館も不可となります。

ロマンスカーミュージアム

住所 神奈川県海老名市めぐみ町1-3
問合先 046-233-0909(受付時間10:00~18:00)
料金 大人(中学生以上)900円、子ども(小学生)400円、幼児(3歳以上) 100円
※3歳未満は無料
営業時間 10:00~18:00(最終入館17:30)※季節により変動の場合あり
定休日 第2・第4火曜 ※別途設ける場合あり
URL

https://www.odakyu.jp/romancecarmuseum/