※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

秋の歌声、聞こえてきました♪

公園がプレイパークに変身!小松川ゆきやなぎ公園(江戸川区)で、非日常な遊びを体験

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

小松川ゆきやなぎ公園(東京都/江戸川区)

運動能力がぐんぐん伸びる公園!
都営新宿線東大島駅から徒歩約16分の場所にある江戸川区の小松川ゆきやなぎ公園(こまつがわゆきやなぎこうえん)は、「公園」と「プレイパーク」の二つの顔を持つ遊び場です。普段は公園として周辺住民を中心に利用されていますが、不定期で公園がプレイパークに変身するのです(開催は通常毎週金曜日13〜16時頃ですが、現在は不定期開催。詳細は「ゆきやなぎプレーパーク小松川の会」公式Facebookにてお知らせ)。薪割りや焚火など、日常ではなかなかできない遊びを体験できます。プレイパークが開催されていない日も、ユニークな手作りの木製遊具で遊べる公園として人気です。木製遊具は遊び方のルールがないので、自分で考えて好きに遊んでOK。子どもたちの自由な想像力と発想力が刺激されて、普段の公園とはひと味もふた味も違う公園遊びを楽しめます。

»公園遊びで子どもの運動能力を伸ばせる!大事なのは12の「基本動作」
»公園は「基本動作」の宝庫!運動能力が伸びる汐入公園での遊び方は?

目次(index)

運動能力のベースになる「基本動作」は公園遊びで身に付ける!

子どもの運動能力を伸ばすのに最適な公園あそび。運動能力のベースとなるのは「基本動作」です。スポーツトレーナーとして運動能力向上の観点から500以上もの公園を調査し、パークマイスターとしても活動する遠山健太先生が、12の動作に区分けして公園をご紹介します。

スポーツトレーナー 遠山健太先生監修:遠山健太先生
スポーツトレーナーとして運動能力向上の観点から500以上もの公園を調査し、パークマイスターとしても活動。

公園で経験できる12の「運動能力を伸ばす基本動作」

公園で経験できる12の「運動能力を伸ばす基本動作」

»公園遊びで子どもの運動能力を伸ばせる!大事なのは12の「基本動作」
»公園は「基本動作」の宝庫!運動能力が伸びる汐入公園での遊び方は?

小松川ゆきやなぎ公園で遊べば、こんな運動能力が伸びる!

はしる/公園アイコンのぼる・おりる/公園アイコンとぶ/公園アイコンまわる/公園アイコンのる/公園アイコンわたる/公園アイコンおす・ひく/公園アイコンほる/公園アイコンそうさする/公園アイコン

小松川ゆきやなぎ公園の手作り遊具は、“絶対にこれ”という遊び方のルールがないので、工夫次第でさまざまな運動能力を刺激できます。いろいろな動きを取り入れながら、独自の遊び方を開発してみましょう。また、プレイパークの開催日には薪割りや焚火などさまざまなイベントが用意されているので、基本動作+αの動きも期待できます。

小松川ゆきやなぎ公園ってこんなところ!

住宅街に囲まれた静かな場所にあり、草花が多く自然豊か。利用者のほとんどは周辺住民で、散歩や買い物のついでに遊んでいく姿もよく見られます。トイレや自動販売機、ベンチも完備されているので、遊びの途中にひと休みでき安心です。

所要:1時間(プレイパーク開催日:2時間)
クタクタ度:★★(プレイパーク開催日:★★★★)
おすすめの年齢:2~6歳

住所 江戸川区小松川2-8
料金 無料
時間 24時間
電話 なし
定休日 無休
駐車場 なし
面積 5058㎡

<パークデータ>

  • ボール遊び:
  • スケボー:×
  • 花火:×
  • ペット:
  • おむつ替え:×
  • 授乳室:×
  • 園内売店:×
  • 園内飲食店:×
  • 周辺コンビニ:徒歩2分
  • 周辺ファミレス:×

おすすめのアクセス方法は?

公園に駐車場はなく、近くのコインパーキングの数も限られているので、公共交通機関を利用するのがベター。電車を利用する場合、最寄り駅は都営新宿線東大島駅。徒歩だと約16分かかりますが、近くを荒川が流れているので、少し遠回りにはなりますが散歩がてら川沿いを歩くのが気持ちよくておすすめです。歩くのが大変なら、東大島駅前からバスを利用するのも◎。その場合、小松川第二小学校前で下車し徒歩約2分。

おすすめの遊び方&一日まるごとプラン

特別な遊びを体験したいなら、プレイパーク開催日を狙いましょう。通常毎週金曜日の13時~16時頃までの開催ですが、現在はコロナの影響で不定期で開催。開催情報は「ゆきやなぎプレーパーク小松川の会」公式Facebookにて発信されているので、お出かけ前に必ずチェックを。遊びの内容は、ナタを使った薪割りや焚火、ビニール袋で凧あげ、虫取り、木材を使った工作などさまざま。どんな遊びができるかは開催日によって変わり、事前にFacebookで告知があるので、必要に応じて虫かごや工具などを持っていきましょう。

ぐるりと見渡せるサイズ感の公園なので、プレイパークが開催されない日は、1時間あればたっぷり遊べます。のんびり遊びたいのなら、平日の午前中が狙い目。園内にはベンチが6つ設置されているので、お弁当を持って出かけてベンチでいただくのもおすすめです。レジャーシートを持って芝生の広場で食べれば、ピクニック気分も味わえますよ。また、園内には花壇がたくさんあり、四季折々の草花を楽しめます。春には園内に立派な桜が咲くほか、公園の近くで小松川千本桜も見られ、お花見スポットとしても人気です。

遊び方は自分次第!ユニークな手作り遊具たち

小松川ゆきやなぎ公園(東京都/江戸川区)

園内はおもに「手作り遊具」「一般遊具」「広場」の3つのゾーンに分かれています。普段から人気が高く、プレイパークのメイン会場にもなるのが、この手作り遊具ゾーン。ここには、枯れ木や丸太などを利用した手作りの木製遊具が並んでいます。一見ただの木に見えるものもありますが、登ったり、上からジャンプしたり、枝の間に石をはめたり、発想次第で遊び方は無限大! すべり台の下など、園内にある木材は自由に使用できるので、木材を使ってごっこ遊びをしたり、遊具をカスタマイズすれば遊びの幅がさらに広がります。

手作り滑り台

手作り滑り台/小松川ゆきやなぎ公園(東京都/江戸川区)

階段は丸太でできています。幅は1m程あるので、お友達と並んで滑ったり、大の字になって滑ったり。普通の滑り台ではできないような滑り方にも挑戦してみて!

のぼる・おりる/公園アイコン

丸太渡り

丸太渡り/小松川ゆきやなぎ公園(東京都/江戸川区)

木の間に長い丸太を渡してある遊具で、高さは最大1mほど。慎重に上を歩いてバランス感覚を鍛えましょう。「落ちたらワニに食べられちゃう!」などシチュエーションをプラスすれば、想像力もアップ。

のぼる・おりる/公園アイコンとぶ/公園アイコンのる/公園アイコンわたる/公園アイコン

小さな子どもも安心して遊べる一般遊具

スタンダード遊具/小松川ゆきやなぎ公園(東京都/江戸川区)

手作り遊具以外にも、3つのスタンダードな遊具があります。小さな子どもでも遊べるものが多いので、公園デビューしたてでも安心です。

滑り台

滑り台/小松川ゆきやなぎ公園(東京都/江戸川区)

オーソドックスな滑り台で、高さは2mほど。階段を上ることで脚力を、すべりおりることでバランス感覚を養えます。

のぼる・おりる/公園アイコン

ブランコ

ブランコ/小松川ゆきやなぎ公園(東京都/江戸川区)

ブランコは2基あります。1基は幼児向けのブランコなので、小さな子どもも一人で乗れて安心。ブランコを漕ぐことで、筋力強化、バランス感覚アップが期待できます。

のる/公園アイコンおす・ひく/公園アイコン

ロッキング遊具

ロッキング遊具/小松川ゆきやなぎ公園(東京都/江戸川区)

前後にスライドする遊具で、力の弱い子どもでもスムーズに揺らせるのが特徴です。揺れの刺激で平衡感覚が身に付きます。3人乗りなので、兄弟やお友達と一緒に遊べるのも嬉しいですね。

のる/公園アイコン

ふかふか芝生が気持ちいい広場

芝生広場/小松川ゆきやなぎ公園(東京都/江戸川区)

公園の面積の半分以上は広場になっています。あたたかい季節はふかふかの芝生広場になるので、まだ足元がおぼつかない子どもが歩くのにもおすすめです。ボールなど外用のおもちゃで遊んだり、走りまわったり、思いっきり体を動かしましょう。奥には小山があるので、ダンボールを敷いてすべるのもいいですね。ベンチから広場を一望できるので、遊ぶ子どもを見守りながら大人はひと休みしても◎。

はしる/公園アイコンとぶ/公園アイコンまわる/公園アイコンそうさする/公園アイコン

プレイパーク開催日はもちろん、開催日以外も普通の公園にはない遊び方ができる、ユニークかつ魅力満載のスポットです。考えながら遊べるので、体力だけでなく想像力も鍛えられます。子どものやわらかな発想力で、大人では考え付かないようなおもしろい遊びが誕生するかも!幼児用の遊具や芝生の広場もあるので、幅広い年齢の子どもたちが楽しめるのもうれしいポイントです。

●掲載の情報は予告なく変更になる場合があります。おでかけ前に各スポットへご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

「るるぶKids こどもの運動能力がぐんぐん伸びる公園 東京版」

るるぶKids こどもの運動能力がぐんぐん伸びる公園【東京版】

東京都内にある運動能力をぐんぐん伸ばせる公園を、厳選して100件紹介するガイドブックです。「るるぶKids」と同様に、それぞれの公園で体験できる12の基本動作をアイコンでわかりやすく表示しています。
公園によって設置されている遊具や施設は千差万別! 公園によって自由な遊びのなかで体験できる「基本動作」は異なります。アイコンを参考にいつもとはタイプの違う公園にでかけてみることが、運動能力を伸ばすことにつながります。
ニューノーマルの今だからこそ楽しんでほしい、週末ごとの小さな冒険。今年の夏は、都内のあちこちで公園遊びを楽しみながら、子どもたちの運動能力をぐんぐん伸ばしましょう!

» この本の詳細・購入はコチラ(Amazon)