※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

秋の歌声、聞こえてきました♪

わんぱく天国(墨田区)は秘密基地を思わせるアスレチック遊具にテンションアップ!

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

わんぱく天国(墨田区)は秘密基地を思わせるアスレチック遊具にテンションアップ!

運動能力がぐんぐん伸びる公園!
墨田区押上にあるわんぱく天国は、押上公園内のプレイパーク。両開きの門をくぐると、子どもの目は入口にそびえる木製のアスレチック遊具にくぎ付け!ネットや吊り橋を組み合わせた秘密基地に冒険心がくすぐられるはず。
広場の一角には木工室があります。のこぎりやかなづちなどの工具をはじめ、木材などの材料も用意されているので、好きなものを作ることができます。
東京スカイツリーがそびえ立つ「押上駅」から徒歩5分というロケーションのよさも魅力的!

»公園遊びで子どもの運動能力を伸ばせる!大事なのは12の「基本動作」
»公園は「基本動作」の宝庫!運動能力が伸びる汐入公園での遊び方は?

目次(index)

運動能力のベースになる「基本動作」は公園遊びで身に付ける!

子どもの運動能力を伸ばすのに最適な公園あそび。運動能力のベースとなるのは「基本動作」です。スポーツトレーナーとして運動能力向上の観点から500以上もの公園を調査し、パークマイスターとしても活動する遠山健太先生が、12の動作に区分けして公園をご紹介します。

スポーツトレーナー 遠山健太先生監修:遠山健太先生
スポーツトレーナーとして運動能力向上の観点から500以上もの公園を調査し、パークマイスターとしても活動。

公園で経験できる12の「運動能力を伸ばす基本動作」

公園で経験できる12の「運動能力を伸ばす基本動作」

»公園遊びで子どもの運動能力を伸ばせる!大事なのは12の「基本動作」
»公園は「基本動作」の宝庫!運動能力が伸びる汐入公園での遊び方は?

わんぱく天国で遊べば、こんな運動能力が伸びる!

はう・くぐる/公園アイコンのぼる・おりる/公園アイコンはしる/公園アイコンぶらさがる/公園アイコンとぶ/公園アイコンまわる/公園アイコンほる/公園アイコンわたる/公園アイコン

わんぱく天国は子どもの運動能力がぐんぐん育つおすすめの公園です。最も存在感のあるアスレチック遊具は、階段を上ったり吊り橋を渡ったりしながら4つの基本動作がカバーできます。小さな子どもは築山が盛り上がった広場を走り回るだけでもよい運動になるので、公園全体を使って目いっぱい体を動かしましょう!

わんぱく天国ってこんなところ!

わんぱく天国は、東京スカイツリーを望む押上公園内のプレイパーク。3つのゾーンに分かれており、フェンスで囲われたスペースに木製のアスレチック遊具やターザンロープを備えた「わんぱく広場」、その隣に木工室や手作りゲームコーナーで遊べる「わんぱく砦」があります。またフェンスの外側には小さな滑り台や砂場を配した「やすらぎ広場」があり、こちらは24時間オープン。わんぱく天国の開園中は木工室にプレイリーダーが常駐し、子どもを見守ってくれます。「わんぱく広場」「わんぱく砦」は、入園時に名簿に名前を記入。未就学児の利用は保護者の同伴が必要です。

所要:1時間
クタクタ度:★★
おすすめの年齢:3~12歳

住所 墨田区押上1-47-8
料金 無料
時間 9~18時(10~3月は~17時)
電話 03-3612-1456
定休日 無休
駐車場 なし
面積 3,022㎡(押上公園全体)

<パークデータ>

  • ボール遊び:△(柔らかいもののみ可)
  • スケボー:×
  • 花火:×
  • ペット:×
  • おむつ替え:×
  • 授乳室:×
  • 園内売店:×
  • 園内飲食店:×
  • 周辺コンビニ:徒歩3分
  • 周辺ファミレス:×

おすすめのアクセス方法は?

京成押上線・東武スカイツリーライン・東京メトロ半蔵門線・都営浅草線「押上駅」B3出口から徒歩5分。平坦な道が続くのでベビーカーを押していても楽に歩けます。駐車場はないので、車の場合は周辺のコインパーキングを利用しましょう。

おすすめの遊び方は?

運動がメインなら「わんぱく広場」のアスレチック遊具やターザンロープで遊んだり、こんもりと盛り上がった広場で走り回ったり。小さな子どもは「やすらぎ広場」の滑り台や砂場、ロッキング遊具も楽しめます。小学生は木工室で工具を使った工作に挑戦してみるのもいいでしょう。「押上駅」まで徒歩5分なので、帰りは東京スカイツリーに寄るのが定番です。

「わんぱく広場」のアスレチック遊具は子どもの秘密基地!

「アスレチック遊具」/わんぱく天国(東京都/墨田区)

「わんぱく広場」の入口にそびえ立つ木製のアスレチック遊具は、わんぱく天国のシンボル。階段を上ったデッキを吊り橋やネットがつないでいます。デッキは板で覆われており、秘密基地や砦のような雰囲気に子どものワクワク感もMAX!

「吊り橋」/わんぱく天国(東京都/墨田区)

吊り橋は意外と長くて揺れるので、小さな子どもにとってはスリル満点。一気に走って渡る子どもと、慎重に渡る子ども…個性が出ます。

「ネットの橋」/わんぱく天国(東京都/墨田区)

こちらはネットの橋。歩いて渡ることもできますし、両手をつき這って渡っている子どもの姿も。下のロープはつかまって横移動するので、難易度はやや高め。

アスレチック遊具

「デッキ」/わんぱく天国(東京都/墨田区)

3つの砦が立ち、吊り橋とネットの橋で行き来できます。デッキからは東京スカイツリーを一望!

はう・くぐる/公園アイコンのぼる・おりる/公園アイコンわたる/公園アイコン

ターザンロープ

「ターザンロープ」/わんぱく天国(東京都/墨田区)

「わんぱく広場」の一角を大きく使ったターザンロープ。ロープの結び目が小さいので、足でしっかりはさんで。

とぶ/公園アイコン

築山がある広場

「広場」/わんぱく天国(東京都/墨田区)

土でできた築山やトンネルが印象的な広場は、走り回って遊ぶのに最適。柔らかいボールで遊ぶこともできます。

とぶ/公園アイコンはしる/公園アイコンはう・くぐる/公園アイコンまわる/公園アイコンそうさする/公園アイコン

「やすらぎ広場」には小さな子どもが楽しめる遊具が点在

「やすらぎ広場」/わんぱく天国(東京都/墨田区)

「わんぱく広場」の前にある「やすらぎ広場」では、小さな子ども向けの滑り台やロッキング遊具、砂場で遊べます。

滑り台

「滑り台」/わんぱく天国(東京都/墨田区)

カラフルな滑り台は小さな子どもが安心して遊べるサイズ。滑りきったところが広めなのが特徴です。

のぼる・おりる/公園アイコン

ロッキング遊具

「ロッキング遊具」/わんぱく天国(東京都/墨田区)

ロッキング遊具は1人乗りと3人乗りを用意。前後の揺れを楽しむシンプルな遊具ですが、3人乗りは仲間と一緒に遊べるのがポイント!

のる/公園アイコン

砂場

「砂場」/わんぱく天国(東京都/墨田区)

「やすらぎ広場」の中央には、ネットで覆われた円形のかわいい砂場があります。日陰がないので熱中症に注意!

ほる/公園アイコン

「わんぱく砦」では、木工体験や手作りゲームを楽しんで

「わんぱく広場」の隣にある「わんぱく砦」は、屋内の木工室で工作ができるスペース。工具や材料は用意してあり、未就学児でも大人が一緒なら工作に挑戦できます。ウッドデッキには手作りのゲームが並べられ夢中になって遊ぶ子どもの姿も。

工作室

「工作室」/わんぱく天国(東京都/墨田区)

工作室にはのこぎり、かなづち、くぎぬき、さしがねのほか、電のこやグラインダーも用意されています。さまざまな材料を使って自由に工作を楽しんで。

ゲームコーナー

「ゲームコーナー」/わんぱく天国(東京都/墨田区)

ウッドデッキにコリントゲームや輪なげなど、昔ながらの手作りゲームが置かれ、自由に遊べます。

小さい子ども連れファミリーに嬉しい、施設や設備

「トイレ」/わんぱく天国(東京都/墨田区)

トイレは「わんぱく広場」内にはなく、フェンス外の「やすらぎ広場」に隣接しています。おむつ交換台と授乳室はありません。
飲食施設や売店はありませんが、徒歩5分の「押上駅」まで行けばカフェやレストランの選択肢は豊富です。

アスレチック遊具やターザンロープで遊べるほか、木工体験もできるわんぱく広場は、子どもの記憶に残りそうな公園。実際に子どもの頃によく遊びにきていた高校生や大学生が、10数年ぶりに訪れることもあるのだとか。遊具も揃い、幼児から小学生までそれぞれに合った遊び方ができる公園です。

●掲載の情報は予告なく変更になる場合があります。おでかけ前に各スポットへご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

「るるぶKids こどもの運動能力がぐんぐん伸びる公園 東京版」

るるぶKids こどもの運動能力がぐんぐん伸びる公園【東京版】

東京都内にある運動能力をぐんぐん伸ばせる公園を、厳選して100件紹介するガイドブックです。「るるぶKids」と同様に、それぞれの公園で体験できる12の基本動作をアイコンでわかりやすく表示しています。
公園によって設置されている遊具や施設は千差万別! 公園によって自由な遊びのなかで体験できる「基本動作」は異なります。アイコンを参考にいつもとはタイプの違う公園にでかけてみることが、運動能力を伸ばすことにつながります。
ニューノーマルの今だからこそ楽しんでほしい、週末ごとの小さな冒険。今年の夏は、都内のあちこちで公園遊びを楽しみながら、子どもたちの運動能力をぐんぐん伸ばしましょう!

» この本の詳細・購入はコチラ(Amazon)