※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

秋の歌声、聞こえてきました♪

大横川親水公園(墨田区)は、ダイナミックに遊べるじゃぶじゃぶ水路が魅力

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

大横川親水公園(東京都/墨田区)

運動能力がぐんぐん伸びる公園!
東京都墨田区南北に約1.8km続く大横川親水公園(おおよこがわしんすいこうえん)は、5つの異なる魅力のエリアで構成されています。なかでも子どもに人気の「河童川原ゾーン」にはじゃぶじゃぶ水路やローラーすべり台などの遊具、花紅葉ゾーンは渓谷やビオトープがあり、幅広い楽しみ方ができる公園です。公園内は、東京スカイツリーがすぐ近くにあるとは思えないほど、自然が豊か!水や植物、昆虫と触れ合いながら、大人も子どもも、いつもとひと味違った公園遊びを満喫できます。

»公園遊びで子どもの運動能力を伸ばせる!大事なのは12の「基本動作」
»公園は「基本動作」の宝庫!運動能力が伸びる汐入公園での遊び方は?

目次(index)

運動能力のベースになる「基本動作」は公園遊びで身に付ける!

子どもの運動能力を伸ばすのに最適な公園あそび。運動能力のベースとなるのは「基本動作」です。スポーツトレーナーとして運動能力向上の観点から500以上もの公園を調査し、パークマイスターとしても活動する遠山健太先生が、12の動作に区分けして公園をご紹介します。

スポーツトレーナー 遠山健太先生監修:遠山健太先生
スポーツトレーナーとして運動能力向上の観点から500以上もの公園を調査し、パークマイスターとしても活動。

公園で経験できる12の「運動能力を伸ばす基本動作」

公園で経験できる12の「運動能力を伸ばす基本動作」

»公園遊びで子どもの運動能力を伸ばせる!大事なのは12の「基本動作」
»公園は「基本動作」の宝庫!運動能力が伸びる汐入公園での遊び方は?

大横川親水公園で遊べば、こんな運動能力が伸びる!

はしる/公園アイコンのぼる・おりる/公園アイコンはう・くぐる/公園アイコンとぶ/公園アイコンおよぐ・もぐる・うく/公園アイコンぶらさがる/公園アイコンまわる/公園アイコンのる/公園アイコンわたる/公園アイコンおす・ひく/公園アイコンほる/公園アイコンそうさする/公園アイコン

じゃぶじゃぶ水路での水遊びだけでなく、遊具や芝生広場など、運動能力が伸びるポイントが盛りだくさん! 12の基本動作をコンプリートすることができます。

大横川親水公園ってこんなところ

大横川親水公園は、大横川の一部を埋め立てて造られた公園です。木々を揺らす風やせせらぎが心地よく、近隣住民やオフィスワーカーの憩いの場所となっています。南北に長い敷地は、東京スカイツリーに近い北側から、釣川原ゾーン、河童川原ゾーン、花紅葉ゾーン、パレットプラザゾーン、ブルーテラスゾーンの5つに分かれていて、子どもに人気のじゃぶじゃぶ水路や遊具は、河童川原ゾーンに集まっています。

所要:3時間
クタクタ度:★★★★
おすすめの年齢:1~10歳

住所 東京都墨田区吾妻橋3丁目、業平1丁目ほか
料金 無料
時間 特になし(一部エリア9:00/9:30~17:00)
電話 03-5608-6661
定休日 なし
駐車場 なし
面積 63,973㎡

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

<パークデータ>

  • ボール遊び:△(柔らかいもののみ可)
  • スケボー:×
  • 花火:△(手持ちのみ可)
  • ペット:
  • おむつ替え:
  • 授乳室:×
  • 園内売店:×
  • 園内飲食店:×
  • 周辺コンビニ:徒歩5分(セブンイレブン墨田業平1丁目店/河童川原ゾーン付近)
  • 周辺ファミレス:徒歩4分(ジョナサン・業平店/釣川原ゾーン付近)

おすすめのアクセス方法は?

駅から近いので、公共交通機関の利用がおすすめ。東武スカイツリーラインのとうきょうスカイツリー駅、都営地下鉄浅草線本所吾妻橋駅からともに徒歩5分で、じゃぶじゃぶ水路や遊具などがある河童川原ゾーンはこちらが便利。ブルーテラスゾーンなど公園の南側へは、JR総武線錦糸町駅がおすすめ。徒歩8分ほどで到着します。

おすすめの遊び方&半日プラン

春夏にかけては、じゃぶじゃぶ水路での水遊びと遊具遊びの組み合わせがおすすめ。水遊びができない時期は、紅葉渓谷などで自然と触れ合いながら散策すると、遊具遊びとは違った楽しみを満喫できます。また、スカイツリーから徒歩5分の距離にあるので、午前中はスカイツリーで観光やショッピング、午後から公園遊び、などの半日プランでも楽しめます。

じゃぶじゃぶ水路は、ごつごつの岩場や中洲を探検しよう!

じゃぶじゃぶ水路/大横川親水公園(東京都/墨田区)

5つのエリアのうち、子どももたちに人気があるのは、なんといっても「河童川原ゾーン」。メインの「じゃぶじゃぶ水路」は、5 〜8月にかけて、水遊びを楽しむたくさんの子どもたちで賑わいます。滝のような傾斜のある場所からからゆるやかな流れまで、水路は変化に富んでいます。 ごつごつした岩場や中洲がある場所では、飛び石や石橋を渡ったり、流れに逆らって岩場を登ったり! 本物の河原で探検しているようなダイナミックな水遊びができます。

じゃぶじゃぶ水路/大横川親水公園(東京都/墨田区)

流れが穏やかな場所なら、足を浸す程度の水遊びも楽しめるので、1〜2歳の小さな子どもでも安心。幅広い年齢の子どもたちが、それぞれの楽しみ方で水遊びを満喫することができます。裸足で入ることは禁止されているので、忘れずにサンダルを持参してくださいね!
(じゃぶじゃぶ水路は北十間川の水を流していますが、濾過(沈砂)した後に塩素を入れているので、水質は保たれています)

のぼる・おりる/公園アイコンおよぐ・もぐる・うく/公園アイコン

手すりなしのローラーすべり台など多彩な遊具がいっぱいの「わんぱく広場」

大横川親水公園(東京都/墨田区)

じゃぶじゃぶ水路と隣り合った「わんぱく広場」には、子どもたちの冒険心をくすぐる「ひとクセある」遊具が配置されています。

ローラーすべり台

ローラーすべり台/大横川親水公園(東京都/墨田区)

一番人気のローラーすべり台には、ちょっぴりスリリングな仕掛けが……。 なんと、両脇の手すりが途中までしかありません! 傾斜は緩やかでそれほどスピードは出ませんが、子どもにとって、このドキドキ・ハラハラ感はたまりません。バランスをとりながらすべり降りるので、体幹と柔軟性が鍛えられそうですね。対象年齢は6 〜12歳。小さな子どもが一人ですべるのは少々危険なので、大人が一緒にすべるとよいでしょう。

のぼる・おりる/公園アイコン

複合遊具

複合遊具/大横川親水公園(東京都/墨田区)

両脇が丸太とロープネットになっている複合遊具は、登るだけで全身運動になります。 苦労して登ると、すべり降りる楽しさも倍増しますね。反対側のタイヤブランコでゆらゆら揺れたり、ぐるぐる回ったりして遊べば、バランス感覚も身に付きそうです。

のぼる・おりる/公園アイコンのる/公園アイコン

ロッキング遊具、スプリング遊具

ロッキング遊具、スプリング遊具/大横川親水公園(東京都/墨田区)

その他にも、イルカの形がかわいいスプリング遊具、3人乗りのロッキング遊具など、低年齢の子ども向けの遊具も用意されています。

のぼる・おりる/公園アイコンのる/公園アイコンわたる/公園アイコン

ボルダリング坂

ボルダリング坂/大横川親水公園(東京都/墨田区)

他の遊具とは少し離れたエリアの北側、じゃぶじゃぶ水路の先端に位置します。誰が一番最初に登れるか、競争するのも楽しそうです。

「紅葉渓谷」で、森の中の冒険ごっこを満喫

紅葉渓谷/大横川親水公園(東京都/墨田区)

花紅葉ゾーンには、「紅葉渓谷」という水路と散策路があります。遊具のないこうした「自然だけの場所」も、子どもにとっては遊びの宝庫! 木の根が張ったでこぼこ道を歩いたり、石の階段を駆け登ったり、ワクワクする冒険ごっこの要素がたくさん詰まっています。

紅葉渓谷/大横川親水公園(東京都/墨田区)
のぼる・おりる/公園アイコン

春は草花の観賞、秋は木の実や落ち葉拾いなど、季節ごとに違った遊びが楽しめるのも、自然のなかで過ごす醍醐味。夢中になって遊んでいるうちに、実はたくさん運動しています。大きな木々に囲まれ、せせらぎの音を聞いていると、まるで本物の渓谷にいる気分。マイナスイオンをたくさん浴びて、大人もリフレッシュできそうです。

万華池/大横川親水公園(東京都/墨田区)

紅葉渓谷の南側には、「万華池」があります。ここは、多種多様な生き物が生息するビオトープ。トンボや蝶々など、季節ごと異なる種類の昆虫や野鳥、植物を観察することができます。自然の中でいろいろな生き物と出合うことで、五感がたくさん刺激され、子どもの感性が大きく育ちます。

「釣川原ゾーン」は、遊具もお散歩も楽しめる

釣川原ゾーン/大横川親水公園(東京都/墨田区)

公園の最北端、東京スカイツリー側の入り口には、船の形をした建物があります(中は公園管理施設)。

ローラーすべり台

ローラーすべり台/大横川親水公園(東京都/墨田区)

外側にあるらせん階段を登ると、長〜いローラーすべり台の登場です! 大きなカーブのあとに続く直線は、スピード感があり迫力満点。風を切って滑り降りる気持ちよさは格別です。

のぼる・おりる/公園アイコン
低年齢向け遊具/大横川親水公園(東京都/墨田区)

その他にも、低年齢向けのすべり台や3人乗りのロッキング遊具があり、小さな遊び場になっています。

のぼる・おりる/公園アイコンのる/公園アイコンわたる/公園アイコン
「花の広場」と「芝生広場」/大横川親水公園(東京都/墨田区)

業平橋(なりひらばし)をはさんで南側には、「花の広場」と「芝生広場」があります。花の広場にある打ち上げ花火をイメージした大きな花壇は、四季折々の花が植えられています。周りにはベンチも配置されているので、ここでお昼やおやつ休憩するのもおすすめです。

芝生広場/大横川親水公園(東京都/墨田区)

隣り合う芝生広場は、手入れが行き届いていて、よちよち歩きの子どものお散歩にぴったり! 芝生も柔らかく、裸足で走り回ったり、大の字に寝転がってみたり、芝生ならではの遊びを満喫できます。

はしる/公園アイコンはう・くぐる/公園アイコンまわる/公園アイコン

パレットプラザゾーンには、低年齢用の小さな遊具スペースに注目

パレットプラザゾーン/大横川親水公園(東京都/墨田区)

パレットプラザゾーンは、噴水やイベント広場が中心ですが、複合遊具と砂場を備えた低年齢の子ども向けスペースもあります。遊び場全体にしっかりとネットが張られているので、安全に遊ぶことができます。

幼児向け複合遊具

幼児向け複合遊具/大横川親水公園(東京都/墨田区)

おうち型で見た目もかわいい複合遊具は、大きくカーブした魅力的なすべり台を満喫!その後は、でこぼこ壁のボルダリングに挑戦してみるのも楽しそう。小さな子どもが一人で登るのは難しそうですが、大人の手伝いがあれば大丈夫。下側の大きな穴に足をかけて上の穴をのぞいてみたり、上の穴に登って壁の上から顔を出したり、遊び方のバリエーションも広がりそうですね。反対側はお店エリアになっていて、ごっこ遊びも楽しめる工夫が施されています。

のぼる・おりる/公園アイコンはう・くぐる/公園アイコンとぶ/公園アイコンぶらさがる/公園アイコン

砂場

砂場/大横川親水公園(東京都/墨田区)

ヒョウタン型をした砂場は、比較的大きく、広々と遊ぶことができます。中には作業台のような場所もあり、泥団子やケーキを作って置くこともできそうですね。広い砂場なので、大きな山やトンネルをつくってみても楽しそうです。

ほる/公園アイコン

小さい子ども連れファミリーに嬉しい、施設や設備

園内トイレ/大横川親水公園(東京都/墨田区)

トイレは8カ所、各ゾーンに1〜2カ所設置されています。優先トイレが併設されているのは、上記8カ所中4カ所で、釣川原ゾーンの2カ所、パレットプラザゾーン(北斎通り沿い)、ブルーテラスゾーンです。

おむつ交換台のあるトイレ/大横川親水公園(東京都/墨田区)

おむつ交換台は、優先トイレ内に設置されています(一部隣の女性用トイレに設置させている場合もあります)。

芝生広場/大横川親水公園(東京都/墨田区)

園内には芝生広場が2カ所ありますが、釣川原ゾーンの芝生広場はきれいに整備されていて、小さな子どもが利用しやすい場所になっています。おむつ交換台が併設されているトイレも近いので、安心してゆっくりと過ごすことができます。

まだある!大横川親水公園で行ってみたいスポット

大横川親水公園には身体を動かす以外にもまだまだ楽しみがあります。ぜひチェックしてみてくださいね。

イベント広場では墨田区ならではの催しあり

パレットプラザゾーンにあるイベント広場では、定期的に催しが開催されています。ガラス市など、江戸切り子が有名な墨田区ならではのイベントが楽しめます。

大横川親水公園は、じゃぶじゃぶ水路、2種類のローラーすべり台、複合遊具など、子どもたちが思わず駆け寄って遊びたくなる遊具もそろっていて、飽きずに楽しむことができます!低年齢向けの遊具や芝生広場もあり、年齢差のある兄弟がいても安心。家族みんなが満足できると思うので、ぜひ遊びに行ってみてくださいね。

●掲載の情報は予告なく変更になる場合があります。おでかけ前に各スポットへご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

「るるぶKids こどもの運動能力がぐんぐん伸びる公園 東京版」

るるぶKids こどもの運動能力がぐんぐん伸びる公園【東京版】

東京都内にある運動能力をぐんぐん伸ばせる公園を、厳選して100件紹介するガイドブックです。「るるぶKids」と同様に、それぞれの公園で体験できる12の基本動作をアイコンでわかりやすく表示しています。
公園によって設置されている遊具や施設は千差万別! 公園によって自由な遊びのなかで体験できる「基本動作」は異なります。アイコンを参考にいつもとはタイプの違う公園にでかけてみることが、運動能力を伸ばすことにつながります。
ニューノーマルの今だからこそ楽しんでほしい、週末ごとの小さな冒険。今年の夏は、都内のあちこちで公園遊びを楽しみながら、子どもたちの運動能力をぐんぐん伸ばしましょう!

» この本の詳細・購入はコチラ(Amazon)

注目記事

記事をもっと見る