※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

秋の歌声、聞こえてきました♪

富士急ハイランドに絶景「FUJIYAMA タワー」登場!子ども向けアトラクションも紹介

佐々木隆のアイコン佐々木隆

「FUJIYAMA タワー」から、夏の富士山。絶景です!!
「FUJIYAMA タワー」から、夏の富士山。絶景です!!

2021年7月21日、富士急ハイランドに「FUJIYAMA タワー」がオープンしました。高さ55mから富士山を見渡せる「FUJIYAMA スカイデッキ」は子ども連れで絶景を楽しめる展望スペースです。ほかにも、観覧車のゴンドラなど新アイテムが登場。あわせて、キッズが楽しめるアトラクションも紹介しちゃいます。富士急ハイランド、キッズ向け特集です。

※この記事の情報は、すべて2021年7月30日現在のものです。新型コロナウィルスの影響などで変更・休止・中止となる場合もあります。事前にお確かめください。

目次(index)

富士急ハイランドってどんな遊園地?

まずは、富士急ハイランドが、どんな遊園地なのかをチェックしておきましょう。なにがオープンしたのか、コロナ対策、チケットや基本データなどについてです。

キッズやファミリーも楽しめるの?

“富士急ハイランド=絶叫天国”というイメージは定着しているところで、それは間違いないのですが、キッズやファミリーは果たして楽しめるのでしょうか? これが、意外と遊べるんです。園内には「トーマスランド」「リサとガスパール タウン」を中心に、キッズ向けアトラクションも多数。加えて、今回の「FUJIYAMA タワー」オープンと、子ども連れでも十分楽しめます。

自動販売機が「FUJIQ」という文字のオブジェになっています。園内には“遊びゴコロ”あふれるフォトスポットがいっぱい

園内にある看板にも注目。思わず笑ってしまうものが多いんです

なにが新しくオープンしたの?

オープンの目玉は「FUJIYAMA タワー」。「FUJIYAMA」のコースと隣接した展望台です。ココに2つのアトラクション(今後、もう1つできる予定)と、大観覧車「シャイニング・フラワー」に牢獄のようなゴンドラが新設されました。そのほか、最新のフード&グッズも要チェックです。

ニューオープンについて説明する、富士急行社長の堀内光一郎氏

赤ちゃんサービスやコロナ対策は?

子ども連れには気になる赤ちゃんサービスは、おむつが替えられる場所が園内各トイレと救護室、授乳室が園内4カ所にあります。また、ベビーカーレンタル(有料)も第1・2各入園口で実施しています。
詳しくは公式サイトのサービス一覧へ。

アトラクション「リサとガスパールのそらたびにっき」前にある授乳室

広めのスペースに授乳室や休憩スペースがあります

コロナ対策としては、入園時の検温や各所での手指消毒などはもちろん、入口と出口を別にしたり、飛沫防止のためのついたて設置など徹底しています。飲食店・ショップのセミセルフレジやメニュー表や園内マップのオンライン化も対策のひとつです。

最初に検温所があります。入口と出口が別になっています

入園は無料! チケットと入園方法は?

富士急ハイランドは入園無料ですが。最初に顔登録が必要です。乗り物で遊ぶならフリーパスが必須。小学生以上なら、公式アプリをダウンロードしておくのが圧倒的に便利です。アプリ上で事前に顔登録をしておけば、当日チケットを発券する手間が省けます。ただ、未就学児は事前の顔登録ができないので、発券機対応のフリーパスを購入する必要があります。詳しくは公式アプリのページへ。

自分が持っているチケットによって、どちらへ向かえばいいか、色分けして道に示してあります

富士急ハイランド

ふじきゅうはいらんど

住所 山梨県富士吉田市新西原5-6-1
問合先 0555-23-2111
料金 【入園料】無料【フリーパス】大人(18~64歳)6200円/中学・高校生(12~17歳)5700円/小学生(6~11歳)4500円/未就学児(1~5歳)2100円/シニア(65歳以上)2100円/0歳無料
営業時間 季節・曜日により異なる
定休日 季節により異なる
アクセス 【公共交通】富士急行富士急ハイランド駅→徒歩すぐ/バスタ新宿から高速バスで約1時間40分
【車】中央道河口湖ICからすぐ
駐車場 5000台(1500円~)
URL

https://www.fujiq.jp/

詳細・アクセス・MAPはスポット記事へ

富士急ハイランドらしい愉快なフォトスポット

「FUJIYAMA タワー」が新しくオープン!

いよいよ新施設の紹介です。その名も「FUJIYAMA タワー」。キング・オブ・コースター「FUJIYAMA」の整備・点検をしているスタッフが、コース上部まで一気に登れる設備があれば…というところからはじまったタワー建設の話。せっかくだから「お客様にもこの絶景をご覧いただきたい」という思いから展望アトラクションとして一般の人も入れる施設になったわけです。

富士の国やまなし観光キャラバン隊長の“武田菱丸”くんも「FUJIYAMA タワー」オープンをお祝い(通常はいません)

絶景!「FUJIYAMA スカイデッキ」へ

「FUJIYAMA タワー」には2つのアトラクションがあります。ひとつは、その高さ55mからの絶景を楽しめるオープンエアの展望台「FUJIYAMA スカイデッキ」。これは、ファミリーで体験できるおすすめの場所です。

【アトラクション】FUJIYAMA スカイデッキ

料金 大人1200円/中学・高校生1000円/小学生800円/1~5歳700円(ハイシーズンは+200円、オフシーズンは-200円、0歳は無料)※フリーパス利用可
制限 未就学児は中学生以上要付添

コースターの「FUJIYAMA」の寄り添うようにそびえ立つ「FUJIYAMA タワー」

真下から見上げると、その高さに改めてビックリ。荷物などをロッカーに預けてエレベーターで「FUJIYAMA スカイデッキ」へ

展望スペースの目の前を「FUJIYAMA」が通り過ぎて行きます

真下が見える透明のガラスも設置。上に立ってもOK

「FUJIYAMA スカイデッキ」はカメラやスマホは持ち込みOK。「FUJIYAMA」の走っているシーンを撮影できます

「FUJIYAMA」が落下するシーン。これを、この高さから撮れるのは「FUJIYAMA スカイデッキ」ならでは

美しい富士山を撮影できたらラッキーですね。富士山が雲で隠れていても青木ヶ原樹海の緑は雄大で見応えがあります

「FUJIYAMA タワー」の、もうひとつのアトラクションは「FUJIYAMA ウォーク」。これは、お兄ちゃん・お姉ちゃん、お父さん・お母さん、しかも勇気がある人だけどうぞ。ハーネスを装着して、手すりのない拭くさらしの吹きさらしの通路を1周…かなり怖いです。

【アトラクション】FUJIYAMA ウォーク

料金 1200円(ハイシーズンは1400円、オフシーズンは1000円)※フリーパスがあれば半額
所要時間 約15分
制限 身長140cm以上(小学生以下は18歳以上要付添)

下から歩いている人が見えます。その光景にちょっとビックリ

手すり、最初はあるんですが、途中からなくなります。しかも、穴があいてたり、少し上下があったり、狭くなったり…

「FUJIYAMA」が右斜め上を通り過ぎます。そのときの横揺れがまた怖い

お仕おき観覧車が登場! 3種のゴンドラあり

大観覧車「シャイニング・フラワー」に3種目のゴンドラができました。通常のゴンドラ26台と、透明ゴンドラ「スケルちゃん・スクムちゃん」4台に加え、2台が牢屋スタイルの、お仕おき観覧車「牢ごくん・監ごくん」となったんです。

【アトラクション】シャイニング・フラワー

料金 800円(フリーパス利用可)
所要時間 約11分
定員 1台4名(透明と牢屋は各2名)×32台
制限 未就学児は中学生以上要付添

ひと目でわかる牢屋スタイルのゴンドラです。これが2台あります

牢屋の中は…壁面が檻状のステンレス網で、真下も透けて見えます

この写真の一番下が透明ゴンドラ「スケルちゃん・スクムちゃん」

3種ゴンドラで乗り場も違うので確認して進みましょう

新登場のメニューやグッズもチェック

「FUJIYAMA タワー」オープンを記念してオリジナルスイーツ&ドリンクが各種登場。「リサとガスパール タウン」内の「カフェ ブリオッシュ」「レ レーヴ サロン・ド・テ」と隣接の「ハイランドリゾートホテル&スパ」内の「マカロニクラブ」で味わえます。

手前左が「カフェ ブリオッシュ」の富士山カヌレ1個300円、右が「レ レーヴ サロン・ド・テ」の富士山ゼリー350円、奥が「マカロニクラブ」の FUJIYAMA タワーバーガー1980円

左が「カフェ ブリオッシュ」の青空クリームソーダ500円、右が「レ レーヴ サロン・ド・テ」の SORA スカッシュ700円

今回オープンではないですが、どうしても気になる店があったので紹介します。それは、富士急ハイランドの人気キャラクター「絶叫戦隊ハイランダー」の基地(休憩所?)でもある「喫茶不二休」。オリジナルのメニューも魅力的です。

店の外にはハイランダーたちのメッセージや看板などがあります。ところでハイランダーって正義の味方じゃなくて悪者で指名手配されているって知ってました?

店内にはハイランダーの休憩所があります。「お散歩に行ってきます」という書き置きが

左が、たこシュー680円。右が3種のトッピングを選べるデコパフェ940円

グッズやおみやげは、入口近くにある「ショップフジヤマ」で。コチラも「FUJIYAMA タワー」にちなんだ商品がいろいろ出ています。

手前左から順に、スパイラルキャンディ1個440円、シャインマスカットラスク550円。奥左から、スイートロングチョコパイ970円、絶景! 絶叫プリントクッキー960円、樽入りチョコインクッキー1個1320円

手前左から順に、ガーゼハンカチ550円、PVCペンケース880円、レザー風キーホルダー1個660円、トートバック1100円。奥左から、缶バッジ1個550円、ステッカー1個390円、アクリルスタンド990円、ピコピコタワー550円

“臆病者”Tシャツ2200円。ココのTシャツは傑作揃いです

キッズ向けアトラクション&エリア

新アトラクションに加え、キッズやファミリーが楽しめるアトラクション&エリアを紹介します。なお、一番のキッズ向けエリア「トーマスランド」は別記事で特集します。ここでは「トーマスランド」以外の、幼児向け、お兄ちゃん・お姉ちゃん向けのものをピックアップしました。

キッズにおすすめのアトラクション

まずは、幼児を含むファミリーで遊べる3種のアトラクション。定番2種と富士急ハイランドならではの1種です。

【アトラクション】メリーゴーラウンド

料金 800円(フリーパス利用可)
所要時間 約2分
定員 70名
制限 未就学児は中学生以上要付添

馬は全部で50頭。ファミリーで乗れる馬車もあります

アンティークゴールドの装飾や天井壁画にも注目

【アトラクション】ティーカップ

料金 800円(フリーパス利用可)
所要時間 約1分30秒
定員 72名
制限 未就学児は中学生以上要付添

ティーカップは回し過ぎなければ、ほのぼのアトラクションです

ピンクやグリーンなど6色のカップが回転します

わんちゃんも一緒に乗れます(わんちゃん800円)。ちなみに「メリーゴーラウンド」も同乗可能です

【アトラクション】リサとガスパールのそらたびにっき

料金 800円(フリーパス利用可)
所要時間 約2分
定員 1台2名
制限 100~190cm(未就学児は中学生以上要付添)

リサとガスパールと一緒に雲のライドに乗って空の旅ができます

けっこう高い場所をけっこうなスピードで進んでいきます

100cm以上、つまり4歳くらいから乗車できますよ

リサとガスパール タウン

「リサとガスパールのそらたびにっき」は、第1入園口から見て園内奥のほうにありますが、テーマエリア「リサとガスパール タウン」は、第1入園口に入る前にあるんです。ココは、フランスの人気絵本のキャラクター“リサとガスパール”世界初のテーマエリアです。

最初のフォトスポットは、リサとガスパールの絵本の前で

ピンクのカワイイ車や街並みもステキです

エッフェル塔や噴水もあります。花が美しいのもこのエリアの特徴

リサとガスパールの間に入って記念撮影できるフォトスポット

【アトラクション】エッフェル塔のカルーセル

料金 800円(フリーパス利用可)
所要時間 約2分
定員 66名
制限 未就学児と身長100cm未満は中学生以上要付添

リサとガスパールも馬に乗って楽しそうです

パリの街に実在する回転木馬を体感できる2層式カルーセル

【アトラクション】リサとガスパールのミラーメイズ~マジック・ショーへようこそ~

料金 800円(フリーパス利用可)
所要時間 約15分
制限 未就学児は中学生以上要付添

屋内型の迷路アトラクション。ココでしか撮ることができないフォトスポットもあります

NARUTO×BORUTO 富士 木ノ葉隠れの里

人気忍者アニメ『NARUTO -ナルト-』と『BORUTO -ボルト-』のテーマエリアで、アトラクションのほか、飲食店やショップも充実しています。

エリアの入口。NARUTOも、おなじみのポーズでお出迎え

エリア内にはアニメのキャラクターが各所にいますよ

【アトラクション】忍道館

料金 800円(フリーパス利用可)
制限 未就学児は中学生以上要付添

『NARUTO -ナルト- 疾風伝』の世界観を楽しめるミュージアムです

【アトラクション】3Dシューティングライド 科学忍具道場

料金 1500円(フリーパス利用可)
所要時間 約5分30秒
定員 1台4名
制限 未就学児は中学生以上要付添

4人乗りのライドで3Dメガネを装着し、忍者たちの術によって繰り出される的を忍術ガンでシューティング

【アトラクション】ゲーム処 忍術カーニバル

料金 1回500円(フリーパス利用不可)
制限 未就学児は中学生以上要付添

カエル飛ばしや手裏剣投げなど3種ゲームがあるゲームコーナー。景品はココでしかGETできないオリジナルグッズです

お兄ちゃん・お姉ちゃん向けアトラクション

最後に、小学生以上くらいのお兄ちゃん・お姉ちゃんなら、ぜひチャレンジしてほしいアトラクションを厳選5種紹介します。これをクリアしたら、次は「FUJIYAMA」などの4大絶叫コースターですね。

【アトラクション】ナガシマスカ

料金 1500円(フリーパス利用可)
所要時間 約4分30秒
定員 1台4名
制限 110cm以上64歳以下(未就学児と身長110~130cmは中学生以上要付添)

暑い日にピッタリのボート型ウォーターライド。高さ18m、コース全長500mで満足度の高いアトラクションです

「水ましですか」って…。とにかく、ずぶ濡れになることは覚悟しましょう。暑い日はカッパなしが圧倒的に気持ちいいですよ

【アトラクション】富士飛行社

料金 1500円(フリーパス利用可)
所要時間 約7分15秒
定員 40名
制限 4歳以上(未就学児は中学生以上要付添)

日本初のフライトシミュレーションライド。現在「エヴァンゲリオン×富士飛行社」と同じ場所で営業中。それぞれ時間が決まっているので公式サイトや現地にて要チェック

シアタースタイルのアトラクションです。気分爽快系です

巨大スクリーンに映し出される富士山は圧巻。もちろん、屋内アトラクションなので雨の日でも見られます

【アトラクション】鉄骨番長

料金 1500円(フリーパス利用可)
所要時間 約3分
定員 1台2名×12台
制限 110cm以上64歳以下(未就学児と身長110~130cmは中学生以上要付添)

タワーの高さは59m。その回りを最高時速51kmで回転します。絶叫というよりは、絶景&気分爽快アトラクションです

乗り場周辺も「鉄骨番長」の名にふさわしい装飾。顔出しフォトスポットも愉快です

【アトラクション】ウェーブスウィンガー

料金 800円(フリーパス利用可)
所要時間 約1分30秒
定員 48名
制限 未就学児は中学生以上要付添

遊園地の定番アトラクションですが、意外と浮遊感とスリルがあります。なめたらダメですよ

【アトラクション】絶望要塞3

料金 1500円(フリーパス利用可)
所要時間 約20分~1時間以上
定員 90名
制限 小学生以上(小学生は中学生以上要付添)

人気の高い脱出攻略アトラクション。その第3弾はAI(人工知能)に支配されたハイテク要塞の攻略です。難易度はかなりのもの。ファミリーで挑戦してみては

絶景の新アトラクションのほかにもキッズ向けアトラクション&エリアも多数で、かなり遊べる富士急ハイランド。これにプラス「トーマスランド」もあります。キッズ、ファミリー、OKです!

●掲載の情報は予告なく変更になる場合があります。おでかけ前に各スポットへご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

注目記事

記事をもっと見る