運動能力、近所の公園でぐんぐん伸ばす!

バケーションレンタルで注目の“1棟貸しの宿”って?選び方の基本から快適な滞在のコツまでを紹介

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

バケーションレンタルで注目の“1棟貸しの宿”って?選び方の基本から快適な滞在のコツまでを紹介
ゆくるん家

滞在を自分でプロデュースできる「1棟貸し」にステイしながら旅を楽しむバケーションレンタルが人気急上昇中。バケーションレンタルが気になっているというパパママや、もっと知りたい!というファミリーに向けて、1棟貸しの基本から選び方のコツ、快適なステイのためのポイントなど、滞在がよりいっそう楽しくなるハウツーを紹介します。

この記事は、2022年2月発売「今、泊まりたい1棟貸しの宿100」から抜粋して作成しています。オシャレでユニークな1棟貸しの宿で“バケーションレンタル”を楽しみたいなら、ぜひチェックしてくださいね♪

目次(index)

まずは「1棟貸し」の基本をチェック!

宿タイプはいろいろ

富士の住み家 りぶらん

ひと口に「1棟貸し」といっても、宿の形態や規模はさまざま。小規模なコテージからプール付きのヴィラ、貸別荘、町家や農家などの古民家を現代風にリノベーションした民泊施設など、少人数から大人数まで選択肢は豊富。エアコン、洗濯機、電子レンジなど生活家電を備え、長期滞在でも快適に過ごせる環境が整う宿が多いのも特徴です。

自炊?外食?

ゆくるん家

1泊2食付の宿もありますが、基本的に自炊になるため、宿の多くは機能的なキッチンやBBQ設備を備えています。また基本的な調理器具は揃えていますが、調味料を用意しているところは少数。何を持参したらよいか事前に確認しておくとよいでしょう。最寄りのスーパーやコンビニまでの距離も要チェック。自炊にこだわらず、近くの飲食店に出かけるのもよし、ケータリングや出張料理人を手配してくれる宿もありますよ。

連泊がおすすめ

一棟貸し古民家の宿 まるがやつ

1泊の基本料金が設定されていて人数が増えるごとに追加料金が加算される宿や、人数にかかわらず1棟料金を設定している宿、4人用・6 人用・8人用、と細かく料金設定されている宿もあります。ほとんどの宿では宿泊人数が定員に近いほど割安になり、長期滞在にうれしい連泊割プランを用意している宿も。

予約はお早めに!

宿の予約は、予約サイトからの予約をメインとしているところも多いです。ホテルのヴィラなどは別として、1棟しかない人気の宿は当然のことながら予約は早く埋まってしまいます。どうしても泊まりたい憧れの宿がある場合は、早めの予約やキャンセル待ちが必須となります。

■予約サイト

宿の公式サイトはもちろん、「1棟貸し」の情報が充実した宿泊情報サイトを利用しよう。JTB が運営する宿泊予約サイト「るるぶトラベル」では、全国のコテージや貸別荘がエリアから検索できます。

» 「るるぶトラベル」で探す

    <その他の予約サイト>

  • 一休.com<バケーションレンタル>
    日本初の高級別荘予約サイト。1棟貸切タイプの宿から、個人が所有する高級別荘、ラグジュアリーなコンドミニアムや古民家・町家まで全国の宿を掲載。
  • Rakuten STAY(楽天ステイ) 
    登録部屋数6万以上。楽天& LIFULLの宿泊・民泊予約サイト。1棟貸切宿から、長期滞在向けのアパート、コンドミニアム、コテージなどを取り扱う。
  • airbnb(エアビーアンドビー) 
    2008 年にアメリカのサンフランシスコで立ち上げられた民泊サービスの先駆け。世界191 カ国以上で利用されている。

予約&滞在の前に…宿選びのポイント

定員と料金設定

Villa kukuru

宿を探す際は、まずは1棟の最小定員と最大定員の確認を。宿泊日や人数で料金が変わる場合があるので、正確な日付と人数を予約サイトに入力して検索するか、宿に確認しましょう。12歳以下の子どもはNGの宿や、子ども料金を設定する宿もあるので要チェック! また、キャンセル料はいつから発生するか、人数の変更はいつまで可能か、当日になって行けないメンバーが出た際の対応なども確認しておくと安心です。

部屋数と間取り

Hota Beach

メンバーや、過ごし方に適した部屋タイプかどうかをチェックするのも重要なポイント。3世代家族や仲良しグループであっても、プライベート空間は確保しておいたほうが無難です。リビングの広さや寝室の数、平米数や間取りをはじめ、寝室に扉があるのか仕切りだけなのか、寝具はふとんかベッドかも併せてチェックしておきましょう。

駐車場&周辺環境

美山 FUTON & Breakfast

駐車場の有無はもちろん、駐車可能台数も確認しましょう。駐車場と建物との距離もポイント。中には建物までのアプローチに坂道や長い階段がある宿も。また、隣接棟や近隣民家との距離、近くのスーパーや飲食店などの周辺環境も要チェック!

ペットOK?

日本色

犬同伴可能な宿でも、犬種や頭数の制限があるところがほとんど。中には建物内はペット不可の宿もあります。ペット対応設備・備品や持参すべきもの(ワクチン接種などの書類が必要な場合も)、ペットの宿泊料金も事前に確認を。

常駐スタッフは?

ホテルや旅館と異なり常駐スタッフがいない場合がほとんど。照明がつかない、電子レンジが動かないなど困ったときの連絡先と、連絡可能な時間帯を確認しておくのも大切です。一方、オーナーやコンシェルジュなど窓口がある場合は、これらの“困った”に対応してくれるだけでなく、アクティビティや周辺のおいしい店を紹介してくれることも。安心して宿泊するためには、気になることは事前に直接確認するのがベスト。

設備・備品は?

富士山リゾートログハウス ふようの宿

湯沸かしポット、食器類、キッチン用品、冷暖房、洗濯機や乾燥機、Wi-Fi、ドライヤーなどの設備や備品(有料の場合もあり)と、シャンプー、タオル、歯ブラシなどのアメニティの有無も確認しておきましょう。BBQ を計画しているなら、BBQ 設備があるか、食材予約が可能か、庭やテラスがあるかなど確認してから宿の予約をするとよいでしょう。現地で足りないものがあった場合に調達できる店の情報も調べておくと安心です。

オプション

KAMOME SLOW HOTEL Sustainable Cottage

オプションで、さまざまなプランを用意している宿もあります。マリングッズやプロジェクターの貸出しから、地産の朝食セットや収穫体験、大自然を満喫するアクティビティまで、事前に宿のサイトなどでチェックしておくと◎。

チェックイン・アウトの方法もさまざま

チェックイン・アウトの方法は宿によって異なります。受付が別になっていてコンシェルジュがいるところもあれば、チェックイン時にスタッフが来て説明後、鍵を渡してくれるところも。事前精算なら、オートロック式のナンバーキーやQRコードでチェックイン&アウトし、一度もスタッフに会わないスタイルの宿もあるので、分からないことは事前に解消しておきましょう。初めての宿泊の場合は、携帯電話などでいつでもコンタクトがとれる状態にしておきたいものです。

マナーを守って楽しくステイ♪

GWや夏休みなどの繁忙期も、周囲の混雑を気にすることなく、気ままに過ごせる「1棟貸し」。マナーを守って思いっきり楽しみましょう。

KAMOME SLOW HOTEL Sustainable Cottage

騒音トラブルに注意

一棟貸し古民家の宿 まるがやつ

大声で騒いだり大音量で音楽をかけるなど、近隣住民や隣接棟宿泊客の迷惑になる行為はしないこと。BBQは20時ごろには終わらせ、常識として21時から翌朝8時ごろまでは静かに過ごしましょう。

利用規則を確認

パーティーや花火、屋外でのBGMを禁止しているところも多いので、宿の利用規則に目を通し、禁止事項を確認しておきましょう。設備・備品等を破損・汚損してしまった場合の対応についても損害賠償を請求されることがあるので要確認。

戸締まりと火の用心

就寝時や外出時は、責任をもって戸締まりと火の始末の確認を忘れずに。カギや貴重品の管理は自己責任で。メンバーと管理方法を決めておくと安心です。

ゴミの分別ルールを守る

ゴミは宿のルールにしたがって分別し、指定の場所に廃棄しましょう。宿によってはゴミ持ち帰りのところもあるので、ゴミ袋持参が必要かも事前に確認を。

使った備品は元へ戻す

富士山リゾートログハウス ふようの宿

使った食器や調理道具、寝具などの備品は元の状態に戻してから退出するのがマナー。ゴミの処理など、ホテルや旅館に比べて退出前に時間が必要になることを考慮して予定を立てましょう。

感染症対策も忘れずに!

素材番号 :74339936

各宿泊施設では感染症対策のための取り組みを実施。決められたルールに従いましょう。

快適滞在の便利アイテムはコレ!

宿に着いて「これが足りない!」「持ってくればよかった!」なんていうことも。ほとんどが現地で調達できますが、近くに店がない島宿や山の宿なら、宿に着く前に街中で調達した方が安心です。また、いつものマグカップやお気に入りのコーヒーを持ち込み、暮らすように滞在するのも1棟貸しの楽しみのひとつ。それぞれのお気に入りを持ち寄るのも楽しいものです。

Villa kukuru

泊まる前にチェック!宿にあるか確認を

  • ビニール袋(大・小)
  • ラップ(余った食材の保存やBBQ 用にカットした食材にも)
  • キッチンバサミ・計量カップ&スプーン
  • アルミ箔(BBQ で焼き芋も作れる)
  • 軍手・うちわ
  • 紙皿・紙コップ
  • ペーパータオル・ウェットティッシュ

暮らすように滞在!プラスαで持っていきたい

  • ダッチオーブンやメスティン:ワンランクアップのBBQ を演出
  • クーラーボックス・保冷バッグ&保冷剤:現地調達の生鮮食材やおみやげの持ち帰りにも
  • マイマグカップ・マイグラス
  • 飲み物(酒類・ソフトドリンク)
  • 好みのおつまみやスイーツ
  • お気に入りのコーヒーやフレーバーティー
  • 好みの調味料:ソルト&ペッパー、辛み調味料etc.

防寒・防虫対策も忘れずに!

  • 常備薬(鎮痛薬、胃腸薬、酔い止め薬など)
  • 虫除けスプレー
  • サンダル(外履き用)
  • 防寒用アイテム(山の宿なら多めに)
  • 簡易救急箱(バンソウコウ、消毒薬、滅菌ガーゼ、虫刺され薬など)
  • 懐中電灯(両手が自由になるヘッドライトもおすすめ)

『今、泊まりたい1棟貸しの宿100』

今、泊まりたい1棟貸しの宿100

長く続くコロナ禍でいまだ思うように旅行ができない状況の中、“1棟貸し”の宿で気の置けない仲間や子ども連れで気兼ねなく旅行を楽しむ「バケーションレンタル」という新しいお泊まりスタイルが今、増えつつあります。

多くの人と接する必要がないだけでなく、グループで泊まればリーズナブルだったり、時間の使い方が思い通りだったり、“1棟貸し”ならではのメリットもたくさん!

『今、泊まりたい1棟貸しの宿100』では、目的にあわせて選べる個性的な宿を豊富な写真とともに100軒紹介。家族で泊まりたい好みの宿が必ず見つかるはずです。

» るるぶKidsの図書紹介記事を読む

» 詳細・購入はコチラ(Amazon)

注目記事

記事をもっと見る