運動能力、近所の公園でぐんぐん伸ばす!

「ジブリパーク」が愛知・長久手に2022年11月オープン!

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

「ジブリパーク」が愛知・長久手に2022年11月オープン!
©2022 Studio Ghibli

スタジオジブリが企画監修する公園施設「ジブリパーク」が、2022年11月にいよいよ開園を迎えます。場所は、2005年に開催された愛知万博の長久手会場跡地に造られた「愛・地球博記念公園(モリコロパーク)」の敷地内。子どもと一緒にぜひ行きたいと考えているパパママも多いのではないでしょうか。名作の世界観が味わえる「ジブリパーク」全5エリアの魅力を、先取りしてご紹介します♪

目次(index)

「ジブリパーク」がいよいよオープン!

©Studio Ghibli

スタジオジブリ作品の世界観を表現した公園施設「ジブリパーク」。全5エリアで構成され、映画の主人公になったような気分が味わえます。2022年11月に『青春の丘』『ジブリの大倉庫』『どんどこ森』の3エリアがオープン。2023年度に『もののけの里』『魔女の谷』の2エリアが開園予定です。

まるでラピュタの世界!「エレベーター塔」はもう利用できます

2022年3月、ジブリパークへの入り口のひとつ「エレベーター塔」が利用開始されました。エレベーター塔は『天空の城ラピュタ』の世界のモデルとなった、19世紀末の空想科学世界をもとにデザインされています。塔の随所に作品の世界観が詰まっていて、ワクワクしますよね! エレベーター塔は利用無料なのも嬉しいところです。

愛・地球博記念公園の中にあります

園内にはサイクリングコースも整備されています

ジブリパークがオープンするのは、2005年に開催された愛知万博の長久手会場跡地に造られた「愛・地球博記念公園(モリコロパーク)」の敷地内。モリコロパークには、県下最大級の大きさを誇る高さ88mの大観覧車や芝生広場、屋内スケート場などがあるので、まるっと一日楽しめますね。

全部で5エリア!ジブリパークはこうなっています

名作の世界へと導くジブリパークの玄関口「青春の丘」

『耳をすませば』の「地球屋」(手前)と、エレベーター塔(奥)/©Studio Ghibli

平成初期の住宅地をイメージ。『耳をすませば』に登場する「地球屋」や、『猫の恩返し』の「猫の事務所」が整備されています。『天空の城ラピュタ』の世界を想起させる、高さ28mのエレベーター塔(2022年3月利用開始)も必見!

カフェや売店も登場!異空間に作品を展示「ジブリの大倉庫」

「ジブリの大倉庫」の延床面積は、東京にある「三鷹の森ジブリ美術館」の約3倍の広さを誇ります

常設展示室や映像展示室、カフェ、ショップ、子どもの遊び場などで構成され、いろいろなものが詰まった「大倉庫」。『天空の城ラピュタ』に登場する「空飛ぶ巨大な船」を全長6mのスケールで設置するほか、『借りぐらしのアリエッティ』の家や庭を表現しているんです。

子どもたちが『となりのトトロ』の世界で遊べる「ネコバスルーム」(ジブリの大倉庫)

『千と千尋の神隠し』の湯婆婆がいる「にせの館長室」も登場(ジブリの大倉庫)

昭和の田園景観と、裏山の森には散策路も「どんどこ森」

「サツキとメイの家」。裏山へはスロープカーも運行する

「愛・地球博記念公園」内でも緑に囲まれた自然豊かなエリア。『となりのトトロ』に登場する「サツキとメイの家」を中心に展開しています。裏山の森には散策路が整備されるほか、『となりのトトロ』のキャラクターを模した高さ約5mの木製遊具「どんどこ堂」で遊ぶことができます(子どものみ)。

2023年度にはさらに2エリアがオープン予定!

タタリ神のオブジェも。自然との共存がテーマ「もののけの里」は2023年秋オープン!

広場にはタタリ神や乙事主のオブジェが並びます

『もののけ姫』の世界を彷彿させるエリア。エミシの村とタタラ場がモチーフで、体験スポットや炭焼き小屋、休憩処などが登場予定です。

魔法を題材とした作品をイメージ!「魔女の谷」は2024年3月にオープン

北欧風の空間。レストランや遊戯施設も整備

『ハウルの動く城』の「ハウルの城」をリアルに表現。『魔女の宅急便』の「グーチョキパン屋」もできます。

待ちに待ったジブリパークの開園!オープンまでにジブリ作品の復習をして、パークをより楽しむ準備をしておくのもいいですね。

<ジブリパーク>

住所 愛知県長久手市茨ケ廻間乙1533-1 愛・地球博記念公園内
料金 ジブリの大倉庫2000円(土・日曜、祝日は2500円)、青春の丘・どんどこ森は各1000円  ※4歳~小学生は半額料金
営業時間 10時~17時(土・日曜、祝日、夏休みなどの長期休暇期間は9時~)※入場はエリアごとに日時指定の予約制
定休日 火曜(愛・地球博記念公園に準ずる)
駐車場 なし

<愛・地球博記念公園(モリコロパーク)>

問合先 0561-64-1130
住所 愛知県長久手市茨ケ廻間乙1533-1
料金 公園入場無料 ※ジブリパーク入園料は別途
開園時間 8~19時(11~3月は~18時30分)
定休日 月曜(祝日の場合は翌平日) ※春・夏・冬休み期間中は開園 ※2022年10月1日から火曜が休業日
駐車場 あり(有料)