※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

イヤイヤ期って、本当にたいへん

別府ラクテンチは、観覧車や大吊り橋からの絶景とかわいい動物たちが人気の遊園地

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

「別府ラクテンチ」(大分県別府市)は2019年に開業90周年を迎えた、大分県在住者にはおなじみのアミューズメントパークです。

別府湾を見下ろす眺めの良さとレトロな雰囲気の漂う施設で、地元の人たちの憩いの場となっています。親子で楽しめるアトラクションを揃えた遊園地や、ペンギンやサルたちのいる「どうぶつコーナー」があり、小さな子どもを連れたファミリーにおすすめのスポットです。

市街南部の山の麓にある、お城のような駅からケーブルカーに乗り、山頂に見える観覧車を目指して出発です。

目次(index)

別府湾を見渡す、眺め抜群のアトラクション

正面ゲートを通ってすぐに目に入るのが、「別府ラクテンチ」のシンボル「フラワーかんらん車」。周回するアームの両端で観覧車が回転する、日本で唯一といわれる二重式観覧車です。高さ240mからの見晴らしは絶景!まずは観覧車に乗って、広い園内や周辺の景色を一望しましょう。

園内にはメルヘンチックな「メリーゴーランド」や、空中ブランコ気分が味わえる「スーパーチェア」、全自動運転で園内を走れる「リモコンカート」など、子どもに人気のアトラクションがいっぱいです。高架のレールの上を走る「サイクルモノレール」からの眺めも最高。くまさん型のカートに乗り、ペダルをこいでのんびりとサイクリングを楽しみましょう。晴れた日には、海の向こうに四国まで見渡せます。

雨の日でも安心!充実した屋内施設

園内の「わくわくランド」は、屋内にある全天候型施設です。透明なドームの中にたくさんのボールが敷き詰められた「巨大ボールプールパーク」では、エアクッションのすべり台が人気で小さな子どもも安心して遊べます。
ほかにも、大きなブロックでお城が造れる「ジャンボブロック」や、ミニスライダーなど海の生き物の形をしたフワフワの遊具が集まる「マリンプレイランド」など、子どもたちが夢中になれる遊び場が用意されています。

また、「カーニバルタウン」には射的ゲームやエアホッケーがあり、縁日気分でワイワイ遊べます。「ゲームセンター」には、人気キャラクターの幼児向けの乗り物や、クレーンゲーム機、モグラたたきなどのアーケードゲームも揃い、子どもからおじいちゃん・おばあちゃんまで、3世代で楽しめます。

園内には動物がいっぱい。あひるの競走を応援しよう!

「別府ラクテンチ」にはさまざまな動物のいる施設が点在しています。「どうぶつコーナー」では、ペンギンやカピバラ、チンパンジーなどたくさんの動物を見ることができます。それぞれ名前が付けられているので、ぜひ声をかけてくださいね。動物たちの「ごはんタイム」や広場周辺を飼育員さんと歩く「お散歩タイム」も楽しみです。

「バードパーク」にはアヒルやウコッケイのほか、色鮮やかなベニフラミンゴや長い羽根を持ったインンドクジャクもいます。「ふれあい動物ランド」はヒツジやウサギ、ミニブタなどの小動物がいて、直接、エサをあげることができます。

「あひるの競走」は1950年から続く、ラクテンチの名物イベントです。レースは「徒競走」「障害物競走」「パン食い競走」のいずれか。どのレースになるかは当日のお楽しみです。1着になるあひるさんを予想してみましょう。見事的中したら、ここでしか手に入らないオリジナルグッズがもらえます。

ゆったり散策をするだけでも楽しい!

広々とした園内にはなんと、約150mもある大吊り橋もあります。橋の上から見る別府湾の眺めは格別!

芝生の「ガーデンひろば」や眺めの良い「展望テラス」など、各所にひと息つける施設があり、のんびりと散歩をするのもおすすめです。雄大な景色を眺めながら食事ができるバーベキュー場もあります(要予約)。
畳敷きの無料休憩所のほか、オムツ交換台が7つ、個室授乳室3室を備えた、ゆったりとした「ベビールーム」もあるので、赤ちゃん連れでも安心ですね。

入園者は無料で利用可能な温泉大浴場「絶景の湯」や足湯(夏季は足水)まであります。夏季は天然湧水プールもオープンします。家族みんなでまる1日たっぷり遊べるスポットです。

スポットデータ

住所
電話
営業時間
定休日
料金
アクセス
駐車場

情報は定期的に更新をしていますが、変更になる場合があります。最新状況は現地・施設へご確認ください。

注目記事

記事をもっと見る