熊本市動植物園は動物とのふれあい、花畑、観覧車など親子で1日遊べる!

秋のコスモス畑と観覧車/熊本市動植物園

「熊本市動植物園」(熊本県熊本市)は、下江津湖に面した水辺の動植物園として、さまざまな生き物とのふれあいを楽しむことができます。また動植物園とは別に、遊戯施設ゾーンが充実しているのも特徴。子どもから大人まで楽しめる乗り物がいっぱい揃っています。熊本地震の復旧作業の影響もあり、一時的に閉園されていたエリアがあったものの、2018年12月からは全面開園となりました。地元の人々に長年愛されている動植物園です。

目次(index)

130種類の動物に会える!「動物ゾーン」

親子連れなどで賑わう動物ゾーン/熊本市動植物園

熊本市動植物園は、3つのゾーンに分かれています。「動物ゾーン」では見せ方を工夫しており、かなり近くで動物を観察できるのが魅力です。動物園でお馴染みのライオンやカバ、サイ、キリン、トラなどといった動物たちや、カンガルーやカピバラ、ラマなど約130種類700頭もの動物たちがいます。

金色の毛並みのサル「キンシコウ」/熊本市動植物園

見逃せないのは「キンシコウ」というサル。金色の毛並みが印象的なサルです。正門入ってすぐのモンキーアイランドでは、檻のない島でクモザルとリスザルが間近でお出迎えしてくれます。

「タッチ愛ランド」で動物たちとふれ合おう!

ヤギとふれあう子どもたち/熊本市動植物園

ライオンやクマなど大型の動物を見るのも楽しいですが、何よりも子どもたちが喜ぶのは、動物たちとふれ合えることです。

動物とのふれあい体験ができる「タッチ愛ランド」は、アメリカ西部をイメージした遊び体験ゾーンと、動物とのふれあい体験ができるゾーンに分かれています。ふれあいは体験は「ヤギ、ヒツジとのふれあいタイム」「モルモットとのなかよしタイム」の2種類。「ヤギ、ヒツジとのふれあいタイム」は1日2回の開催で、11~12時と14時30分~15時30分。「モルモットとのなかよしタイム」は13時30分~14時30分に開催。どちらも毎日行われます。

季節の植物をのんびり鑑賞したい「植物ゾーン」

秋のコスモス畑と観覧車/熊本市動植物園

約800種5万点もの植物が鑑賞できる「植物ゾーン」も見逃せません。広大なスペースに、バラ園、梅園、低木花木園や花畑が広がります。季節の花や植物に、大人も子どもも心が癒されるスポットです。美しい日本庭園や樹木見本園も必見。四季折々の景色を楽しめるため、いろいろな季節に足を運びたくなります。大温室や洋らん室があり、熱帯・亜熱帯植物なども展示されています。

観覧車もある「遊戯施設ゾーン」

観覧車もある遊戯施設ゾーン/熊本市動植物園

「遊戯施設ゾーン」には、大型8種、小物ハウス(ゲームセンター)、ミラーハウスが設置されています。ティーカップやメリーゴーラウンド、子供列車、モノレールなどが人気です。乗り物は2歳から乗車可能で、乳幼児も対象の「メロディーペット」という動物型の動く乗り物もあります。料金は10円から200円。

「熊本市動植物園」には1時間まで無料で利用できるレンタサイクルもあります。江津湖周辺の散策に自転車に乗って出かけるのもおすすめです。

熊本市動植物園

住所 熊本県熊本市東区健軍5-14-2
電話番号 096-368-4416
料金 <入園料>一般300円/小・中学生100円(熊本市内の小・中学生は名札または生徒手帳提示で無料)
営業時間 9~17時
定休日 月曜(月曜が祝日の場合は翌平日) ※第4月曜は開園し、翌日が休園
アクセス 熊本市電健軍線「動植物園入口停留場」より徒歩10分

/九州自動車道「熊本IC」から国道57号経由8.5km

駐車場 1225台(平日は無料、土・日曜、祝日は200円)
特徴 キッズおすすめ

飲食施設あり

弁当持込可

ベビーカー利用可

オムツ交換スペースあり

授乳スペースあり

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。