※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

イヤイヤ期って、本当にたいへん

初めて行く宮古島!絶景ドライブ、手作り体験、子どもと一緒に楽しみたい5つのこと

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

宮古島のビーチ(沖縄県/宮古島市)

子どもと行く島旅。名所やアクティビティがたくさんある宮古島で、親子いっしょに楽しめるマストなスポットや過ごし方をご紹介します。宮古島は初めてというファミリーにも安心なおすすめプランが満載。経験者からのアドバイスを紹介する<パパ・ママCHECK!>も参考にすれば、よりいっそう充実した旅に。

目次(index)

1.宮古の大橋をドライブしたい!

宮古ブルーに囲まれる、海上の爽快ドライブ

宮古島とその周辺の島は、伊良部大橋、来間大橋、池間大橋で結ばれています。いずれも透明度の高い海の上に架かっているので、渡るだけでも絶景を楽しめる人気のドライブルートです。

伊良部大橋

いらぶおおはし

全長3540mで宮古島と伊良部島を結ぶ橋。無料で渡れる橋としては国内最長なので、景色も十分に楽しめます。渡りきると伊良部島の隣にある下地島へも行くことができますよ。

伊良部大橋(沖縄県/宮古島市)

船舶が運航するため橋の中央部分が隆起し、眺めがいい

問合先 0980-72-2769(宮古土木事務所)
住所 沖縄県宮古島市平良池間
駐車場 宮古島側にスペースあり

池間大橋

いけまおおはし

宮古島と池間島を結ぶ、全長1425mの橋。サンゴ礁がくっきり見える透明度の高い海上を通るため、爽快なドライブが楽しめます。橋を渡ってすぐのところにある売店の屋上からは伊良部島や大神島なども一望。

池間大橋(沖縄県/宮古島市)

たもとの駐車場からは、池間大橋の全景が望める

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

来間大橋

くりまおおはし

全長1690mの橋が宮古島と来間島を結びます。海の真ん中をドライブする爽快感は格別。海と空が一体化したような景色が間近に広がります。渡った先の来間島には、おしゃれなカフェや雑貨店も。

来間大橋(沖縄県/宮古島市)

伊良部大橋に次ぐ距離の長さ

<パパ・ママCHECK!>

  • まるで海の上を飛んでいるよう!「車窓から見えるのは一面の海と空!子どもも大人も一気にテンションがあがります」
  • 橋を渡った先にもお楽しみアリ!「各離島には、絶景を眺める展望台やきれいなビーチ、カフェなど見どころが満載なんです」

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

2.自然をとことん遊び尽くしたい!

間近で眺める美しいサンゴや熱帯魚に感動

自然を楽しむためのアクティビティが用意されていて選択肢も豊富。宮古島では、サンゴ礁が点在する屈指のポイント、八重干瀬(やびじ)でシュノーケリングを体験しよう。

八重干瀬マリンハート宮古島

やびじまりんはーとみやこじま

透明度の高い八重干瀬の海。周囲約25kmの広大なエリアに大小100以上のサンゴや熱帯魚がたくさん見られる屈指のエリア。

八重干瀬マリンハート宮古島(沖縄県/宮古島市)

レクチャーもあるので安心

<パパ・ママCHECK!>

  • 親子で力を合わせて遊べるのが楽しい「子どもも親も自分の体を使って、自然と遊ぶ体験ができます。みんなで味わう達成感が最高」
  • 専門のガイドさんがいるから安心です「個人ツアーでは行けない場所に慣れたガイドさんが同行してくれるので、特別感と安心感があります」

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

3.島フルーツを味わいたい!

ビタミンカラーのフルーツでひ~んやり

濃厚な甘さが酸味がたまらない南国フルーツ。そんな果実を惜しみなく使ったスイーツでビタミンチャージを。本土ではなかなかお目にかかれないフルーツを見たり味わったりすれば子どもたちのよい刺激にもなります。

農家レストラン 楽園の果実

のうかれすとらん らくえんのかじつ

有機栽培のマンゴーやドラゴンフルーツをたっぷり使ったスイーツが好評。島食材のパスタやハンバーグなどのフード1210円~も揃います。自家製の菓子やジャムの販売コーナーを併設。

宮古島産マンゴーを使ったパフェ/農家レストラン 楽園の果実(沖縄県/宮古島市)

宮古島産マンゴーを丸ごと1個使った、完熟マンゴーパフェ(夏季限定)2150円

<パパ・ママCHECK!>

  • フレッシュなフルーツを味わう贅沢「産地ならではの新鮮なフルーツを気軽に味わえます。しかもボリュームたっぷり♪」
問合先 0980-76-2991
住所 沖縄県宮古島市下地来間476-1
時間 11~18時LO(季節により変動あり)
定休日 火曜、台風時
駐車場 25台

4.島グルメを満喫したい!

新鮮な島食材をお手軽ランチで味わおう

島野菜や鮮魚など宮古島の恵みを味わえるスポットが島内にはたくさん!ここでしか味わえない料理は、子どもの記憶にも残るはず。眺めのよいテラス席を備えたお店を選ぶのもおすすめです。

島cafe とぅんからや

しまかふぇ とぅんからや

テラス席からの眺めが抜群な、宮古島では珍しい高台にあるカフェ。島産のモズクを使ったハンバーグやそうめん880円のほか、島フルーツたっぷりのスイーツも充実。敷地内には陶芸工房、雑貨店を併設しています。

島cafe とぅんからや(沖縄県/宮古島市)

タネにもずくを練りこんだ、もずくハンバーグ1320円

<パパ・ママCHECK!>

  • 島ならではの味は忘れられない思い出に「産地だからこそ味わえる地元グルメは、こどもも大人も初めての味に出合えるチャンス!」

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

5.工芸体験にチャレンジしたい!

手作り体験で個性を発揮

工芸体験は子どもといっしょに楽しめるアクティビティのひとつ。宮古島では沖縄の伝統的な厄除けでもあるシーサー作りにトライしてみませんか。完成した作品は、素敵な旅の思い出として形を残してくれます。

陶芸工房 太陽が窯

とうげいこうぼう てぃだががま

島cafe とぅんからやに隣接し、高台に立つ工房からは海を一望できます。陶芸家の佐渡山公平さんが優しく丁寧に指導してくれるので安心。子どもが遊べるキッズルームもあります。

陶芸工房 太陽が窯(沖縄県/宮古島市)

自由な発想で自分だけの守り神を手作り体験!

<パパ・ママCHECK!>

  • 子どもの感性を刺激するモノ作りが楽しい「親子で製作体験ができるのは貴重。完成品を見るたびに楽しかった旅を思い出せます」

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

旅行には「るるぶ」を持っていこう

「るるぶこどもと行く石垣宮古’21 ちいサイズ」には、子どもと一緒に石垣宮古を満喫するコツやノウハウ満載!はじめてさんもリピーターも、これ1冊あれば家族での沖縄旅行が楽しくなること間違い無し。
» この本の詳細・試し読み・購入はコチラ

※この記事は「るるぶこどもと行く石垣宮古’21 ちいサイズ」を基に作成したものです。掲載内容は取材時点の情報に基づくため、変更される場合があります。ご利用の際は事前にご確認ください。

注目記事

記事をもっと見る