※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

秋の歌声、聞こえてきました♪

お台場のチームラボボーダレスがリニューアル!自分の絵がグッズになる「お絵かきファクトリー」も

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

タイフーンの上のエアリアルクライミング/エプソン チームラボボーダレス(東京都/江東区)
タイフーンの上のエアリアルクライミング

お台場・パレットタウンにある「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボボーダレス」が、2021年7月15日(木)に「運動の森」エリアをリニューアル。これにあわせて、「Borderless World」エリアにも新しい作品が加わるほか、自分で描いた絵でグッズが作れる「お絵かきファクトリー」が新設されました。子どもへのさまざまな知育効果が期待できる楽しいアートミュージアムが、さらに楽しくなります!

過去の記事もチェック
» 未来の遊園地&室内アスレチックで知育!チームラボボーダレス
» 「お絵かきクリスマス」チームラボボーダレスで冬の特別な体験を

目次(index)

「運動の森」に新しく登場する3つの作品

“身体で世界を捉え、世界を立体的に考える”がコンセプトの「運動の森」は、脳の海馬を成長させ、空間認識能力を向上させるという「創造的運動空間」。子どもたちがもつ新しいチカラを目にすることができるかもしれません。2021年7月15日のリニューアルでは、新しく3つの作品が加わりました。

インビジブルな世界のバランス飛石

「インビジブルな世界のバランス飛石」/エプソン チームラボボーダレス(東京都/江東区)

インビジブルな世界のバランス飛石

実際は目にすることができない微生物の世界を、バランス飛石に飛び乗りながら渡っていく作品。いろいろな形のバランス飛石は踏むと色が変化して、微生物を通じて空間全体に影響していきます。飛石の上で立ち止まっていると揺れだしてしまうので、バランスをとって落ちないように気を付けて!

弾む水の天才ケンケンパ

「弾む水の天才ケンケンパ」/エプソン チームラボボーダレス(東京都/江東区)

弾む水の天才ケンケンパ

水に浮かぶ記号の上をケンケンパで進む作品で、子どもたちは身体を動かしながら遊ぶことができます。〇△□の記号を上手に踏むと音が鳴って、時には魚や蝶、鳥が生まれ、同じ色や形など関連性がある記号に連続して飛び乗ると、空間がさらに美しく色づく様子が楽しめます。

タイフーンの上のエアリアルクライミング

タイフーンの上のエアリアルクライミング/エプソン チームラボボーダレス(東京都/江東区)

タイフーンの上のエアリアルクライミング

ロープで吊られた棒が空中で連結されて浮かんでいる空間。複雑に揺れる棒から落ちないように空間を渡っていきます。また、人が棒に乗るとその下に渦ができ、近くの人の渦と影響を受けて大きくなったり崩れたりする様子も見られます。

自分で描いた絵をグッズにできる「お絵かきファクトリー」

「お絵かきファクトリー」/エプソン チームラボボーダレス(東京都/江東区)
「お絵かきファクトリー」/エプソン チームラボボーダレス(東京都/江東区)

お絵かきファクトリー

新設された「お絵かきファクトリー」は、エプソン チームラボボーダレス初登場となるグッズエリア。「運動の森」エリアにある「グラフィティネイチャー」と、「学ぶ!未来の遊園地」エリアにある「世界とつながったお絵かき水族館」は、それぞれ自分の描いた絵が作品空間で動き出します。自分が描いた絵が動くだけでも楽しいものですが、「お絵かきファクトリー」では描いた絵を缶バッジやタオル、Tシャツなどのグッズにすることができ、自分だけのオリジナルなおみやげが作れます(グッズは有料)。

「Borderless World」エリアにも新たな作品との出会いが!

“境界線のない連続する作品群”が、見る人を作品の世界に迷い込ませる「Borderless World」。このエリアにも新た作品が登場しました。

反転無分別、境界を越えて描かれる – One Stroke, Cold Light

反転無分別、境界を越えて描かれる – One Stroke, Cold Light/エプソン チームラボボーダレス(東京都/江東区)

反転無分別、境界を越えて描かれる – One Stroke, Cold Light

ディスプレイで表現されている空書の一筆が、ディスプレイの枠を超えて空間全体に描かれる作品です。たとえば「花と人の森、埋もれ失いそして生まれる」という作品に空書が飛び込んでいくと、空書は花々などをまき散らし、作品の異なる姿を見せてくれます。

光の彫刻

光の線で造られた空間や立体のなかで身体を包み込まれるような感覚を体験できる「光の彫刻」。この空間に「Chromatic Light Wall」、「Nucleus of Life」、「Revolving Tunnel」、「Aurora Lights Ⅱ」、「Polyhedron」の5作品が新たに加わりました。

Chromatic Light Wall/エプソン チームラボボーダレス(東京都/江東区)

Chromatic Light Wall

Nucleus of Life/エプソン チームラボボーダレス(東京都/江東区)

Nucleus of Life

日本と上海、そして世界につながるアート作品

世界とつながったお絵かき水族館/エプソン チームラボボーダレス(東京都/江東区)

世界とつながったお絵かき水族館

お台場のミュージアムだけでなく、遠く離れた場所とつながった作品が見られるのもデジタルアートならでは。紙に描いた魚たちが泳ぎまわる「世界とつながったお絵かき水族館」のマグロは作品空間を越え、上海や他の会場にまで泳ぎに行ってしまいます。自分が描いたマグロがほかの国の子どもたちが見てくれるかも!?と思うとワクワクしませんか。

いつでも同じではない作品が見られるから楽しい!

花と共に生きる動物たちⅡ/エプソン チームラボボーダレス(東京都/江東区)

花と共に生きる動物たちⅡ

「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボボーダレス」で見られる作品は、新しい作品が登場することもありますが、今ある作品も時間や季節、その日の来場者の数によって違った姿を見せてくれます。「花と共に生きる動物たちⅡ」のように、通路から通路を移動していき、他の作品と交差していく作品もあります。

身体を動かして楽しめる作品、ふれることで色や形を変える作品は、子どもたちが五感で楽しみ感性を育むことにつながるはず。初めての方はもちろん、一度訪れたことがある方も、その目と身体で体感してみませんか。

森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボボーダレス

場所 東京都江東区⻘海1-3-8 お台場パレットタウン2階
問合先 03-6368-4292(10時~18時)
時間 8月全日 9時~20時(入館は閉館1時間前まで)
休み 8月24日
料金 エントランスパス(コンビニまたは会場で販売)
大人(高校生以上)3200円、子ども(4歳~中学生)1000円
ナイトパス(8月入場分のみ・18時/18時30分入場・公式チケットサイトでのみ販売)
大人(高校生以上)2900円、子ども(4歳~中学生)1000円
アクセス 公共交通:りんかい線東京テレポート駅より徒歩5分、新交通ゆりかもめ青海駅より徒歩3分/車:首都高速11号台場線台場出口、または首都高速湾岸線臨海副都心出口から約5分
駐車場 提携駐車場(来場者は2時間無料券あり)
タイムズ パレットタウンパーキング24時間(450台)東京都江東区青海1-3-8
タイムズ  ヴィーナスフォートパーキング 24 時間 (470台)東京都江東区青海1-3-15
URL

http://borderless.teamlab.art/jp