※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

秋の歌声、聞こえてきました♪

光が丘公園(練馬区・板橋区)は6万㎡の芝生広場や多彩な遊具、バーベキュー広場などが揃う、1日遊べる公園

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

光が丘公園(練馬区・板橋区)は6万㎡の芝生広場や多彩な遊具、バーベキュー広場などが揃う、1日遊べる公園

運動能力がぐんぐん伸びる公園!
都営大江戸線「光が丘駅」を出て並木道を歩くこと8分、練馬区と板橋区にまたがって60万㎡もの敷地を有する光が丘公園(ひかりがおかこうえん)に到着します。広大な敷地には多彩な遊具を備えたちびっ子広場のほかに6万㎡もの芝生広場、四季折々の鳥が訪れるバードサンクチュアリ、バーベキュー広場などがあり、まさに都会のなかのオアシスといった風情。お弁当やレジャーシートを持って、1日のんびりと過ごしましょう。

»公園遊びで子どもの運動能力を伸ばせる!大事なのは12の「基本動作」
»公園は「基本動作」の宝庫!運動能力が伸びる汐入公園での遊び方は?

目次(index)

運動能力のベースになる「基本動作」は公園遊びで身に付ける!

子どもの運動能力を伸ばすのに最適な公園あそび。運動能力のベースとなるのは「基本動作」です。スポーツトレーナーとして運動能力向上の観点から500以上もの公園を調査し、パークマイスターとしても活動する遠山健太先生が、12の動作に区分けして公園をご紹介します。

スポーツトレーナー 遠山健太先生監修:遠山健太先生
スポーツトレーナーとして運動能力向上の観点から500以上もの公園を調査し、パークマイスターとしても活動。

公園で経験できる12の「運動能力を伸ばす基本動作」

公園で経験できる12の「運動能力を伸ばす基本動作」

»公園遊びで子どもの運動能力を伸ばせる!大事なのは12の「基本動作」
»公園は「基本動作」の宝庫!運動能力が伸びる汐入公園での遊び方は?

板橋交通公園で遊べば、こんな運動能力が伸びる!

はしる/公園アイコンのぼる・おりる/公園アイコンはう・くぐる/公園アイコンとぶ/公園アイコンぶらさがる/公園アイコンまわる/公園アイコンそうさする/公園アイコンのる/公園アイコンわたる/公園アイコンほる/公園アイコン

光が丘公園は子どもの運動能力がぐんぐん育つおすすめの公園です。園内のちびっこ広場には魅力的な複合遊具が3つ、また難易度の高いネットジャングルジムやうんていが揃います。広大な芝生広場では、かけっこや鬼ごっこ。ボール遊びやバドミントンなどでのびのび遊べます。公園は広いので、移動するだけでもかなりの運動量になります。

光が丘公園ってこんなところ!

かつては米軍の管理化に置かれていた土地を1981年に光が丘公園として開園。近隣一帯も合わせて整備され、当時光が丘団地は1万2000戸を誇る都内最大の団地となりました。その住民たちの憩いの場となったのが光が丘公園。60万㎡という広大な敷地の入口には樹齢100年を超すイチョウの巨木が林立し、訪れる人を優しく迎えてくれます。広々とした園内には芝生広場や樹林帯のなかの遊具エリア、バーベキュー広場などが点在。休みの日には早朝から多くの人々が訪れ、のんびりと自然のなかでひとときを楽しみます。

所要:5時間
クタクタ度:★★★★★
おすすめの年齢:1~12歳

住所 練馬区光が丘2・4、旭町2、板橋区赤塚新町3
料金 無料
時間 24時間
電話 03-3977-7638
定休日 無休
駐車場 なし
面積 607,824㎡

<パークデータ>

  • ボール遊び:
  • スケボー:×
  • 花火(事前申込制):
  • ペット:
  • おむつ替え:
  • 授乳室:
  • 園内売店:
  • 園内飲食店:
  • 周辺コンビニ:徒歩1分
  • 周辺ファミレス:徒歩1分

おすすめのアクセス方法は?

都営大江戸線「光が丘駅」からは徒歩8分。距離があるように感じますが、地下鉄の出口を出たところからプロムナードが続き、人の流れに沿って歩くのでそう距離は感じません。東武東上線「成増駅」、東京メトロ副都心線・有楽町線「地下鉄成増駅」からは徒歩15分ほど。成増駅からはバスも利用でき、西武バス「光が丘駅」「練馬高野台駅」「南田中車庫」ゆきで「光が丘公園北」下車すぐです。
駐車場は251台を停めることができ、1時間まで400円、以後30分ごとに200円です。

おすすめの遊び方&散策プラン

光が丘公園はとにかく広大。どう遊ぶのかまずはプランを練りましょう。遊具で遊びたいのならまっすぐちびっこ広場へ。まっすぐ、とはいえ公園入口のけやき広場からちびっ子広場までは500~600mあります。子どもが小さい場合は、かなりの距離があるうえ、遊具エリアなどで遊んだ後はくたくたなので、ベビーカーを持って行った方が安心です。かけっこやバドミントンなどで遊びたい場合は芝生広場へ。また昆虫広場での虫探しも楽しいもの。期間や曜日が限られますが、じゃぶじゃぶ池やバードサンクチュアリも人気です。

子どもが興奮間違いなしのちびっ子広場

「ちびっ子広場」/光が丘公園(東京都/板橋区)

光が丘公園内で遊具があるのはちびっ子広場。複合遊具にターザンロープ、ブランコ、ロッキング遊具、砂場などがあります。複合遊具はそれぞれに特徴があり、すべての複合遊具を数回ずつやるとそれだけでかなりの運動量になります。

複合遊具

「複合遊具」/光が丘公園(東京都/板橋区)

滑り台にネットラダー、うんていがついた複合遊具。上り口の階段部分はよじ上るという運動をさせるため、あえて高さをもたせています。小さな子どもは階段を上がって滑り台に直行。もう少し運動能力がある子どもは、ネットラダーを上がりきったあと、滑り台ではなくうんていへ。年齢にや能力に応じてさまざまな遊び方ができます。

のぼる・おりる/公園アイコンはう・くぐる/公園アイコンおす・ひく/公園アイコンとぶ/公園アイコンぶらさがる/公園アイコン

複合遊具

「複合遊具」/光が丘公園(東京都/板橋区)

幼児向けの複合遊具。ほかではあまり見かけない長いスロープが特徴です。緩やかな坂の途中にはハンドルなどのパネル遊具があるので、それらで遊びつつ滑り台へ。滑り下りたらまた走ってスロープを駆け上がり…の無限ループ。遊具の裏側にはトンネル滑り台もあります。複合遊具に走るという動作を組み込んだ優れものです。

はしる/公園アイコンのぼる・おりる/公園アイコンおす・ひく/公園アイコンぶらさがる/公園アイコン

ザイルクライミング

「ザイルクライミング」/光が丘公園(東京都/板橋区)

4mほどの高さのザイルクライミング。最初は下の方のネットにつかまってただ揺れるだけでOK。遊具に体が慣れてきたら自然に上へ上へと登れるようになるはずです。

のぼる・おりる/公園アイコンはう・くぐる/公園アイコンとぶ/公園アイコンぶらさがる/公園アイコン

ターザンロープ

「ターザンロープ」/光が丘公園(東京都/板橋区)

このターザンロープの特徴は途中に急なカーブがあること。勢いよくカーブに進入すると、遠心力で振り落とされてしまいます。それが怖くもあり楽しくもあり。土・日曜には行列ができる人気遊具です。

ぶらさがる/公園アイコン

ブランコ

「ブランコ」/光が丘公園(東京都/板橋区)

人気のブランコは通常のブランコが合計8連。

「ブランコ」/光が丘公園(東京都/板橋区)

幼児用のバケットブランコもあります。
ブランコはバランス感覚を養うために効果的。揺れや振れるときの遠心力など、さまざまな刺激が体に加わることで、どのように体の筋肉を使うべきか、自然に体得することができます。

おす・ひく/公園アイコン

ロッキング遊具

「ロッキング遊具」/光が丘公園(東京都/板橋区)

色違いのいもむし型ロッキング遊具がふたつ。少ない力でも前後に揺れるので、小さな子どもにおすすめの楽しい遊具です。前後の揺れを通じて重心の置き方や力のかけ方を学べます。

のる/公園アイコン

そのほか、砂場や鉄棒などがあります。

小さい子ども連れファミリーに嬉しい、施設や設備

光が丘公園にはトイレが11カ所あります。そのうちベビーベッドがあるのはイチョウ並木沿い、デイキャンプ広場の近くです。サービスセンター内に授乳室とおむつ交換台があるので声をかけて利用させてもらいましょう。公園の一角にある区立体育館、区立図書館にも授乳室があるので覚えておくと役に立ちます。
園内には「パークス光が丘」という売店があり、焼きたてパンが人気。特に光が丘メロンパン(100円)はカリカリのクッキーと、ほのかに甘いふわっとやわらかなパンが絶妙。

「パークス光が丘」/光が丘公園(東京都/板橋区)

王道の味わいです。休日を中心に、周囲にフードトラックも出店します。

まだある!光が丘公園で行ってみたいスポット

光が丘公園にはそのほかにも様々な施設が揃っています。

夏は水遊びができる水景施設が気持ちいい!

「水景施設」/光が丘公園(東京都/板橋区)

サービスセンター前のけやき広場にある水景施設。小さな子どもが楽しめる流れがあり、夏場は水で満たされ爽やかな空間に。

広々とした芝生広場

「芝生広場」/光が丘公園(東京都/板橋区)

6万㎡もの広さを誇る芝生広場。平坦な場所やなだらかな起伏、気持ちの良い木陰などがあり、思い思いに過ごしています。レジャーシートを広げるならここで。春先はお花見スポットしても賑わいます。

芝生広場の端っこにある流れ

「芝生広場」/光が丘公園(東京都/板橋区)

芝生広場の端にも流れがあり、夏場は水が流されます。ばちゃばちゃと足をつけて楽しめる程度の深さ。この流れのある一帯は樹林帯の小高い丘。やや急な斜面を上ったり下りたりするのもよい運動になります。

バードサンクチュアリ

「バードサンクチュアリ」/光が丘公園(東京都/板橋区)

公園内の2400㎡の区域には、池や樹林、州浜、草地を配置した保護区になっており、野鳥をはじめさまざまな生き物が暮らしています。バードサンクチュアリでは、のぞき穴から訪れる野鳥たちを観察することができます。のぞき穴には望遠鏡が備え付けられており、小さな子ども用の踏み台も用意されています。スタッフが常駐しているので、訊ねれば鳥についていろいろと教えてくれるでしょう。毎年7、8月の特定日には夜開園があり、夜空を舞うコウモリや樹液に集まる虫たちを観察することができます。

開園 土・日曜、祝日の9:00~16:00(11~1月は~16:30)、年12回平日にも開園 / 夜間開園日は13:00~21:00
URL

http://hikarigaoka.blog35.fc2.com//

昆虫原っぱ

「昆虫原っぱ」/光が丘公園(東京都/板橋区)

バードサンクチュアリ向かいの膝丈ほどの草が茂る原っぱ。バッタやカマキリなどを探す子どもたちでいっぱい。

バーベキュー広場

無料で使えるバーベキュー広場。予約は電話もしくはインターネット(https://www.tokyo-park.or.jp/special/bbq/)で。毎月5日10時から翌月分の予約を受け付けています。1回の予約は10名まで。利用可能時間は10~16時です。

緑豊かな光が丘公園は、まさに都会のオアシスといった風情。遊具で遊んでもよし、芝生でのんびり過ごしてもよし。そのほか、バードウォッチングや昆虫採取など、子どもの興味に応じた楽しみ方ができます。園内は広大なので移動だけでもそれなりの時間がかかります。お弁当を持参してもいいですが、光が丘駅隣接の複合ショッピングセンターに行けば、ファミリーレストランやフードコートなどさまざまな飲食店があるほか、テイクアウトできる総菜やお弁当の店も豊富。ここで購入して公園で食べるのもおすすめですよ。

●掲載の情報は予告なく変更になる場合があります。おでかけ前に各スポットへご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

「るるぶKids こどもの運動能力がぐんぐん伸びる公園 東京版」

るるぶKids こどもの運動能力がぐんぐん伸びる公園【東京版】


東京都内にある運動能力をぐんぐん伸ばせる公園を、厳選して100件紹介するガイドブックです。「るるぶKids」と同様に、それぞれの公園で体験できる12の基本動作をアイコンでわかりやすく表示しています。
公園によって設置されている遊具や施設は千差万別! 公園によって自由な遊びのなかで体験できる「基本動作」は異なります。アイコンを参考にいつもとはタイプの違う公園にでかけてみることが、運動能力を伸ばすことにつながります。
ニューノーマルの今だからこそ楽しんでほしい、週末ごとの小さな冒険。今年の夏は、都内のあちこちで公園遊びを楽しみながら、子どもたちの運動能力をぐんぐん伸ばしましょう!

» この本の詳細・購入はコチラ(Amazon)

注目記事

記事をもっと見る