※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

北海道のおすすめ博物館7選!歴史・科学・食などを体験して学ぼう

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

陸別町の星空/りくべつ宇宙ちきゅう科学館(北海道/陸別町)

りくべつ宇宙ちきゅう科学館(銀河の森天文台)

北海道で子どもと行きたいおすすめの博物館を、楽しく体験しながら学べるスポットを中心にご紹介。
屋内で楽しめるスポットが多いので、雨でも安心して計画できます。

「北海道開拓の村」でレトロな馬車鉄道(冬期は馬そり)に乗ったり、「札幌市青少年科学館」で人工の雪が降る様子を眺めたり、「雪印メグミルク 酪農と乳の歴史館・札幌工場」で牛乳工場を見学したり、遠方から観光で訪れても楽しめるスポットがいっぱいです。
まずは、歴史、科学、食育、恐竜など、子どもが興味のあるジャンルのスポットからチェックしてみて!

目次(index)

北海道開拓の村(北海道/札幌市)

ほっかいどうかいたくのむら

開拓時代の記憶を掘りおこす

明治・大正時代に北海道各地に現存した建物を移築した施設。市街地、農村、漁村、山村とそれぞれ趣の違う街並みを散策できる。村内には馬車鉄道が走り(冬期は馬そり)、鰊[にしん]番屋や石造りの旧小樽新聞社など、歴史上貴重な建築を間近に見ることができる。昔の生活を体験できるよう、季節ごとにさまざまな年中行事も実施している。

レトロな街並みを走る馬車鉄道/北海道開拓の村(札幌市)

レトロな街並みを馬車鉄道が走る

旧札幌警察署南一条巡査派出所/北海道開拓の村(札幌市)

旧札幌警察署南一条巡査派出所

<イベント・体験など注目ポイント>

  • 2019年夏休み 「夏・むら・ロマン」/7月20日~8月18日開催。建造物に関するワークショップなどが体験できる(詳細は公式サイト参照)
  • 開拓の村食堂/名物のいももち、ジンギスカンなども味わえる
  • 昔の生活を体験/イベントを季節ごとに開催
問合先 011-898-2692
住所 北海道札幌市厚別区厚別町小野幌50-1
料金 大人800円、高・大学生600円、中学生以下無料

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

札幌市青少年科学館 (北海道/札幌市)

さっぽろしせいしょうねんかがくかん

大人も子どもも夢中になれる科学体験ワールド

見て・触れて・考えるをコンセプトにした科学の博物館で、体験型のものを中心に展示物が約200点ある「展示室」と、一億個の星が美しい「プラネタリウム」があります。展示室では、一年中雪を降らせる世界的に珍しい人工降雪装置や、毎日開催している「サイエンスショー」や「ロボットショー」などの実演が人気。日曜祝日限定の「日曜実験室」や「科学館の工作室」もあります。プラネタリウムでは絵本を題材にした子ども向けの番組から大人向けのじっくり解説をするものまで、さまざまなプログラムがあります。

札幌市青少年科学館の外観(北海道)

青少年科学館は地下鉄一番出口から徒歩1分

体験型の展示物で遊ぶ子供たち/札幌市青少年科学館(北海道)

子どもたちが大好きな体験型の展示物がいっぱい

<イベント・体験など注目ポイント>

  • 2019年夏休み「プラネタリウム新番組 ふぁいたーず ほしのせかいへ」/7月~未定
  • 一億個の星が輝くプラネタリウムは道内最大級の大きさ/世界最高水準の投影機を導入
  • サイエンスショーやロボットショーなどの実演を毎日開催している
問合先 011-892-5001
住所 北海道札幌市厚別区厚別中央一条5-2-20
料金 展示室大人700円、プラネタリウム大人500円、セット観覧券(展示室・プラネタリウム)大人1000円、中学生以下無料

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

雪印メグミルク 酪農と乳の歴史館・札幌工場(北海道/札幌市)

ゆきじるしめぐみるく らくのうとにゅうのれきしかん さっぽろこうじょう

乳製品の歴史を学び、牛乳工場の見学もできる

雪印乳業創業50周年の昭和52年(1977)に開館。実際に使用されていた古い機械類や現在の製造工程の模型、乳製品に関する資料などが展示されている。隣接する札幌工場では牛乳の製造室を窓越しに見学できる。歴史館と工場見学がセットのツアーで所要時間は約1時間。見学は前日までに、電話申し込みが必要。休館日:土・日曜、祝日。

歴史館展示室の乳製品機器/雪印メグミルク 酪農と乳の歴史館・札幌工場(北海道)

歴史館展示室の乳製品機器

待合室内の「勝源神社」/雪印メグミルク 酪農と乳の歴史館・札幌工場(北海道)

待合室内の「勝源神社」

<イベント・体験など注目ポイント>

  • 歴史館の展示室と牛乳工場をガイドがご案内/前日までに要予約
  • 乳製品の試食(またはお土産)が歴史館と工場を見学後にあり!
問合先 011-704-2329(平日9時~11時30分、13~17時)
住所 北海道札幌市東区苗穂町6-1-1
料金 入館無料

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

むかわ町穂別博物館(北海道/むかわ町)

むかわちょうほべつはくぶつかん

大迫力の海竜や新発見の恐竜に会える

むかわ町穂別地域で発掘された化石を主に展示している。約1億年前から7000万年前は海だったことから、当時に生息していた首長竜やモササウルス、アンモナイトなどが多い。ホッピーの愛称で呼ばれる全長8mのホベツアラキリュウの骨格標本や、生体復元模型の展示も迫力がある。むかわ町で発掘され、2018年に発表された全身骨格の化石として世界的にも貴重な、大型恐竜の通称「むかわ竜」の発見地としても有名。

恐竜の骨格展示物/むかわ町穂別博物館(北海道)

ホベツアラキリュウ全身復元骨格(中央)と「むかわ竜」全身骨格レリーフ(右)

アンモナイト化石/むかわ町穂別博物館(北海道)

アンモナイト化石

モササウルス類生体復元模型/むかわ町穂別博物館(北海道)

モササウルス類生体復元模型

<イベント・体験など注目ポイント>

  • 愛称はホッピー、全長8mの「ホベツアラキリュウ」(クビナガリュウ)全身復元骨格館内にて常設展示
  • 世界的にも注目されている「むかわ竜の標本」館内にて標本の一部を常設展示
  • 新種も含む様々な「アンモナイト化石の標本」館内にて常設展示
問合先 0145-45-3141
住所 北海道勇払郡むかわ町穂別80-6
料金 大人300円、小学生から中学生100円、小学生以下無料

スポット詳細・MAPは準備中です

博物館網走監獄(北海道/網走市)

はくぶつかんあばしりかんごく

“網走”だからこその歴史的展示

網走刑務所が網走監獄と呼ばれていた明治・大正時代に建てられた歴史的行刑建造物を移築・ 保存して公開。移築した8棟が国指定重要文化財であり、6棟が登録有形文化財になっている。これらの建物や資料を通して、北海道開拓の先駆であった監獄の歴史を学ぶことができる。「監獄体感シアター」なども興味深い。

重要文化財の舎房及び中央見張所/博物館網走監獄(北海道)

重要文化財 舎房及び中央見張所

網走監獄全景/博物館網走監獄(北海道)

博物館 網走監獄全景

看守長屋年中行事「七夕」の短冊を飾る様子/博物館網走監獄(北海道)

看守長屋年中行事「七夕」 短冊

<イベント・体験など注目ポイント>

  • 2019年夏休み 季節のイベントや体験講座を開催/七夕(8月7日)、漆喰アート体験(7月28日)、虫かご作り体験(8月18日)など
  • 中央道路開削工事の様子を再現した「体感シアター」/臨場感のある映像を展示
  • 監獄食体験/随時開催。監獄食A(サンマ)720円など
問合先 0152-45-2411
住所 北海道網走市字呼人1-1
料金 入館料 大人1000円、高・大学生700円、小・中学生500円(税別)

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

りくべつ宇宙ちきゅう科学館(銀河の森天文台)(北海道/陸別町)

りくべつうちゅうちきゅうかがくかん ぎんがのもりてんもんだい

好奇心をくすぐり感動を味わえる

日本最大級115cmの反射望遠鏡を備える公開天文台。宇宙探検コンピューターや大型モニターなどによる宇宙の体験学習ができる。大型望遠鏡による星空観望会も開催される。

陸別町の星空/りくべつ宇宙ちきゅう科学館(北海道/陸別町)

陸別は星空が美しい街として有名

大型望遠鏡「りくり」/りくべつ宇宙ちきゅう科学館(北海道/陸別町)

大型望遠鏡「りくり」。晴天時は昼間でも明るい星を見られる

<イベント・体験など注目ポイント>

  • 2019年夏休みイベント「木星・土星観望会」/8月7日~18日に開催
  • 「ペルセウス座流星群観望会」/8月12・13日に開催
  • オーロラの仕組みや、宇宙の美しいパネルも展示されている展示コーナーにて常設
問合先 0156-27-8100
住所 北海道足寄郡陸別町宇遠別
料金 入館料は大人300円、小・中学生200円、未就学児は無料

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

木のおもちゃワールド館ちゃちゃワールド(北海道/遠軽町)

きのおもちゃわーるどかんちゃちゃわーるど

世界中の木製玩具10000点が勢ぞろい

世界約40カ国の木のおもちゃを集めたミュージアム。大小10000点もの木のおもちゃが展示・収蔵されている。フランス製のブロック「KAPLA®」で遊べるコーナーや木のおもちゃを手作り体験できる工房など、大人も子どもも楽しめる設備がいっぱい。

世界中の木製おもちゃの展示/木のおもちゃワールド館ちゃちゃワールド(北海道/遠軽町)

大人も子どももワクワクする木のおもちゃがいっぱい

木製のSL/木のおもちゃワールド館ちゃちゃワールド(北海道/遠軽町)

木のSLは今にも動き出しそう

<イベント・体験など注目ポイント>

  • 「コロポックル影絵美術館」は「銀河鉄道の夜」でも知られる影絵の巨匠・藤城清治氏の作品を展示したコーナー
  • 「あそびのひろば」は木馬などの乗り物や滑り台など、木のぬくもりを感じられる自由に遊べるスペース
  • 「木工房ゼペット」では木のおもちゃ作りが体験できる。親切に教えてくれるので、初心者でも安心
問合先 0158-49-4022
住所 北海道紋別郡遠軽町生田原143-4
料金 中学生以上600円、小学生300円、小学生未満無料

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

注目記事

記事をもっと見る