※掲載内容は取材時の情報に基づきます。新型コロナウイルスの感染拡大防止などにより、臨時休業や一部休止となる場合があります。最新の営業状況は各施設にご確認ください。

希少なコビトカバやホワイトタイガーも!いしかわ動物園(石川県)で楽しく学ぼう

2019年10月に開園20周年を迎えた「いしかわ動物園」(石川県能美市)。自然の地形を生かした23ヘクタールの敷地内に、約200種3600点以上の動物たちが暮らしています。
基本コンセプトは「楽しく、遊べ、学べる動物園」。毎日、飼育係が動物にエサを与えながらそれぞれの担当動物の話をする「動物たちのお食事ガイド」をはじめ、ペンギンやアシカの食事タイム、ウサギや小鳥とのふれあいなど、子どもたちの好奇心や動物愛護の気持ちを育む場となっています。

目次(index)

めずらしいコビトカバや小動物に会える!

「カバの池」では、希少なコビトカバを展示。ジャイアントパンダ・オカピとあわせて「世界三大珍獣」と呼ばれており、野生では約3000頭しかいない希少な動物です。成長しても体長1.7m、体重270kgほどと、一般的なカバの子どもほどの大きさです。

世界のおもな大陸に生息している小動物が紹介されている「小動物プロムナード」では、かわいらしいレッサーパンダに会えます。ほかに、アフリカ大陸のケープハイラックス、南アメリカ大陸のマーラも暮らしています。

ライオン、トラ、ヒョウ、ユキヒョウと4種類のネコ科の動物たちを間近に観測できる「ネコたちの谷」。ここで見逃せないのは、2018年7月に完成したホワイトタイガーの屋外展示施設。オスのクラウンが、地上3.5mの空中回廊から人々を見下ろしたり、池で水浴びをしたりと、悠々と過ごす姿は迫力満点です。

特別天然記念物のトキを間近で観察

2016年オープンの「トキ里山館」には、特別天然記念物のトキを展示。棚田風の湿地や樹木など、里山に近い環境が再現されています。美しい翼をはためかせて上空を飛ぶ姿や、泥の中のエサをついばむ食事風景など、じっくりと眺めることができます。

トキの生態や歴史を学べる「学習展示コーナー」も併設。クチバシや足の大きさをほかの鳥と比べたり、本物の羽根をさわったりできる「体験展示」が特徴です。初級から上級まで難易度に合わせたクイズコーナーや、野生のトキの飛翔映像が見られる映像シアターもあり、楽しく遊びながら自然と知識が身につきます。

季節ごとのイベントも充実

毎年、夏から秋にかけて行われている人気のイベント「ナイトズー」。ライトアップされた夜の園内で、日中では見ることができない動物の行動やしぐさを観察できます。開催の日時は毎年異なるので、公式サイトで確認しましょう。

毎年ゴールデンウィークには「春のふれあいまつり」、10月には「秋のふれあいまつり」が開催されます。かわいらしい着ぐるみが出迎えてくれるほか、エントランス広場には屋台村が登場し、お祭り気分に!ドッキリ・アニマルガイドや動物園オリジナル堆肥の無料配布などもあり、家族みんなで楽しめます。

ほかにも、毎月第3土曜に開催されている「裏側探検ツアー」や、小学生を対象にした夏休みの「サマースクール飼育係に挑戦」など、イベントが充実。動物たち本来の生き生きとした姿を見に、出かけてみませんか?

いしかわ動物園

住所 石川県能美市徳山町600
電話番号 0761-51-8500
料金 入園料大人840円、3歳~中学生410円
営業時間 9~17時(11~3月は16時30分まで)、入園は閉園30分前まで
定休日 火曜(祝日の場合は翌日)、12月29日~1月1日、春・夏休み期間は無休
アクセス

JR「金沢駅」から「金沢駅東口8番のりば」より「辰口和光台」「いしかわ動物園行き」で60分、

バス停「いしかわ動物園」下車してすぐ

/北陸道「小松IC」から県道25・54・22号経由12km

駐車場 1300台(無料)
特徴

キッズおすすめ

弁当持込可

ベビーカー利用可

オムツ交換スペースあり

授乳スペースあり

駐車場 http://www.ishikawazoo.jp/index.html

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。