※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

動物との距離が近いアットホームな池田動物園

別当律子のアイコン別当律子

「池田動物園」は岡山県岡山市にある動物園で、私設動物園としては日本最大級を誇ります。前身となる「池田産業動植物園」が開業したのは1953年と歴史も古く、アットホームで動物との距離が近い動物園として愛されています。

今では当たり前となった、動物とのふれ合いコーナーを日本で初めて設置した動物園でもあり、動物とのふれ合いプログラムが充実しています。

迫力の大型動物たちを間近で観察しよう

池田動物園には100種類以上の動物が飼育されていて、動物の暮らすエリアと観覧通路がとても近いことが特徴です。迫力の大型動物もたくさん飼育されています。

盛り上がった肩が印象的なアメリカンバイソンの「アトランタ」は、運動場にある丸太に頭突きをしている姿がユニーク。体長3mを超えるアミメキリンの「桃花」にはエサをあげる体験プログラムが用意されていて、毎回子供たちに大人気です。ライオンの「モジロウ」は、毎年誕生会が開かれる池田動物園の人気者。ゆったり寝転んでいる姿にも王者の風格が漂います。

充実したふれ合い体験プログラム

池田動物園のふれ合い体験プログラム「Majika!(まじか)」は、その名のとおり、動物と間近でふれ合えます。ふれ合えるのは、カピバラやレッサーパンダ、コツメカワウソといった人気のかわいい動物をはじめ、アメリカバクやヤマアラシといったちょっと珍しい動物も。エサをあげられる動物もいますが、ツキノワグマのエサやり体験はちょっと勇気が必要かもしれませんね。ほかにも、フラミンゴの「ピーちゃん」と園内をお散歩したり、飼育員に手綱を引いてもらって乗馬をしたりする体験なども用意されています。

園内の売店ではオリジナルグッズや動物のぬいぐるみを販売しています。動物たちのエサは園内各所にある自動販売機で販売していますので、ふれ合い体験に参加する前にチェックしておきましょう。

見ていて飽きないサルの仲間たち

動物園の永遠のスターといえば、やはりサルの仲間たち。池田動物園にもチンパンジーやフクロテナガザル、ボリビアリスザル、エリマキキツネザルといった多様な種類のサルの仲間たちがいます。動きを観察して、習性の違いを見比べてみるのもおもしろいですよ。

チンパンジーとふれ合いたいときには「チンパンジーなかよしToyッチャー!」で遊ぶことができます。UFOキャッチャーでエサをキャッチすると、チンパンジーの部屋の中にある装置へと転がっていくというしくみ。それをチンパンジーが、棒を使って取り出す様子が観察できます。チンパンジーの器用さにびっくりすること間違いなしです。

手作り感あふれるアットホームな動物園

池田動物園は、職員が手作りで展示を工夫していて、アットホームな雰囲気の中で動物たちとふれ合うことができます。

最近ではSNSへの投稿を狙ったフォトスポットも登場し、ますますファミリーで楽しめる仕掛けが増えています。家族で出掛けて、間近で動物とのふれ合いを楽しみましょう。

池田動物園

住所 岡山県岡山市北区京山2-5-1
電話番号 086-252-2131
料金 <入園料>1,100円
営業時間 9:30~17:00(11~3月は9:30~16:30)
定休日 11月21日~2月20日と5月21日~7月20日のあいだの水曜(祝日の場合は開園、冬休み期間は無休)
アクセス

JR「岡山駅」より岡電バス「岡山中央病院行き」で4分、バス停「京山入口」下車して徒歩12分

/山陽自動車道「岡山IC」から国道53号経由7km

駐車場 約220台(普通車1回500円)
特徴

キッズおすすめ

飲食施設あり

弁当持込可

ベビーカー利用可

オムツ交換スペースあり

授乳スペースあり

注目記事

記事をもっと見る