※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

秋の歌声、聞こえてきました♪

日本唯一の古代湖に迫る!琵琶湖博物館のツダンスキーゾウや水族展示、体験展示など

タイジンのアイコンタイジン

ツダンスキーゾウの半身半骨展示/滋賀県立琵琶湖博物館(滋賀県/草津市)

日本最大の湖・琵琶湖のほとり草津市に、2020年10月グランドオープンした「滋賀県立琵琶湖博物館」。400万年前からあったといわれる琵琶湖の生い立ちや自然、暮らしなど、琵琶湖のことが丸ごとわかるのはもちろん、グランドオープンの目玉といえるツダンスキーゾウの半身半骨展示が圧倒的な迫力をもっています。

目次(index)

半身半骨のツダンスキーゾウが迫りくる400万年前の琵琶湖の姿

ところで“古代湖”って耳にしたことありますか? 古代湖とは、10万年以上地球にあり続ける湖のこと。その日本唯一の古代湖が、日本最大の湖「琵琶湖」なのです。ロシアのバイカル湖やペルー・ボリビアのチチカカ湖など、古代湖は世界でも20カ所ほどしかない希少な存在。そんな、神秘の湖には、まだまだ未知なる謎が多く秘められているんです。

ツダンスキーゾウの半身半骨展示/滋賀県立琵琶湖博物館(滋賀県/草津市)

館内にはいくつもの展示室がありますが、グランドオープンの目玉は何といっても400万年前に生きていたというツダンスキーゾウの半身半骨展示。早速「A展示室」に行ってみましょう。

ツダンスキーゾウの半身半骨展示/滋賀県立琵琶湖博物館(滋賀県/草津市)

暗闇の中でライトアップされた体高約4.5mのツダンスキーゾウは大迫力! 今にも動き出しそうな気配すら感じます。

ツダンスキーゾウの半身半骨展示/滋賀県立琵琶湖博物館(滋賀県/草津市)

牙だってこのとおり! 精巧に復元されています。

滋賀県立琵琶湖博物館(滋賀県/草津市)
ツダンスキーゾウの半身半骨展示/滋賀県立琵琶湖博物館(滋賀県/草津市)

お腹の下をくぐって反対側に行けば、骨格があらわになっていてビックリ!

ツダンスキーゾウの半身半骨展示/滋賀県立琵琶湖博物館(滋賀県/草津市)

こんな下のアングルから、じっくり観察することもできちゃいます。

アケボノゾウ復元骨格/滋賀県立琵琶湖博物館(滋賀県/草津市)
ミエゾウの頭蓋骨/滋賀県立琵琶湖博物館(滋賀県/草津市)

残念ながらツダンスキーゾウは、琵琶湖に棲息していたという事実は今だ見つかってない模様。その代わりというわけではありませんが、ツダンスキーゾウから進化したミエゾウ、そこからさらに進化したアケボノゾウなどが棲息していたらしく、その復元骨格なども展示されています。

地層標本/滋賀県立琵琶湖博物館(滋賀県/草津市)

太古からある琵琶湖の生い立ちがわかるような地層標本なども、ビジュアルにこだわった展示方法で、一枚の絵画を見るように見学することができます。

龍がナビゲートする2万年前の琵琶湖の暮らしを体感

ペットボトルなどで作られている龍/滋賀県立琵琶湖博物館(滋賀県/草津市)

琵琶湖のシンボルでもある龍がナビゲートとするのは「B展示室」。約1300個のペットボトルなどで作られているというから驚き! ここは、2万年前から現代にかけての琵琶湖がテーマ。

縄文人フォトスポット/滋賀県立琵琶湖博物館(滋賀県/草津市)

縄文人になりきって斧で木を切り倒してみたり・・・

茅葺きの家屋/滋賀県立琵琶湖博物館(滋賀県/草津市)

茅葺きの家屋の中をのぞいてみたり・・・

貝塚/滋賀県立琵琶湖博物館(滋賀県/草津市)

貝塚の上を歩いてみたりなど、ただ見学するだけでなく、プラスαの要素をもって往時の暮らしぶりを垣間見ることができます。

B展示室/滋賀県立琵琶湖博物館(滋賀県/草津市)

子どもは1日中遊べちゃうディスカバリールームは大人の知的好奇心も刺激する!?

ディスカバリールーム/滋賀県立琵琶湖博物館(滋賀県/草津市)

子どもに大人気なのは「ディスカバリールーム」。博物館の入り口を入ってすぐ右側にあるので、ここに先に寄ってしまうと1日中子どもは遊んでしまうかも!!

リアルな巨大ザリガニ/滋賀県立琵琶湖博物館(滋賀県/草津市)

五感を使って学びを発見することができる体験型空間で、楽しく遊びながら琵琶湖周辺などに棲息する生物に親しむことができます。赤黒いペインティングやリアルな巨大ザリガニの中に入れば、大きなハサミを動かすことも。

モグラ/滋賀県立琵琶湖博物館(滋賀県/草津市)

隠れた動物を見つけたり、本物の化石を触ることもできてしまいます!

壺のパズル/滋賀県立琵琶湖博物館(滋賀県/草津市)

考古学者になりきって、壺のパズルを完成させたり・・・

琵琶湖の固有種の魚パズル/滋賀県立琵琶湖博物館(滋賀県/草津市)
琵琶湖の固有種の魚パズル/滋賀県立琵琶湖博物館(滋賀県/草津市)

琵琶湖の固有種の魚パズルに挑戦したり・・・

部屋の中の鳥をさがしてみよう/滋賀県立琵琶湖博物館(滋賀県/草津市)

部屋の中に隠れているフクロウやカワセミ、カラスなどを双眼鏡を使って探したりと、子どもは夢中になること間違いなし!

おとなのディスカバリー/滋賀県立琵琶湖博物館(滋賀県/草津市)

子どもだけではなく、大人の知的好奇心を刺激するのは「おとなのディスカバリー」。研究室のような落ち着いた空間では、動植物や昆虫、鉱物など、数多くの標本が取りそろえられ、顕微鏡を使って自由に観察することができます。

おとなのディスカバリー/滋賀県立琵琶湖博物館(滋賀県/草津市)
おとなのディスカバリー/滋賀県立琵琶湖博物館(滋賀県/草津市)

楽しく学んでお腹がすいたら、ライスで琵琶湖をかたどった「びわ湖カレー」1120円や「びわ湖の龍のパンケーキ」580円をレストランで味わいながらひと休みしてくださいね。

「びわ湖カレー」と「びわ湖の龍のパンケーキ」滋賀県立琵琶湖博物館(滋賀県/草津市)

国内最大級!淡水生物の水族展示を見たら実際の琵琶湖へGO

水族展示室/滋賀県立琵琶湖博物館(滋賀県/草津市)

まだまだ続く「滋賀県立琵琶湖博物館」! ディスカバリールームで学んだ魚などを実際に見ることができるのは「水族展示室」。

トンネル水槽/滋賀県立琵琶湖博物館(滋賀県/草津市)

淡水生物の水族展示では国内最大級の規模を誇り、魚をはじめ270種類を超える淡水生物を展示。まるで琵琶湖の湖底にいるような気分を味わえるトンネル水槽を抜ければ、人の動きを感知して現れるナマズがお出迎え!

人の動きを感知して現れるナマズ/滋賀県立琵琶湖博物館(滋賀県/草津市)
水族展示室/滋賀県立琵琶湖博物館(滋賀県/草津市)

琵琶湖は400万年以上経っている古代湖が故に、固有種が多いのも特徴で、その数は60種類を超えるといわれています。水族展示室の最後には琵琶湖で獲れた魚がどのように食べられてきたか食文化を紹介したスペースもあり興味深いです。

琵琶湖で獲れた魚の食文化紹介/滋賀県立琵琶湖博物館(滋賀県/草津市)

最後に、実際の琵琶湖を見に行きましょう! 博物館から伸びる空中遊歩道を進めば、海のように広い琵琶湖が広がります。

空中遊歩道/滋賀県立琵琶湖博物館(滋賀県/草津市)

実は、これも屋外展示のひとつで、森の中をめぐるトレッキングを楽しめるようになっています。展示物をただ眺めるだけでなく、自然と近い距離間で、触れたり、探したり、体感しながら楽しめる博物館ですよ。

滋賀県立琵琶湖博物館

問合先 077-568-4811
住所 滋賀県草津市下物町1091
営業時間 10:00~16:30(最終入館は16:00)(事前予約制)
定休日 月(休日の場合は開館)・臨時休館日あり
料金 大人800円 大学生・高校生450円 中学生以下無料
アクセス 電車/JR「草津駅」よりタクシーで約20分 車/名神高速道「栗東IC」より県道31号を経由して約30分
駐車場 420台
URL

https://www.biwahaku.jp/

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

※2020年10月現在、新型コロナウイルス感染症対策のため営業時間やサービス体制などが通常と異なることがあります

【Photos:©tawawa】